怖い話まとめ「やだなぁ~…怖いなぁ~…」

ネット上の不思議な話、怖い体験、そんな話をまとめています。

短レス系まとめ


467 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 16:38:11 ID:IpUxIkVU0
俺が通ってた中学校は2年生になると、扇○山に有る少年自然の家に2泊3日での研修があった。
結構歴史の有る山で、地元の豪族が後醍醐天皇を助けるために立てこもった山だとか。
ココからは先輩に聞いた話なんだが、2泊目の夜、レクリエーションが終わり各班の部屋に帰ってくつろいでいたら、遠くに車のライトのような光が見えた。
普通なら何にもも感じない光景なのだがココは国道からかなり入った場所で、宿泊施設を利用する人だけの道。
部屋にいた友達をよんで「なんだ、あの光は?」みたいな話をしてた。

その光はキラキラ光ながらまっすぐ近づいてきて、だんだん大きくなってくる。
キラキラ、キラキラ・・・・どれぐらい経ったのだろう急に光が消えた。
「やっぱり車のライトだったのだろう」
っと言って、外を見るのを止めた。数分後、今度は別の方角からさっきと同じ光が見えた。
さすがに車ではない、なぜならその光が見える方角は断崖絶壁なのだ。
怖くなり、窓を閉め部屋の済みで皆で固まりながらその光を見ていた。
キラキラ、キラキラ・・・光が消えたその瞬間、部屋の中央から
「バッ!」
という音と共に女性の上半身が飛び出したと思ったら、すぐにそのその姿は消えた。
大量の長い髪を残して。

先生の部屋に行き話したが信じてもらえず、「とりあえず部屋に来てくれ」と頼んで来てもらった。
さすがに大量の髪を見ると信用するしかなく、他言はするなと言われ髪を掃除した。
その後は何事も無く無事2泊3日の研修は終了。
次の年の俺達の時は何も無かった。
そしてその次の年も何事も無かったように見えた。
が宿泊施設をバックにして撮った集合写真に見知らぬ髪の長い見知らぬ女性が写っていた。
そう、あの部屋の窓から生徒を見下ろしていた。

マジ話。


***
続きを読む
(ここで続きを読む)


852 :1:2007/07/11(水) 18:57:52 ID:DzB9Q0cw0
初投下。へたれな文章だけど許してくれ。
小学校の頃の話。学校は築40年くらいとかで、壁が所々はがれていたりカーテンが破けていたりと、けっこうボロい感じだった。

ある日、放課後に3階の音楽室で掃除をさせられたことがあった。消しゴムちぎって散らかしたんで、帰りの会の後、罰としてやらされた。
はじめは先生がいたけど、電話がかかってきたとかで呼び出されて職員室に行った。
なのでテキトーに終わらそうと考えて、めんどくせぇ~とかいいながらほうきを振り回してた。
すると廊下から、誰かが「お~い!」と叫びながら走ってる音がした。
男子のような声だったけど、ドアを閉めてたのでどんな奴かは見えなかった。
誰かふざけてるな~と思っていると、また「お~い!」と叫んで音楽室の前の廊下を走りぬけていった。
そこで、急に思いついて「はーい!」と返事をしてみた。
何でそんなことをしたのかと、今でも後悔している……。

足音は、隣にある理科室の廊下のほうへ走り去っていった。
そのあと掃除を続けていたら、足音が走り去った方向からまた「お~い!」という声が聞こえた。足音も近づいてくる。そこでまた「ほーい」と返事をしてやった。
すると今度は足音がピタッと止んだ。
しばらくシーンとしたあと、今度は小声で「おーい」と声がした。
さっきまでとは違う、おっさんのような低い声だった。すげー怖くなって、しばらく固まった。
でも、よく考えたら「わざと低い声を出したのかも」という気になって、ふざけやがってとドアを開けて廊下をのぞいてみた。
誰もいなかった……。
理科室の廊下の先は行き止まりになってる。
理科室に隠れたのかと思ったけど、理科室はカギがかかっていたのを思い出した。音楽室に入る前、ふざけてドアを開けようとしたけど、開かなかったんだ。
血の気が引いた。
びびりまくって、ほうきだけ片づけて逃げようと思って音楽室に入った。清掃用具入れにほうきをつっこんだけど、テンパッてるのでなかなか入らない。
ますますあせってると耳元あたりに急に気配を感じた。
恐怖で顔は動かせなかったので、横目で見ると赤い顔みたいなものが見えた。天狗のお面とかあるけど、そんな感じの赤。
その直後、耳元で「おーーーーー」と低い声がした。それで気絶したんだと思う。


その後先生が来て、「何寝てんだ!」と俺を起こした。
先生に今あったことを話したけど、大泣きしてうまく説明できなかった。
「お化けだ、幽霊だ」と大騒ぎしたけど、先生はハァ?って感じだった。ただ俺の様子がとにかく普通じゃなかったので、落ち着くまで待ってから家に帰してもらった。
その後、不審者かもってことで校内を見回ったみたいだけど、特に変わったところはなかったらしい。
けど、足音はパタパタと軽い感じだったから、大人ってことはありえないと思う。その後も、しばらくはひとりで校内を歩けなかった。
学校といえばよく「以前は墓地で~」という話があるけど、別にそんなことはないらしい。卒業後も、事故で死んだ人とかいなかったか親や先生に聞いたりしたけど、何にもないっていわれた。

