怖い話まとめ「やだなぁ~…怖いなぁ~…」

ネット上の不思議な話、怖い体験、そんな話をまとめています。

学生の頃の話

20101118191141783

208 : 本当にあった怖い名無し : 2013/04/18(木) 23:12:09.32 ID:XpjTaqI80
これは私が小学生の頃、私自身が実際に体験した……
というよりも、全校生徒・職員が同時に体験することとなった話です。

私の通っていたN小学校には、
高学年生徒による「ボランティアクラブ」なる集団が結成されており、
たまに募金集めなどの活動もしているクラブでした。

ある時、そのボランティアクラブが、
学校近くにあるN病院についての歴史や医療状況などを
全校生徒に知ってもらうという発表企画を計画立てました。
そしてその企画は、数日後に彼らの予定していたとおり
全校集会という形式で実行されました。

発表当日、私たちは体育館に集められました。
体育館内に入った時既に照明は暗転されており、中に入って並んで座り、
近くの友人たちと楽しく雑談をしているうちに暗闇に目が慣れたようで、
ようやく館内の様子が伺えるようになりました。
体育館のド真ん中にスライド写真を転写する装置が置かれており、
舞台上に下ろされたスクリーンを真っ直ぐ見つめていました。
そしてついに(退屈な)発表の始まりです。
内容としては、病院のスライド写真が次々にスクリーン上に映されていって、
ボランティアクラブの生徒が
それに合わせて資料を読み上げるという(よくある)タイプのものでした。

開始後しばらくして、淡々とした資料の読み上げや
スライドの切り替わる音で見事に構成された「1/fゆらぎ効果」により
ウトウトしはじめた私は、突然訪れた周りの生徒たちの騒ぐ声々に目を覚ましました。
私や近くの友人たちは、騒ぎの原因が全くわからず、互いに顔を見合わせていました。

209 : 本当にあった怖い名無し : 2013/04/18(木) 23:12:46.81 ID:XpjTaqI80
しかしそんな時、誰かが
「おい、アレ!!」
と言って真正面のスクリーンを指差したのです。
私や友人はもちろん、多くの生徒がその声に反応して一斉にスクリーンを見ました。
そしてそこで私たちは、騒ぎの原因にはじめて気付いたのです。

スクリーンに映されたスライド写真の……そう、だいたい右下辺りでしょうか。
そこには無表情な坊主頭の青年の顔面部分だけが
浮かび上がるように写りこんでいたのです。
続きを読む
(ここで続きを読む)


195 : 本当にあった怖い名無し : 2013/04/11(木) 00:45:32.04 ID:34bUm/LrO
怖いかわからないけど、自分的に怖かった体験。
通ってた小学校の校庭の端に使われてない校長先生専用の社宅があった。
見た感じ、新しくてまだ築2、3年位しか経ってないような家。

で、その家が使われてない理由が、その家経ててすぐ住んだ校長先生の奥さんが自殺したからって理由だった。
住み初めてすぐ精神的におかしくなっちゃって自殺して、その年に校長先生は転勤、次にきた校長先生が最初住んだんだけど、さすがに気味悪いって事で、新しく社宅を作ってもらって出来てからすぐ新しい社宅に引っ越した。


196 : 本当にあった怖い名無し : 2013/04/11(木) 01:17:34.36 ID:34bUm/LrO
空き家になった社宅は、校舎から見えるんだけど、一部の生徒なんかは女の人が立ってたとか結構騒いでた。
まあ、見た目が新しいから不気味な感じはしなかったけど、気持ちはよくないから自分は近寄らないようにしてた。

んで、最初の事件がその年の夏休み。
新しい社宅に引っ越した校長が亡くなった。
急性の心筋梗塞。連絡網で回ってきて、子供ながらにショックを受けた。
夏休みが開けてから、始業式潰してのお別れ集会?みたいなのが行われて、とりあえずは教頭が、校長を兼任する事になった。

続きを読む
(ここで続きを読む)

600 :本当にあった怖い名無し:2013/04/15(月) 15:06:23.69 ID:8d/poZY30
昨日、にわかに怖くなったことがあったので、初めて書き込みを。

自分は、男子学生寮に住んでいるのですが、この春、隣室の迷惑な若者が引っ越していきました。
毎晩部屋に同じ友人を呼んで、騒いだり口論したり
楽器を弾いたり、休みの日は歌ったりと、とにかく五月蠅い住人だったんです。

