ギリシャオレ達の修行と酒浸り日記

2016版。 酒とうまいもんをこよなく愛する男達のおき楽ギリシャ ブログ。 経済危機で世界を騒がすギリシャで2009年から暮らしています。 旅行、治安、生活情報と大好きな酒情報を気ままに発信中。 シーズン7、スタート!

2011年02月

ルーフガーデンで非日常

アテネ寒い・・・先週の好天とは打って変わって
今週は曇り空が続き気温も先週と比べるとググッと下がってきた。
まあ寒いって言っても、大体徒歩3分の家と店の往復じゃけえ
実際そこまで気にはならん。 

でも今日はいつもの僕等の店と家の往復運動、または
ストレス発散で通うバーとは違って、
非日常的な世界へ飛び込んだんです。

店によく来てくれる、世界を股にかけ活動を広げる(らしい)
ギリシャ人ハウスミュージックDJ のCD発売記念の
プロモーションパーティーに何故か招待された二人。
元々そのDJの友達であるという僕等の店のイケイケ店長に引き連れられ、
ヒルトンホテル最上階のルーフガーデンに乗り込んだのである。
 

パーティーと聞いたので日本人なめられちゃいけん、、
と思って二人ともちょっとだけおめかしして、
行ったのですが
いざ最上階ルーフガーデンに着くとそこは
クラブ。人を良く見ると少し高級志向な感じはしたものの
ただのクラブでした。大音量のハウスミュージックがちょっとした高級ホテルの最上階で
重低音がズンズン響き渡り、ダンシンダンシン。
パノラマビューの夜景をバックにカップルはいちゃつく。



R0011902  R0011909








R0011911









普通の宿泊客は大丈夫なんかな~とか思ったけど、
まあそんな事は僕等には関係ない。
5つ星ホテルの最上階がクラブになろうと何になろうと
ここはギリシャだし。


ウイスキーロック二杯頼んで3000円くらい
したのにはさすがに、なんじゃこりゃ~~~
ってなったけど・・
普通じゃない場所に自分達が居るのを再確認しました・・。

 R0011897








 
しっかし、思いました。アテネの夜景は暗い。
街頭と車以外の光はほとんど無い。 いくら夜中と言っても
それは凄まじい程に暗い。
まあこれはこれで悪くないんですけどね。
ギリシャっぽくて。

そんなギリシャの暗い夜景とハウスミュージックとウイスキーに僕は軽く酔って、タカキスは悪酔いしてくたばって・・



ヒルトンホテルの最上階でアテネのなんともパッとしない
夜景を見下ろしながら
苦しんでいるタカキスを横目に見つつ、
少し微妙な空気だったけど
こんな境地で、、この何とも言えない心境にはなんだろうと。
なかなかないぞ。
なんて思ったりして、アテネの夜風にあたりながら
煙草をふかすのは何故か快感でした・・。

R0011912









この非日常的な場所で不思議体験をした今夜だったのですが、
一番不思議だったのは、おつまみにウエイターが持ってきて
くれたお菓子がなんと、柿の種だったって事かな・・


筆ゆじろす



R0011915






 

駐車マナーからみるギリシャ的モラル。


今日の午後八時半。

開店とともに、店のバーテンがCDのスイッチをonにし、
いつもと変らない音楽が店内に流れる。

数分後、その音楽越しに聞こえてきたのは外からの怒号。。

ぞくぞくと店内各セクションに配されていたスタッフが
一同に集まってきて窓から外を眺めてるんです。

わいのわいの野次馬しているその先には、
一台の巨大ジープと、我らがマドンナスタッフ、アナの所有する
スマート。

*日本ではもう殆ど目にしないですが、ドイツ、スマート社が
製造、販売する超小型車smart。ここパーキング地獄アテネでは凄い人気で町中至る所に溢れている車種です。*


なにやら、店の前に止めてあったアナの車、その先にゴミ捨て場。
その間に微妙に空いたスペースに後から来た巨大ジープが果敢に
駐車に挑み、、、結局大失敗。。アナのスマートにバックしながら
勢いよく突っ込んだのです。。


