マスターのブログ

季節は巡る・・・また新たな出逢いと感動を求めて・・・。

ふるさとの原風景


今月吸った空気をゆっくり吐き出してみよう。

CA3I00043日前の松野町内国道381号線から南方向、郭公岳上空の雲。

白いナマズが並んで泳いでいた。(^O^)



慌ただしい毎日の中でも、ふと思いがけない風景に出会うことがある。


ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。

(鴨長明 方丈記より)


空や雲は様々な表情を見せる。そしてそれらはあっと言う間に形を変える。



CA3I0035雨後の郭公岳。山に降った雨は、たっぷりの水蒸気を蒸散させ、上空でまた雲になり、再び雨を降らす。また無数の沢を下り、小川へ注ぎ、河になって海へ下る。



水の循環は植物を育て、植物は二酸化炭素を吸収し、酸素を吐き出す。その酸素で全ての動物が生きている。


この大自然の水や空気のおかげで我々は生きている。


CA3I0121ぼくは配達が好きだ。狭い厨房に何時間も閉じ込められていると息が詰まってくる。

何十年も住み慣れた、当たり前のふるさとの風景だが、その時の気分次第で感動すらおぼえることもある。

今年の新緑は、例年にも増して、椎の樹や樫の樹類の花が隆盛に咲いた。

植林の針葉樹の森と広葉樹の雑木林の境目が面白い。



CA3I0119CA3I0115


















週末は滑床渓谷への目黒路へも走る。

目黒の山々はひとかた雄大さが違うような気がする。


この山あいを流れる水は目黒川へ注ぎ、本流の四万十川へ、そして太平洋へと注ぐ。そろそろ今年も鮎釣りのシーズンが近づいてきた。清流の女神と言われる香り發せ曜十川支流の鮎にも、もうすぐ会えそうだ。



CA3I0109





ここから1時間も走れば宇和海にも出られる。









CA3I0091
若かりし頃、東京に数年住んでいた。


都会の高層ビル群や、繁華街のネオンサイン、多国籍な雑踏や人いきれの中が、居心地のいい空間だった。


だが、今ではこういったふるさと愛媛の原風景こそが、豊かさの象徴のように思える。

蟻のような自分のちっぽけな悩みなど、どうだっていうのだ。

この自然の懐に抱かれている時が、最高の贅沢であり、豊かさであるような気がしてきた。


幸せは自分の見方次第なのだ。

今季最後のいちごドレッシングお持ち帰りできます。

CA3I0009今だけ、季節限定TOMMY特製オリジナル。
いちごのドレッシング。限定20本だけですが、販売します。

多分今季最後のご提供になると思います。甘酸っぱいいちごの香りが広がるサラダを楽しまれてはいかがでしょうか。(^O^)
女性やお子様に人気です。(*^^)v

...

市販品のような長期保存型ではありません。お持ち帰り限定です。

お問い合わせ:カフェレストラントミー 0895(42)0143


1e7a19a5-s

絶品シマアジ

CA3I0005
やっと本日の営業が終わって夕飯です。

今日はお講があったんで、その残りもので賄い夕食です。

昨日の宇和海鮮魚店?は閉店してたんで・・・(笑)

別の魚屋さんで、珍しい高級魚に出会えました。

シマアジです。35cmくらいの小型ですが、こんぐらいがあっさりして美味いのです。

磯釣りではもうかれこれ20年近く釣ってません。

魚の好みは人によってちがいますが、刺し身で一番好きな魚は?と聞かれたら、一番はこのシマアジです。二番目はイシダイ、三番目が尾長グレ、その後がマアジ、その後に口太グレ・・・と続きます。

マグロのトロが好き・・・と言われる方々が多いですが、ボクは個人的にはトロは脂が多すぎて、むつこくて一切れあったらいいほうです。

このシマアジは旨み、コリコリした食感、ほどよい油のコク、甘味などのバランスがとれていて好きですね。




CA3I0007 自分用の賄いなので、ざっとに切ってますが、メチャ美味でした!

