怖い話まとめ「やだなぁ~…怖いなぁ~…」

ネット上の不思議な話、怖い体験、そんな話をまとめています。

php

493 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2013/09/15(日) 03:11:10.16 ID:ZnRcsSdp0
小学生のとき、友達とよく隣町の山へ登りに行っていた。
少し荒れているハイキングコースだけど、小学生でも2~3時間もあれば頂上付近まで行ける。
いつもは2~3人で朝から登って、途中の川にある少し水を溜めるダムみたいなところで泳いだりして、夕方降りて帰るだけだけど楽しかった。

ある時、別の友達とお弁当を持って遊びに行くことになった。
男6人でいつもと違う道を登っていくと、とうとう道がなくなり山と山の間の斜面の隙間を登っていた。
小学生はなんでも楽しめてしまうから、そんな所でも笑いながら登り続けた。
実際いつも登る道とそんなに離れていないはずだけど、景色は全く違うし、登り辛い所なのでどんどん陽が傾き、その内日が暮れはじめた。
いつも登る面子と違うので慣れていないため、不安になったのかみんな「そろそろ帰ろうぜー」と斜面をズザザザーと転がりながら降り始める。
帰りも適当に山あいの斜面を降っていると、急にうんちがしたくなった。
続きを読む
(ここで続きを読む)


865 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2013/08/20(火) 12:47:29.72 ID:q7hPugGXO
あのー誰か俺に答え下さい
10年以上不思議に思ってる事なんだけど
その当時、小学生だった俺は、この時期と同じ夏休み
っで、夏休みの宿題で指定された山に行って、感想文を出すってのがあったんだ
それで親父、オカン、俺の3人で、その山に行ったんだけど

866 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2013/08/20(火) 12:48:50.95 ID:q7hPugGXO
まぁ、順調に山に登ってなんて事なく無事に山頂さぁ帰ろうかって事になって、来た道同様に乙みたいな道を帰ってたんだけど、
ここで気付いたのが登山し始めてから、今まで誰ともすれ違わなかったのに気付いて、寂しい山だねーみたいな事話してたら

867 : 本当にあった怖い名無し : 2013/08/20(火) 12:50:51.92 ID:q7hPugGXO
ある家族連れとすれ違ったの
その当時の俺と同い年くらいの女の子と両親の三人の家族と
その… 問題がね
その家族連れと、すれ違ったって書いたけど、厳密にはすれ違ったわけじゃないの
さっき山の道が乙て書いたけど、それ以外の登る道も下る道もないの
っで、その山の道幅広くて7~8mはある
人がすれ違う事を嫌うほど狭いわけじゃない

869 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2013/08/20(火) 12:59:13.01 ID:q7hPugGXO
っで、問題の家族が来た道なんだけど
ビックリしたよ
乙の道を完全に無視して直線に登って来たの
草村というか、ちっちゃい枝とか掻き分けながらみたいな感じで、三人一直線に並んで、会話もなく俯きながら血の気の引いた顔で、一切周りを見ずに、ただ淡々と直線に突き進んで行くの
続きを読む
(ここで続きを読む)

※長文
m09_13_83

647 : 底名無し沼さん[sage] : 2013/08/08(木) 15:06:37.69
ちょっと長くなるかも

今から10年程前の話なんだけど
自分は某食品会社の会社員で、同僚に登山を趣味にしている人がいてその人に教えてもらって一緒に山登りを始めたんだ

648 : 647 : 2013/08/08(木) 15:08:50.82
最初は奥多摩や丹沢の山を登りその後、関東近県の主に百名山を中心に同僚とその山友とかと一緒に登った
初めは登山なんか疲れるだけだなと思ったんだが二度、三度と登って行くうちに自然の中に身を置いて体を動かしたり語らう楽しさや、下山後の温泉やお酒の旨さ、帰宅後の体の心地よい疲労感などを体験するうちに登山の楽しさが段々わかってきたんだ

649 : 647 : 2013/08/08(木) 15:16:28.42
そんなこんなで登山を始めてから二年目の夏は、同僚、友人と4人でパーティを組んで立山・剣にテント泊の縦走に行ったんだ
自分は初めて日本アルプスに行ったんだが(観光で黒部湖はある)、今までの関東近県の山とは違う山のスケールの大きさに驚いて日本アルプスはすごいと思った

651 : 647 : 2013/08/08(木) 16:04:39.36
その時の山行の天気は晴れで、北アの山のスケールの大きさに感動しながら、雄山、大汝山、真砂岳を縦走し、剣沢でテント泊をした
食事は今までの山行で昼飯で食べてたインスタントやレトルト類ではなく、肉や野菜などをふんだんに使った、焼肉、鍋、ごはん、酒という豪華メニューで山の食事を堪能したんだ