一部始終を目の当たりにしたアナはカンカンで中年男ドライバー
のもとへ走って怒鳴りこむ。。

いやあ、あれはキレて当然!っと遠目から応援する僕らでしたが、
何やら途中から雲行きが怪しい。。。

そのうちに何と、、逆にアナが怒鳴られてるう〜。


すぐにでも加勢に生きたかった皆ですが、
営業も始まっちゃってるし、一番血の気の多い一人を送り込み、
ぐっと我慢。

お互い人目もはばからず怒鳴りきった後で両者ケンカ別れ。

凹んだ様子で帰って来たアナに皆で訳を問いただすと、
男が急にこう怒鳴りだしたんだそうです。

何でここに車止めてるんだ!っと。。。。
店のスタッフだからってこんないい場所に駐車して、、しかも
ここは居住者専用の駐車スペースだぞっって。。。

っていうその男も居住者でも何でもなくただ車止めたかっただけ。
後からみたらそこは結局居住者専用でもなく、
駐車も停車も禁止の場所だったしね。

もう、唖然。。
道徳の授業を義務教育でしっかり受け、
世界一礼儀正しいといわれてきた僕らにはまさに、目が点。

アナにも落ち度はあったにせよ、
話の焦点をすり替えて逆に女の子に汚い言葉で怒鳴り返せる
そのメンタリティーが全く理解出来ない。

とどのつまりは警察を呼ぶと言うアナに、
すぐ戻って来るから待っとけB***H!
って言い放ってそのままとんずら。

やれやれ、、周りの車を見渡せば、
縦列駐車のスペースなのに垂直に頭から車を突っ込み、
後ろ半分車道にはみ出している車、
駐車防止のコーンをそこら辺にほっぽり堂々と駐車する車、
一方通行を平気で逆走する車。。

その中でも僕が今までで一番驚いたのが、、
男5人くらいで彼らにとって邪魔だったスマートを持ち上げ、
歩道にどかして自分たちの車を駐車していたのを見た時。

この国の人たち、本能の赴くままに行動し、
ルールなんて、法律なんて、、くそくらえ!なんです、ほんとに。


もちろん、全ての人がそうじゃないにせよ、ね。

ギリシャも再建に向けてこれまでになかった新しい政策を
次々と打ち出していますが。。。。

仲いい友人達に聞いても必ずと言っていいほど、
こう答えるんです。

”今のこの最低なギリシャの現状は自分たちの前の世代が作った、
そのしわ寄せが自分たちのところへ今こうして来ている。
なぜ僕らがその責任を負わなければならないのか。
そして今僕らがそれに従ったとしても今の自分たちの世代には
結局見返りが無い。。 だからやる意味が無い。。 
自分には関係ない。。”


これを言われた後、僕らいつも、返す言葉がないんです。

根本の考え方が、全く違うから。

R0011264


R0011727

R0011498


ギリシャの経済が破綻した時、
日本も安心していられない、同じ様な悲惨な状態になりうる、、
って特に根拠もなく一部で報じられたりしてましたが、
僕は今ここギリシャみたいな悲しい状況には絶対ならないって
信じてます。

日本人程、他人を思いやる事が出来て、前の世代、後の世代の
幸せを願える人はいないと思うから。


いいとこも沢山あって、僕らに無い部分もいっぱい教えてくれる
ここギリシャの暮らしですが、、、

まあ、、今日は一言だけ言わせて、
そりゃ〜言いたい事はあるだろうけどさ、



法律は守ろうよ 笑


R0011618




筆 タカキス。



 

煙草と酒と猫

あ~~いらいらする・・・・
なんかここ2、3日荒れてます。
なんか全てのものに過敏に反応、そして
イライラしてしまう・・・

しょっちゅう起こる電車やバスのストライキの影響で起こるアテネ市内の渋滞、鳴り響くクラクション。
ギリシャ人の馬鹿でかい声。大げさな身振り手振り
停電。光がない。。
全ての事がスロウで、大事な事がなっかなか決まらないこのギリシャの
we will see 精神・・・
なんでギリシャと日本はこんなに遠いのか・・
なんて、どうしようもない事まで考える始末。


別にギリシャだけに腹が立つ訳じゃないけど、
なんかやたらむしゃくしゃしてしまって・・・荒れてます。。

優歌団の「嫌になった」がひたすら頭の中で流れる。。。

喋る気力もあまり無いけど、とりあえず二人
今日は56のじいちゃんに癒してもらおうと思って・・

いつもはゆるいジャズやお洒落なボサノバが流れているんですが、
今日は珍しく、カリプソ。
最初は少し気分にそぐわないな、、なんて思っていたんですが、
その陽気でテンポの速いカリプソと、じいちゃんの優しい笑顔と
いつものおもてなしに
自分の中の悪い奴がじいちゃんの善のパワーに
尻尾を巻いて逃げて行ってくれたので何とか今日のところは
よかった。。

今日はウイスキーと一緒に生姜のお菓子を出してくれました。
甘辛いお菓子を出してくれました。
ウイスキーに良く合う。

画像 013きっと深い人生を送ってきたであろう、このじいちゃんが。僕等に
この甘辛い生姜のお菓子と共に何かメッセージを送って来てくれた   様な気がして・・・、
人生色々あるさ、くじけるな、頑張れ若造。的な。


あ、考えすぎか・・。









イライラしとった僕もさすがにじいちゃんの前では
成す術もなく、曇り空が晴れた様な気分で家に帰って来れたのでした。

あとは僕の最高の三点セット。
煙草と酒と猫に存分に癒されて、何とか今日のところは
僕のギザギザハートもなんとか丸みを帯びてくれたのでした。




画像 014
画像 011 














明日は崩れやすい天気も僕のハートも気持ちよく晴れたらいいな~
晴れてくれアテネ


筆ゆじろす


画像 008

 

日曜日の憂鬱。

昨日は(も)、仕事終わった後に厨房の皆と一杯行って来ました。

今週はお蔭様で、月曜日からずっと忙しかったので、
やっと終わった一週間に皆でヤマス!