あ〜〜磯でこの45cmくらいのでいいから釣りたいなあ・・・。

久々の美味なお魚で幸せな夕食でした。(^O^)

青い国四国

CA3I0086薫風そよぐ皐月の晴天。

やっと、時間がとれて海へお出かけ。

ゴチャゴチャとルアーやロッドを車に詰め込み、遠足気分でお出かけしてきました。


観て下さい、この空と海のブルー。昔、JR四国のポスターのキャッチフレーズに、「青い国四国」というのがあったけど、正に、昨日の南予地方はどピーカンの五月晴れ。青い国でした。\(^o^)/


今回は宇和島市三浦半島方面へ。昔よく通ったポイントや、気になっていたけど、まだ入ったことなかったポイントをチェック。

潮通しのいいところはベイトがたくさんですが、本命の魚影は回遊無し。(>_<)

CA3I0098











CA3I0117
CA3I0082


















CA3I0123CA3I0124
夕方で営業は終わってましたが、最近話題の癒しスポットへも・・・。


久々に紫外線消毒してきました。やっぱり海はいいです。

CA3I0091CA3I0106











CA3I0109たまには一人でボケ〜〜〜〜っとするのもいいもんんです。

最期は宇和海に沈む燃えるような夕日に癒されてきました。


え?釣果? ただひたすら腕の運動しにいっただけです。

おかげさまで、クーラーは洗わないでいいし、疲れた体でお魚の調理もいらないで、風呂に入ってバッタキューでした。\(^o^)/

目下、魚族保護委員会名誉会員資格条件をみたしつつあります。(>_<)



CA3I0127今日はこんくらいで勘弁しちょっちゃらい!(T_T)





復活記念日

CA3I0058
時を遡る事31年前。

ボクの人生を大きく変える出来事がこの場所で起こった。

当店トミー裏の空き地。当時は三好菓子店というお菓子屋さんがこの地にあった。駄菓子屋も兼ねていたが、ここのおばあちゃんが焼く蜜饅頭や栗饅頭は素朴な風味で美味しかった記憶がある。

昭和59年5月17日未明。この三好菓子店を火元として、火災が起こった。隣接する我が実家にも類焼して、全焼。松野の消防団OBのなかには、この火災を詳細に覚えておられる方も多い。不幸にも、三好菓子店のおじいさんが犠牲になり命を落とされた。


これより、店と家の再建のため、ボクは帰省して家業を継いで現在に至っている。

人の運命とはわからないものだ。この火災がなければ、勤めていた会社を辞めて帰省して実家の家業を継ぐことはなかっただろうし、今の嫁さんとも出会うことは無く、当然三人の息子もこの世に出現していないことになる。

被災当時は、一夜にして焼け出されて、ひと財産を失ったわけで、両親は当然失意に落ち込み、自分としても被害者意識もあったが、現在では、かえってこの出来事に感謝すらしている。

物事は捉え方次第なのだ。災難すら、「災い転じて福となす」こともできる。勿論、家や店の再建には苦労の連続だったが、おおむね幸せで有意義な31年だった。
CA3I0120そして、2年前の今日は、度重なる入院や手術を乗り越えて、退院できた「復活記念日」でもある。5月17日は、我が家、そして自分の人生のターニングポイントデーなのです。

普通に働けて、普通に暮らせて、家族が無事で過ごせることが、何よりも幸せなことだと、痛切に感じたことを今でも忘れない。

退院の日、息子が運転してくれる車の中から眺める、南予の山々の新緑や青い空のなんと眩しかったことか。家族や仲間の温かい支えが何と心丈夫に思ったことか。自分を取り巻く全ての恵みや、愛情に深く感謝した感銘は今も心に刻み込まれている。

同じ年の秋、志なかばで逝去した同級生の伊藤君が眠る墓所裏の山々は今年は特に隆盛に新緑を萌えたたせていた。

CA3I0122退院後のこの2年間は、自分でも驚くほど心身とも精力的に前向きに活動できたことは、本当にありがたい。

多くの地域の仲間やお客様に、幾度も幾度も支えられ、助けていただいた。

毎朝、早朝のお勤めでは、永昌寺の延命観音と三世観音、そして先祖歴代墓地に参内し、経を唱え、感謝の言葉と日々精進をする決意を唱えてきた。その後のストレッチ体操とジョギングも、肩こりや腰痛防止に大いに効果を感じている。

まだまだ迷いや焦りは払拭できないが、メンタル面では以前よりもポジティブに前向きに成長しつつあるような気がしている。



CA3I0068CA3I0069きしくも一昨日は永昌寺の延命観音と三世観音のご縁日。そして新たなる観音像、天満神社下の普門閣に鎮座する十一面観音菩薩像の御開帳お披露目講義もあった。

小西松野町教育課長自らパネルを製作し、的確な説明は非常に解りやすく、参加者からは質問も飛び出した。


信心する対象は人それぞれであるが、地元菩提寺に、これだけの多くの人々の祈りのパワーを集める、シンボリックな仏像や観音像があることを確認できただけでも、意義深い。 



そして昨夜は、ぼけ封じ観音、三世観音ご縁日イベントの永昌寺スタッフ打ち上げ。

永昌寺ご住職ご夫妻、檀家青年部遊禅倶楽部、そして遊禅倶楽部女性部の合同打ち上げが盛大にありました。(^O^)

おはぎや、みつまめ、そうめんのお接待をしてくれた女性部隊もご苦労様でした。
CA3I0076CA3I0077











改めて多くのよきご縁に恵まれて、感謝する次第であります。   合掌

今季のディナーコース

CA3I0009GW中には、帰省のご家族や、職場の女子会などで、ディナーコースのご利用をいただきました。

久々にコースメニューをご紹介します。




松野町蕨生産フレッシュトマトのポタージュスープ
森の国のサラダ自家製・イチゴのドレッシング
宇和海産サワラの炙りカルパッチョ...

