2006年12月29日

久々の更新です。

「主語が無い」って良く言われちゃう人っていますよね。

私もそういう中の一人なのですが、でも、良く考えるとおや?と思ったりします。

というのも、無いのは、「主語」ではなく「目的語」である「何を」が無い場合が多いんですね。

そもそも、日本語って主語が無いことが多いんです。

「(君が)あれ(を)やってくれる?」、「(あなた)ちょっと席(を)取っといて」…等、相手に対して「あなたが」「きみが」って付ける場面は意外と少ないのです。

で、「主語が無い」って言われちゃう人の場合、「(あれを)やってくれる?」「ちょっと(席を)取っといて」と「目的語」が抜けてることが多いんですね。

これだと、言われた方は何がなんだか分かりません。
だから、「主語が無い」って言われちゃうんです。

個人的には、「目的語が無い」って言って欲しいんですが、そこは「慣用句」として真摯に受け止めましょう。

結局、相手に伝わらなければ意味が無いのですから。

(19:47)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by サタケン。   2007年01月20日 19:22
ちなみに私も以前、職場の体育会系(これが一番苦手なうえ、攻撃的である!)の「先輩」野郎に、「オマエ、主語がない!」などと言われた事を思い出しました。

まあ、人間関係って社会情勢が悪くなるとそれに比例して、益々悪くなるからもーう!勘弁して欲しいね、と考えてしまう今日この頃でした。

ちなみに、「田舎猫」さんって某夜●けのサイトにこられる方ですかね?
2. Posted by 田舎猫   2007年01月30日 22:02
サタケンさん、いらっしゃいませ(^^)/
しばらく放置していましたので、コメントに気づきませんでした(爆)

>ちなみに、「田舎猫」さんって某夜●けのサイトにこられる方ですかね?

はい、そうです。
よろしくお願いします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