R0011860


土曜の仕事上がりの生ビール、これは格別ですね。

アテネのいいところは、日本の様に夜遅くから飲みに出かけて、
その後、食べれるってとこ。

明け方まで営業している店が多いので、
ナイトライフは結構面白いと思います。R0011816

〜イギリスなんかは、11時過ぎたらパブも
閉まっちゃうし、小売店でも酒が買えないんです〜


昨日もこの後は、
いつもの焼き鳥屋でがっつりシメ。



R0010545

R0010523

 








2時から6時過ぎまで飲んで食べて、唄いながら家まで歩いて
バタンキュー。

ああ、楽しかった。





そして日曜日。

重い体を起こして、
届きそうで届かない微妙な距離に転がった携帯に手をのばし時計を見る。

既に午後2時。。。 

といっても、長く寝過ぎた訳ではなく、睡眠時間は6時間。
七時間以上寝たら、起きた瞬間から頭痛がするので、
気をつけてるんです 笑

、、、ちょっと前までは、ああ、また昼過ぎまで寝てしまった!
って後悔する事もあったのですが、最近では何時に起きても
結局ここアテネで日曜日に楽しめる物なんてほぼ無い、
って事に気づいてしまったので、別に何とも思いません 笑

ショッピング街はもちろんの事、レストラン、バー、
スーパーまでもが閉まってて、本当にやる事がないんです。


何しよう、今から。。。

R0011436


とりあえず、洗濯機が終わるまであと二時間はあるので(長い!)
猫と遊んで、風呂に浸かって、毒素排出しよ。


外は相変わらずの、どんより空模様。

ふう、日曜日の憂鬱。

でも仲間が一匹増えただけでこんなにも暮らしに色がつくなんて。

今日はとっておきのウサギちゃんをあげよう、
そして僕らは、まだ夕方五時だけど、ビール、プシュッ!!

IMG_0149



筆 タカキス。





 

豪華海の幸ブルース

今日は豪華海鮮おつまみを作ったデイ。

今日のテーマはマテ貝。
マテ貝は日本にいてもあまり見ることの無い貝の一種。(地域によっては違うんかもしれんけど)縦になが~い貝。
ギリシャのマーケットでは結構見る。

なんだか強いにおいがある、だとか、弱い貝なので輸送中に死んでしまう 
というのが理由であんまり出回らない貝なのだそう。

店でも出しているのですが、僕等の扱うマテ貝はぜんっぜん臭くないし、
いつも元気なまま届いてくれる。恐らく日本に居るものとは
種類が違うのであろう。

R0011870 











今日はそんな元気なマテ貝君を今日は家で料理してやろうと、、
ついでにホタテと鯛も持って帰ってきて、
豪華海の幸パーティーをタカキスの誕生日パーティーも
兼ねて派手にやろうって事で。
大切な日まで栓を抜くのをためらっていた
鬼殺し原酒も今日とうとう開けることが出来て・・・

ギリシャ在住日本男児二人のマニアック贅沢海鮮パーティーの準備が深夜、ビートルズの流れるキッチンで密かに執り行なわれていくのでした・・・

画像 003












鯛はギリシャ特産オリーブオイルと茄子とズッキーニ
プラス鰹節を駆使した、海と土の出会いロマンチックソース
をぶっかけて・・。

画像 005













そして今夜のメインになったマテ貝は、ホタテと一緒に
シンプルに、、そしてシンプルに・・・
霜降りした後、
にんにくとバターと醤油で炒めただけ。

う・・・うまい!もしバンドで例えるなら・・
バターがバンドの心臓部のドラムと化し、醤油が曲のラインを作るベース
に成って、ホタテという曲を彩どるギターに煽られ
マテ貝という鋭いボーカルが乗っかり一体化~~~!!
優しくまろやかなビートが口の中に広がる・・
日本酒がビートを更に弾ませる・・・

うまかった~~。

R0011885





















なんと贅沢な一品。

こんな美味いもん食えて幸せだわ~美味いもん食ったら
幸せになれる。

そんなこんなで3日遅れじゃけど豪華な誕生日パーチー出来て良かった良かった!
タカキス誕生日おめでと!




DSC_0734













 







魚と貝の臭いを嗅ぎ付けちょこちょこやって来て、
キッチンの隅で僕等のサポートをしてくれるトラ坊。
彼女の助けもあり、いい料理作れてうまい酒飲めて最高の金曜の夜になりましたとさ。



筆ゆじろす



とらぼーのナイトライフ。

すっかり僕らの家に居着いて、毎晩ソファーマットの取り合いを
繰り広げているとらぼー。

R0011832


といっても、一日中ずうっと家でゴロゴロしている訳ではなく、
朝僕らが仕事に出る時にまだ眠気眼の彼女を起こして、
一緒に出るんです。

可哀想だとは思うんですが、このまま完全に家猫になっちゃったら
後々、外の世界でたくましく生きていけなくなる。。。
,,と、心を鬼にして、まだ寒いアテネの空のもとに放つのです。