654 : 647 : 2013/08/08(木) 16:10:18.47

次の日は剣を往復して蟹のタテバイやヨコバイにビビリながらもアルペン的な楽しさを満喫した
剣の頂上に立った時、日本海や後立山連邦、穂高連峰などの山々が一望に見渡せ、その美しさ、雄大さに北アに来て本当に良かったと思った
自分は山の名前の知識があまりなく、その時同僚からあれは鹿島槍、あれは穂高とか色々教えてもらい、特にすぐ近くの後立山連邦の山々の美しさに感動した
続きを読む
(ここで続きを読む)


635 : 底名無し沼さん[sage] : 2013/08/05(月) 17:49:21.02
俺以外にあと2張ぐらいだったさびしい殺生ヒュッテ(※飛騨山脈、槍ヶ岳直下の登山ベースのこと)のテン場 (※テント場のこと)

寝てると コツ コツ 音がしたんだ。
小屋の兄ちゃん登山道の整備ご苦労さまです。
なんて寝ぼけた頭で考えてると

コッツン コッツン
ゴッツン ゴッツン
ガン ガン
ガンガン ガンガン
どんどんひどくなる。

「うるせーーーー」
って叫んだら音がやんだ。

心を整理するためにあれは土木工事の心優しいおじさんが
登山を道修復してたんだという結論に達している。

636 : 底名無し沼さん[sage] : 2013/08/05(月) 18:54:28.32
>>635
小屋の中の人雪崩で亡くなってるから、洒落にならん鴨

637 : 底名無し沼さん[sage] : 2013/08/06(火) 12:32:50.62
>>635
あ、、、、
北ア(※北アルプスのこと)では滝谷避難小屋と同じぐらい
殺生のテン場の足音は有名だよ
基本二人連れの足音なんだけど、、、

638 : 底名無し沼さん[sage] : 2013/08/06(火) 13:34:26.80
登山道の修復のおじさんの音を聞いてから
俺も息子(中学生)も氏神様のお守りザックに付けてるよ。
続きを読む
(ここで続きを読む)

img1891_garyu

847 : 本当にあった怖い名無し : 2013/06/13(木) 13:28:58.97 ID:oKseDQvLO
とりあえず書く。
携帯からなんで遅いし文章下手くそだけど勘弁。

中学校の林間学校では、登山とキャンプがセット。
中国地方で有名な山に登山に行った。

848 : 本当にあった怖い名無し : 2013/06/13(木) 13:34:41.65 ID:oKseDQvLO
自分の実体験だがかなり昔の事だから多少曖昧なところもあり。
登山当日になってから、登山する山が2つ用意されていることを知る。
簡単にまとめると
ルート1 標高高い有名な山 時間がかかるが登山道が緩やか
ルート2 標高が低い無名な山 時間は短いが登山道が険しい

体力が全くなかった自分は友人と即決でルート2に決めた
続きを読む
(ここで続きを読む)

※けっこう長文
732 : 初めまして №1[sage] : 2007/12/21(金) 00:21:34 ID:hA2uHbFF0
先日、ちょっとした切欠でオカ板に来て以来、皆さんの話を楽しみながら拝見しています。
ここで、私自身の体験じゃないのですが、長い付き合いのある山先輩(と言っても、かな
りの年齢。仮に、義一さんとします)から聞いた話をします。

この話は、義一さんの祖父が、さらに自身の祖父(義一さんから数えれば、5代前の人)か
ら聞いた話を、日記に書いて記録していたもので、義一さんが祖父の遺品を整理していた
時に、見つけたのだそうです。そして今回の話は、その5代前のご先祖様(仮に義雄さん、
とします)が体験した話です。

だいぶ長くなりますので、読み飛ばして頂いても構いません。

場所は東北某県、時代は明治初期。山深い村落で起きた話です。
当時の人々は皆そうでしたが、特に義雄さんは健脚で知られ、普通の人が一里歩くだけの時
間があれば、三里は歩く、という人でした。それでいて、肝も据わっている。そんな彼です
ので、隣村への用事とかには、非常に重宝がられていたそうです。

そんなある日、彼は県境を越えた遠くにある大きな街へ、用事で出掛ける事になりました。
朝、暗いうちから家を出て、義雄さんは山道をドンドン進んでいきました。山道…と言って
も当時の事ですから、山の中に獣道のような細い道があるだけ、といった状態です。
山道は片方が山で、もう片方が急斜面となっており、底には川が流れています。踏み外した
ら谷底へ真っ逆さまです。が、度胸のある義雄さんは恐れる事なく、進み続けます。
続きを読む
(ここで続きを読む)

このページのトップヘ

アクセスランキング