怖い話まとめ「やだなぁ~…怖いなぁ~…」

ネット上の不思議な話、怖い体験、そんな話をまとめています。

いい話


446 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 18:43:43 ID:kIqvqOw4O
年の離れた姉貴から聞いた話。もう10年ほど前の出来事。
10年ほど前、姉貴の親友のAさんが交通事故で亡くなった。
当時の俺は小学生だったけど、姉貴がショックで泣きまくってたのを覚えてる。
Aさんと姉貴は本当に仲がよくて、亡くなる数日前も一緒に遊んでいた。
最後の会話はAさんの車の中。

姉貴は体が弱い。
本当ならこれからカラオケに行くはずが、姉貴の体調が悪くなって、Aさんに家まで送ってもらう事になったらしい。
「A、ごめんなぁ。あ~頭痛い…」
「かまわんよ~アンタはホンマに体弱いなぁ。私なんてアホやし風邪すら滅多にひかへんで(笑)」
「羨ましいわ(笑)」
「あはは~ホンマにタフやからな。代われるモンなら、代わってあげたいわ(笑)」
そんな感じの会話が、最後の会話だったらしい。

姉貴は本当に体力がなくて、会社から帰ってきたら疲れて微熱出して寝込んで、休みの日も、ちょっと遠出したら疲れで微熱が、頭痛が~ってな体質だった。
Aさんは正反対にタフ。
派手な人で、いつもヒールの靴はいてタバコを吸ってた覚えがある。
サバサバした明るいベッピンさんだったが。

Aさんが亡くなって数日後の夜。
姉貴がベッドでウトウトしてると、すぐ外を人が歩く音が聞こえた。姉貴のベッドは一階の窓際にある。
コツコツコツ…と、ハイヒールの足音だったらしい。
その足音が、姉貴の部屋のすぐ前あたりでピタリと止まったらしい。
ん?と思ってると、またコツコツコツ…と、足音は遠ざかって行ったらしいが。
次の日の夜。また同じようにヒールの足音。やっぱり姉貴の部屋の辺りで、いったん立ち止まるらしい。
姉貴は気持ち悪いと思ったが、二日とも半分寝呆けた状態だったので、夢か現実かは曖昧だったようだ。

続きを読む
(ここで続きを読む)


410 :1/4:2007/07/05(木) 03:47:37 ID:ZLRMTVul0
俺の爺さんは十年ぐらい前に、痴呆症(今で言う認知症)ってヤツになったんだが、
最初は物忘れ程度だったものの、そのうち明らかに言動がおかしくなってきた。
で、時々“自分は別の人間だと思い込んでしまう”症状が出始めた。
その“別の人間”ってのが、なんとあの江戸川乱歩の「怪人二十面相」だった。

爺さんは昔どっかの劇団に入ってて、二十面相の役を演じた事があったらしいが、
医者が言うにはどうもその頃のイメージが強く出てしまった結果という話だった。
しかも爺さんは、親父=明智小五郎、俺=小林少年だと完全に思い込んで、
何かにつけ俺と親父を相手に困ったイタズラを仕掛けるようになってしまった。

初めの頃は、俺を便所に閉じ込めて「ははは、どうだね小林君」とか言ってみたり、
親父の腕時計をコッソリくすねて冷凍庫の中に隠しておいたり程度の話だったんで、
まぁ困るっちゃ困るけど、俺も親父も爺さんを責めたりしないで適当にあしらってた。
いつも二十面相状態ってわけでもなかったし、また始まった~みたいな感じで。
でも、そうやって調子に乗らせてたのが今思えば良くなかったのかもしれない。

しばらくして、事件が起きた。

続きを読む
(ここで続きを読む)


43 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/06/08(日) 01:43:39.40 ID:nwz6DgHQ0.net[1/8]
眠れないので、大して怖くもないけど一つ書いてみる。

以前、学校の先生をしていた頃の話です。

ある時、生徒が「先生、右肩痛くない?」と聞いてきたんだ。
たしかに、数日前から凝ってるとはちょっと違った妙な鈍痛があった。
「おお、ちょっと痛いかな。そんなのよくわかったな?w」
「うん、だって、肩に黒い影が憑いてるもん」

ただ、憑いてると言うんじゃなくて、痛い部分を当てられるってのには驚いたが、からかわれてるんだろうなぁって強引に自分を納得させて話を流したんだ。

次の日。オカルトな話は好きだから、なんか起こるかなぁーとwktkしてたけど、相変わらず肩の鈍痛があるだけだった。

ただ、その日の夕方、昨日の子とは全く関係ない別の生徒から、全く同じ事を言われた。

「先生、右肩に黒いのが憑いてるよ」
続きを読む
(ここで続きを読む)