で、大きな寮なのですが、他にも迷惑だと感じた住人が居たようで
去年のある日管理人に投書があったらしく、そのことで隣室の自分が
管理人さんからこっそり事情を聞かれました。
見せて貰った投書には、
『毎日五月蠅いし、外部から人を招いて騒いでる! 何とかしろ!』
といった怒りの内容がびっしりと。

ですが、自分が管理人さんにわざわざ呼び出されて、事情を聞かれた理由というのが不思議で、その隣室の迷惑な学生さんが、
『自分は騒音なんて立ててない。隣の人に聞いてくれれば証明してくれる!』
って言ったからだそうです。 
なので一応管理人さんは、確認するため自分を呼び出したとのこと。
でも、現に騒音で迷惑してますし、深夜に他の人と口論やケンカしてますよ、とそのままに伝えました。

その後、暫くは大人しくなってたんですが、少し前からまた同じように五月蠅くなりました。
それがこの春、急に静かになり、表札も別人になっていたので、ああ引っ越したんだな、と思ったわけです。


601 :本当にあった怖い名無し:2013/04/15(月) 15:07:02.94 ID:8d/poZY30
ですが、昨日、管理人さんからこっそり事情を聞いたんです。
隣室の学生さんは実家の親元に引き取られていったとか。
管理人さんははっきりと仰りませんでしたが、ある病気、だからと。
なんでも、口論がまた五月蠅くなって管理人さんに苦情が殺到。
もう強制退去もありだと、口論の最中に管理人さんが部屋に踏み込んだそうです。
確かに口論は廊下まで響いていたそうですが、部屋には1人しか居なかった、と管理人さんは仰っていました。

その部屋が階段横の角部屋で、隣が自分だけです。
で、確実にほぼ毎晩、同じ友人を招いて騒いだり口論していました。
廊下を歩いてきて、ドアを気ぜわしくコンコン連打して、部屋に入って五月蠅く怒鳴り散らす2人。
でも、そんな相手は居なかったそうです。
苦情があったということは、他にもあの五月蠅い口論を聞いていた人は沢山居るそうです。
あの口論相手は、一体なんだったんでしょう。


元スレ:ほんのりと怖い話スレ その93


308 :本当にあった怖い名無し:2013/04/15(月) 20:06:51.53 ID:HS7XKN2VO
私が小学六年生の頃、とても仲がいいSという友人がいました。
遊ぶ場所はだいたい彼のアパートで、その日も彼と、他の友人三人くらいと一緒に当時流行っていたゲームなどで遊んでいました。

そうして遊んでる途中、Sは思い出したように私達に言いました。
しばらく家では遊べないかも、と。
どうやら、近々同じ市内の違う場所に作った一軒家に引越しをするそうで、色々と準備をするそうです。
とは言ってもSは準備を家で手伝う気もないようなので、引越しの準備が済むまでは外で遊ぼうか、という事になり。

その日は引っ越し先の家の場所を聞いて、解散しました。
その日の夕食、両親にその事を雑談程度として話したのですが、母から少し気になることを聞きました。
どうやらSが引っ越す先は、以前、火事で何人かが亡くなった一軒家が建っていた場所だそうです。

続きを読む
(ここで続きを読む)

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?309
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1360338180/101-200



168 :本当にあった怖い名無し:2013/02/11(月) 17:58:16.64 ID:QJjwdxA30
実は、今でも何が起こったか理解できていない「人生の7不思議」の1つ。
あまりにも不可解な出来事で、うまく説明できない気がして誰にも話したことがなかったのだが、備忘録としてここに記るしてみたいと思う。

中学一年生の時の話。
新しい環境に慣れ、周りが見え始めた6月のある日、工藤さんという同じクラスの子に話しかけられた。
女はいつの時代も群れたがる生き物だけど、そのクラスも例外ではなく、一番発言力のある第1グループ、対立する第2グループ、そのどちらでもない今でいう腐女子の集まりの第3グループという3つのグループに分かれていた。
喧嘩しているわけではないのに、グループが異なるとほとんど会話することがない、つくづく女って面倒な生き物だ。
私は第1グループ、工藤さんは第3グループに所属していて、入学から2ヶ月たっているというのに彼女と話すのははじめてで名前もうろ覚えだった。

「守護霊って、本当にいると思う?」
話しかけられたことも驚きなのに、脈絡もなく突然言われ、どう答えるべきか悩んでいると、
「実は、君の守護霊が見えるんだ。知りたい?」
当時、マイバースデーというなんちゃってオカルト雑誌を愛読していた私は、
「え、み、見えるの?」
半信半疑で会話にのってみることにした。
「実は、ずっと君の守護霊に話しかけられてるんだ」

