BFT--0881

  こちらは、アパートのつもりでした。
BFT--0034

BFT--0033

BFT--0032

BFT--0031

 当時、濃灰色の建物を作ったことが無かったのと、地味さと重厚さを出したかったので、この色合いになったように記憶しています。
 濃灰色は岩パーツの影響で地形づくりに使うことが多く、そうすると建物に物量的にも色合い的にも使えなくなるので、自分には良い機会となりました。


BFT--0879

BFT--0878

BFT--0883

BFT--0884

 過去にイタリアに行った時の経験から、1階部分は路地の怪しい感じを出そうとして難儀した覚えがあります。



 思い起こしてみれば、とても良い経験をさせてもらったと思います。ただ、語りだせばキリが無くなり、また10年費やしそうなので、簡素ながらこの辺で締めくくろうと思いますよ。
 締めくくりの言葉は今でも印象に残っている、ある一言にしたいと思います。


「グリ○ロ使えねぇ」