怖い話まとめ「やだなぁ~…怖いなぁ~…」

ネット上の不思議な話、怖い体験、そんな話をまとめています。


677 :本当にあった怖い名無し:2006/12/14(木) 13:18:00 ID:J5SBgyey0

「この犬は普通の犬じゃありません。それでもいいんですか?」

それが私が後に八房と名づける犬を引き取ると口にしたときの団体の担当者の言葉だった。
詳しく話をきいてみるとこういうことらしい。
八房は一度ある非営利の動物愛護団体にひきとられたあと、足をへしおられた。
それが偶然であったか故意であったかはさておき、病院にもつれていかれずに曲がってくっつくまで放置されたのは間違いないという。
動物愛護団体がひきとった筈の犬がなぜそんなことにと問うと。
担当者は泣きそうな顔をして、好きだからやってる所ばかりじゃないんですよねと前置きをしておしえてくれた。
それまでも話にはきいていたが、大衆の同情をひきそうな動物ばかりをひきとって寄付金を狙う団体も少なくなく、彼を引き取った団体も実態はそういうものだったらしい。
だが八房はその目的、集金のためには不適格だったらしく的確にするためにそんな目に合わされた。
いつもは我々に抗議をしにくる立場の団体の人が萎縮した姿だったのはこれがはじめてだ。
(ちなみにこのときの私の職は保健所の職員である。)

どれだけそれが重大な事と相手が痛感していることか理解して私は追求したりせず話を先に進めた。
どうして、その団体の人が来ないのか。
何故別の団体がもってきたのかと聞くと該当の団体が既に解散していると教えられた。
団体はなくなっても人は残るだろう?とまで問う気はおこらなかった。

「近くの施設で処分していただこうとしていたのですが。 この犬ここに来たがってまして」

どういう事かと問うと、抗議用のリストのたばねたファイルをひらいているときまってそのリストを凝視したのだという。
施設につれていくことが決定した時も、ここ以外のところに連絡をとろうとすると盛んに吠え立てたという。
静かにしているときはきまってやけに電話の音が遠いとかノイズがやたらとするのだそうだ。

「多分あなたが目的だったんですね」


続きを読む
(ここで続きを読む)


641 :本当にあった怖い名無し:2006/11/28(火) 03:25:03 ID:crqTqEJ20

これは僕がサークルで知り合った仲間が体験した話だ。
彼女の事は仮にMとしておいてもらいたい。
彼女の故郷はひなびた町で何処の田舎にも有る華の無い
死にかけた町並みと言う表現が似合うような場所だといっていた。
そんな町での生活を嫌がった彼は、こうしてそこを離れ、
生活をしているわけだが今まで生きてきて一度だけ幽霊を見たという。
その時の話だ。
Mの町には沢山の小さな鉄工所のような会社が存在していた。
数あるそんな会社の中である日、その中の一つが倒産に追い込まれた。
原因は膨れ上がった借金が遂に払いきれず、志半ばの倒産と言われていた。

その会社の工場とは主に溶接を行うような所で
作業自体が熱い温度を伴う為になるべく
風通しの良い設計で作られていたそうだ。
そんな工場で倒産間もないある日、社長が首を吊った。
社長は一人身である上、ずっと一人暮らし。
親族とも縁遠かったとか。それと、
季節が丁度寒くなりだした頃だったのが災いしてか、
発見が遅れてしまっていた。
発見したのは社長の身をあんじた親族ではなく、
臭いに気づいた町の住民だった。
発見されたときはもう無残な姿で体中が獣に食い散らかされていたそうだ。
工場は町の外れにある上に裏口は開いたままだった。
狭い町で噂が広がるのは早い。
Mもそんな話を近所のおばさんから聞かされた。
それから幾日か過ぎた頃。

続きを読む
(ここで続きを読む)


668 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 08:18:05 ID:0hx0UieBO
バイト仲間Tの話

Tは犬が苦手。小さい頃に襲われたからだそうだ。
幸いと言えるか判らないが、大型のハスキー犬だったにもかかわらず、
噛まれたのは一箇所で、傷が薄く残る以外に後遺症はなかった。
犬好きに話すと、無意識に逆なでしたのでは?と言われるが、友人宅に行くなり唸られ、
繋いでるから大丈夫と家人が言う間もなく、鎖を切って飛び掛かかられ噛まれたそうだ。
『そりゃ嫌いにもなるだろうね』
犬好きの俺もフォローできずに言うと
『嫌いなんじゃなくて苦手なんだ。感謝はしても、どうしても怖くて』
と複雑な顔で呟いた。
続きを読む
(ここで続きを読む)


