2006年10月

2006年10月29日

これはあくまでも私の経験に基く仮説です。
今のところ学術的根拠は無い、ということをご理解の上ご覧下さい。

自分を振り返って、とことんシングルタスクだと思う。
複数の仕事を同時にこなすことができないのだ。
したがって、複数の仕事を抱えている場合には、できるだけカテゴリーが同一のものを一つずつこなすようにしている。

私は音読は苦手である。
誤解されないよう記載するが、読むのは割と正確で早い方だと思う。
次の文を記憶しながら、現在の文を喋るようにしているからである。
しかし、記憶はできるが、理解ができない。
つまり、音読すると文章全体を理解できないのだ。
だから、基本的には文章は黙読する。
教科書や資料の黙読というのが私が暗記物の受験勉強だが、これも、その方が長期記憶につながり、理解もできるからであろう。
たぶん、喋っている間は、他のことが理解できないのだと思う。

先日、中京大学社会学部教授辻井正次先生の講演を聞く機会があったが、自閉症者を調べたところ、脳内の伝達物質の数が定型発達者よりも少ないという結果が出ているらしい。(研究内容に触れる為詳細はカット)

これは、神経ネットワークを繋げる物質が少ないということになって、脳内のコミュニケーションが取りにくいということになるであろう。

自閉症者は視線が合いにくいと言われているが、これは、話している内容を理解するためには、少ない伝達物質を聴覚と理解に振り分ける必要があるため、視覚刺激を制限しようとする(もしくは、少ない物質で理解しようとすると脳内処理が遅くなるので、同時処理をキャンセルする)関係なのかもしれない。
事実私は、無理に視線を合わせて喋ろうとすると、相手の話を記憶しづらくなる。

また、視覚刺激を制限すると、喋っている相手の表情は読み取れないので、相手のその場の感情を理解することができにくくなる。

そして、話の理解を最優先すると、その人が元々どういう立場の人でどういう状態に陥っている人なのかを記憶から引き出すのも難しくなる。

このようなシングルタスクコミュニケーションの積み重ねの結果が、自閉症者のコミュニケーション障害の一因ではなかろうか。

特に、コミュニケーション相手の人数が増えるほど、その差は歴然となるであろう。

逆に、定型者であれば、伝達物質を振り分ける(もしくは、同時処理をキャンセルする)必要がなくなるので、それらの複数の理解を同時にこなすことができるために、コミュニケーション不足が生じないのであろう。

私は、自閉症は1タイプでは捉えられないと考えているが、伝達物質不足の一群が、自閉症の中に広範囲に存在している可能性を感じる。

ということは、自閉症治療の一つとして、伝達物質を増やす、もしくは取り込みを阻害する薬物が、自閉症治療薬として有効なのかもしれない。
その際、副作用と実生活における障害の度合いのバランスを考えて投薬することは大事だろう。

逆に、治療するのではなく、伝達物質の少なさから派生する過集中を生かして、高度の集中力や思考力を必要とする職を目指す、という生き方もあると思う。

(17:00)

2006年10月11日

ブログをご覧の皆様、長期に渡って放置して申し訳ありませんでした。

では、表記の件について考察したいと思います。

発達障害児の親の会で、子供のレクレーションを企画したり、自立のための集団プログラムを実施したりするのは全国的に良く見られる事だと思う。

これは、本格的な自助活動を4年以上実施している私の立場からすると、若干違和感がある。

普段から、学校に行って様子を見たり、調整したり、発達障害に関する書籍で勉強したり、講演会に行ったりと、一般の子と比較して十分過ぎるほど、普段から子に尽くしていらっしゃるように感じる。

その上で、親心かもしれないが、休日までプログラム組んで費用をかけて手取り足取り子供のために尽力されている。

それが過干渉となり、親離れ子離れが進まず、結果的に子供の自立を阻害する場合もあるのではないかと危惧している。子離れの弊害には、境界性人格障害(境界例、ボーダーとも呼ばれる)も含まれるので侮れない。

ほかの子よりも多少時期をずらしても構わないが、一般の子を同じように、徐々に親の手を離して行くのが子供の自立に繋がると思う。

私が理想とする親の会は、子との関わり方や、子の成長、進学のための情報交換、講演会の企画等、「親同士の自助のための会」である。
そして、その間、子供達の集団プログラムはプロに任せる。

1.SSTは作業療法士(OT)
2.言語指導は言語聴覚士(ST)
3.感覚統合や発達性協調運動障害については理学療法士(PT)
4.レクレーションは作業療法士と理学療法士
5.上記のコーディネイトは医療ソーシャルワーカー(MSW)や
  精神科ソーシャルワーカー(PSW)
6.学習指導はLD教育士

と言った具合である。

これが実現できれば、親の精神的・肉体的・時間的な負担が減り、親が自分の時間を持てるようになり、親の精神的安定がもたらされるだろう。そして、親自身の自立にも繋がると思う。

このためには、休日に利用できる機関の配置、幼児期や学童期の教育的支援の無料化、特別支援教育への専門家の配置、そして何よりも、発達障害に詳しい専門家の養成など、ハードルは高い。

しかし、これは必要な支援だと思うので、何としても実現させたいと思っている。

(23:40)