怖い話まとめ「やだなぁ~…怖いなぁ~…」

ネット上の不思議な話、怖い体験、そんな話をまとめています。

キャンプ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

571 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/07/24(金) 20:59:39.89 ID:rKaswver0.net

夏なので俺の心霊体験談を話そうと思う。
心霊写真が撮れただけの話&駄文だが聞いてくれたらうれしい。

高校2年の夏休みに俺は友人数人とBBQをすることにした。
メンバーは俺を含め男3人女2人の計5人。
昼に肉や魚、それに少々の酒を買い、夜になるまで友人宅でゲームをしたりして遊んでいた。
車も金も無かったので市内の河原ですることになり、6時に家を出て肉を焼き出したのは7時頃。

8時にもなると食材も尽きはじめ、何もすることがなくなった俺らは花火をすることにした。
その場に花火はなかったので、俺とB男が買いに行くことになったんだが、なにせ田舎のもんだからどの店も閉まっててなかなか花火を買えない。
B男の家に行けば去年の残りがあるかもしれないということになり、B男の家まで行き、そこから30分ほどかけて河原へ戻った。

待ちくたびれた3人に「はやくやろう」とせかされ、はじめようかと思ったんだが、うっかりライターを忘れたことに気づき、買いに行くのも面倒なので河原に落ちていないか全員で探すことにした。
30分ぐらい探していたら、運良くA子が見つけたらしく、最初の花火に火を付けた頃には10時を過ぎていた。
B男が花火を口や耳の穴に挿したりと、アホなことをして楽しんでいたんだが、いつもはお喋りのA子がさっきから考え込んだような顔をしている。
不思議に思った俺は「どうかした?体調でも悪い?」と聞いてみた。
A子は「ちょっと飲み過ぎちゃったみたい」と返答をしてきたんだが、人一倍酒に強いA子が缶ビール1本で酔うことはないし、それに一番気になったのは明らかに何かを隠すような表情をしていたこと。
場の雰囲気を壊すのは嫌なのでその場は「そう?あまり無理するなよ」と流した。

続きを読む
(ここで続きを読む)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
※やや長文

610 :蝉:2007/08/23(木) 20:25:06 ID:ZwTcleGu0
キャンプでの体験です。長文になりますのでニガテな方はスルーしてください。

私が高校2年生の時に学校でふれあい合宿という名前の
キャンプ合宿が在った。
2泊3日で阿蘇のキャンプ場でカレーなどを作り夜には学校側で用意したイベントとして1日目は肝試し、2日目にはキャンプファイアーと言う日程。
ただ、2日目の昼には阿蘇山に登るという過酷なものもあった。

1日目にまず到着してから気付いたのが周りに木が多い為蝉の鳴き声がうるさい。
私の住んでいる場所もそこまで都会と言うわけでもなく近くに山もあった為蝉の鳴き声には耐性があったはずなのに、それでも五月蝿い。
しかも、蚊が多い時期だった為か降りて30分も経たない内に体中が痒い。
「もう、最悪だー」とか言いつつも虫除けスプレーをかけてそれぞれのテントへ。
続きを読む
(ここで続きを読む)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

206 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 20:48:28 ID:L4nItFzH0

もうすっかり夏ですね、ではとっておきの怖い話を
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1185699581/l50#tag57
からコピペ

:今度こそ怖い話 :2007/08/01(水) 13:38:58 ID:owL8YKz1O
こわいはなしは一瞬でバレたので今度は怖い話
この話は2Chに書くのは初めてです。
長いです。よろしく。

高2のときの話です。
私は1年生のときのクラスメイトを誘って他県に2泊3日で海キャンプに行く計画をたてました。
一学期の半ばからみんな誘ったのですが結局来たのは15人くらいだったと思います。
キャンプ初日、私達は高速バスに乗りキャンプ場に着きました。
そこはかなり広い所で、普通の海水浴場やキャンプ場等が集まった海浜公園で
私達は大きなロッジに泊まることになっていました。

現地には昼過ぎ頃着いたのですが
ロッジのチェックインが2時か3時だったので
しばらくは荷物を置いて泳ぐことにしました。
そこは日本海で遠浅なので足が届かなくなる辺りからちょっと泳ぐとテトラポットで作られた防波堤まで行けます

