マスターのブログ

季節は巡る・・・また新たな出逢いと感動を求めて・・・。

小さいけど目的魚3種

CA3I1414午前中の所用と片づけ事を終わらせ、昼から久々に出撃。(^O^)

小雨がそぼ降る中、サイズはイマイチですが、何とか目的のお魚の顔を見れました。

ショアラバとメタルジグメインで攻略しましたが、本命のヒラメくんは夕方にシンキングミノーにバイトしてきました。\(^o^)/

ソゲ(40cm以下のヒラメをそう呼ぶ)クラスでしたが、何とヒラメは9か月ぶり!\(◎o◎)/!

このヒラメとマゴチなどの扁平な魚たちは、フラットフィッシュといって、近年、ルアー釣りのターゲットとして、注目されているとか。

CA3I1412


CA3I1423口は獰猛そうだけど、目はユーモラス。(^O^)





CA3I1416今日は、暗くなってからラストキャストにこれまた美味な高級魚のマゴチも釣れました。\(^o^)/
CA3I1419 

ヒラメもマゴチも、とても美味な高級魚。天然ものはめったに魚屋さんには並ばないので、ゲットできるのは釣り人の特権なのです。(^O^)

小型ですが、オオモンハタも2匹釣れて、今日は目的の魚3種も出会えました。
CA3I1401CA3I1405













型はイマイチだったけど、ポイントやルアー選択は合っていたので、何とかいい釣りになりました。

さて明日からまた忙しいウイークがはじまります。















オビワン・ケノビ ご来店


CA3I1346週末の午後、一人の温厚なジェントルマンがご来店。

それっぽい衣装を着てたら、まるでジェダイマスターのオビワン・ケノビ!\(◎o◎)/!

彼は米ワシントン州ウエストポートからいらっしゃった、スティーブ・R・エイケンさん。
元USネイビーのヘリコプターパイロットだったそうです。

宇和島市に短期滞在されていて、ぽっぽ温泉に来られた折にランチにおいでいただきました。

その温厚で人懐っこいお人柄であっという間に仲良くなりました。

日本食や日本文化が大好きなのだそうです。

この日はお一人でのご来店でしたが、あまりにもうちのランチが気に入ってもらって、翌日は奥様をご同伴で、二日連続でおいでいただきました。その日は忙しくて写真を撮れなかったですが、奥様も素敵な方でした。
CA3I1347 この日は当店特製のねぎそば定食を召し上がってもらいましたが、うちの奥様のてづくり野菜惣菜がいたく気にってもらって、終始ご機嫌でした。

この日もよき出会いをいただきました。



CA3I1351CA3I1352CA3I1350先日に寄った双海の上灘道の駅で出会った女性ライダー。
なんと名古屋から原付スーパーカブで旅をしているとか。

カラーリングもオリジナルで、個性が光っていました。
ビッグバイクでのツーリング客が多い中、女性で原付のスーパーカブでのひとり旅。勿論高速など使わないで、一般道をのんびりと楽しみながらの旅です。伊予路のいい想い出をたくさんつくってほしいですね。


BlogPaintそして先週は、精進落としを承っておりました。
故人は息子もお世話になった方で、家族ぐるみでお世話になっている矢間家のご家族とご親戚の方々。

家族で松野町に移住され、この度、お墓も松丸の永昌寺近くに建立されました。この日は納骨式だったそうです。
CA3I1343CA3I1339

精進落としといえば、通常は仕出し屋さんのパック料理が定番ですが、当店でご利用を承りました。お昼を兼ねた精進落としだったので、ちょっぴり豪華なランチプレート風で召し上がってもらいました。(^O^)

おしながきは、チキンのロースト・ハニーマスタードソース、生ハムサラダ・梅ドレッシング、トマトソースのペンネ、天然ブリの味噌煮、アオリイカの刺し身、自家製漬物、ばら寿司、フルーツ、かぼちゃのポタージュでした。

息子がお世話になった方のご子息家族が、松野に移住され、松丸にお墓を構えられて、これからご両親の御霊をご供養されるなんて、これも三世諸仏のお導きでしょうか。ご縁のありがたさを感じました。

というわけで、最近のレポートでした。






無駄なものが無い良さ

CA3I1388
商売人の端くれのくせに、「今人気のスポット」、ってとこに行きたいとは思わない。

商売人の端くれのくせに、「今、流行の商品なんちゃら」、というものにも興味が無い。

商売人の端くれのくせに、「行列ができる人気店」というところに並んで待とうとも思わない。


商売人の端くれのくせに、「人がわちゃわちゃごったがえす混雑」は、どうしても必要なとき以外は避けたい。

CA3I1372 余計な人やものが無いということは、こんなにも気持ちのいいことだと再認識。雑多なショップや、案内看板類が無い、閑静な昭和のムードの無人駅と青い海。シンプルな空間に心安らぐひとときを頂きました。

