怖い話まとめ「やだなぁ~…怖いなぁ~…」

ネット上の不思議な話、怖い体験、そんな話をまとめています。

田舎

    このエントリーをはてなブックマークに追加
195 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/01/31(日) 17:20:26.61 ID:Esd2C6gu0.net
初めて書き込みをするのでなにか不備があればすみません。 

小学生のころに両親の都合で夏休みに祖父の家に預けられていた。 
そこで過ごしているうちに同じ年の何人かの子どもと友達になった。 
そのなかにJくんという子がいたんだが、 
この子はちょっとした霊感と超能力があって周りから一目置かれていた。 
今ならかなり驚くことだと思うが当時はすげーってそれだけで
くじを当てて俺らがオオーってはしゃぐとJくんも得意そうだった。 
その夏はさんざん遊んでみんなと仲良くなったけど俺は違う県の家に帰ってしまったので、 
しばらくは手紙や電話をしていたがやがて交流は途絶えてしまった。 

それから何年かたって高校生になって正月に祖父の家に行った時
あのとき遊んだ子の一人Kと偶然に会った。 
あの時の不思議な体験のまじった思い出はすごく覚えてたから嬉しくて
(俺の妄想だったのかとも思っていた) 
みんなは元気なのか、Jくんは相変わらずなのか聞いてみた。 
Jくんはあれから聞いたこともない怪しい宗教にはまった親戚と両親に
連れられてどこかへ行ってしまっていた。 
なんでもJくんはその教祖に特別な力をうんたらかんたらで、 
ようは怪しい宗教に利用されてしまったらしい。 
「J、本当は自分に超能力も特別な力もない、遠くに逃げたいって言ってた。」 
Kは話しながら泣いていた。 
本当に超能力がなかったのかKに尋ねてみたが
「あれは多分本物だった。」と言った。 
俺もJくんは本物だったと思ってるし、 
みんなで笑って騒いでいるだけだった超能力だったのに
Jくんはあれからきっと超能力を憎んだのだろうと思って悲しかった。 
Jくんは今どうしているのだろうか。 
テレビやネットで怪しい宗教の実態とかをやっているのをみると怖くて悲しくなる。 


続きを読む
(ここで続きを読む)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
781 :本当にあった怖い名無し:2014/04/04(金) 11:28:12.73 ID:vEigfolB0.net
その日のジョギングは夜の12時頃だったと記憶してる。 
街灯は所々あるが中途半端な田舎のため夜は暗い場所が多い。
少し大きめの用水路と並行している小道をゆっくりとジョギングをしていた俺は 
数十メートル先に人の気配を感じた。街灯の無い暗がりのため顔の判別は出来なかったが、 
それが老人の男女だと雰囲気でわかった。老夫婦が夜の散歩でもしているのだろう、 
よくある事だ。そんな風に考えた俺は、気にも止めずその老夫婦に近づいていったが、 
近づくにつれて老夫婦が少し妙な事をしている事に気が付いた。 
「上手だねぇ」「ちゃんとできてるねぇ」「頑張れ頑張れ」等、 
その2人は楽しげな感じで用水路をのぞき込みながら何やら話しかけている。 
用水路の中は真っ暗で何も見えない。 
にも関わらず老夫婦は楽しそうに用水路に向かって声をかけている。 
少し気味が悪くなった俺は、足早にその老夫婦を追い越した。 
俺が老夫婦を追い越した後も、彼らはずっと真っ暗な用水路に向かって声をかけていたように思う。 
老夫婦が話しかけていた用水路の事が気になった俺は、 
数日後、ジョギング時間を早朝に変更し確かめに行った。 
件の用水路に近づき、好奇心丸出しで中をのぞき込むと、 
そこには、5、6体はあっただろうか、汚い人形が手足がバラバラになった状態で捨てられていた。 
その汚れ具合から、この場所に長時間あった物だと容易に想像できる。 
あの老夫婦はこの人形たちに話しかけていたのだろうか? 
あの夫婦は痴呆老人だったのだろうか?色々と疑問が浮かんだが、 
薄気味悪さを感じた俺は、それ以来そのジョギングコースはなんとなく避けている。

元スレ:ほんのりと怖い話


    このエントリーをはてなブックマークに追加
538 :1/3:2014/03/20(木) 02:20:14.22 ID:lVf4Za0Z0.net
うちの地方じゃインコババアっていう妖怪がいる。インコババアは 
婆さまの見た目をしているんだが、インコのような頭をしていて、 
誰かの言ったことをそのまま繰り返すっていう、笑えるんだか怖いんだか 
よくわからないキャラ設定なんだよ。 
おそらく、いろんな人の目撃談が混じってそんな想像上のババアを 
作り上げたんだろうけど、爺さま婆さまはインコババアをたたりのように 
恐れていて、何かよくないことがあったら、「インコ様の祟(たた)りじゃ」ってんで 
お払いに行くわけ。まぁ、よくないことが起こったら誰かのせいにして 
厄落とししたい気持ちもわかるけど、インコババアはないわなwお笑いだよww 
田舎の因習(いんしゅう)ってやだやだって思うだろ?実際俺も思ってた。 
出たんだよ、インコババアが。 
田舎っつっても若い衆が5、6人いるんだが、あるとき寄り合いというか、 
村の集会があったんで、そのあと5、6人で集まって、神付岩っていうでっかい 
岩の前でだべってたんだ。神月岩の周辺っていうのが鬱蒼(うっそう)とした森で、 
ちっちゃな社以外はなーんにもないんだけど、まぁ少し雰囲気のあるところで。 
朽ちた像とか、左手の欠けたお地蔵さんとか、しめ縄とか、曰くのありそうな 
ところなんだよね。 
俺たちはこえーとかギャーギャー騒ぎながら、そこらで楽しんでたんだ。


