2007年06月28日

とうふさんの「アスペルガー社会人のブログ」
http://welladjust.exblog.jp/
より一部引用します。

とうふさん、お世話になります。

***<引用開始>*******
アスペルガーは物事の理解方法が逆?定型の人と話をしていた。
その人は物事を「全体÷2÷2÷2…=細部」という形で捉えていたように感じた。
逆に自分は「細部+細部+細部…=全体」といった形で捉えていく。
自分の場合、最初に全体をみても理解が難しい。

定型とアスペルガーとでは、
物事の理解順序が正反対なのだろうか。
***<引用終了>*******

この感覚は、私にも当てはまります。
私も、部分を詳細に覚えていき、その積み重ねが全体となる理解方法です。
なので、一度に全体を覚えさせるのではなく、まずは小さいところから覚えさせるのが適しているようです。

この感覚を踏まえながら、実際の場面での有効な指導方法について箇条書きで記載してみます。

1.期限を必ず設定する。

2.空き時間が発生しないよう、長期と短期の仕事を組み合わせていくつかの仕事を渡しておく。
 ※レジ、フロア係、ライン工等の翌日以降に持ち越さない仕事ならば不要。

3.残作業一覧を作らせ、メンテさせる。一覧には、それぞれの作業時間を記載するようにすれば、スケジュールが立てやすくなります。慣れないうちは、上司が積極的に関わる方が上手く行きます。
大事なのは、不可能なスケジュールは組まないことです。

4.作業の進捗状況を逐一確かめる。慣れないうちは、毎日実施する。

5.覚えなければならない事に関するマニュアルが全部で300頁あり、それを10日間で覚えなければならない場合は、1日当り300÷10=30頁を覚えるようにする。
日報にP.XX〜P.YYまで覚えたと報告させるようにするとか、小テストを実施する等の工夫があれば、やらなければという意識がより大きくなります。

6.不明点や疑問点があった場合は、ケース毎の相談者を明示し、勝手に進めないよう伝える。解決するまでの間は、他の仕事をさせておく。
(基本的には、相談者は上司やOJT担当者となるはず)
相談先の文書化は効果があります。

7.査定のポイントを伝え、意識させておく。また、どのように動いて欲しいかも伝える。(人によっては文書化が有効)
査定の結果についても、理由を付けて説明する。

8.仕事の指示は、できるだけ上司が行う。
  複数の人から一度に多数の指示や、異なるやり方を指示
 されると混乱してできなくなることがあります。

9.ここまでやった上で、職務が向かないと思ったら、速やかに異動させる。

以上です。

どの指導についても、1年後〜3年後に改善されれば良いと言う心構えで、教えて待つという姿勢が大事です。
改善されてきたら、徐々に手を離していくようにしましょう。

(00:06)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. イグナシオ・マッテ・ブランコ  [ 自閉症の人とそうでない人との話 ]   2007年09月08日 02:53
 またまた難しい話になってしまってアリスさんには申し訳ないんだけど、引き続き、ネットサーフィンをしていたときの収穫。  いろいろ見ているうちに思い出して、「あ、これは曮..

この記事へのコメント

1. Posted by Tufty-tail-cat   2007年06月28日 07:34
おはようございます。またふさふさと出てきました。
>「細部+細部+細部…=全体」といった形で捉えていく。
この感覚、すごくよくわかります。
最後まで学び通したときにそれまで蓄積してきた細部の記憶の詳細さを通して一気に全体像が立ち上がってくるような感じ。
私は飽きっぽいので全体像を全く知らないままやっていると途中で飽きるのですが、そういうタイプを相手にする場合は、最終目標と、目標までの現在地を明示してあげるとやる気が持続するように思います。
2. Posted by 田舎猫   2007年06月28日 21:15
ふさ猫さん、こんばんは。

>私は飽きっぽいので全体像を全く知らないままやっていると途中で飽きるのですが、そういうタイプを相手にする場合は、最終目標と、目標までの現在地を明示してあげるとやる気が持続するように思います。

有効な方法についての投稿、ありがとうございます。
この感覚は、私も良く分かります。
○文式も、1単元200頁となっていて、後何頁で次のステップに進級できるかがはっきりと分かるようになっています。
この方法は一般の方でも有効な場合が多いでしょうね。
3. Posted by 田舎猫   2007年06月29日 20:57
付け足しです。

企業や行政でも、長期目標→中期目標→短期目標というのを決めて計画を立てて実施するというのは一般的ですよね。

見通しを立てるというのは万人に有効なのでしょう。
4. Posted by Tufty-tail-cat   2007年06月29日 22:15
確かに一般的に有効とされるやり方ですね^^;
そういえば、とふと気がついたのですが、自分が興味を持ってやっていることについては、全体像が見えなかろうが現在地がどこだかわからなかろうが「ありったけの知識を全部吸収(収集?)したい!」という欲望に突き動かされて、周囲の人間があきれるくらいいつまでも飽きずに取り組んだりもしますねえ。
興味のない物よりも興味のある物の方がくいつきが良い、というのは定型の人にも見られる傾向ですが、自閉系の人はそれが極端なんだろうなー、と思います。
5. Posted by 田舎猫   2007年06月30日 00:18
>興味のない物よりも興味のある物の方がくいつきが良い、というのは定型の人にも見られる傾向ですが、自閉系の人はそれが極端なんだろうなー、と思います。

「こだわり」と解される部分ですね。
私もそうです。
メンタルヘルス系の分野の興味が長じて国家資格まで取得しましたのでw
「こだわり」は悪いことではないと思いますよ。
6. Posted by むーちゃん母   2007年07月04日 16:18
こちらでは初めまして。
ブログにコメントを下さったのに、お返しする場所が・・・と、思っていましたら、こちらを見つけましたw
細部・・・なるほど、私もそうだなあ・・・と、思いました。で、みんながそういうものだと思っていました。
定型は違うんですね。全体が見えてから細部に意識がいくんですか。
一応全体は見るのですが、細部が分かるまでは理解出来ていません。細かな指示がないと動けないのはそのせいかも・・・。
この理解の仕方が分かっていれば、物の見方を工夫して理解を早める手立てができそうです。
7. Posted by 田舎猫   2007年07月04日 22:05
むーちゃん母さん、いらっしゃいませ。

>一応全体は見るのですが、細部が分かるまでは理解出来ていません。細かな指示がないと動けないのはそのせいかも・・・。

これは、定型の方でもあることだと思います。

私の場合、衝動性が強く細部だけ見て始めてしまうので、最終的に期待された結果とは異なるモノが出来上がることが多いのです。

慎重さが不足しています。
まだまだ修行中の身です(反省)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