怖い話まとめ「やだなぁ~…怖いなぁ~…」

ネット上の不思議な話、怖い体験、そんな話をまとめています。


374 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 04:58 ID:5KTe/X4C
1/3

霊の存在を否定はしないけど、幸い今まで怖い体験を一度もしたことが無かったから特に信じている ということはなかった。
死ぬほど怖い話の保管庫とかは興味半分で読んだり、TVの特集なんかは好きで見てしまうほうだった。 
だから、まさか俺が なんて思わなかった。

先ほど(午前2時過ぎ)コンビニへ弁当を買いに行った帰り道、目黒通りで信号待ちをしていた。
真夜中で車の流れがほとんどなく、歩行者用信号は赤だったけど俺は渡り始めた。
中ほどまで歩き、全く車がいなくて遠くまで見通せる車道が珍しく、
ある種別世界的な感覚に包まれて横断歩道をノロノロ歩いてた。

横断歩道を渡りきる直前に、「こっち側」でも信号待ちをしてる人がいたことに気付いた。
その人は横断歩道の端っこに立っており、俺はもう片方の端っこ(自転車横断帯側)を歩いていたので少し距離があった。
何となく視界の端で見た限りでは、何か黒っぽい服を着た女性のように思えたが、
全体がぼんやりとモヤがかかったように、影のかたまりのようにも見えた。
不思議な違和感を感じて、顔をややそっちのほうへ向けて見ても
信号の支柱の影のせいか暗くて顔が分からなかった。

続きを読む
(ここで続きを読む)


58 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 17:49:52 ID:yu2WM2qu0
誰もいないっぽいので勝手にスレ汚しします。
話下手なので恐怖感を煽る表現なんかはうまくできないのでもしかしたら全然怖くないのかも。
ただ自分にとっては物凄い恐怖体験でした。
どうか長文がだるい方はスルーして下さい。

去年の事、高知県の赤岡という町に行った。
絵金祭りという祭りを一度この目で見てみたかったというのが第一の理由。
絵金祭りというのは祭りの夜にろうそくの火で絵金の描いたを見て回れるという祭り。
第二の理由と言うのは、まぁオカ板住人なだけにオカルト的な事が好きな自身を満足させるような事があると言うこと。

率直な話自分は差別と言うのは好きではない。ただ部落の話は好きなのだ。
部落の話と言っても、そこにある昔からの伝承や、昔から守られてきた風習の謎とも言うべき物の知識を得ることが快感だったのかもしれない。
そもそも日本には色々な風習があるが、不思議と狭い社会で作られたディープな話程興味をそそるというもの。
それに触れるのは部落関連の話というのが自分なりの安易な解答だったのだ。

「赤岡の町には部落があり、何か祀りたてている。」
こんな話を聞いたのが事の発端だった。
その土地の神聖な存在と言うのは概ね地元の神社、寺などを廻ると分かるのだ。
例えば神社に行き、神主さんに郷土史について調べていると言えば、
少なからず話してくれる神主さんもいる。
埼玉に住んでいた自分にはただ単純にそういった興味を満たすためだけにその遠い土地を訪れるのは少々の抵抗もあったのだが、赤岡という事で絵金を一度見てみたいとかねてからの想いも後押しして、結局行くことにした。
続きを読む
(ここで続きを読む)


568 :1/5:2007/01/17(水) 22:53:35 ID:4E1Axeip0
その夜、俺は拾ったばかりの仔猫を病院へ連れて行っていた。
アメリカンショートヘアの胴体部分の模様をかき混ぜてしまったような、
白地に黒い毛の混じった銀色っぽい毛並みの猫だ。
ストレスで体調を崩したらしく、点滴を打っただけで帰ることができた。
疲れているのか、うとうとしているそいつを寝室に置き、
飛び出さないように窓とドアを閉めて手早く晩飯を作って食った。

30分ほどで様子を見に戻ると、ドアをあけた途端、寝ていたはずのそいつがパソコンデスクの影から慌てて飛び出して来ながらミィミィと鳴いている。
普段は何があっても鳴いたり暴れたりしない大人しい奴なのにどうしたんだろう。
部屋の中は月明かりでぼんやりと照らされ、どこかから耳慣れない音が聞こえてくる。
ジィーッともシャァーッともつかないその音は、
例えるならいつかテレビで聞いた蛇の威嚇音のようだ。
この音に怯えたんだろうか?
裏で工事をやっているらしいから、そのせいかもしれない。


続きを読む
(ここで続きを読む)


727 :1/3:2006/03/16(木) 17:11:18 ID:bdNkq9Yt0
ものすごくこわい、という話ではないが。

伯父の高校時代に、伯父が好きだった娘がいた。
高校卒業後は、たまに同窓会で顔を合わせる程度の付き合いだったが
数年たって、その娘が親の進める縁談を受けて結婚し、夫の仕事の都合で遠くに引っ越したことを聞いた。
と同時に、その子もずっと伯父のことが好きだったが告白することができなかった、と聞いた。

20年ほどがすぎ、地元で家業の書店を継いだ伯父の元にその子の訃報が届いた。
40代初めにして進行ガンで亡くなったそうだ。


続きを読む
(ここで続きを読む)


191 :本当にあった怖い名無し:2006/01/24(火) 00:05:33 ID:cNt/zjAMO
どこに書けばいいのかわからないんですが、とりあえずここで。
精一杯落ち着いて書きます。読みにくかったらすいません。
携帯からなので長くなったらごめんなさい。

先週の木曜日だったと思います。
遅めの新年会ということで、仲間数人で集まって飲んでいました。
そこで仲間の一人がこんな話をしたのです。

「俺の友達の話なんだけど。高校の頃さ、S公園で飲んでたんだって。
夜中の2時とかだったかな。みんな結構酔っててさ。
食べ物とか飲み物運ぶのに、お盆がないっつって、ポリバケツのごみ箱の蓋をお盆の代わりにしようって取りに行ったのね。


続きを読む
(ここで続きを読む)


427 :本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 15:55:40 ID:mCldIhro0
5年前の話です。
我が家は庭に建て増しをして家を広くしました。
うちは祖母、両親、兄、妹、私と大人数だったので
部屋が増えてうれしかったのですが、それから我が家はめちゃくちゃになりました。

父はお酒をほとんど呑まない人でしたが、理由もないのに酒量が増え、暴力はふるわなかったものの大声でどなるようになりました。
兄はそんな父がいやで、就職が決まっていたので会社の寮に入って家を出て行きました。

続いて祖母、妹が家で事故死しました。
妹の遺体を見つけたのは母で、突然のことで辛かったせいか変な拝み屋のところに通いつめるようになり、家事をほとんどしなくなりました。
家が広くなってから3ヶ月でこれだけのことが起きました。


続きを読む
(ここで続きを読む)

このページのトップヘ

アクセスランキング