2007年02月03日

先週の日曜日の朝、テレビを観ていたらマイクロソフトジャパンの役員がゲスト出演していた。
基本はVistaの宣伝でしたが、会社内の意思疎通はメールやチャットで実施しているということだった。
チャットの会議は今までやった事はないが、考えてみると色々とメリットがありそうだ。

1.議事録が不要。
2.考えながら書き込むため、多少は考えた意見となる。
3.途中で抜けても読み返せば追いつける。
4.不参加者にも議論の成り行きがはっきり分かる。

もちろん、メリットばかりではなく、

1.タイピングの遅い人には不利。
2.表意文字である漢字なら日本人には分かりやすいが、英文のように表音文字ばかりだと読むのに時間がかかる。
3.別資料を読んだり、記事をタイプしているときに、議論が流れ去ってしまう。

相対的に見ると、日本人にはチャット会議は合っているのではないかと私は思う。

(23:05)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