837 :本当にあった怖い名無し:2006/04/10(月) 22:28:38 ID:RP1eOKnJO
いつだったか、山合いの道で女性の幽霊を車に乗せて成仏する様に説得しその後、娘の中に(?)居るらしくお礼を言われた話しをしたTですが…
その後、新たな霊体験で私自身死にかけ、また娘も関わってくる事がありました。
その話しをさせて頂きたいと思います。
文才無いのはご容赦ください。

今年の2月の事でした。隣県にて荷物を積み終わり会社へと戻る道中の事です。
時間は23時を回っていました。
朝からの雪で路面は轍の跡以外真っ白な状態で山間部と言う事もあり凍結に注意しながら車を走らせていました。
私から見て右は山、左は歩道とガードレールがあり50m下は渓谷でした。
軽い登り坂を越えようとした時、首筋あたりに嫌な悪寒が走り…
耳鳴りがしてきます…

いつも首から下げているお守りを左手で握り首の後ろにあてがおうとした時です。
突然前方に人影が現れました。
私の進路上に立ち尽くしている…
慌ててブレーキをかけた為にタイヤがロックしスリップ…ハンドル操作がほとんど効かぬまま人影へと…
当たる!
…?すり抜けた?
カーブ出口はやや長い直線になっていたので車の制御を取り戻し、気持を落ち着かせます…
何の衝撃も無くすり抜けた人影は男でした。
作業服の様なズボンに半袖のTシャツ、冬の真夜中にはおよそ不似合いな…
一旦広い路側帯を見つけ念の為に車を見て回るも変形はおろか傷も無い…浮遊霊の悪戯だろうかと勝手に推測し再び車を走らせます。
一抹の不安がよぎり再びお守りを握る…と首から下げているお守りの紐が音も抵抗もなくまるで結びめが自然にほどけたかの様にハラリと力無くお守りから垂れ下がり…そして再び悪寒が。
首筋…首の後ろが引き攣るような感覚。
耳鳴りと息苦しさまでも重なってくる…
全身の毛が逆立ってゆくのを感じました。
続きを読む
(ここで続きを読む)


727 :1/3:2006/03/16(木) 17:11:18 ID:bdNkq9Yt0
ものすごくこわい、という話ではないが。

伯父の高校時代に、伯父が好きだった娘がいた。
高校卒業後は、たまに同窓会で顔を合わせる程度の付き合いだったが
数年たって、その娘が親の進める縁談を受けて結婚し、夫の仕事の都合で遠くに引っ越したことを聞いた。
と同時に、その子もずっと伯父のことが好きだったが告白することができなかった、と聞いた。

20年ほどがすぎ、地元で家業の書店を継いだ伯父の元にその子の訃報が届いた。
40代初めにして進行ガンで亡くなったそうだ。


続きを読む
(ここで続きを読む)


739 :出張マニア:2006/02/01(水) 21:15:05 ID:PwHDEhU90
もう2年以上前の話だけど当時自分は東京からアチコチの地方に出張に出かけてました。
出張といっても、1~2週間程度でビジネスホテルやら旅館を転々と泊まり歩いてた頃の話です

東北のある地方都市の旅館に宿泊した時の体験ですが、それまで自分は、いわゆる幽霊とかそういうものを全然信じたりするタイプの人間ではなかったのですが、
あの体験以来!少しですが、信じるようになりました。

最初に断っておきますが、あまり怖い話じゃないです。

その旅館に泊まったときは約2週間くらい仕事で滞在する予定で、出かけました
少し古いけど、中は新しく自分のような出張組みが何組か泊まっていました。
料金はすごく安かったけど家族の方がとても気さくで非常に良くしてくれたので
自分の中では「こういうアットホームな雰囲気の旅館もいいなぁ」とか勝手に思ってしまった程です

まぁこれには訳があったのですが・・・・・・

そこの旅館の家族は、おじいちゃん おばあちゃん 旦那さん 奥さんと高校生くらいの娘さんで経営してて泊まった一の日目から、ご家族の方々と挨拶をしました。
一家全員で家業に専念してる訳ではなく、旦那さんはどこかに勤めてるようでしたが、何故か挨拶を交わせる状態でした
通常というか今まで宿泊した旅館では一家全員で経営してる旅館以外は、ご主人や年頃の娘さんとかは、あまりお客の前に出て来るのって稀ですが、そこの旅館は何故か自分の前に顔を出しますし、皆さんが気さくに声をかけてくるので
「これがこの旅館の営業スタイルなんだ」と勝手に納得してましたw
実際、小さいながらも宿泊客も多く繁盛しているようでした


続きを読む
(ここで続きを読む)

このページのトップヘ

アクセスランキング