またギリシャが世界を騒がせています。

もうこのニュースも何度目でしょうか。

ここで暮らしている外国人としてはやっぱりEUに残ってくれた方が
何かと面倒くさくなくていいんですが。。。

当のギリシャ人達(僕らの周りだけね)はやたら
I don't give a shit って言ってるのでだんだん僕も
そんな感じになってきました。
どーでもーいーいですよー。借りた金かえせよ〜〜ってね。

IMG_7281






さてさてそんな事をぶつぶつつぶやいているだけの
僕の様な典型的な小市民にも幾つかのささいな夢が
あるわけでして。

まあ本当に笑っちゃう様な小さな夢ですが、
その何個かはここギリシャに来てからかなったわけです。


以前にも書きましたが、
例えば青い海の見える家に住む事、
暖炉のある家で炎を眺めながら寒い冬を越す事、
四駆のジープでぐいんぐいん荒れ果てた砂利道を攻める事、
大人のウイスキーバーに通う事、などなど。

多分これらはギリシャの地理性や天気、文化とかに
よって割と簡単に手に入る物なんだとは思いますが。

そしてそして公私ともに認める犬猫狂いの僕の野望は
いつかきっとでっかいワンコと一緒に暮らす事。
180x65の僕が上にかぶさって寝てもへっちゃらクラスの子希望。 

その子をジープに乗っけて海へ出かけたり、
公園で枕になってもらって本を読んだり、
いつかその子がお父さんやお母さんになるのを見届けたり。

〜〜〜〜〜


ひょんな事からこの子が僕の家にやってきたのは一ヶ月半前。


IMG_8949



種類はロットワイラー。
見た目は相当怖いですが3歳の女の子、リリーちゃん42kgです。
可愛い写真を撮ってあげたいんですが、いかんせん全体が黒すぎるのと
目の上の麻呂の影響で目がはっきり写らないんです。

一緒に生活するにあたってこの犬種の性格や特徴を色々と
調べてみました。

ふむふむ。。。。。。むむっ?。。背筋ぞわ〜。。
なにやら色んな犬種の中でも突出して危険性が高いらしい。
悲惨な事故も結構多いらしいし、
国によってはピットブルや土佐犬なんかと並んで
危険犬種に指定されてるみたいです、たら〜。。


というのも飲みの席でこの子を数ヶ月間だけ預かって欲しい
という話が出て、いつもの様に調子良く僕いいっすよ〜!
なんていったらとんとんとんと話が進んでいって
あっという間の同居開始、、、からすでに90日。

そんなんで下準備もあまりしないままこの一見獰猛な子と
探り探り友達になっていきました。

でかい犬と暮らすという夢はあったものの、
僕の実経験としては、
プードル、マルチーズ、チワワのかわゆーい室内犬のみw

IMG_0713
IMG_0580


なので始めはリリーがお手をするにも顔を近ずけて来るにも
おもちゃに噛み付くにも
パワーが僕がこれまで飼ってきた子達の比ではなく
まっじで食われるんじゃないかっていう恐怖からのスタート。
剛力で子犬みたいな事を手加減なしでしてくるのですごいんですね



でも怖がってるとなめられますからね、
ウチのルールはしっかり教え込み、あとは餌付けw

日が経つにつれ、
すりすりしてくるリリーに恐怖心はすぐに消えていきました。

ネットとかだとこの犬種の人懐こさが
星5個中2とかせいぜい3ぐらいが多いんですが

僕ん中では5個中12くらいですw

本当に離れない。ずーっと家庭内ストーキングで可愛くてたまりません。
僕がテレビを見ている時はずうっと僕の膝に顔を置いていびきをかいて爆睡、
帰宅時にはこのでかい図体でぴょんぴょん跳ねて大喜び、
甘えたい時は全力で寄りかかってくる、
素直で分かりやすくて愛らしい子です。

IMG_8954






















IMG_8952














唯一困っちゃうのがよだれ問題。
僕らが食事中はそばでこっちをこっそり見ているのですが
よだれがだっらだら、、量もハンパじゃないんです。
本当に漫画みたいなよだれなので床掃除が大変ですw
でもこれも可愛くてわざとじらしてみたり。

見た目でだいぶ損してますねこの犬種は。
とりあえず第一印象怖すぎ。
散歩中も結構びびって逃げる人多数。

こんなにかわいいのに。

IMG_8953

IMG_8958


ん〜、やっぱり動物はいいもんですねぇ。
いてくれるだけで場が和むし日々のストレスを癒してくれます。

僕がしょっちゅう酔っ払ってしつこく抱きついて離さないので
それにはだいぶ嫌気がさしてると思いますが。


お別れの時間が迫ってるので寂しいけど、
それまで楽しい思い出を作ろうね。

IMG_8956S__8060930







でもトイレに行っている間にいつも僕のつまみを盗み食いするのだけは
勘弁してください。



筆 タカキス。