、、あと居ない間に家ん中汚されても困るしね。。。



最近では、僕らを縄張り境界線ぎりぎりまで見送ってくれるんです


R0011779
R0011780











いつものキオスク前まで、、
また後でね。

寂しそうに去って行くアイツ。




そして仕事後家の近くまで着いたら、
とらぼ〜って叫ぶと、どこからともなく、ひょっこり登場。

皆揃って玄関からただいま。


僕らは軽く寝酒をたしなみ、とらぼーは缶詰を食べて
しばしの談笑タイム、それからだんだん眠くなって、
それぞれの寝室へむかうわけです。

ところが、この時間になると必ずとらぼーはむくっと起きだし、
毎晩テラスから外へ出て行くのです。

いっつも何してんのかな〜こんな時間に。。
って二人ともだんだん気になって来て、昨日はこっそり
後をつけてみました。

早速彼女を見失い、、そこら中で呼んでも、
なかなか姿を現さない。


いい加減寒いし、らちあかないので帰ろうってなったその時、
階段の上から僕らを見下ろす一匹が。


とらぼー何しとったん〜〜って駆け寄るユジロス。
見慣れたトラ柄とちょこちょこ走り。。
やっと街灯下ではっきり見えたその姿、、、、
抱き上げようとすると、、、ち、ちち違う!
超似てるけどとらぼーじゃない。

焦る僕らに追い討ちをかける様に次は右からどうやら妊娠中と
思われるこれまたトラ柄猫。
右からは”耳をすませば”に出てた猫にそっくりなコ。
そして上から下からぞくぞくと猫達が集まって来て
総勢6匹はいたでしょうかね。


何か猫って色んな声だしますよね。
シャー、、とか威嚇の声出したり、
普段出さないめっちゃ低くて長い声だしたり、
ゴロゴロ甘える声出したり。


犬なんかよりずっと、獣っぽいっていうか。。


まだ猫初心者の僕は、いっぺんに色々な状態の猫が
目の前にいて、、正直ひきました。
猫好きの方、、すいません。。

しばらく呆然とその深夜の集会を眺めてた僕らの
横で草むらからズドンっと何か上から落ちて来た様な
音がして振り向くと、、、そこに正真正銘僕らのとらぼーが。

のそのそ歩いて来て集団の中心で高い岩に上りごろん。
結構、偉いのかな。。


ぼくらの知らなかったとらぼーの夜生活。
何だかとても遠い存在に見えました。。 なんてね。

まあ、集団はそっちのけに、僕らについて来て、無事帰宅。


野生で強く生きて欲しいけど、やっぱり家で甘えてくる
とらぼーの方がかわいいですね。

てことで、みかん置いてみたり、服着せたり、遊んでみました。


R0011830



R0011826






R0011819





あまりのしつこさに、ソファーマットを
諦め、次の場所を探しにいくとらぼー。







今晩は僕がマット、独り占めです。







テーブルの向こうでは、ふてくされているとらぼーと、
ウイスキーに酔ったユジロスが、仲良く寝ています。


筆 タカキス。


R0011847

 

熱いリトルアフリカ in アテネ

今日は火曜日。まだ火曜か~~~って思う火曜。
そんなだるい火曜の話しは置いといて、ハッピーな日曜の出来事。

ギリシャのリトルアフリカに行ってきました。
職場のナイジェリア人オリバーがアフリカ料理を作ってくれる
というので、美味そうなアフリカの臭いにホイホイっと乗っかって
日曜日僕等の住むコロナキからタクシーで15分のリトルアフリカに行ってきたのでした。

オリバーの兄弟と兄弟と兄弟と兄弟、、とオリバーの友達
とか集まって総勢10人くらいのアフリカ人の人たちが暖かく出迎えてくれて、、

てかオリバー兄弟多すぎ!!もう何が何だか分からんくなっとったけど、
兄弟も友達もみんな、本当に暖かく迎えてくれて、
おいしいアフリカのご飯ご馳走してくれて、、、
うまかった~・・・

R0011837  





僕等もアフリカ流儀に従って、ご飯は手で食べる、
音楽がかかれば躍る、酒があれば飲む、、という具合で
とにかくあそこはアフリカでした・・・

画像 210   R0011844







みんなの体が酒と音楽で温まる前は、アフリカ情勢
、宗教、一夫多妻制についてなどなど・・・普段出来ない話や
僕等の唐突な投げかけや、彼らにとっては何でもないこと、
でも僕等普通の日本人にはちょっと気になる質問を投げかけても、
リアルな答えと考え思いをあらわに出してくれる彼らと彼らの
僕等に出してくれた答えに刺激と受け
世界にはやっぱり色んな考えや文化があるんだなと関心を覚える。

ギリシャだけには限らんけど、海外に住む外国人として
色んな意味で辛いこともあるんじゃろうけど、
それでも限りなく陽気で、暖かい彼らに感動すら覚える。


オリバーはナイジェリア人、でも中にはケニア人カメルーン人も。
同じアフリカでも色んな人種が集まった狭い部屋の中で
アフリカの持つ様々な言語や文化の話しをしている時に
カメルーン人の一人何とか君がぼそっと
Africa is one
 と言っていたのが凄く頭に残っています。