チキングリル・ハニーマスタードソース
天然マダイのポワレ・ヴァンブランソース
サーロインステーキ・ガーリックソース
パスタペスカトーレ(漁師風)
自家製チーズケーキ・フルーツ

CA3I0002




13118988_947724015347383_1047143101278122926_n松野町内のトマト生産農家から取り寄せているフレッシュトマトのポタージュです。タマネギやジャガイモを使わず、トマトだけのパワーを感じるイチオシのスープです。(*^^)v




CA3I0004CA3I0102サラダです。これに甘酸っぱいイチゴのオリジナルドレッシングで召し上がっていただきます。

13166061_947724018680716_8639159992134214465_n宇和海産炙りサワラのカルパッチョです。いわゆるイタリアンタタキですね。(^O^)



CA3I0005チキンのグリル・ハニーマスタードソースです。これもガーリックオリーブオイルで、皮目をカリカリに、中身はしっとり焼き上げたチキンを甘酸っぱい粒マスタードとハチミツのソースで仕上げました。





CA3I0007天然マダイのポアレ・ヴァンブランソースです。ポワレとはフライパンで油で焼く料理を言います。皮目をカリッと、中身はふんわり焼いた天然マダイに、イトヨリと香味野菜でとったスープ(フュメドポワソン)をベースにした白ワインとクリームで仕上げたさっぱりしたソースです。ヴァンブランとは白ワインの意味です。当店のお魚メインディッシュのフラッグシップ的一皿です。


CA3I0009パスタ・ペスカトーレです。ペスカトーレとは漁師風という意味です。ちなみに「カルボナーラ」とは炭焼き職人風という意味です。魚介の旨みたっぷりのごちそうパスタです。今回は、ホタルイカ、アサリ、エビと自家製トマトソースの旨みの競演をお楽しみいただきました。

13174082_947733835346401_4362715443647953529_nデザートの一皿です。今回は自家製チーズケーキとフルーツのコンビ。


¥3.000〜¥4.000のコース(飲み物は別途)です。

2名様よりご予約を承ります。お問い合わせください。



カフェレストラン トミー  0895(42)0143
北宇和郡松野町松丸227-2 JR予土線松丸駅ぽっぽ温泉前

二週間ぶりの休日

CA3I0038CA3I0044忙しい日々が続いていたのでやっと記事を更新です。(>_<)


無休だったゴールデンウイークもあっという間に終わり、二週間ぶりに休日。

やっと釣りに行ける・・・と思いきや、親戚の入院で、急遽お城下へお見舞いに。(T_T)

午前中の店のメンテナンス作業を終え、松山へ急行。

やっと4;30に昼食タイム。中途半端な時間帯だったけど、以前から気になっていたイタ飯屋さんへ研修に。

CA3I0042CA3I0043
久々に、唸るような美味しいパスタとピザに出会えました。\(^o^)/

一番ハンパな時間帯にも関わらず、ホールスタッフも笑顔で応対してくれて感じ良かったです。

やはりたまには、外へ出かけて、違った味や雰囲気を味わってみるべきですね。

刺激をもらって、次の制作意欲のエネルギー源になりました。


CA3I0041
サラダのドレッシングもほんのり甘いはちみつのドレッシングで、甘目のドレッシングはアリ、だと自身が持てました。(^O^)

もっともっと勉強して、お客様に満足していただく一品を作れるよう、精進したいと思ってます。



40年ぶりの再会

CA3I0090
今年もゴールデンウイークが始まりました。

当店もちらほらと帰省の方々が見えられます。

そんな中、非常に懐かしい旧友に会うことができました。

中学時代の同級生、音地くんが奥様とお友達といっしょに来店してくれました。\(^o^)/

中学卒業以来会っていないので、何と40年ぶりの再会です。(^O^)

同じ同級生でも印象に残っている仲間の一人で、フェイスブックを通じてやりとりしてましたが、やっとリアル現物に遭遇できました。(笑)