家族の検診で、松山へ行った帰り道。天気も最高なので、たまには違うルートで帰ろうと、双海町の上灘〜下灘の瀬戸内海沿岸を走ってみた。

南予の宇和海と違って、ここ瀬戸内の海は、真珠筏や養殖の生け簀ブイが無いので、海がスコ〜ンと広く見えます。そういえば、ここは夕日がきれいなスポットで有名らしい有名な駅だったようで、たまたま女房が立ち寄りたい、というので寄ってみた。決してミーハー気分ではありませぬ。(>_<) 

狭い線路沿いの導入路を2回見逃して、右往左往。夏の夕暮れの有名ロマンチックスポットということだが、平日の真昼間は、人が少なくて快適。

CA3I1368駅舎もあまり手をいれていない、昭和のローカル線の駅の雰囲気を残している。

CA3I1381

昔、高校の頃に通学していた自分が、ディーゼルエンジンの排気の匂いと一緒に立っているような錯覚すら感じそうなプラットホームだ。




CA3I1383駅前の小さなスペースにこじんまりとしたウッドデッキとトレーラーハウスを改造したカフェがある。そう、ここは、「下灘珈琲」。戸田くんが経営する駅前オープンカフェだ。

CA3I1359彼とは以前から面識があって、いつかここを訪れてみたかったのだ。

戸田マスター、人懐っこい笑顔で迎えてくれました。





CA3I1362CA3I1370下灘駅前オープンカフェ。
いい雰囲気です。コーヒーも美味しかったし。(*^^)v

土日は結構賑わうそうです。

青い海と空、
ローカル線の駅、ロケーションは最高です。羨ましい!松丸駅前でこんなんできんやろか?真剣に考えてしまいます。ボクの一つの夢の形がここにありました。

でもこのロケーションにはかなわないよなあ・・・。なんせロマンチック感が格段に違うもんなあ。地元のヒマなうるさいオッサンたちがいちいち絡んでくることもないだろうし・・・・(笑) 自然の風景も人的環境もシンプルで、放っておいてくれるんがいいなあ・・・。松丸駅前ではムリやろなあ・・・。固定ショップだけじゃなく、あんなトレーラーハウスで屋台営業もいいなあ・・・。なんて考えながら帰り道に付きました。


CA3I1380こんなおっちゃん、おばちゃんでも思わず肩を組みたくなるところでした。(笑)
























10月のあれやこれや

CA3I1192なんやかんやと忙しくて更新できませんでした。(>_<)

早やもう10月。最近のレポートです。

南予地方の中学校に赴任したニューALT女子たちがカラオケに来てくれました。とっても明るくてエネルギッシュなアメリカンガールたちです。カラオケやアニメ、ゲームといったジャパニーズサブカルチャーが大好きだとか。

日米両国のフェイバリットナンバーを熱唱してました。またおいでねえ〜。(^O^)


CA3I1193当店の大人気オリジナルドレッシングのラベルをリニューアルしました。

松野町産南高梅からとった梅のエキスをたっぷり使用、油もお腹にもたれなくて、さっぱりしたヘルシー油のコットンシードオイル(綿実油)を使用しています。

今夏、大人気をいただきまして、残りが少なくなりつつあります。お早目にお求めください。一本¥490です。注文があってから調合する手作りドレッシングなので、作り置きしていません。2~3分かかりますので、予めお問い合わせください。

カフェレストラントミー 0895(42)0143

CA3I1182学校行事の打ち上げでご利用いただいたグループの一コマ。

保護者と先生で盛り上がってました。先生らしき方が、次回の仮装出し物にと、ブルゾンの変装グッズで・・・。(*^^)v
早速、店内BGMを、オースチン・マホニーの「ダーティ・ワーク」をかけたのは言うまでもない。(*^^)v