そんなちょっとした異文化交流も大音量で流れる
陽気なリズムのアフリカの音楽で異文化交流どころではなくなり、
躍りまくり、遂には
日本の踊りを見せてみろって煽られた
のでタカキスと二人でアフリカのリズムに無理やり乗っかり阿波踊りアフリカ人にかましてやりました。
反応ぼちぼち。でも音楽と踊りは世界共通と実感。


そんな感じで日本から遠く離れたギリシャで
日本とアフリカもいつしかoneになっていったのでした。


ギリシャでの日本とアフリカの融合。最高。






筆ゆじろす


画像 212












午後八時半のアコーディオン。

音楽と生活。

人によってはとっても密着で、人によっては希薄な関係。

ユジロスの様に、朝起きて速攻ロック、
休憩終盤、景気付けに骨太ロック,
けんかしたら超大音量でスピーカーから流れるヘビーなロックで
嫌がらせ&ストレス発散(彼女談)
。。。



かたや、僕の様に音楽は好きだけど、一日聞かなくたって、
別に体のリズムに支障が出たりはしないし、
むしろ朝なんて無い方がいいかもっていう人、二通りだと思う。


でも僕がヨーロッパで生活を始めてからつくづく思うのが、
老若男女問わず、音楽が生活に密接しているってこと。

IMG_0434


P1010680








レストランにご飯食べに来てても、
好きな音楽がかかったら
席を立って踊りだしちゃうおじいちゃんおばあちゃんがいて、
おもむろにエアギターを初める少年がいて、
ロマンチックな音楽にチューをはじめるカップル。。


ロンドンなんかでは、
各駅にバスキング(演奏したり、芸をする事)様の小さい丸枠が
設置されていて、その中でバスカー達が枠からはみ出さんばかりの
情熱と時には鬼気迫る表現で、幾千の行き違う人々に問いかける。

IMG_1205

IMG_1219

















満員のチューブに揺られ、いつもの頭痛に苦しむ自分も、
何度あの音色に癒され、感動したか。

音楽がこんな風に人と関わり、
万人に受け入れられている、、

日本でもし、東京駅で、池袋駅で、新宿駅で駅構内にそんな
スペースがあったなら、毎日に疲れた皆も少しはハッピーに
なれるんじゃないかな。

個人がそれぞれに違う音楽を流すヘッドフォンを外して、
皆で同じ音を共有するバスカー達の音楽。

日本じゃうけないか、、、でもまあ、個人的希望。
IMG_1209












、、、前置きは長くなったけど、少し家で休んだ後、
3分間の職場まで聞く、あったかいアコーディオン。

初老の紳士が、オシャレして、静かな街で弾き語り。
ちょうど職場へむかう僕らと、几帳面に決まった時間に
街を練り歩く彼と歩を共にする180秒。

ベランダからワンコインを彼のシルクハットに投げ落とす人、
ブラボーと反対側の歩道から叫びねぎらいの言葉をかける人,
皆、
彼をただ自分たちの生活の一部として受け入れているんだろう。


そんな短い時間に僕らは日本と違う文化を見て、
ちょっと得した気分になって、
単純に元気をもらう。


で、、、、
、営業時始まったら音楽に合わせ箸をドラムスティックにして
グラスや皿をたたき続ける人に腹を立て(結構多い)、、、。

日本人と西洋人の中間地点で葛藤、みたいな。


って、横を見たら笑顔で踊るユジロス。

ジミーヘンドリックスと、、はんてんか。。。

踊れる日本人。。
なんかしっくりこないなあ。



R0010430



筆 タカキス。






 

平和な街を飛び出して

最近コロナキのぬるま湯に浸かりすぎて退屈してきた僕等・・。
平日は特に何も無い・・。
日本で暮らしとっても、
「最近面白いことないな~」とかよく聞くしそんな風に思ったことも
よくある。今は退屈な生活をギリシャでの、ロンリーライフのせいにしとるのは間違いない。
どこにおっても楽しい時は楽しいし、退屈な時は退屈なのにね。

というわけで、僕等二人と職場の同僚、通称ミッチョことディミトリス、
                        通称アニキことヤニスを引き連れ
ちょっくら刺激を求めアンダーグラウンドな街エクサルヒアに飲みに行くことに。
僕等の住むコロナキの隣なのだが、ある堺を越えると異様なまでに
空気が違うこのエリア。明るい表通りの裏にひっそり佇むちょっと危険な街。
まず日本人は見かけない。



画像 204  画像 203
 


アナーキーや、血の気の多い若者が多く、数え切れない
ほどたくさんのバーや、クラブ、ライブハウスなどがあり
治安はいいとは言えないけれど、とてもエネルギッシュで刺激的で
更には僕等の思い出がいっぱい詰まった場所。