風貌でお解りいただけると思いますが、彼は成績優秀なトップクラス、僕はオチャラケでおバカなグループ。(^O^) 昔通りのクレバーな物腰の柔らかいジェントルマンでございました。
CA3I0099CA3I0100
 一昨年他界した同級生のI君の高校時代の同級生だった・・・という奥様のお友達が、ご丁寧に無くなった彼の画像をプリントアウトしていただいて、今は亡き友人を偲ぶ話が盛り上がりました。いろんなところでご縁が繋がって、まるで故人が引き合わせてくれたような気分になりました。改めてI君のご冥福を祈りたいと思います。 合掌









CA3I009130代、40代の頃はそうでもなかったのですが、この歳になると、何故か昔の同級生に会いたくなります。

昨日のことは殆ど忘れているのに、学生時代の武勇伝やエピソードはよく憶えているものです。

人生の後半に差し掛かってくると、生きているうちに昔の友達に会っておきたい・・という気持ちが強くなります。
特にボクのように、一度死にかかった者は、なおさらです。(>_<)

この日は、奥様やお友達の片山さんともお話ができて、様々な癒し的な出会いのお話ができました。

また次回、帰省した際の再会を楽しみにしています。



数量、保存期間限定 いちごのドレッシング

CA3I0102
最近、お試しで作ってみた、いちごのドレッシング。
甘酸っぱく、イチゴの香りのさわやかなドレッシングです。
お子様はこれだと生野菜沢山食べてくれること請け合います。(^O^)

初めは如何なものか?と半信半疑だったけど、お客様から、「これ、美味しい!」と、予想を上回る好評をいただき、ご希望の方にはお分けしています。

季節限定、数量限定、保存期間限定(冷蔵庫で1週間まで)ですが、今でしたら、20本くらいなら販売できます。

昨年から大好評だった梅塩ドレッシング(現在は売り切れ状態)ほど日持ちしません。よってご注文されてからのテイクアウト専用になります。(3~4分ほどでできます。)







CA3I0104にわか作りですがラベルも作ってみました。(^^)v

ご希望の方はお問い合わせください。

カフェレストラン トミー 0895(42)0143

若きチャレンジャー

CA3I0092本日4月30日の愛媛新聞地方蘭に、松丸の若手自営業の記事が載っていた。

彼の名は新改和也くん。

彼のお母さんとは同級生なので、まるで息子のような存在感だ。

数年前に脱サラして帰省し、地元松丸に「菓子工房KAZU」
を立ち上げた。

菓子工房KAZUのフェイスブックページはこちら
https://www.facebook.com/aoumecake.kazu/?fref=ts


以前の記事、「リメイク ザ 松丸」でも触れたが、わが松野町の商業は衰退の加速が激しい。特に個人営業での自営業は年々減る一方だ。少子高齢化と過疎に加え、宇和島市や鬼北町に大型小売業の進出などで、わが町の消費形態もこの数十年で大きく様変わりした。

今やこの町で、個人経営レベルでの自営業は希少な存在。そんな厳しい商業環境の中、一発奮起して菓子工房を設立。町内でも希少な若手起業家として期待されている。彼のチャレンジ精神に拍手を送りたい。

当初は行政関連のイベントや、道の駅への出店や納品が多かったが、ある程度知名度が上がり、顧客が定着してからは、さらに自店のブランドやオリジナリティを追求し、別の販路や商品展開を考えている。ショップはまだ持っていないが、ルート営業で鍛えた持ち前の行動力で、販路は広い。



週に数度は、彼と商売や町づくりについて語り合っている。

お互い零細の飲食関連業種。商売の情報交換や、技術的なノウハウを闘い合わすライバルであり同志でもある。若い感性と旺盛な情報収集、そして軽快なフットワークで行動範囲も広いので、僕のほうが刺激や知識をもらうことが多い。



ビジネスだけでなく、総合的な街づくりにも汗を流す。今回は自転車でのイベント企画のことがピックアップされていたが、その他にも昔の松丸のにぎわいを復興させる情熱も持ち続けている。


我が松野町の人口は4000人にまで落ち込んだ。学校を卒業した若者の90%以上は都会へ出ていく。就業環境の現実をみると当然と言えば当然。ましてや個人の自営業で生業を立てていくことは決して楽ではない。

しかし、自分の手で作った商品が、お客さんを喜ばせ、また買ってくれる手ごたえを得て、自営業のやりがいを感じることは商売の心髄でもある。自分の感性や努力がストレートにフィードバックする業界だけに、商品の企画や販売がヒットしたときの喜びも大きい。

夢に向かって苦労や問題も乗り越えながら、成功へのステップを一歩一歩登っていってほしい。

欲を言えば彼のような若手起業家が、あと数人松丸にいれば、この町ももっと面白くなることだろう。

次なる起業家が現れることを期待しようではないか。

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