怖い話まとめ「やだなぁ~…怖いなぁ~…」

ネット上の不思議な話、怖い体験、そんな話をまとめています。

沖縄


333 :本当にあった怖い名無し:2006/12/18(月) 17:21:59 ID:9COVr8giO
私は今沖縄の離島に住んでいるのですが、そこでの釣りの師匠がいわゆる見える人で、色々と興味深い話を聞かせてくれます
今日は最近聞いた話の中でも特に自分が怖いと思ったものをひとつ

その日師匠は真夜中に山にヤシガニを取りに出かけたそうです
私たちが住んでいる島は人が住む集落よりも山などの自然がほとんどの面積を占めるようなところで、集落を少し離れれば民家の光は全く届きません
しかも師匠が入った山というのもちゃんと山道があるようなところではなく、木が鬱蒼と茂る整備も何もされていない本当の山
師匠は真っ暗な山の中草木をかき分けながら道なき道を自分が持ってきた懐中電灯の灯りだけを頼りに進んで行ったそうです

普通の人なら夜中に一人で山など怖くてとてもに入れたものではないと思いますが、そこは小さいころからこの島の自然に慣れ親しんできた師匠。
夜の不気味な山の雰囲気など物ともせず、ずんずん進んで30分もしない内に目指すヤシガニポイントに辿り着きました

そして更にその場所で一時間ほどねばり漸く目的のヤシガニをゲット
そのころにはもう時間は夜の12時を回っていたそうです
続きを読む
(ここで続きを読む)


826 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/11/16(金) 21:20:55.62 ID:U4C/45eQ0
俺が怖い話とか不思議な話に興味をもつきっかけになった話。
半年くらいまえに沖縄の北部で体験したこと。

当時免許取りたての俺はドライブをするのが好きだった。
そしてある日、運転もずいぶん慣れてきたということで沖縄の北部を海沿いに一周してみようと考えた。
ルートは西海岸沿いに北上していって辺戸岬までいって東海岸沿いに南下し、
自分の家の東側くらいまで来たら家の方向に向かう、かかる時間は気にしない、
そんなプランだった。

朝は少し寝坊したので昼飯を食べて、グーグルでルートを確認してから出発した。
順調に北上していきつつ、いろんな店に寄り道したりしてたので名護につく頃には夕方になっていた。
夕飯を食べ終えて休憩を済ませた俺は再び辺戸岬方面へ向かってドライブし、
辺戸岬につく頃には8時くらいになっていた。

続きを読む
(ここで続きを読む)


510 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 03:55:29 ID:XGe5mvymO

数ヵ月前体験したちょっと不思議な話をしようと思います
ある日のこと、私は釣りの師匠と地図を見ながら釣り場をチェックしておりました
地図と言っても普通の地図ではなく、島の郷土史もかねた分厚い一冊の本です

私たちが住んでいるのは車でなら一時間ほどで一周できてしまうような沖縄の小さな離島なのですが
地形は険しく人が簡単に入れないような所も沢山あります

その郷土史兼地図には、海岸から山中に至るまで事細かく区分された地名から、島に何十と点在する御獄やお拝所までが解説付きで載っていて
私は釣り場を見ながら知らない場所を見付けると、ココは知っているかだのどんな場所かだの、ことある事に師匠に聞きながら読んでいました

続きを読む
(ここで続きを読む)


44 :本当にあった怖い名無し:2011/11/16(水) 22:58:32.60 ID:M8Y02lYQ0
沖縄の本島に1週間ほどダチと二人で遊びに行ったときの話。
その日は北のほうでボートを借りて釣りをしてたんだが、午前中一杯でそれに飽きて道具も持ってきてたんでダイビングをしようってことになった。
それで浜から300mほど沖の40畳くらいの小島というか小岩のところでボートをとめて潜った。
珊瑚より海藻の多い場所で魚は少なかった。
島のまわりを巡るのはあっという間だったが、
沖に面した島の根っこの水深4mくらいのところが大きく内側にえぐれているのを見つけた。

洞窟とは違っていつでも出てこれるような場所だったんでダチといっしょに入ってみたが、中は意外に広かった。
幅の広い階段状の岩が四段ほどあって明らかに人工物だった。
奥行き3mくらいのそのくぼみの中も魚は少なくて、中がなんとか見えるくらいの明るさだった。
そして最奥が垂直の壁になっていて、その前に高さ1mくらいの石製のかめが4つあった。
俺は遺跡だと思ってダチに合図して近寄ってみると、
かめは4つとも同じような作りでどれも40cm四方くらいの石製の四角いフタがのせてある。
続きを読む
(ここで続きを読む)


47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/29 23:03 ID:ZYGRVTgi
僕が小学生の頃、沖縄にいた時の話。
僕はひどい寝不足に苦しんでいた。
なぜなら、僕が住んでいた、その家はとにかく怪奇現象の絶えない家だったからだ。
いったん眠りについたとしても、必ず夜中の1、2時ぐらいに目を覚ましてしまう
そして、必死になってまた眠ろうとするが、その時に妙な音が聞こえてくるのである。
ラップ音という奴だ、だれもいないはずの台所から食器がカチャカチャ鳴る音が聞こえたり、床をたたく様な音、何かが倒れる様な音、人の足音、人の声のような低い音。
そういうのが毎日のように続き、寝ように眠れず寝不足に苦しんでいた。
続きを読む
(ここで続きを読む)

oooo

28 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2013/08/29(木) 12:34:52.61 ID:880doeYu0
1/6
一応、実体験の話
少し戦争関連?の話だから不謹慎に感じたらすまん
ちょっと長くなるかも

高校の修学旅行先が沖縄で、まぁお約束というか、学習の一環で最初の2日は記念碑とか施設とか、戦争跡地巡りだったんだ。
その中で、Iていう防空壕に使われた洞窟いくことになったんだが
バスの中でガイドさんが「暗所・閉所恐怖症、霊感のある方は教えてください」
ていうんだよ
前半はわかるが、後半はウケ狙いなのか?て思ったんだが。割と顔はマジなんだよね。
(ちなみに3人くらいの女子が暗所恐怖症で、て手あげて、バスに残ってった)
続きを読む
(ここで続きを読む)

このページのトップヘ

アクセスランキング