続く

172 :本当にあった怖い名無し:2013/02/11(月) 18:16:56.46 ID:QJjwdxA30
「危険が迫ってる。僕が助けてあげる。」
彼女の話によると、彼女の中の人は彼女の前世のなんとか(横文字、名前はもう忘れた)という人物で、必要な時に表に出てくるらしい。
私の守護霊が彼女(彼?)にSOSをだしていて、それで今回、思いきって声をかけたということだった。

信じるとか信じない以前に、どう返答すべきか悩み、適当に濁してその場を離れ、当時一番仲良しだった友達の鈴木さんに相談したところ、彼女も加えてもう一度詳しく話を聞くことになった。

続く

180 :本当にあった怖い名無し:2013/02/11(月) 19:51:29.57 ID:QJjwdxA30
鈴木さんも加えて、再度、同じ話を聞いたあと、工藤さんから危険を避けるという魔除けのお守り(キラキラした石)をもらった。
魔除けの効果か、何も起こることなく日々が過ぎていった。

工藤さんは、前世の彼の時と本来の工藤さんの時があり、その当時は前世の彼の時が多く、色々とあちらの世界の話を聞いたものだった。
そんな感じで、鈴木さんと工藤さんと私の3人で過ごすことが多くなり、私達は次第にクラスで浮いた存在になっていった。

そんなある日、私たちの様子を心配した担任の先生が、両親に忠告するという出来事がおこった。
両親にこれまでの経緯を説明するも当然信じてもらえず、
「騙されてるのよ。しばらく一緒に過ごすのはやめなさい。実際に何も起こってないでしょ。彼女が口からでまかせを言ってるだけだよ。」
と説き伏せられ、
確かに両親のいう通りかもと納得した私は、彼女たちと決別し、二度と話すことはなかった。

それから私は、父の仕事の関係で関西に引っ越し彼女達のことは忘れてしまった。

工藤さんのことを思い出したのは、随分たった、とある事件の特集をテレビでみた時だった。
幼女が連続で殺されるというそれまで起こったことがないような凶悪な事件で、当時、連日ニュースでやっていたのだが、私は詳細を知らなかったのだ。
犯人も捕まり死刑が確定したということで、あらためて事件の特集が組まれたようだった。
そこで、当時住んでいた家と近い場所での犯行だったこと、そして、事件の詳細を知った。
そこで奇妙なデジャヴを感じた。
あれ、この話、どこかできいたことがある。
よくよく考えてみると、概要が工藤さんの中の彼が語った話と酷似していたのだ。

その事件の報道をみて、工藤さんが想像で語ったのか?

いや、そんなはずはない。
だって、彼女が語ったのはその事件が報道される前、それどころか起こってもいない時だったのだから。


powered by 勝つーる
怪談 ブログランキングへ

437 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2012/11/14(水) 08:09:41.81 ID:0zfPSvxQ0
俺が中学校のときのことだから数十年前の話
俺らのところの夏祭りでは大きな山車を町中引き回すんだけど
その年は事故があって
同級生の中学生の女の子が山車と民家の塀にはさまれて亡くなった
見ていた人の話では法被姿のお腹のところを強く打って
すぐに大丈夫、大丈夫と言って立ち上がったんだけど
数歩歩いたらぱたっと倒れて
救急車で運ばれて緊急手術をしたけど内臓破裂でだめだったってことだった
これが7月の話


438 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2012/11/14(水) 08:10:14.98 ID:0zfPSvxQ0
それから10月の学校祭の前日
生徒の一部は8時過ぎまで学校に残っていてモニュメントの仕上げとかしていて
PTAのお母さんたちもバザーや喫茶の準備で残ってた
すると校舎の横のグランドを自転車でぐるぐる走り回ってる人がいるのに気づいた
グランドには自転車で入ってはいけないことになっていたので
見ていたらグランドの防犯照明に照らされた顔が
お祭りのときに亡くなった女子生徒なんだな
その子は数回グランドを回ると暗い方に行ったときにぱっと消えた

見ていた人が大勢いたから怖いという感じはまったくしなかった
お母さんたちの中には学校祭に参加したくて出てきたんだな
かわいそうだと言って泣く人もいた
別々の部屋で都合40人近くが見ている
俺らの地元では有名な話
俺は地元を離れてるんだけど
同級会なんかで帰るたびにこの話が出る


元スレ:ほんのりと怖い話スレ その89


2chまとめ ブログランキングへ

このページのトップヘ

アクセスランキング