怖い話まとめ「やだなぁ~…怖いなぁ~…」

ネット上の不思議な話、怖い体験、そんな話をまとめています。

田舎


218 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/07/15(水) 13:28:49.72 ID:SVXeXbgn0.net
長文失礼。出てくる人の名前は実際のものと変えてる。詮索御免。
結構、友達に話してるから身バレするかもだけど、分かっても黙っててねwww

あれは三年前で、俺が大学4年生のころ。
結構早く内定が出たから、遊び回ってたんだよねww
彼女とか友達と毎晩遊んでたんだけど、ある時なんだかみんなと予定が合わない日が続いたんだよね。
まあ、暇になったってこと。
ほんで、もうすぐ夏休みだったし、久しぶりに爺ちゃんに会いに行こうと思って、母方の田舎に行ったんだ。
これがすごい山奥なんだよねwww
どこかは伏せるけど、とにかく田舎よ。全然、外灯とかも無いわけ。
そこに一人で行ったんだよ。
電車に二時間半くらい乗ってさwww

爺ちゃん家に着いたのは、もう夜だったな。
ほんで、全然話が変わって申し訳ないんだけど、爺ちゃんの家はすごい古くてさ。
なんかよく分からんもんが、沢山あんの。
そん中で特別、頭おかしいやつが、あってさ。
能面みたいなやつなんだよね。すごい古いものらしいんだ。
こいつがオカルトなわけ。壁にかけて飾ってあるんだけど、そいつが夜になると一人で浮いて、家中を徘徊したりするらしいんだよね。
そんな話をお袋から聞いて育ったから、爺ちゃん家に行くたびに「最近は動いた?」って聞いてるんだ。
この時も爺ちゃん家で夕飯食べながら、聞いたんだよ。
「あのお面まだ動くの?」って。
爺ちゃんはお面のある部屋で寝てないから、分からないって言ってた。
でも、お面の話すると、いつも言われるんだけど、「あの面は家の守り神なんだから、怖がるもんじゃない」って、その時も言ってた。
だけど、俺はなんとなく怖いのと、興味があるので、半分半分くらいだったんだよね。
でも、田舎で暇だし、刺激求めちゃったんだよね……

続きを読む
(ここで続きを読む)


359 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 01:20 ID:hRZJW0sE

1/4
あまり怖くはないのですが、嘘偽りない実話です。

小学3年の夏休み、釣りが好きで好きで、毎日のようにじいちゃんと近所の小川に行っていた。
山に囲まれた田舎なんだけど、当時は水も綺麗で魚も沢山すんでいたものだ。

ある日、じいちゃんに教えてもらったとっておきの釣り場に行ってみることにした。
けどその日はなぜか一人でいったんだ。自分にとっては大冒険だった。
朝暗いうちから自転車を一時間位こいでいくと、お地蔵さんが見えた。
「ここが山への入り口だな」
自転車を置き、釣具と弁当を持って山の中へ続く小道を歩いていったんだ。

結構歩いたと思う。朝靄の中、一本道を進んでいくと水の音が聞こえた。
草むらを掻き分けていくと、川がそこにあった。
ポイントを決め、はじめると釣れるわ釣れるわ。無我夢中で釣りまくった。
お弁当を食べ、昼寝したあとも、面白くて一日中釣りを楽しんだ。

あたりは、もう薄暗くなっていた。バケツの中はもう魚であふれている。
「帰ってじいちゃんに見せてやらなきゃ」
そう思って帰り支度をはじめた時、今まで全く気がつかなかった周囲の異常に気がついた。
続きを読む
(ここで続きを読む)


83 :血雪 1/7:2006/01/22(日) 21:49:36 ID:oprygqQ10
全国的にずいぶん雪がふったね。おれの住んでいる田舎町(はっきり言ってド田舎)も、ふだんはあまり雪は降らないんだけど、今回はずいぶん降った。
で、2年前の、同じように雪がひどく降ったときの話だ。

84 :血雪 2/7:2006/01/22(日) 21:52:36 ID:oprygqQ10
その日おれは2階の部屋で一人寝ていた。
おれの家はショボい専業農家で、50代の親父と母ちゃんと、おれの3人暮らしだ。
まだ明け方前だけど、下の階で親父がガダガタなにか音をたてて、玄関から出ていくのを、おれは布団のなかで
うつらうつらしながら聞いていた。
天気予報じゃ大雪になるって言ってたので、親父はビニールハウスが雪に潰されてないか心配で、まだまっ暗ななかを見にでかけたんだ。
都会のサラリーマンも大変なんだろうけど、こういうときは農家もけっこう大変なんだ。
もっとも、おれの方はこのクソ寒いなかを付き合う気にはなれず、親父には悪いけど、そのままぬくぬく布団の
なかで寝つづけてた。

