怖い話まとめ「やだなぁ~…怖いなぁ~…」

ネット上の不思議な話、怖い体験、そんな話をまとめています。

こっくりさん


630 :神父の子 ◆/TT.ge0EVs :2007/11/07(水) 22:41:41 ID:a6IF0eir0
ある日のこと
教会の電話に面識のない中学生からの電話があったらしい。
どうやら複数人のグループで電話をかけてきたらしく電話を受けた親父も内容の把握に困惑していた。
内容を簡潔に言えばエンジェル様を怒らせてしまったので謝り方を教えてほしい。との事。
さすがの親父もエンジェル様を怒らせた。の意味がわからなかったが、俺がこっくりさんの別名だと説明すると
「なるほどなるほど」と電話全体の意味を理解したようで、次の日曜に説教もかねて子供達を教会に呼び出した。
多少の興味もあり日曜に俺も教会で待っていると、おどろいたことに先生と生徒4人の計5人でやってきた。
正直、この手の話に大人が噛んでくるとは思わなかったので逆に先生に親父が怒られるのかも?と心配したがどうやらそうではないらしい。 
話を聞くと先生もエンジェル様の被害者だというのだ。
続きを読む
(ここで続きを読む)


356 :呪い:2007/07/03(火) 16:49:19 ID:xztbjdEm0

とある友人の紹介でここを知った者です。
私の奇妙な体験について話をしたら、ここに書き込んでみるといい、と言われたので書き込んでみます。
少々長くて読みにくいかもしれませんがご容赦ください。

私には霊感と言われるものはないと思います。
なので、この話にも幽霊オバケの類は一切出てきません。
ただ、私が見えてなかっただけかもしれませんが。

昔、まだ私が小学校5,6年生だった頃のことです。
当時、誰もが知っている「こっくりさん」が流行っていました。
オカルト好きだった私や、私の友人達の間でも当然話題になり、是非やってみたかったのですが、何故か学校で「こっくりさんは絶対にやってはいけない」という規則があると言われ、禁止されていました。
実際にはそんな規則はある訳もなく、恐らく「良くない遊び」としてどこかの親が子供に言い聞かせたか、または誰かがこっくりさんに信憑性を持たせるためそんな噂を流したか、だと思います。

しかし禁止されると余計にやりたくなるもので、ある日、私を含む4人でこっくりさんをやってみることにしました。
実施する時間はやはり夜が良かったのですが、子供だけでそんな遅くに集まることはできません。ところが丁度近所で夜祭が開かれており、そこに行くという名目で4人集まろう、ということになりました。場所は学校の教室にしました。

続きを読む
(ここで続きを読む)


22 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 23:41:44 ID:gGu6CfXN0
俺の友達にいわゆる「見える」奴がいる。
大学の新入生歓迎会で知り合った奴なんだが、外見は至って普通。
でも、カンのよさというか、第六感が半端じゃない。
知らない道に迷い込んだ時、いきなり立ち止まって、
「この近くで猫死んでるね。」
とかさらっと言い出す。
面白がって辺り探してみたら、自販機の裏についさっき轢かれたみたいな猫の死体が
隠すように押し込められてたなんてこともあった。

「いつから見えるんだ?やっぱきっかけとかあるのか?」
ある日、喫茶店で話していたときに、冗談半分で彼女に聞いてみたことがある。
初めはお茶を濁そうとしていたんだが、俺があまりにしつこいせいか、結局折れて話してくれた。
後悔しないでね、と前置きを入れて。


続きを読む
(ここで続きを読む)


913 :本当にあった怖い名無し:2006/04/29(土) 19:36:52 ID:5UeHd5jC0
俺が中学の時の実話っす。
その頃俺が通ってた中学では一部の女子を中心にこっくりさんが流行ってたのね。
まあ小・中学生の頃は、誰でも一度はやったことがあると思うけど。
俺らの地方のこっくりさんは、鉛筆を使ってました。向かい合った二人が互いに鉛筆を握り合うようにして、机に置いた紙に記述していくというパターン。
俺は参加しなかったんだけど、オカルトには興味あったんで女子がやってんのをよく見てたんです。
女子にしてみても、男がいたほうがなんか心強いらしくて。
んである日の放課後。いつものように3~4人の女子がこっくりさんやってたんです。

その日はこっくりさんをやるのが女子ふたり(A子、B子とします)、見てるのが俺と友達の男子(C男)、女子ふたり。全員で6人。
A子とB子が鉛筆を握って、いつも通り「こっくりさん、こっくりさん…」なんて始めました。
質問するのは「あの男子がすきなのは誰か」、「彼氏はいつできるか」なんて他愛もないもの。
俺は雑誌なんかをめくりながら、内心(嘘くせーなー)なんて思いながらも見てたけど、女子はキャーキャー言いながら喜んでた。
続きを読む
(ここで続きを読む)


916 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/11/20(火) 12:28:49.74 ID:F+Es67lv0
高校の時の話。
通ってた高校は交換留学があって、行き先はNY。

お世話になった家は工場勤務のパパと、学食でパートのママ、同じ年のジェニファーと3歳年下の妹、10歳年下で小学生の妹がいて、毎日が賑やかでユーモア溢れた楽しい家庭だった。
自分は英語が得意な方だったケド、やっぱ辞書無しでは分からない事も一杯だった。

パパがボランティアでやってる消防団の仕事で、夜いなかった時の話。
文化の違いをお互いに挙げてみんなで盛り上がってた。
一番下の妹はもう寝てて、話が段々と怪談話に。
日本にはコックリさんってのがあってねって言ったら、やってみよー!って盛り上がって、さっそくセッティング。
ママはロウソク、ジェニファーはコイン、妹は紙にアルファベットを書き込んで。
ロウソクに火をつけて電気を消して、準備万端。
続きを読む
(ここで続きを読む)


768 :こっくりさん 1/3:2012/01/10(火) 16:53:01.07 ID:ewC9qTHB0
俺が中学1年の時の話
その当時クラスではこっくりさんがめちゃくちゃ流行っていて
最初はクラスでも、自称霊感のあるちょっと変人っぽい奴らのグループがやり始めて
そこからは爆発的にクラス中に広まった。

そして俺も例に漏れず仲良しグループと一緒にこっくりさんをやり始めたんだけど、
もうこれが面白いのなんの、
誰々のちんぽの皮は剥けてる?とか
一番ちんぽがでかいのは誰?とか
一番最初にはめっこが出来るのは誰?とか
そういう取り留めもない質問ばかりして大爆笑してた。

でも、やっぱりだんだん飽きてくるもんで、
こっくりさんの中でゲームをやろうって事になって
4人で玄武・朱雀・青龍・白虎というパーティーを組んで
こっくりさんの中でPRGみたいなゲームをやり始めた。
これもまた面白くて、手ごわい敵には10円越しに念を送ったり
レベルアップだとほんとうにレベルアップしたような気分になったりした。
続きを読む
(ここで続きを読む)

このページのトップヘ

アクセスランキング