数人で防波堤まで行き上に乗って話していると砂浜から監視員がメガフォンで
テトラポットに乗っている人!早く降りてください!!と絶叫します。
あまりに怒るのでバカな高校生だった私達は何回も乗ったり降りたりして監視員を怒らせていました。
しばらく海で遊んだ後、いい時間になったので
計画の発案者として私ともう1人友人でロッジのカギを借りに行きました。
続きを読む
(ここで続きを読む)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

672 :本当にあった怖い名無し:2007/05/03(木) 10:34:43 ID:O20JoQR60
マジ話なんだけど・・・・・怖い書き方できないけど勘弁して・・・
親が体験した話で・・・もう50近いおばさんなのにずーっっとその話してきてさ。
しかも体験したのは10歳の時なんだけど。

うちの親戚15人くらいで海にバーベキューに行ったらしいの。
キャンプしようと思ってキャンプの道具一式あったんだけど、ちかくに丁度小屋みたいなのがあって夜はそこに寝ることにしたんだって。
で、丁度そのキャンプに、うちの母親の叔母さんも呼んだんだって。
それなんだけどDVの被害者で、自殺しちゃったんだって。
すっごい美人で、いい人だったらしいんだけど。
で、おばあちゃんもお母さんもちょっと浮かない気持ちでありつつも
前から親戚中で約束してたことだからそのキャンプには行ったんだって。

で、その小屋ってのは、なんか、不思議な小屋でさ、すごいかんたんなつくりで、
樹の棒が4本たててあって、そこに壁というか、プラスチックの壁を貼り付けて
あって、上には簡単な屋根みたいなのがのっかってて、床がないんだって。
つまり床は砂浜。
で、何故か、壁の下の方が開いてるんだって。
床から外の海をのぞける程度に10㎝くらいあいてて

続きを読む
(ここで続きを読む)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

12 :蒼:2007/03/08(木) 12:23:28 ID:72XBBSum0

3年前、仲間達と旅行に
宿泊先は友人Aの2階建別荘
現地に到着後、スーパーでBBQの材料、酒を購入してわいわい気分

夏、BBQとくれば怪談話
BBQの火と少しの灯りの中で話し始めたんです
1話、2話、聞いたことのある話、初めて聞いた話と
お酒が入るとトイレが近くなる
男は立小便する為に移動し、済ませて戻る
『あれ?Aは?』
『小便じゃないの?』
『あ、帰ってきた・・・ん?』
Aの横にもう1人いるんです・・・皆、見てる
徐々にAが近づいて・・・すると、もう1人が消えたんです
・・・
A『どうした?』
『いや、何でもない』
そんなこんなでBBQ怪談も終わり、部屋に戻ることに
こっからがまた恐怖でした・・・

続きを読む
(ここで続きを読む)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

26 :26:2007/03/07(水) 10:03:25 ID:TZccLKP30
京都の北のほうにある山でキャンプした時の事。
俺と友達のAとBの2人の計3人でそこへ行った。
小川の傍で開けてるところがあってそこにテントを張った。
昼間は釣りとか水浴び。んで、夜はBBQ。
周囲は膝くらいの高さの藪に囲まれて、道路もかなり遠かった。まさに俺たちだけ。
山の中で風もあったから涼しくて気持ちがいい。
女の話やホントどうでもいい話で盛り上がった。
そのうち一番酒が弱かったAがうとうとしだしたんで、そろそろ寝ることにした。
3人でテントの中で雑魚寝。すぐに眠りに落ちた。

急に眼が覚めた。何故かはわからない。
何か変だった。落ち着かない感じ。
あと、風も全然吹いてないし異常に暗い。
寝る前までは涼しく、月明かりもあったのに。
とりあえず外に出ようと体を起こした瞬間、
ザッ!
と音がしたと同時に周囲が明るくなった。
音の正体はわからんが、隠れていた月が出て明るくなったのだと思っていた。
じつは違ったのだが。
続きを読む
(ここで続きを読む)

このページのトップヘ

アクセスランキング