怖い話まとめ「やだなぁ~…怖いなぁ~…」

ネット上の不思議な話、怖い体験、そんな話をまとめています。

★★

    このエントリーをはてなブックマークに追加
550 :本当にあった怖い名無し:2014/03/01(土) 08:16:28.89 ID:f5zkSvFu0.net

エレベーターの話で思い出したんだけど、俺も一つある。 
学生の頃、NPO法人でボランティアやってて、その時は事務仕事を手伝ってた。 
資金がないようで、少しでも経費を浮かせるために会報を近所の会員に配るのをよく俺にやらせていた。 

その時も20通ほどの会報を預かり自転車で配り歩いていた。何件か回って、マンションに入った。 
その人は10階に住んでいて、エレベーターを使うことにした。ちょうど、某宅配業者の人と、 
その住人とおぼしきおばちゃんが乗りかけていたところだった。 
3人で乗り込んで出発。おばちゃんは確か5階か6階を押していたかな。宅配業者の人は、たぶん11階だったと思う。 
が、乗ってすぐにガタガタっとエレベーターが揺れ始めた。 
おばちゃんが「地震!!」と言って床に伏せた。俺も大きな地震だと思って座ったが、揺れはすぐに収まった。 
エレベーター内の電気は大丈夫で、エレベーター自体も無事なようだったが、回数を示す点灯は消えていた。 
故障か?と思ったがその時、エレベーターのドアが開いた。 
(これで閉じ込められることはないな)と安心して、俺はさっさと降りた。 
宅配業者の人もおばちゃんも同じこと考えたのか、続いて降りた。 

続きます


続きを読む
(ここで続きを読む)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
446 :にぶんのいち:2014/02/19(水) 14:46:51.32 ID:+Yg8aGZd0.net
さっくりと俺の爺ちゃんの話を。
俺の爺ちゃんはちょっとした腰痛持ちであり、原因の心当たりはなく 
足を捻った時に行った整形外科でついでに調べてもらうも原因不明 。
ついでに、というくらいなので時たま軽く腰が痛くなる程度のものだ 。
ところがある日その原因が判明する事となった 。
婆ちゃんの友達の占い師が遊びに来てたのだが 、
爺ちゃんを見て腰に女がしがみついてる。腰が痛くなる事があるだろう。と言ったのだ。 
特徴を聞くと、お腹に子どもを抱えてて水難事故で死んでいて、そして親戚だと 。
実際に親戚にそれに当てはまる女の人が昔に居たらしいのだ 。
因みに爺ちゃんも婆ちゃんもそんな事を誰かに話した事はないらしい。

447 :にぶんのに:2014/02/19(水) 14:56:39.48 ID:+Yg8aGZd0.net
何でそんな人が今頃、よりによって爺ちゃんの腰にしがみついてるかと言うと 
何かしら、供養のしきたりを破ってるだろう。と言われたそうな 。
これまた当てはまることがあり、たまに先祖供養の法事をするのだが 、
基本は本家の長男がすると言う決まりがあるそうなんだ。
でも長男がめんどいやらなんやらで何年か前から次男の爺ちゃんがそれをしてる 。
それが原因で女の人が迷い、爺ちゃんの腰にしがみついてしまっている。と占い師は言う。 
でも色々めんどいし、腰もちょっと痛いだけだからと未だに爺ちゃんが法事をしてる 。
そして俺はその話を聞いて、占い否定派から中には本物もいるかも派に変わりました。 
おしまい