催涙ガスを浴びて、二人泣きっ面になったのもこの地。
酔っ払って大切な眼鏡を無くしたのもこの地。
キオスクの前でジャンキーに絡まれてもめたのもこの地・・
大声でBOOWYのNO NEWYORKを歌いながら歩いて
帰ったこともあったな・・・



そんな思い出がいっぱい詰まったこの地は
以前、コロナキに引越す前に住んでいた家までの帰り道にあったので
ほぼ毎日の様に通っていたんです。
久々のこの刺激ある街にるんるん気分。

この地域にあるバーは、どこに入ってもほとんど外れはなく
音楽もいい。そしてどこのバーにも必ずと言っていいほどDJが居て
昨日入ったDR FEEL GOODでは
オールドスクールパンク、ロカビリーが按配のいい音量で流れNEW YORK DOLLSが
流れ出した時にはもう最高潮。今にも躍りだしそうな体を必死で押さえつけ
なんとか、みんなの会話についていって・・

R0011815    R0011813





あと、どのバーに入っても、何故かバーマンがショットでテキーラ持って来てくれたり
ビールを奢ってくれたりする、とても気前のいいのもこの街のいいところ。

R0011812  R0010589  R0011817




近頃本来の自分のスタイルを忘れて気取った飲み方をしていたので、
久々に派手に飲んでやりました。
ちょっと危険な香りのするこの街の雰囲気に悪がき精神復活。

平和なコロナキから走って抜け出し刺激的な街エクサルヒアで
しっかり飲まれスッキリ気分転換。日曜までの充電完了。


家まで千鳥足20分。今朝の頭痛意外は何のトラブルもなく
無事平和な街に帰って来れたのでめでたしめでたし。


筆ゆじろす

画像 198


























風邪っぴきホーム、アローン。


久々にちゃんとした風邪をひいてしまいました。

夜家ついてから、ああ、これは明日くるな。。
という感じはあったんですが、予想通り、、明け方から
身震いぶるぶる、頭がんがんでギリシャ初ダウン。。

とはいっても仕事は休めないので、
パブロン&栄養ドリンク大量飲みで今日も何とか乗り切りました、、、ほっ。。。


海外で暮らしていて一番といっていい程つらいのが、
風邪をひくことですね。

この孤独感っていったらもう。。

誰かがおかゆ作ってくれる事も無く、、
冷えたポカリがいつも枕元にある訳でもなく、、

薬を飲む為にかろうじて残っていたパンを嫌々かじり、
寒いキッチンの蛇口をひねり流れ出る硬水で薬を流し込む。。。

そしてまた布団にもぐり込んでなかなかやってこない睡魔を待つだけ。

。。。何故かユジロスが鍋になみなみ張った水を置いていって
くれたけど、、な~~~ぜ~~。。

このブログを読んでくれている人の中には結構、海外暮らしの経験がある人が多いので同じ様な思いをした方もいるでしょうね。


ああいう時ってホント、家族の有り難みを再確認するし、
実家の布団や犬がやけに恋しくなるんですよね。

その反動かどうか、、こないだ帰国した時には
大した風邪でもないのにやたら病院に通ってしまいました 笑


でも熱にうなされていた昨日は、日本の大事な友達が送ってくれた
湯たんぽと、年末に送られて来た母からのはんてんが、
間に合わなかった”早めのパブロン”の分まで体を癒し、
心まで温めてくれました。



R0011805










それからとらぼーも一緒に寝てくれたしね。

R0011787





もうだいぶ治ったから安心だけど、やっぱり
実家近くの金子病院で診察を受け、途中のセブンイレブンで
ポカリと栄養ドリンクを買い込み、
汗かいたらスイッチポンであつあつシャワー、、、
そんな何でも無い日常が愛おしく思える、
遠いギリシャの夜なんです。。。。

IMG_1358

R0010189










R0010201

筆 タカキス。










 

アテネ ウイスキーで熱くなる

最近日本酒にはまってます・・・。
もちろん前から大好きだったのですが、某料理漫画の酒特集
みたいなのを読んでからさらに。。
いや~ほんとに奥が深い。

日本酒の歴史、製法、一般的に言われる、純米酒、吟醸、大吟醸とは一体何なのか。。
好きで飲んどったけど、意外と知らん事が多くて知れば知るほど
飲みたくなる・・・。。けどギリシャではやっぱ日本みたく
どこにでもある訳ではないのでそこが、更に日本酒への想いを熱くさせる。。

DSC_0668




そんな上等な日本酒の話は置いといて、
もう1つはまっているもの。

ウイスキー。僕等の中で非常に日常的なもの。
でも日本ではそんなことなかったなあ。。

十代の頃好きなパンクロッカーやギターリストに憧れてやっすいブラックニッカを
コンビニで買って仲間内でがぶ飲み、みんな仲良くへべれけになっていた時期はあったけど。。。
あの頃まずかったウイスキーが今になってこんなにうまくなるとは・・・
まさかギリシャでウイスキーにはまるとは・・・