長々とすまん。あんま怖くないかもしれないけど、自分としては洒落にならなかった話。


***
続きを読む
(ここで続きを読む)


137 :本当にあった怖い名無し:2007/05/24(木) 23:03:01 ID:q3SexV+W0
いつもROMってばっかりなんですが、そういえばこんな話があったなと思い出したので書き込みます。
長駄文なうえあんま怖くなくてすみません。暇なら目を通してみてください。
 
 私が大学二年生だった頃、大学で出来た仲の良い友人からこんな話を聞きました。
仮りにそいつをAとしますね。
 Aは結構霊感があるらしく、ここにはいないはずの人間に出くわして話をしただとか、明らかに様子が変だなと思った(A以外は違和感は感じなかった)友人が突然亡くなったりとかいう話を聞かされていて、私もまぁ興味半分に聞いたりしたんです。
 当時はAの一人暮らしの家で男ばっかでウイイレが日常だったのでたぶんこも話を聞いたのもそんな場面のたわいない会話からだったと思います。(前振り長久手すみません。)

以下Aの話を思い出せる範囲で記述します。

AがGW中に帰省したときの話です。
Aの家で霊感があるのはAとA母だけらしく不思議な事は良く二人でいるときに起きるそうなのですが、その時もたまたまその二人で家にいたときにおきたそうです。 
 その日の朝、Aが家でくつろいでいると一本の電話がかかってきました。

A母が電話を取り、なにやら話している様子。
しかしなにか様子が変だったそうです。
で、ほどなくA母が何かおかしいからとAに電話を変わってくれといってきてAは電話を変わったそうです。

 すぐに受話器を受けとったAもすぐに困惑しました。
相手はなにかを必死にこちらに伝えようとしているようなのですが、何が言いたいのか、何の話なのかすら初めは全く把握できなかったそうです。
更にこちらの言う事は完全に無視という状況。

 困ったAはとりあえず耳を澄まして相手の話を聞いてみることにしたそうです。
電波妨害のようなザー、ザーという音の中で「こちら~~ザー、燃料が・・・・・・うんたらかんたら、機器が・・・なんたらかんたらザー、ザー着陸許可も・・・・・・ザー、ザー」みたいな事が聞こえたそうです。

Aも「電話間違えてますよ」
とか、「うちは○○(Aの名字)ですけど」とか「どうされたんですか?」とか話しかけてみたらしいんですが、そもそもこちらの呼びかけが聞こえているかどうかも怪しい雰囲気。
Aは気持ち悪く感じ、なにかのいたずらかなとも思ったらしく結局そのまま電話は切ったそうです。

 で、それからAとA母はそのことについて考えてみたもののなんだか分るはずも無く、おかしなこともあるもんだと思いながらまだみてなかった今朝の新聞を見て、愕然としたそうです。

 ここまで書けば分ると思いますが、そうです、落ちてたんです飛行機が。
民間のセスナが自分の市の近郊に。死者2名。
詳しく読むと時間も今頃、Aはパニックになってさっきのあれは電波の混線か??とか思ったらしいです。
でも直ぐ気付きました。今日の新聞に載ってるってことは・・・・・・。
 
 私個人もこの記事は読んで知っていたのでこの話を聞いたときはぞっとして鳥肌が立ちました。
Aの秀逸な作り話なのか、その新聞の記事を見た奴がかたっぱしからイタ電かけてただけなのか、はたまた無線が歪曲した時を経て届いたのか・・・・・・。

 もう何年も前の出来事なので記憶に補正かけながら書きました。
あと地名や日時など正確に覚えてますが墜落事故を特定できてしまうので詳細な記載は避けてます。


***
続きを読む
(ここで続きを読む)


468 : 1/4[sage] 投稿日:2013/01/28(月) 01:42:33.56 ID:+htA7K3y0 [1/4回(PC)]
じぃちゃんが入院したのでお見舞いに行った。
病室に入り様子を見ると、じぃちゃんは以外と元気そうだ。
しばらく話をしていると、じぃちゃんがこんなことを聞いてきた。
「 Mはんは、どない感じや? 」

Mさんとは隣のベッドにいるおばあさんらしい。どこの誰かまではわからない。
聞くと、つい最近までは仲良く話をしていたが、昨日から声をかけても返事が無いらしい。
心配になったが、じぃちゃんは動けないのでベッドを出て様子を見ることができない。
看護師に聞いても「 大丈夫ですよ 」と言われるらしい。

俺がどんな人なのかと聞くと、カーテン越しに話をしていただけで、顔も分からないという。
「Mは~ん。どないした~。Mは~ん」
じぃちゃんがMさんに声をかける。しかし、やはり返事は無い。
俺は悪いとは思いつつも、隣のカーテンをこっそり覗いた。