656 :本当にあった怖い名無し:2012/05/09(水) 21:28:15.96 ID:sV+kopVB0
犬の話なんだけどさ。うち犬飼ってんのよ、3匹。
パグとボストンテリアとその2匹の子どもで計3匹。
ぶっちゃけ最初は不細工だと思ってたけどなれてくるとこれがもう可愛いんだ、マジで。
なんというか愛嬌があってさ、私が移動する度に3匹とも後ろをちょこちょこついてくんの。
子犬も小さくてぬいぐるみみたいでさ、手のひらサイズとまではいかないけどとにかくプニプニのもふもふで最高なんだわ。
そんな訳でその3匹の溺愛してたわけですよ。
でも溺愛してたっても躾してなかったわけじゃないんだ。
基本的な躾は出来てたと思うよ、トイレは決まった位置でするし、人にむやみに吠え掛からないし。
他の犬に喧嘩も売らないし、お手もハウスも出来る。

で、うちは2階建ての一軒家でさ、2階の1室をそのまま犬の部屋にしてたんだ。
普段は1階のリビングで過ごさせて寝る時や家に誰もいなくなる時は2階に移動させてた。
で、ある時さ、1階で私が飯食ってる時。いつも通り犬を1階に移して過ごしてたんだ。
したら突然、突然だよ? 何の前振りも無しにさ、吠えるんだよ犬が。

3匹同時にぎゃんぎゃんぎゃん、って。
そりゃもーうちに貰われてきた当初だってこんなに吠えたことはなかった。
それぐらい激しく吠えるんだよ。
当然、びっくりだよ。だって今までこんな事一度もなかったんだ。
まあ、とにかくびっくりはしたけど夜だし、近所迷惑だしさ、とりあえず、吠えんな、って叱った。
続きを読む
(ここで続きを読む)


475 :463:2005/03/22(火) 04:39:51 ID:94IvOOHx0
俺も一回聞いただけの話しなんで、記憶曖昧なんやけど、思い出して書いてみるわ。

よく知らないんやけど、保健所って、野良犬とか増えすぎて、
人に危害加える可能性あったら、捕まえたきて、
駆除ってことで、薬で殺したりするらしいんよ。
その駆除係?で働いてた人の話。

Aさんはその保健所の駆除係で5年くらい働いてたのだが、
下の子が産まれた時あたりから、家でおかしなことが続くようになっていた。
夜中に犬の声で起こされたり、犬の足跡が床に付いてたり、
風呂場に犬の毛が落ちてたりしていた。
Aさんは上の子を疑って、
「犬でも拾ってきたのか?」
と問いただしたが、上の子は拾ってないと言う。

続きを読む
(ここで続きを読む)


154 :本当にあった怖い名無し:2011/07/05(火) 03:12:51.16 ID:YR/R9w000
今年の3月11日の朝にうちの愛犬、ジョンが眠るように亡くなった。
20歳。大往生だ。

姉が起きてジョンの死を知ると
「うちの犬がしんじゃったのー。チョー悲しいよー。」
と彼氏に電話をし始めた。

昼頃になり姉の彼氏がうちに来た。
「どうしよう・・・あたしも死んじゃおうかな・・・。」
「そんなこというなよ。」
「だってチョー悲しいんだもん。あたしにチョーなついてたんだよ・」
とアホなやり取りをしている。

正直言って俺はブチギレそうだった。
このクソ姉は一度も散歩に連れていったこともなければ、ジョンが寝たきりでオムツ生活になっても一切世話をしなかった。
しかも5年前に俺が野球部の合宿で家を開けていたときに逃げ出したと嘘をつきジョンを捨てたこともある。
近所の人総出で探索をして、近くの林につながれているのを瀕死の状態で発見した。

アホなやり取りを終えた姉と彼氏が玄関を出ようとしたときに、「うぉーーーーーん」とジョンの遠吠えが聞こえた。
びっくりして姉と彼氏がジョンのもとへやって来た。
続きを読む
(ここで続きを読む)

このページのトップヘ

アクセスランキング