色々試して飲んでみて今一番はまっているのはFamous Grouseっていう
スコットランドのウイスキー。いわいるスコッチ。

DSC_0669




自称ロッカーの僕としてはナンバーワンはJACKDANIELSと迷わず言いたいとこですが、
僕、本当はロッカーじゃないのか、
スコッチのきつすぎない香り、まろやかさ、胃の中に優しく、熱く流れていく感じ・・が好きで。

あ、今日新しい発見。
行きつけのバー56でおじいちゃんがいつもくれるウイスキー、、
美味すぎるので今日我慢出来ずに銘柄を聞いたんです。。

するとじいちゃんはサラッと一言
「サントリー角瓶」

え~~~!!!
思わず、ずっこけそうになりましたが、
日本にもこんな美味いウイスキーがあるなんて、、
かっこいい・・。頭の中で日本列島が、ウイスキーなだけに黄金色に輝く。
やっぱ日本は凄い!!やっぱ日本は最高ですね。



明日は日曜、内ポケットにウイスキーボトル隠してアテネで暴れまくるぜ。


筆ゆじろす


画像 193




































魚の顔。

IMG_0344


日本から遠く離れて暮らし始めた当初、
一人旅をするのが好きだった時期がありました。

イギリス近辺の国へ短期間で出かけて、
自分の思うがまま行きたいところへ行き、リラックス。


そんな時、いつも目的地の最優先においていたのが、水族館。


魚をただ眺めているだけなんですが、
それがたまらなく好きなんです。


小さい魚は群れをなしてたり、、
でっかい魚は偉そうに上の方を悠々と泳いでたり、、、
何にも属せずふわふわ水に流されるだけのやつがいたり、

人間社会と繋がる物があるな、、なんて思ったりね。




R0010455
CNV00015









で、こちらギリシャ。
お店用に仕入れる魚、市場で見る魚、
種類で言えば日本と同じなんですが、どれも顔や体型が
微妙に違うんです。


f27685aa5d02fa507cfb-M

IMG_1686
当然といっちゃあそうなんですが、
でも不思議じゃないですか。








そういえば海外の犬や猫も、けっこう外(国)人顔してますよね

逆に日本犬とかが外国で産まれ育ったら、アメリカ~ンな
感じになったりとか、するんですかね。。

そんなんでいつも目新しい魚が入荷したら、
スーツケースに詰め込んで来た重い、
魚大百科辞典を広げて、実物と照らし合わせてから
日本名を探り当て、さらにそこから英訳。。。


これが結構難しいんです、例えばアジというのは
確実でも、日本ではアジだけでも色々な種類、ブランドが
あるじゃないですか。
マアジから始まりメアジ、シマアジ、ムロアジ、関アジなどなど。

でも海外ではアジはホース、マッカラル(horse mackerel)と
ひとくくりに呼ばれていてブランドなんて、ほとんどありません。

もちろん、色々種類によって言い回しはあるのですが、
そんなややこしいこといってもお客さんには
カインドオブ、ホース、マッカラル、
と説明するのが一番わかりやすいし、とっつきやすいんです。

だからいつも日本に帰る度、寿司屋のお品書き、
スーパーに並ぶ多種多様の魚達を見て、
日本食文化の深さ、幅広さ、繊細さを再認識させられます。



R0010084R0010085












海に囲まれたギリシャの魚もおいしいもの、沢山ありますよ。

管理、流通のシステム、情熱が全く発達していないので、
いかに自分の足で早くゲットするかにかかっていますが 笑

朝一で市場に行けば、目がうるうるしてる魚もいっぱいいるし、
日本では見ない魚にだって出会えます。

マグロ漁船に乗せてもらえた時なんて、かなりエキサイティング
だったしね。

IMG_2288お土産にはカジキ、頂きました。。







生の魚なんて~って拒む人がまだまだ多いギリシャですが、
食べやすいところからはじめて、少しでも素晴らしさがわかって
もらえたら嬉しいですね。


あ、今この文書いてる時にゆじろすがつまみつくって
持って来てくれました。。

ってことで、今日はコレまで。
魚を語りだしたら止まらなくなるので、よかったよかった。


ちなみにおつまみは、、

R0011799


ホタテとハタ。 しそとニンニクショウガソース。。ジュルル。。


冷めないうちにあっつあつ、、いただきま~す。


筆 タカキス。


2006年04月12日_P1000772







 

ギリシャ、アラの煮付けでポッ

アテネの空は雨模様。
家の前から店までは下り坂。
アテネのつるっつる滑るアスファルトの道を今日もちょっと体を斜めに傾け山登りの下山スタイルで、転ばぬようおそ~るおそる気をつけながらの
通勤。
こうでもしないと本当に滑って転んでしまうので。
雨の日特有の何とも間抜けな通勤風景。


今日は店にハタがやってきた。
ハタには色んな種類があるけど、今日仕入れたのは日本から遥か彼方
セネガルで獲れた○○ハタみたい。
非常に新鮮だったため、お店で出すだけじゃもったいない!
という事でアラを持って帰り、煮付けにすることに。

