怖い話まとめ「やだなぁ~…怖いなぁ~…」

ネット上の不思議な話、怖い体験、そんな話をまとめています。

家系で見える系


72 :夏の思い出 [1]:2011/12/17(土) 21:19:13.32 ID:DzskEHgt0
今から20年ほど前の話しです。

当時の私には5歳下の彼女がいまして、少し離れた場所-遠距離とまでは言えませんが、
車で3時間ほど離れた場所に住んでおり、仕事の忙しさも相まって会えるのは月に1~2度という感じでした。

私の住んでる土地は自然しか取り柄の無いような海辺の田舎町で、都会っ子の彼女はそんな素朴な田舎町の山や海で遊ぶのが大好きな子でした。

そんな彼女と付き合い始めて初めての纏まった連休-お盆休みに起きた不思議なお話しです。


「お盆休みどうしよっか?」
「うーん、ゆっくりと会えるんだしキャンプとかしたいなー」
「海でバーベキューとか?」
「うんうん!そういうの好き!」
続きを読む
(ここで続きを読む)


436 :本当にあった怖い名無し:2011/11/06(日) 17:45:39.42 ID:O9cvYaLZ0
少々長くなるし、あまりオチもないけど。

うちの父方の家系は先祖に女の拝み屋がちょこちょこいるような家系で、今は拝み屋はやっていないが女は多かれ少なかれ不思議な体験をする。
その中でも私は結構多く体験しているほうらしい。
普通は私だけ、もしくは姉と体験するんだけど一度だけ家族全員を巻き込んだ体験をしたことがある。

家族構成としては父・母・姉・私・犬の4人と1匹。私が中学生頃の話だ。
私はいつも学校が終わって帰宅すると自室で犬と2時間ばかり昼寝をしていたんだが、なぜかその日は仏間で寝ようと思い、枕やタオルケット(あと犬)を持ち込み万全の体制で昼寝を始めた。
すると夢をみた。どこを見渡しても真っ暗で「なんだこれ」と思っていたら、目の前の空間がぐにょぐにょ動き始めた。
よーく見てみると人間のようで、さらによく見ようとして気づいた。
真っ黒いワンピースを着た髪の長い女だった。
顔はわからないけど至って普通の女の人。

でも見た瞬間こいつはダメだと直感した。
「凶悪」とか「怖い」のダメじゃなくて、「あぁ食われる」と思ったんだ、死を覚悟するって感じに似てるかも。
怖いってのはなくてなんだか静かな気分だった。
女の人がどんどん近づいてきて、あと数歩で私に触れるってとこで目が覚めた。
助かったと心から思ったよ。ふと仏壇を見ると茶碗とか位牌とかが倒れてたんだ、風がふいても倒れないのに。あと隣でネタはずの犬が仏壇の前に座ってキョロキョロしてた。
まぁここまでだと「夢乙w」になるんだけど、こっからが始まりだったわけで続きます。

続きを読む
(ここで続きを読む)

f2153b5a761d7a97cec6b85f24ea987d

657 : 本当にあった怖い名無し : 2013/09/23(月) 13:41:44.25 ID:bFTnTdQo0
自分の実家は築100年。
岐阜県に大正村というところがあるが、そこで公開している家にそっくり。
中庭を囲むように、母家・渡り廊下・離れがコの字状に並んでいる。

子供の頃、なぜか、じいちゃんから「夕方は坪の内(中庭)に行ったらあかん。」といわれていた。
トイレは離れの横にあるので、生活空間の母家から夜でも真っ暗な渡り廊下を通って、トイレにいかなければならなかった。
仕方ないので、夕方だけは尿意を催すと、近くのコンビニへいくか我慢していた。

中庭は坪の内といい。
手入れされた数本の木と、苔むした石のまわりに白石を敷いた枯山水。
まあ料亭みたいなんだけど、コの字の開いている所は、隣家の家の壁で全くの閉鎖空間。
昼でも薄暗く、自分はあんまり好きじゃなかった。
続きを読む
(ここで続きを読む)


583 :本当にあった怖い名無し:2010/05/11(火) 02:29:09 ID:heQnbitS0
最近『目のない人』をよく見かけるようになった。
普通の盲目者ではない。眼のある位置に、やたら大きく、黒い空洞がある人だ。
街角の、何気ないところに立っていて、少し離れた場所から俺をじっと見つめている。
俺からは、たいてい見え辛い距離にいるんだけど、目の空洞はなぜか良く分かる。
多分俺はいつか失明するのだろうけど、仕方ない。
俺の家は、ぶっちゃけた話呪われているのだ。
続きを読む
(ここで続きを読む)


356 : 本当にあった怖い名無し : 2009/06/15(月) 15:39:36 ID:seXYTfG80
流れぶった切って、
俺が体験した話であまり怖くないかもしれないが、
ちょっと前の仕事が休みだった日、
原付でうちの裏山を走ってたんだよ、
そしたら空にぽっかりと
赤い鳥居が2つ並んだ状態で浮いてるんだよ、
赤い鳥居が浮いてるっていうより
宙にぼやけてるって感じかな。
道なりにその鳥居があったから
走り抜けたんだよね。
だからちょうどくぐった感じ。2つとも。
家に帰ってその日は普通に過ごした
続きを読む
(ここで続きを読む)

※やや長文

488 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2009/06/08(月) 05:23:34 ID:d0Md1CfE0
別に怖くもないんだが不思議だった話。
うちの家では神様を祭ってあるんだが(別に神社とかではない)
そこはちょっとした神棚じゃなくて、8畳の部屋をでかでかと占領する祭壇?なんだ。
小振りな米俵を積んだり、縄張ったり、酒瓶が並んでいたり、
なぜかビールとかスナック菓子とか塩が袋ごと置いてあったりする。
なんでもどこかの神社から分けてもらった(神様分けてもらうってどーよ)格の高い神様らしく、
うちでは「ミヤウチ様」って呼んでる。
続きを読む
(ここで続きを読む)

このページのトップヘ

アクセスランキング