今回はそろそろユジロスかな〜っと、彼の登場を楽しみにしている皆さん、すいません、また僕ですw


そのうちミコノスから突然記事があがるかもしれませんがそれまではまだ時間に余裕がある僕がイキってみたいと思います。


image





さて、このブログでも何度も書いていますが、ギリシャの良いところのひとつはご飯が美味しいって事。

魚も肉も種類はたくさんあるし、安くて酒もがんがん飲めます。

こうして長くここで生活していると段々とお気に入りの決まったお店にしか行かなくなってしまいがちなのですが、視野を広げるためにも色々なお店に勉強しに行かなくてはですね。


全飲食店の中の8割以上はギリシャ料理店なので他ジャンルで外食をしたい時は結構探すのが大変なのですが、その中でもやはり日本食となると数も少ないのでそんな時は日本が恋しくなります。


image



ここ数年でガラリと変わったギリシャの日本食シーン。
ものすごい勢いでsushiのお店が増えましたが、あくまでも”寿司”ではなく”sushi”と書かねばなりません。

かなりの低価格という事もあり、若者を中心にブームを巻き起こし、中心街のお店などでは連日行列ができています。

逆に高級店は経済危機の打撃をもろに受け苦戦中。

日本人シェフがいるお店も数を減らす一方です。

海外全般に言える事だとは思いますが、特にギリシャではどんな他国ジャンルにおいてもギリシャナイズされていないとビジネスとして難しい一面もあります。

例えば生のネギはあまり使わないとか辛味を抑えるとか、パスタは柔らかめとかボリューム重視とか。

そしてsushiもマヨネーズとかソース、チーズまでもがたっぷりかかってるのが皆さん大好きなんですね。

まあそういった部分では日本の回転寿司も最近はだいぶ攻めてますが。

そういえば前回日本に帰った時、実家最寄りのスーパー『さえき食品館』で稲荷寿司の上にでかいエビと錦糸卵といくらが数粒乗っている超モダンな一品をみて刺激を受けたっけw


良い悪いは別としてやはり日本人の僕としてはシンプルなお刺身とお寿司でゆっくり日本酒を楽しみたいところ。

そういうわけでいつもお世話になっているのがこちらのお店です。
Miyabi Sushi Dining lounge



image


僕らのアニキ分、磯さんとカズさんが2015年にオープンした”逸軒”。

実は磯さんに初めて会ったのは2007年。
当時僕が勤めていたロンドンのお店に磯さんが期間限定で来ていて少しの間一緒に働ける機会がありました。

休憩中レストラン裏のテムズ川沿いで色んな話をしました。
あの頃は僕も磯さんも20代。懐かしい。。

ロンドン金融街の無機質な風景に少し疲れていた僕は磯さんの話してくれたギリシャでの人間味のある生活を羨ましく思ったものでした。

もちろんその当時はまさか自分がここギリシャで暮らすことになろうとは全く予想もしていなかったので本当に不思議なものです。


初めて一緒に行ったカラオケ屋さんで千春の『大空と大地の中で』を血管ブチ切れそうなくらい熱唱していた姿が凄く印象に残っていますが、あれから早9年、今でもたま~に全くもって似ていないモノマネで
僕らを笑かしてくれます。

そんな気さくな磯さんが握るお寿司、絶品です。

行く度に新しい発見と刺激をもらい毎度勉強させていただいています。


image

image





僕の大好きな青魚、アジやニシン、サバ君などの寿司がいただけるのもギリシャでは超貴重。

カウンターもあるのでふらっと一人で来て磯さんの見事な包丁さばきをおかずに一杯、なんて粋な事もできちゃいます。

imageimage

image



















IMG_0304






先月無事一周年を迎えた雅、オープンまでの道のりやカズさんと磯さんの大変な努力も見てきたので自分の事のように嬉しかったです。すごいっ!


長年勤めていた有名店を辞めて独立すると決めて、かずさんとタッグを組んで立派に形にされたわけですがその中で誰にも見せない不安や困難や努力があったんだろうと想像すると、、、うぅっ、最近涙腺が弱いので、この辺でやめておきます。

image



自分の夢を叶えた僕らの尊敬するアニキ達、カッコイイです!

スタッフの皆さんもあったかくて最高のお店ですよ〜。

image



僕らも二人を見習って頑張らなきゃ!


磯さんかずさん、これからも応援してます!





筆 タカキス


にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ

にほんブログ村


人気ブログランキングへ