2023年06月08日

維新猪瀬氏スマホで審議中断

国会審議中にガムを噛んで厳重注意の維新の猪瀬氏

 地方創生及びデジ社形成等特別委員会でスマホ操作し審議中断…

維新猪瀬氏特別委員会でおおあくび


 大あくびをしているのは、4月の参議院憲法審査会の質疑中にガムを噛んで、日本維新の会から厳重注意を受けた維新の猪瀬直樹議員。

 審査会の質疑中にガムを噛んでいたことに対し、参議院の石井準一議院運営委員長(65・自民)が、各会派に緊張感をもって国会審議に臨むよう注意をしたが、普通なら国会でガムを噛むこと自体が信じられない行為である。

 その猪瀬議員にとって厳重注意は、お馬さんに失礼だが「馬の耳に念仏」のようで、この大あくびの体たらく。

 この日は、マイナンバーカードと健康保険証の一体化などを定めた「改正マイナンバー法」などの関連法が参議院本会議で可決・成立したことを受けて、参議院地方創生及びデジタル社会の形成等に関する特別委員会で質疑が行われた時のもの。

維新猪瀬氏特別委員会でスマホ操作し審議中断


 立憲民主党の小沼巧議員の発言中に、委員会室にスマホの音が鳴り響いた。

 もちろん、委員会室などでは携帯電話の使用は禁止されている。

 鳴り響いたスマホの音の主は猪瀬議員。

 小沼議員がスマホの音に気づいて「なんですか!?今の電子音は?」との声にバツ悪そうにデスクの下にしまうが、悪びれた様子もなく、審議が一時中断する事態となった。

 そもそも、委員会室へのスマホの持ち込みは原則禁止となっている。

 委員会に出席していた立憲民主党の杉尾秀哉議員(65)は「禁止されているスマホを持ち込み、質疑を妨害する行為は看過できないため、委員会終了後に理事会の再開を要求。委員長に各会派の意見を聞いてもらった上で、猪瀬委員への注意など委員会として対応を取ることになりました」とツィッターに投稿。

 続けて、猪瀬氏はこの委員会で、椅子にふんぞり返って私語を続けたり、品のないヤジを繰り返すなど、委員会の品位を汚す行為が目に余っていました。今日の出来事は、まさに起きるべくして起きたと言って過言ではありません」と綴っている。

 作家なら致し方なしともいえぬこともないが、東京都の副知事や都知事を務めた人物としては、マナー不足や資質を疑われても致し方なし。

 日本維新の会は、猪瀬氏にどんな処分をくだすのか、見ものだ。

※日テレNEWS 政治 2023年6月7日 19:15
 大あくび…猪瀬議員 スマホの音で国会一時中断 以前はガムで「厳重注意」も
 →https://news.ntv.co.jp/category/politics/7e3e5d9e6e694202a084ac6d4289ce1d

※20230605参議院地方創生及びデジタル社会の形成等に関する特別委員会(国会中継)
 →https://www.youtube.com/watch?v=xpqf5or_8V4

inakakisya at 09:21コメント(0) | 維新の会  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
楽天市場
admax