怖い話まとめ「やだなぁ~…怖いなぁ~…」

ネット上の不思議な話、怖い体験、そんな話をまとめています。

アウトドア


340 :本当にあった怖い名無し:2005/11/07(月) 22:38:48 ID:hChw4HjV0
叔父の話。
母の弟である叔父はケイビングが趣味で、社会人になってからも大学時代のケイビング部の仲間とよく山に行っていたらしい。
未踏靴の鍾乳洞を発見したことも何回かあったそうだ。

その日も叔父は井脇という仲間と二人で、すでに何度か足を運んだ洞窟に朝からこもっていた。
昼過ぎに帰り支度をして洞窟を出ると、井脇が少し山を歩こうというので散策をしていたら山中で洞口らしきものを発見した。
さっきの洞窟と中でつながっているかも知れないと、井脇が言ったが叔父はまた洞窟に入るのを嫌がった。
未発見の洞窟に入るには準備が万全じゃないし、二人では心もとないと主張したが、井脇がじゃあ俺一人でも入るというのでしぶしぶついて行ったという。
洞窟は狭く、立って進めはしたが叔父の勘ではいずれ行き止まりになるような感じだった。
ところが前を行く井脇が
「なにかいた」
といって足を速めだした。

先に進むと少し広い空間があって、その下に縦穴が続いていた。
躊躇する叔父に対して、異様な興奮を見せる井脇がずんずん降りていく。
叔父もようやく縦穴を攻略してふたたび横穴に出た。
すぐのところにまた縦穴があり、井脇がそこでどう降りるか思案中だったというその時、その井脇の上になんの前触れもなく低めの天井から岩が崩れ落ちてきて、ライトの明かりとともにすべてを押し潰した。
叔父はとっさに身を引いて、さらに崩落しようとしていたその横穴からもと来た縦穴へと移りひたすら逃げたという。
叔父をさらに恐怖の底へ叩き込んだのは、ヘッドライトが落石を受けて割れてしまったことだった。


続きを読む
(ここで続きを読む)


216 :1/2:2005/09/18(日) 10:41:51 ID:tnMQgMAf0
先月、女仲間4人で長野でコテージを借りてキャンプに行った。
4月に大学を卒業して環境が変わったせいで4人ともほぼ同時期に彼氏と別れていたため、傷心旅行も兼ねて、出会いなんかもあっちゃったりして、とかくだらないことを話しながら車で長野へ。

コテージは清潔で、どちらかというとレンタル別荘という感じで気分よく3泊4日を過ごすことができそうだった。
ただ出会い、に関してはまわりのコテージは家族連ればかりで高校生くらいの男の子の恋愛相談にのってみたりしたくらい。
こんなもんだよね、と笑いながら毎日、虫に驚いたり釣りをしてみたり(釣れない)バーベキューしたりとメチャメチャ楽しかった。

ただ三日目に隣のコテージの客が入れ替わってだっさいヤン車みたいなアクセサリー(ハンドルがキラキラしてたり、やたら蛍光色で光るパーツがそこら中についてる)がついてる軽がとまっていた。
続きを読む
(ここで続きを読む)


200 :①:2005/07/20(水) 22:38:39 ID:1enrYfkq0
京都の北のほうにある山でキャンプした時の事。
俺と友達のAとBの2人の計3人でそこへ行った。
小川の傍で開けてるところがあってそこにキャンプを張った。
昼間は釣りとか水浴び。んで、夜はBBQ。
周囲は膝くらいの高さの藪に囲まれて、道路もかなり遠かった。まさに俺たちだけ。
山の中で、風もあったから涼しくて気持ちがいい。
女の話やホントどうでもいい話で盛り上がった。
そのうち一番酒が弱かったAがうとうとしだしたんで、そろそろ寝ることにした。
3人でテントの中で雑魚寝。すぐに眠りに落ちた。

