107_1
101話のツバメ君が若い彼女を連れて来た。
よかったね。

107_2
夜は2人で仲良く眠っているようだ。

107_3
そのうち1羽が巣にこもるようになった。

107_4
待ち遠しい…

107_5
107_6
107_7
順調に育って、巣から顔が出て来たが…

107_8
107_9
苦手なんて言ってられない!

107_10
巣もろとも落下!

107_11
落ちた子ツバメをあわてて拾う。
ヘビは1羽くわえたまま去った。(ああ…)

107_12
あり合わせのカゴに、こわれた巣材と綿を入れて、
元のところに設置した。あとは親次第だ。

107_13
1羽、顔を出した!

107_14
壁にはりついている。巣立ちか?
じゃましないよう、そっとしておく。

107_15
巣から離れたところの床にツバメの羽根が散乱!
巣をのぞくと残りの2羽は死んでいる…(この2羽は衰弱死?)

107_16
1羽だけは巣立とうとしていたのに…。

―その後、死んだ2羽は親がどこかに持って行ったらしい。
巣の中は空っぽになっている。

107_17
そして現在、こたさん、すぎさんは思案中。
(かわいそうな話でゴメンナサイ)
次はハッピーエンドになりますように。

107_18
アマビエ様、平和な日常が続きますようお護りください。
じゃあ、また、こんどの日曜日に。

 
よかったら、上のランキングボタンをクリックしてね