で、この日もディナープレートがこちら。
CA3I1180CA3I1176




















CA3I1175神奈川県で大人気のうどん屋さんを経営されいる、山本さんがご帰省。

故郷の若い後輩たちとも意気投合。

是非とも、松野町に支店を開店してもらいたいものです。

松野町産の物品を数多くお取り寄せしていただいてます。これからの松野町の将来を真剣に考えておられる、森の国人です。





CA3I1203そして、こちらは、松野の明日を担う、長男会ボーイズ。最近全員結婚して、みなさん妻帯者に。

様々な問題について真剣に?議論する熱い男たちです。

菓子工房KAZU・新改君プロデュースの「しかねえくつTシャツ」がみんな似合います。

松野町の将来は、彼らの肩にかかっているでしょう。(*^^)v

CA3I1201CA3I1198








CA3I1200














というところで、はしょってのレーポート。

一週間前は、マロリーワイス症候群という、食道と胃の間の内壁が裂けて吐血するという、ハプニングもありまして、胃カメラ検査入院を二日ほどしてましたが、もう回復しました。まったくいつも突然消化器系の急病をやっていけせん。度々ご心配をおかけして申し訳ない。m(__)m

さて今月は松丸の秋祭りもあります。季節は駆け足で巡っています。

明日は家族の検診で松山へ運転手。お店は臨時休業いたします。明後日は定休日です。
とりあえず今日はこんだけで。また後日更新します。



出撃レポート

CA3I1280
二週間ぶりの出撃でした。夜明けから夕方まで投げ続けてきました。

狙いのお魚、オオモンハタの顔は見れましたが小さい。(T_T) この子の親はどこにいるのでしょうか?

CA3I1268禁断のビーチでは、今年5月に続いてまたまた大バラシ。
自分のタックルではどうしようもない大型モンスターに引こずられ、ブッチン!ラインPE1.2号、リーダー・フロロ8号で対処できる相手ではありませんでした。(>_<)ここは、浅いビーチなんだけど、いつも正体不明の怪物が潜んでいます。

CA3I1276次のポイントでは、一投目から自作のショアラバ仕掛けに、ファーストフォールから正体不明の謎の魚の強引!\(◎o◎)/!すわ!ブリかカンパチか?とも思えるような強烈な引きに襲われました。浮かせて姿が見えたら、何じゃあ??小型のサメか?いや大きなエソか?はたまたコバンザメか?とにかくハアハア言いながら取り込み終了。このお魚は初対面です。名前知りません。食べられるかもわかりません。漁港の地元のおっちゃん数人に聞いても、誰も見たことがない、とのこと。とりあえず〆て血抜きしてクーラーへ。
帰ってから、魚類図鑑で調べると、「スギ」という魚らしい。(魚類図鑑参照)http://www.zukan-bouz.com/syu/%E3%82%B9%E3%82%AE食味は美味で、東南アジアや台湾などでは養殖もされているらしい。
CA3I1278CA3I1272



その後場所を変わって、小型ながらオオモンハタを2匹ゲット。う〜ん、型が小さい。(T_T) 足元の磯際には、最初藻の塊が流れていると思ったら、巨大なエイが回遊。

CA3I1291CA3I1282CA3I1297小型の外道のフグもかかったけど、これは、Takigutiのアッチャンやないと捌けんのでリリース。
CA3I1286
夕暮れと大雨が同時にやってきて終了。今日は一日やりきった感。

スギを捌くと、カンパチのような綺麗な身。
サシミ、フライ、あら煮でいただきました。淡白な白身であっさりしてました。

釣りにいくたびにいろんな課題が見えてきますね。ただ、自作のルアーにいろんな魚が反応することはわかりました。

大物の千載一遇のチャンスをモノにするためには、万全の準備が必要です。また仕切り直してリベンジです。

秋はピアノ 

 
CA3I1192



この山は何億年前にできたんだろう


この雲はどこから湧き上がった水が昇ってできたんだろう


海や山に佇むと自分の小ささや人生の刹那を感じてしまう

あと二月もすれば、この草原も雪に覆われるにちがいない

ここんとここの人のピアノがいたくお気に入りです。
ルドヴィコ・エイナウディ 
「Nuvole Bianche」 白い雲
 




秋はピアノ 

BlogPaint









          




 
イタリアの作曲家・ピアニスト、ルドヴィコ・エイナウディ
http://www.e-onkyo.com/news/639/
「Le Onde」 さざなみ


久々に泣けるピアノに出会った。

秋は、それも雨の降る秋の午後は、ピアノが聴きたくなる。

毎日の忙しさに追われていると、

本来の自分の素直な感情を

表に出すのを忘れてしまいがちだが、

ふと、心に染み入るフレーズに、

想像や追憶のシーンが浮かび上がる

あなたにはどんな風景が想い描かれますか






久々の海

CA3I1158この3か月、体調不良や、仕事の忙しさで、海や川から遠ざかっていた。

9月中旬になって、忙しさもひと段落して、体も元にもどってきたので、久々の出撃。(*^^)v

お昼から愛南方面へと出発。

まだまだ日差しは強いけど、風は秋っぽく涼しい。

CA3I1136



二か所ポイントをサーチして、退屈しない程度にアタリがありました。






CA3I1137














CA3I1142

小型ですけど、初オウモンハタゲット!\(^o^)/ 次にアオハタ?の赤ちゃん。待望のネイり(カンパチの小型)\(^o^)/ ソーダカツオ・・・などなど。夏の魚が遊んでくれました。


CA3I1148











CA3I1149














全て自作のメタルジグでの釣果です。ハンドメイドのルアーで魚が釣れると嬉しいです。(^O^)

見て下さい、この見事な夕焼け空を。\(◎o◎)/!