続きを読む
(ここで続きを読む)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
797 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/07/31(金) 01:58:46.39 ID:BZlQ0dNW0.net
小学生の頃、毎年夏休みや冬休みとかには母親の実家に行って遊んでたんだ。
その家には2歳上の従兄弟がいて、色々と連れ回してもらってた。
俺が小3、従兄弟が小5の夏休みの時だった。
従兄弟が近くの山でクワガタが取れるって言うんで
連れて行ってもらう事になったんだ。

朝飯食ったら、長そで長ズボンに着替えて、
自転車に二人乗りしてちょっと走って山の麓に到着。
ロープ柵に沿って山を登って暫く歩いたら柵が途切れてる場所があった。
そこから山道に入りこんでちょっと歩くと、
膝より上くらいまでの高さの草が生えてる野原があった。
都会っ子だった俺は「こんな所行くのか?」って尋ねたんだけど、
「この辺りのやつは小学校入ったばかりでも怖がらねえぞ」
って言われたので馬鹿にされたくなくてついていった。
子供だったからかもしれないけどそこは結構な広さがあったと思う。
それでも長袖のおかげで草とかで怪我する事なくしばらく歩いて野原を抜けて、
また少し山道を登ったところに森みたいに木が茂ってる所があった。


続きを読む
(ここで続きを読む)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

218 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/07/15(水) 13:28:49.72 ID:SVXeXbgn0.net
長文失礼。出てくる人の名前は実際のものと変えてる。詮索御免。
結構、友達に話してるから身バレするかもだけど、分かっても黙っててねwww

あれは三年前で、俺が大学4年生のころ。
結構早く内定が出たから、遊び回ってたんだよねww
彼女とか友達と毎晩遊んでたんだけど、ある時なんだかみんなと予定が合わない日が続いたんだよね。
まあ、暇になったってこと。
ほんで、もうすぐ夏休みだったし、久しぶりに爺ちゃんに会いに行こうと思って、母方の田舎に行ったんだ。
これがすごい山奥なんだよねwww
どこかは伏せるけど、とにかく田舎よ。全然、外灯とかも無いわけ。
そこに一人で行ったんだよ。
電車に二時間半くらい乗ってさwww

爺ちゃん家に着いたのは、もう夜だったな。
ほんで、全然話が変わって申し訳ないんだけど、爺ちゃんの家はすごい古くてさ。
なんかよく分からんもんが、沢山あんの。
そん中で特別、頭おかしいやつが、あってさ。
能面みたいなやつなんだよね。すごい古いものらしいんだ。
こいつがオカルトなわけ。壁にかけて飾ってあるんだけど、そいつが夜になると一人で浮いて、家中を徘徊したりするらしいんだよね。
そんな話をお袋から聞いて育ったから、爺ちゃん家に行くたびに「最近は動いた?」って聞いてるんだ。
この時も爺ちゃん家で夕飯食べながら、聞いたんだよ。
「あのお面まだ動くの?」って。
爺ちゃんはお面のある部屋で寝てないから、分からないって言ってた。
でも、お面の話すると、いつも言われるんだけど、「あの面は家の守り神なんだから、怖がるもんじゃない」って、その時も言ってた。
だけど、俺はなんとなく怖いのと、興味があるので、半分半分くらいだったんだよね。
でも、田舎で暇だし、刺激求めちゃったんだよね……

続きを読む
(ここで続きを読む)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

359 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 01:20 ID:hRZJW0sE

1/4
あまり怖くはないのですが、嘘偽りない実話です。

小学3年の夏休み、釣りが好きで好きで、毎日のようにじいちゃんと近所の小川に行っていた。
山に囲まれた田舎なんだけど、当時は水も綺麗で魚も沢山すんでいたものだ。

ある日、じいちゃんに教えてもらったとっておきの釣り場に行ってみることにした。
けどその日はなぜか一人でいったんだ。自分にとっては大冒険だった。
朝暗いうちから自転車を一時間位こいでいくと、お地蔵さんが見えた。
「ここが山への入り口だな」
自転車を置き、釣具と弁当を持って山の中へ続く小道を歩いていったんだ。

結構歩いたと思う。朝靄の中、一本道を進んでいくと水の音が聞こえた。
草むらを掻き分けていくと、川がそこにあった。
ポイントを決め、はじめると釣れるわ釣れるわ。無我夢中で釣りまくった。
お弁当を食べ、昼寝したあとも、面白くて一日中釣りを楽しんだ。

あたりは、もう薄暗くなっていた。バケツの中はもう魚であふれている。
「帰ってじいちゃんに見せてやらなきゃ」
そう思って帰り支度をはじめた時、今まで全く気がつかなかった周囲の異常に気がついた。
続きを読む
(ここで続きを読む)

このページのトップヘ

アクセスランキング