2018年06月12日

母親の生存偽り年金搾取

母親の生存を偽って年金247万円を詐取し逮捕

逮捕‐手錠の画像

 日本年金機構に死亡した母が生きているように偽った年金受給権者現況届を提出して、年金を受け取ったとして、兵庫県警兵庫署が11日、詐欺の疑いで神戸市兵庫区のアルバイトの女(50)を逮捕した。

 逮捕容疑は、2003年に64歳で死亡した母親が生きているように偽った年金受給権者現況届を日本年金機構に提出して、13年10月〜15年4月までの間に計10回、遺族年金約247万円を詐取した疑いで、調べに対して容疑を認めているという。

 亡くなった母親は1996年に夫が死亡してから遺族年金を受給していたもので、同機構の調査により不正が発覚し、昨年5月、機構が同署に告発していた。


inakakisya at 10:58コメント(0) | 事件  

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
アクセスカウンター

    現在の閲覧者
    楽天市場
    Amazonライブリンク
    ブログトピックス
    本ブログパーツは終了しました
    admax