怖い話まとめ「やだなぁ~…怖いなぁ~…」

ネット上の不思議な話、怖い体験、そんな話をまとめています。


326 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 18:57:08 ID:WhRrdK+D0
俺はおっさんリーマン。
ご多分にもれず中間管理職的な立場で、上からドヤされ下から突上げられを朝早くから夜遅くまで繰り返す毎日だ。
その日も終わりが近い頃、いつも通りヘロヘロになった身体を引きずって単身アパートまで帰る途中での事だ。
アパートは駅から歩いて15分位の道のりで、帰り道の途中に結構な登り坂があって、突当りを右に曲がるんだが、その突当りになんという事もない古ぼけた5階建ての雑居ビルがあった。

いつもなら帰り道で坂を登っていても、気にもしなかった建物だが、その日はなんだか俺の注意を惹いた。
違和感てやつ?
何でもいい、坂を登りきるまで意識を反らすものなら足の疲れも忘れていられると、俺はその建物を注視しながら坂を登っていった。
なんだ。
何のことはない、建物入口の蛍光灯が切れかけているのか、1分位ごとに点滅を繰り返している。
意識しないでその建物を見る瞬間、瞬間に建物のガラス戸が明るく見えたり真っ暗に見えたりしていただけだった。

坂を登りきり、建物から10m位の距離に近づくまで、見るともなしにその点滅を目あてに重い足を進めていた。
ん?
新たな違和感を感じて思わず足を止めてしまった。何か変だ?
でも何が変なんだ?
明滅を繰り返すガラス戸を注視しながら、更に建物の入口に近づいて行った。
ガラス戸の向こう、蛍光灯が点いた時には、奥の薄暗い階段や入口脇の郵便受が並んでいるのが分かる。
また、フッと真っ暗になりそれらがかき消すように見えなくなる。
続きを読む
(ここで続きを読む)


374 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 04:58 ID:5KTe/X4C
1/3

霊の存在を否定はしないけど、幸い今まで怖い体験を一度もしたことが無かったから特に信じている ということはなかった。
死ぬほど怖い話の保管庫とかは興味半分で読んだり、TVの特集なんかは好きで見てしまうほうだった。 
だから、まさか俺が なんて思わなかった。

先ほど(午前2時過ぎ)コンビニへ弁当を買いに行った帰り道、目黒通りで信号待ちをしていた。
真夜中で車の流れがほとんどなく、歩行者用信号は赤だったけど俺は渡り始めた。
中ほどまで歩き、全く車がいなくて遠くまで見通せる車道が珍しく、
ある種別世界的な感覚に包まれて横断歩道をノロノロ歩いてた。

横断歩道を渡りきる直前に、「こっち側」でも信号待ちをしてる人がいたことに気付いた。
その人は横断歩道の端っこに立っており、俺はもう片方の端っこ(自転車横断帯側)を歩いていたので少し距離があった。
何となく視界の端で見た限りでは、何か黒っぽい服を着た女性のように思えたが、
全体がぼんやりとモヤがかかったように、影のかたまりのようにも見えた。
不思議な違和感を感じて、顔をややそっちのほうへ向けて見ても
信号の支柱の影のせいか暗くて顔が分からなかった。

続きを読む
(ここで続きを読む)

※長文

215 :カルデラ ◆.UJJPla5/I :2006/06/11(日) 22:11:31 ID:JtTA6fQc0

誰にでも”影”はあると思います。
もちろん生きていれば、ですが。
もちろん、あいつは”影”が薄い・・・とかの”影”ではなく、常に自分と一緒について来る”影”です。

これから話す話は、記憶がまだ新しい、数年前の出来事です。
僕が中学2年の時でした。
僕が通っていた中学校は、宮崎にあるH中学校で、各学年3クラス程度の、生徒数も少ない学校でした。
そのためか友達も沢山出来て、学校終わりには友達と毎日遊んでいました。
特に親しい友達に、A君とB君がいました。
A君とB君は、小学校からの付き合いなので、何をするにも一緒で、そのせいか趣味や行動も似ていました。

続きを読む
(ここで続きを読む)


329 : 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage] 投稿日:2014/07/26(土) 22:59:14.66 ID:oUcuUpfV0.net
文章は得意じゃなくて分かりにくいかもしれないけど、10年程前の肝試しに起きた事を書いていきます。
当時、中学時代からの悪友達と毎晩のように心霊スポットと言われるところへ度胸試しをして遊ぶのが流行っていた。
名古屋で比較的有名なところから、怖いなと思う所までいろいろと…
散々行ったけど、特段怖い思いもしないまま、結構有名な廃ホテルには何回か女の子を連れて肝試しをしたりして遊んでいました。
その廃ホテルは竜泉寺の向こうという行きやすい立地もあって何回も遊びに行っていた。
帰り際に記念写真を撮ろうという事になり、その時は何にも写ってないと思っていたのですが、帰ってみんなで見てみると無数の顔が写っている事に気付きました。
何回も行った事があり、警戒心も無くなっていたことから、あんなところで撮れる訳がないと思っていた写真が、こんな事になるとは思ってもなく一様にショックを受けていた。
霊の存在など信じていなかっただけに、本当に撮れた事が返って心霊スポットの散策に火をつけた。
当時は本当にバカだったと思う。
ここでやめておけばよかったと心の底から思う。


続きを読む
(ここで続きを読む)


851 :1:2006/04/10(月) 23:14:24 ID:SHzL8slU0
私が育った地域は、最近政令指定都市になったばかりの、街中とはいえまったりとした場所です。
ちなみに祖母・父・母・兄・私・妹の6人家族の中でいわゆる「霊感」とか言われるものを感じるのは母と私だけです。

私が小学校6年生の夏休みの話です。
近所の神社で、小学生を集め夏休みの宿題を近くの大学生が見てくれるという企画がありました。
勉強嫌いの私と妹も強制的に参加させられ2週間、毎日神社に行くこととなりました。

その企画は勉強だけではなく、最後の日の夜
ちょっとしたパーティと恒例の肝試しが計画されており
私と妹はそれを楽しみに嫌な勉強を毎日していました。


続きを読む
(ここで続きを読む)


67 :本当にあった怖い名無し:2011/09/17(土) 14:52:30.24 ID:4s22RDON0
長崎市内にある大学に通っていたんだけど、大学4年の夏にサークルの飲み会で二次会のカラオケを終えて歩いて帰っていた。
路面電車は深夜になると本数が減るし途中までとかになるしタクシーはつかまらないから歩くしかなかった。
夜の平和公園は心霊スポットって言われてて正直、横を通りたくなかったんだけど通らないと帰れないから仕方なかった。
で、横歩いていると公園の方から人の気配がしてもしやカップル!?と思って
そっち見たら人の形した真っ黒い影みたいなのがいた。
何でか目だけは生々しくて目が合ってしまった。

続きを読む
(ここで続きを読む)

このページのトップヘ

アクセスランキング