画像 190





久々の純和食が楽しみで仕方なく営業中も楽しみでしょうがなくてウキウキでオーダーこなしてパッと帰宅。





 


ピシャッ!とイカしたロックをかけ、スパッ!と大根ねぎ生姜切って
サッ!とアクを取ってバシッ!と味付けして・・・コトコト煮込むこと30分。

BlogPaint















猫と日本男児二人が囲むギリシャの我が家の食卓はあっという間に日本の田舎へタイムスリップ。



R0011791
















ホッとする・・・懐かしい・・・暖かい・・・美味い。。やっぱ和食はいいですね。
油も使わずヘルシーだし。そして日本料理と飲むポン酒も最高。

海外で食べる和食。同じもん日本で食ってもやっぱ、感じる事は
日本で普通に食べとる時より多い訳で、ん~。
そ~いう意味では逆に
日本で普通に食う和食より海外で食うありがたい和食の方が案外新鮮で
美味いんかもな~なんて思ってみたり。

いや、でもやっぱ日本で家族や友達と囲む普通、の食卓には勝てんのんかな~。

まあいいやそんなこと。とにかく和食最高。

いや~アラ美味かった!!アラ~~~



筆ゆじろす


 

66号線。



ちょっと海を見て、はあ〜っと息抜きしたくなった時、
いつも行くのがグリファダ。

グリファダはセンターから一番近い、海沿いのちょっと
リゾートっぽい感じの街なんです。

タクシーで20分そこいらで行けちゃうし、日曜でも
オープンしている店がわりと沢山あるので暇つぶしに最適。


先日うろついてた時、ひょいっと飛び込んだ、
アメリカンな雰囲気の ROUTE 66。

R0011599

R0011590



R0011598 









R0011589

ソファーは皆、
古いアメ車っぽいデザイン,
壁にはマリリンモンローやらの
いかにもアメリカ!
って感じのポスターやレコード達。


食事もこれまた揚げ物づくしのオンパレード。

R0011593


R0011602   R0011603








ポテトフライと、ステーキと、エビちゃんの芋巻き揚げ。
そしてチキンナゲットにこってりBBQソース、、、。 


このチキンナゲット、
何ピース入りか選択してオーダー出来るのですが
、何と60ピース入りというのがあってビックリしました。

でも大食い早食いのギリシャ人,,
ぺろっと平らげてしまいそうです。
皆でフォークぐさぐさ刺して
一瞬で消えてしまうのが目に浮かびます 笑


たまにくる、ジャンクフードが無性に食べたくなる時、
その日はちょうどそんな気分だったのでこんなヘビーな
強者達も ビール片手においしくいただきました。

フライドポテトってなんであんなウマいんでしょうねえ。
寒い冬とかに湯気がもくもく、揚げたてのポテト、
シチリアの岩塩とか、ちょっと良い塩と粗挽きの黒こしょう思いっきりぶっかけて、はふはふ食べるポテトは最強ですね。


R0011595
たらふく食って、、、、、
またさわやかにビールで口直し。






え〜、僕も同業者だしこういうブログとかで、どこどこは
うまくないだのあそこが一番おいしいだの書くのは、
フェアじゃないしおもしろくもないので、
他の人にも行ってもらいたいお店だけをピックアップしてるつもり
ですが、こちらについては料理以外の事で一言だけ。。。

自分で注文を紙に書いてオーダーするこのシステム。。。
これだけはどうにかしてもらいたいですね。。。

たまに日本の居酒屋さんとかでもありますよね。
”ご注文はそちらの紙にご記入お願い致しますっ!!、にこっ
みたいな。。。。


うん、、、人件費の問題とか、、色々あるんでしょうね。。

まあまあそんなことはさておき、
アメリカの空気に浸かりたい時、不健康な食事に飢えた時、
こちらはなかなかいいんじゃないでしょうか。

ちょっと歩けばアメリカ西海岸並みのビーチ沿いは歩けるし、
バーチャルアメリカ小旅行、、セットでいかがですか?



街にはこんなストリート、ダンサーも。
R0011608




そして最後はやっぱり、海で色んな思いを馳せる。

また始まる長くて短い一週間に勇気と活力を注入。。

IMG_0060


R0011586





 






日が暮れたら、街へ帰ろう。

タクシーに乗りながら、近づいて来る無機質なビル群と、
どこか空虚な世界。。。

そんな大都市的な空気と、ただ同じ様に繰り返される毎日に
少しだけ嫌気がさしながらも、
また帰って飲んで,猫と遊んで、前向きになれる。




それがオレ達のウリ、、、酒浸り日記。
IMG_8874 

筆 タカキス。

livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 自分備忘録2013
  • 自分備忘録2013
  • 自分備忘録2013
  • 再、、URL変更。。すいません!
  • 初球。
  • 初球。
  • 灼熱3日間。
  • メシニア ささやかな僕らの日常
  • メシニア。田舎の変化と洗礼。
トリップアドバイザーおすすめブロガーに選ばれました
地球の歩き方アテネ特派員ブログでご紹介いただきました
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
記事検索