すると、色白の女がベッドのそばに座っている。しかも、カーテンにぴったり耳をつけて。
「こいつ!? 俺たちの会話に聞き耳立ててる!?」
そう思った瞬間、女の目がこちらに向いた。
「やべぇ!!」
とっさに顔を引っ込め、何事も無かったように振舞う。

「 どないした? 」
じぃちゃんにそう聞かれても、適当にはぐらかすしかなかった。
「 なんやねん! われもか! 」
じぃちゃんは苛立っていたが、なんと言えばいいのか分からない。

「 Mはん、おったんやろ!? 」
そういえば俺はMさんをちゃんと確認していない。
じぃちゃんが今度は小声で「 もっかい、ちゃんと見てみぃ 」と言っくる。
俺はもう一度となりのカーテンをそっと覗いた。

「 Mはん! おるんやろ! 」
そのとき、じぃちゃんがMさんを呼んだ。
そして俺は見た。返事をしようとするMさんの口を、あの女が両手でしっかりと塞いでいる。
口を塞ぎながら、Mさんの顔をじっーと見つめている。

俺は何もできない。体が動かないのだ。恐怖で脚がすくんでいる。
すると、女が一瞬ピクリと動き、その後ゆっくりと手を離した。
Mさんは痙攣している。泡を吹いていたかもしれない。
女はそれをしばらく見続けたあと、なれた感じでナースコールを押した。

俺はじぃちゃんに「 Mさんなんて、居ないから 」とだけ言い、病室をあとにした。
何もできず、何も言えず、ただ逃げ出した自分がいた。

その後、じぃちゃんが退院するとき、再びあの病院を訪れた。
病室に入るとき、あのときの光景がよみがえり、下半身の血の気が引くのを感じた。
じぃちゃんは「 おう! 」と元気そうに声をかけてきた。
隣のベッドは空いていた。

帰りの車の中、じぃちゃんがこんなことを言った。
「 Mはん、呼吸器系の病気やったらしいな 」
「 呼吸器つけてて、しゃべれんかったんやろ? わしに気ぃ利かせて、おらんて言うてくれたんか? 」

俺が見たMさんは呼吸器など付けていなかったが、正直恐怖のせいで記憶に自信が無い。
俺は適当に話を合わせた。
その後、2人ともMさんの話題を持ち出すことは無かった。


***
続きを読む
(ここで続きを読む)


839 :本当にあった怖い名無し:2007/05/20(日) 11:24:39 ID:7zHYFaN30
前にVIPに立ったスレなんだが、これ結構怖い

さっきコンビ二行って来たんだけど、ここ結構田舎でちょっと歩いたら速攻で田舎になっちゃうんだけど
和服姿の髪の長い女が俺の前を歩いてたんだよね。下駄履いてた
で、帰る方向が同じなもんだからずっと先を先導される感じで、歩いてたんだ
でもおかしいんだよ。相手はさあ、明らかに一歩一歩の歩幅が短くて歩くペースも俺に比べかなり遅いはずなんだ
しかも下駄履いてんだぜ?それなのに最初から俺と女の距離がずっと一定なんだわ

10M先位をずっと延々と歩いてる訳。
明らかに奇妙な光景に俺思わず逆走して逃げてきちまったw

あれなんだったんだ。これだけは断言できる。100%人間じゃなかった
ビデオの早送りを見てる感じだった、対象が早い訳じゃなくてそいつ限定の空間が早送りで流れていく感じ
頭が本当にどうにかなりそうだ
続きを読む
(ここで続きを読む)


276 :茸:2007/03/16(金) 01:25:35 ID:ZSPX2Afv0
流れぶったぎって悪いが話投稿するよ。
あれは一年ぐらい前の事だと思う。俺が青梅にある有名な心霊スポットに友達何人かといったんだ。
そのときもカメラのシャッターがおりなかったり、音声認識のカーナビが無音状態の車内で突然起動したり変な事は色々あったんだ。

でもほんとうにおかしかったのはそれからだった。
その三日後ぐらいだったと思う。
その夜、寝ていた時に突然内臓のどこか・・・というか下腹部が猛烈に痛み出したんだ。
本当に痛くて血を吐いたり、痛みでベッドの上をのた打ち回った。
救急車を呼んで病院でレントゲンやら色々検査したら、小腸に10センチくらいの錆びた釘が入ってるって言われたんだ。手術で取り除いたが医者に「なんでこんな物が入ってるの?」って聞かれたが答えられるわけも無い。
飯に紛れ込んだとしたって明らかに気づくし飲み込めるはずない。
突然夜痛み出したのもおかしいし、おれにはあの夜にいきなり釘を腸にぶち込まれた気がしてならない。
なんだか得体の知れない恐怖に襲われた。

結局あのトンネルが関係あったのかどうかは今でも分からないが、たぶん人生で一番洒落にならないくらい怖かった。

続きを読む
(ここで続きを読む)

このページのトップヘ

アクセスランキング