ところが、しばらくしたら家の前へギシギシと早足で雪を踏む音が近づいてきて、玄関がガラっとあいたかと思うと、
ドタバタと家に駆けあがる足音が続き、親父が電話で「・・・そう●●橋の上、救急車!若い女が首やら手首やら
切って血まみれで・・・」と叫んでる。
ただごとじゃないと思って、おれが下に降りて行くと、親父が血相かえて「橋のうえで女が首切って自殺しかけて
いるから、すぐに戻るぞ」と言う。
おれは慌ててスウェットの上からジャンパーを引っかぶり、長靴に足を突っ込むと、
親父といっしょに、まだ真っ暗で雪の降りしきる表に出た。
親父に、要領を得ないので説明してくれ、と言うと、親父は歩きながら次のようなことを話してくれた。


続きを読む
(ここで続きを読む)

※やや長文

306 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 19:47:52 ID:LEsKqdCyO
俺、昔鬼を見たことあんだよね。
消防の頃、かあちゃんの田舎に行った時の話。
田舎の子と家の裏山で遊んでたら、そいつの友達が2、3人やってきた。
思わぬ大所帯になったので興奮した俺たちは、いつもは家の見える範囲でしか遊んじゃ駄目と言われているのにも関わらず、奥の方へ入って探検してみることにした。
山道は険しく10分も進むと草木が生い茂り、まだ昼過ぎだというのに薄暗く感じられた。
だが俺は人数のせいで気が大きくなっていたから構わず先へ進んだ。
他の奴らも同じようだった。

しかし、それからほどなくして俺たちは道に迷ってしまった。
高い杉林の中で回りは皆同じような眺め。
俺は少し不安を覚えたがそれでもまだまだ平気だった。
だが、他のメンバーは家族から聞かされていた山の恐ろしさを思い出したらしく青くなっていた。
俺はだらしねえなあと思いながらとりあえず林を抜けるまで歩こうと提案した。
どこか見晴らしのいい所に出れば降りる道もわかるだろう。
そんな気持ちだった。まだその時は…


続きを読む
(ここで続きを読む)


866 :本当にあった怖い名無し:2005/10/14(金) 14:49:19 ID:c2L+VjQX0
みなさん、「かんひも」って知ってますか?

876 :866:2005/10/14(金) 16:25:05 ID:c2L+VjQX0

「かんひも」について

僕の母の実家は、長野の山奥、
信州新町ってとこから奥に入ってったとこなんですけど。
僕がまだ小学校3、4年だったかな?
その夏休みに、母の実家へ遊びに行ったんですよ。
そこは山と田んぼと畑しかなく、民家も数軒。
交通も、村営のバスが朝と夕方の2回しか通らないようなとこです。
そんな何もないとこ、例年だったら行かないんですが、
その年に限って、仲のいい友達が家族旅行でいなくて、両親について行きました。

行ってはみたものの・・・
案の定、何もありません。
デパートやお店に連れて行ってとねだっても、
一番近いスーパー(しょぼい・・)でも車で1時間近くかかるため、
父は「せっかくのんびりしに来たんだから」と連れて行ってくれません。
続きを読む
(ここで続きを読む)


644 :本当にあった怖い名無し:2005/09/09(金) 02:09:49 ID:yz26NuT20
今年の8月中旬の話
私は里帰りで両親と兄と妹と一緒に青森県に行ってきました
実家は結構な田舎で見渡せば田んぼ、海、山ぐらいしかない所でした

数日は自分で持ってきた暇つぶしグッズでどうにか持ちこたえてたんですけど
流石に飽きてきて兄弟で一緒に実家の周りを探索する事にしました
・・・40分ぐらい道なりに歩いては見たんですが道先を見ても
ただ田んぼが広がっているだけで何にも面白くない
とりあえず引き返そうかと兄弟で話していました
適当にぶらぶらしながら道を引き返していると
農作業を終えたお爺さんがこっちによってきました
わけのわからない私たちにお爺さんは真剣な顔で

「今日は来るからもう帰り(多分こんな意味訛ってて聞き取りにくかった)」

といってきました。来る?何が?わけのわからない私はお爺さんに

「何が来るんですか?」

と聞いてみると

「あんたら都会の方から来たね。あんたら見たいのが一番狙われやすいんだ」

的な事を言ってきました。
はぁ?見たいな気分でも話しろくに聞いてくれないので
兄弟でぶつぶつ言いながら道を引き返していきました

続きを読む
(ここで続きを読む)

このページのトップヘ

アクセスランキング