元スレ:不可解な体験、謎な話~enigma~ 92


    このエントリーをはてなブックマークに追加

210 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 13:42:28.55 ID:hD6pLe7Z0.net
正直あんまり思い出したくないんだが 
一人で抱え込むのも嫌だから思い切って話す 
俺、昔から少し変な癖があったんだ 
イライラすると中指で首の裏、というかうなじを引っ掻くんだ 
大学4年の頃就活もうまくいかずサークル内での揉めごとも頻繁に起きてて俺はストレスを募らせてた 
家に帰って自室にこもっては悩みながら首の後ろをガリガリかいていたんだ 
その痛みがイライラを解消するんだ。
リスカみたいなもんかもしれない。 
とにかく、その癖のせいで、俺のうなじはどす黒く変色してるわけ。 
で、ある日気付いたら傷口から何か生えてるんだよ 
毛にしては固いし、でもそれ意外にありえないし、どうしようと少し悩んだよ 
その日からあまり触らないようにしてたんだが 
やっぱりストレスもたまるんでどうしても触れてしまう。 
するとだんだん大きくなっていったんだ。 
いよいよ気になった俺は鏡を使ってそいつを一目見てみようと試みたんだ 
意を決して鏡を覗いたらそこにはまるで目をつむった人の顔のような形をしたものがあった 
なんだよこれ…って思いながら見てるとパチっと目を開いて鏡ごしに目があったんだ 
そんで確かに聴こえたんだよ 
「見つかっちゃった」って声が 
そこから先は記憶にない 
あのあと友達に見てもらったんだが、 
傷きめぇよ!って言われるぐらいでなんもなかったんだよな 
よく分からない 
気がついたら消えてた、今はもう癖もなくなって普通に暮らしてます。

元スレ:不可解な体験、謎な話~enigma~ 92


    このエントリーをはてなブックマークに追加

229 :本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 09:10:15 ID:m/Q84G0G0
マヌケだが、実話です。

数年前の事。元カノが、どっかの男に騙されたとかで相談(つか愚痴)に来た。
居酒屋で飲みつつ「ムカツク!」「コロス!」とか恨みつらみえお吐き出してた。
んでオカ板にハマってた俺は「お百度参りとかしてみたら?」とかなにげなく言ってしまった。

「お百度参り??」
「なんかよくあるアレやん。夜中に神社の木にワラ人形カーンカーンゆうてや、蝋燭はちまきして。アレ」
「あー呪いね!」
「そうそう」
「効くん?」
「さぁー効くんちゃう?」
「ほなまずヨシ(俺)で実験しよ」
「なんでやねん!」
「いや、効かんのにやっても損やし。」
「まぁええけど、死なん程度に頼むで」

実際俺もホントに効くのか興味あったし、その反面効くワケないとも思ってたので
酔いもまかせて俺の部屋で実験することになった。
つっても酔っぱらいなんで、ものすごく適当である。
続きを読む
(ここで続きを読む)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

670 :元登山者:2007/04/30(月) 16:37:57 ID:GiPpx5540
聞いた話です。

友人から聞いた話です。
彼の実家の近くに天狗がすんでいると言われいる山と神社があります。
その山は今でも修験道とか山伏のような格好をした人が登ったりして修行をしにくる人がたまにいるそうです。
年に一度、その神社では祭りがあり、祭りの日には天狗が山の隠れ家から出てきて神社に泊まっていくと言う言い伝えがあります。
毎年、彼は青年団として祭りを手伝っていて、その年も祭りの準備をしていました。
そのお祭りは宵の口から始まって、終わるのは夜中と言う祭りなので準備は昼過ぎから始まりました。
その日は朝から曇り空で、下手をすれば雨になるかもという様な天気だったので彼は祭りの準備をしながら空ばかりみていました。
休憩の時、空を見上げた拍子に山の頂上が目に入りました。
その山の頂上は岩がむき出しで、人がいると見ただけで分かるそうです。
その山頂に誰かが立って空に向かい扇子のようなもので扇いでいました。

続きを読む
(ここで続きを読む)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

536 :1/6:2011/12/23(金) 13:06:13.55 ID:A6pULbQ/0
私が住んでいるマンションのお隣さんがちょっと変わっている。
お隣さんは、お婆ちゃん・母・娘の3人暮らしみたい?
お父さんの姿は見たこと無いな。。。
エレベーターに向かうから当然のようにお隣さんの部屋の前を通るんだけど
時々部屋から段ボール箱をいくつか運び出している場面に出会うんだよ。
それも結構な頻度で。
小さな段ボール、それはAmazonで雑誌頼んだ時くらいのサイズのやつで
空中に浮かべて、横にそろりそろりと移動させて部屋から運び出している。
いつもお母さんとお婆ちゃんが室内に居て、
娘が外でその箱を受け取るんだけど、
どう考えても手で運んだ方が楽なのに、空中に浮かべて運んでいる。
続きを読む
(ここで続きを読む)

このページのトップヘ

アクセスランキング