CA3I1162












家からほんの1時間半くらいで、こんな絶景が見られるんです。やっぱり四国西南部は最高ですね。

CA3I1164CA3I1166










帰ってからネイリとオオモンハタをお刺身にしました。オウモンハタは初めて食べましたが、旨みが濃いですね。でも食感はネイリのほうがいいかな?ソーダカツオの煮付けは、息子と奥さんによって速攻で無くなったので、画像なしです。(>_<)

奥さんが芋ごはんを炊いてくれてました。

のんびりしたいい休日になりました。


9月の空

CA3I1171
今月見上げた初秋の空。



もう何も言うことはありません。












CA3I1242


















CA3I1143














CA3I1170
























CA3I1182


















CA3I1167朝晩は涼しくなって、秋の気配だけど、昼間はまだミンミンゼミが鳴いて夏の名残があります。























CA3I1181今年は、梅雨時期から、息子、自分、母親・・と家族の入院が相次ぎ、病院通いが続きました。

昨日も、息子の定期健診で松山へ。

お昼は、たまにはお好み焼きの勉強を・・。

狙いの店が定休日でしたが、近所に別のお好み焼き店を見つけて飛び込み研修。(*^^)v

期待以上の味に満足でございました。


CA3I1179












CA3I1182そして、帰りにいつもの食材ショップで仕入れを。

ここの食材は、バイヤーさんがツボを押さえているので、欲しくなるモノばかりで困ります。(>_<)


世界の食文化の宝庫です。

ついついカートがいっぱいになりますね。


帰りは、急ぎでもないんで、高速を使わず旧国道をのんびり帰ります。

道の駅で、ご当地アイスを食べたりしてます。

前回は、中山町のクラフトの里で栗アイスだったので、今回は内子道の駅からりで梨のシャーベットを食べました。

アイスは美味しかったのですが、ここの施設レイアウトやトイレの造りはイマイチ落ち着かなくて、違和感があります。(>_<)


本来は通院が目的ですが、ついで巡りも楽しませてもらってます。車の運転、誰か変わってくれればもっと楽なんですが…。(>_<)










しかねえくつ Tシャツ

CA3I1165松野町松丸の菓子工房KAZUの新改君が、このたびオリジナルのTシャツをプロデュースした。
https://www.facebook.com/kazuya.shingai.5?fref=ts


「しかねえくつ」

と読みます。

文字は、松野が誇る遊書家の矢間大蔵の書です。

これは松野町の方言で、直訳すると、どういう意味かと申しますと、「ありゃあ、残念!」とか、「な〜んだがっかりした!」 「おまえはだめだなあ〜!」
「という意味です。

方言と言うよりも、一部のあまり上品でないおっちゃんが、酔ったときにボヤくスラング的なセリフです。

例えば、息子の野球の試合の応援に行って、一発逆転のチャンスに、見逃し三振した瞬間に出る言葉です。

「しかねえくつ」

の活用形を言いますと、

「しかねえろ」

「しかねえわい」

「しかねえかいの」

「しかねえなっち」

「しかねえこと」

の6段活用形があります。(笑)

CA3I1166年代によっては、あまり良いイメージを抱かない方もおられるかもしれませんが、これは解釈の仕方によれば、叱咤激励の励ましの意味でもあるのです。見込みのあるヤツに投げかける、「もっとがんばれや!」、「おまえならやれるけん、やれや!」という願いの意味でもあるのです。

早速、購入して着てみました。

サブタイトルに、

「やるしかねえの俺たちは」

背中には、

「The Great Spirit of MATSUNO」

とも書かれています。


県内最小自治体にして、平成の市町村大合併にも組せず、単独で歩き出した松野町。
町づくりや事業もまだまだ課題は多いです。今、本当の町の力が試されています。

これからの町づくりに対する若者の意気込みが感じられます。

数に限りがあります。おといあわせは、菓子工房KAZU https://www.facebook.com/kazuya.shingai.5?fref=ts

まで。
























月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