PADIダイビングインストラクターとしての「はじめの一歩」、マスター・スクーバ・ダイバー・トレーナーに関して説明いたします。

 多くのインストラクター候補生が、オープンウォーター・スクーバ・インストラクター取得後のステップアップを考えてコースに参加されます、稲取マリンスポーツセンターでも向上心旺盛な候補生の皆様をサポートさせていただく準備を整えています。

マスター・スクーバ・ダイバー・トレーナー(MSDT)前条件

 1. PADIインストラクター 
 2. 5種類以上のPADIスペシャルティ・インストラクター資格
 3. これまでに25名以上のPADIダイバーを認定
   a. そのうち、ノンダイビング・コースでの認定は5名以下
   b. PADIシールチームまたはマスター・シールチーム登録は5名


 上記がPADIマスター・スクーバ・ダイバー・トレーナーに必要な条件です、まずは5種類のPADIスペシャルティ・インストラクター資格を取得しつつ、弊社での講習経験を積みながら認定数をクレジットしてください。

PADIスペシャルティ・インストラクター講習費用(単位:円)
講習費用内訳:認定に必要な本数のダイビング費用、講習&評価費用、SPアウトライン、認定カード申請費用が含まれております
別途費用:生徒レベル教材、消費税、認定カード用写真作成費用、診断書が必要な場合の作成費用、弊社までの交通費、宿泊費用など個人的経費、認定に必要な10本以上の潜水にかかわる費用。
弊社コースを受講されたお客様には優遇がございますのでお問い合わせください。
----------------------------------------------------------------------
  1 ボートSPI          30,500
  2 ディープSPI         29,500
  3 デジカメSPI         27,500
  4 ドリフトSPI         33,500
  5 ドライスーツSPI       30,500
  6 EANx SPI          29,500 (ダイバーレベル認定が必要,)
  7 ナビゲーションSPI      30,500
  8 サーチ&リカバリーSPI    30,500
  9 サイドマウントSPI      92,500
 10 レックSPI          37,500
  MSDT準備コース5SPパック 148,000(上記1,2,3,4,5,6,7,8より5種類選択)
-----------------------------------------------------------------------
 PADIスペシャルティ・インストラクターを受講しながら、または受講を終えて弊社開催のダイビングスクールに参加いただき、認定をカウントしていただく形になります、申請費用はご負担いただいております。

 サイドマウントSPIに関してですが、ダイバーレベルのコースを受講して頂き、50本程度のサイドマウント潜水経験をして頂いた後に、SPIコースを終える形となります。

 できる限り、費用に関しては明確に表示させていただいております、ご不明な点などは何なりとお問い合わせください。
 
 稲取マリンスポーツセンター 
 コースディレクター 樋口純一 819623 
IMC