急に眼が覚めた。何故かはわからない。
何か変だった。落ち着かない感じ。
あと、風も全然吹いてないし異常に暗い。
寝る前までは涼しく、月明かりもあったのに。
とりあえず外に出ようと体を起こした瞬間、
ザッ!と音がしたと同時に周囲が明るくなった。
音の正体はわからんが、隠れていた月が出て明るくなったのだ、
そう思っていた。じつは違ったのだが。
続きを読む
(ここで続きを読む)


465 :本当にあった怖い名無し:2012/05/24(木) 11:52:59.32 ID:5D3QnShb0
大学に通っていた俺の友人の彼女の話

3年前のこと
彼女(仮にAとします)は夏休みもある日のこと他の大学の友人たちと一緒にキャンプに行くことになった
メンバーは男5人に女4人の9人

でいざ車で出発して目的地に着いたのは良いものの夏も終わりだってのに人が結構沢山いたため
そこのリーダーの男が急遽「人多いから別な場所探すか」といったので、またまた場所変更することにした

車でキャンプ場を離れて山を上がることになった
そのリーダーの人は、なんでも秘密の場所を知ってるらしくそこはキャンプには絶好の場所らしい

山を上がって行ってしばらくしたとき国道とは別にギリギリ車一台入れる旧道っぽい道があった

リーダーの人は「この先にある」といった

続きを読む
(ここで続きを読む)


255 :1/7:2012/05/03(木) 01:44:34.64 ID:HPNJqzKn0
高校2年の頃の実体験を書きます。

夏休み中のある日、俺と友人A、B、Cは唐突にキャンプに行こうと思いつき、
以前渓流釣り好きのCの親戚から聞いたキャンプに最適そうな山の中の河原の場所を聞き出し、そこへと向かった。

しかしどうも途中で道を間違えてしまったらしく、Cの親戚が言うのとは別の河原に到着してしまった。
ただし、そこも十分キャンプできそうな立地で、
対岸は森だがこちら側は小石が沢山あり雑草も殆ど無い開けた場所でジメジメ感もなく非常に快適そうだった。

夕方までにはある程度準備が出来、その辺をぶらぶらしていたAとCが
「おい、なんかちょっと先の対岸に変な祠みたいなのがあるぞ」と言いながら戻ってきた。
俺とBが2人に連れられてその場所に行ってみると、たしかに対岸に石造りの小さな祠があるのだが、何か変だ。

普通祠って手前に鳥居とかがあると思うのだがそういうものは何も無いし、
通常祠といえば四角形で横か正面から見ると三角の屋根だと思うのだが、
それは円柱形で屋根は丸く、かなり奇妙な形をしていて、遠目には祠に見えたのだが近くで見るとなんか違うもののようにも見える。
そして更に注視してみると、祠の根元にまだ萎れていない花が供えられていて、どうも最近誰か来たような痕跡がある。

祠はかなり苔むしていて相当な年代物のようで、掃除とかされている様子もないのに変だなとは思ったが、誰もそれ以上興味を示す事も無く、
とりあえず晩飯の準備をしようという事でキャンプ場所に戻る事にした。

続きを読む
(ここで続きを読む)


72 :夏の思い出 [1]:2011/12/17(土) 21:19:13.32 ID:DzskEHgt0
今から20年ほど前の話しです。

当時の私には5歳下の彼女がいまして、少し離れた場所-遠距離とまでは言えませんが、
車で3時間ほど離れた場所に住んでおり、仕事の忙しさも相まって会えるのは月に1~2度という感じでした。

私の住んでる土地は自然しか取り柄の無いような海辺の田舎町で、都会っ子の彼女はそんな素朴な田舎町の山や海で遊ぶのが大好きな子でした。

そんな彼女と付き合い始めて初めての纏まった連休-お盆休みに起きた不思議なお話しです。


「お盆休みどうしよっか?」
「うーん、ゆっくりと会えるんだしキャンプとかしたいなー」
「海でバーベキューとか?」
「うんうん!そういうの好き!」
続きを読む
(ここで続きを読む)

このページのトップヘ

アクセスランキング