キッチンに入ると昨夜とうってかわってすごい人口密度です。


image


実はこのG-TOUCH,カズさんと僕で立ち上げた会社で初めて公式に仕事を回してくれた、僕らにとっては特別な存在なのです。

今回も正直交通費や労働時間を考慮するとまあ割りに合わない案件なんですが、鶴の恩返し、破格でコラボが実現。

G-TOUCH的にもギリシャではレアな日本人シェフを3人も用意できて鼻高々なのです。

ルー大柴にちょい似のシェフ、ディミトリス(ルー大柴風のギリシャ人は結構多い)と久々の再会を果たし、それ以外は全て名前を忘れていたキッチンスタッフとも一通り握手を交わしていざ作業にとりかかります。

カズさんとゆきポンと僕3人で担当すると思っていた寿司部門もベトナム人とフィリピン人の助っ人が既にウォームアップを終えてスタンバイしており、キッチン内に5人でリトル、アジア街を形成しました。

先に来ていたこの2人はしっかり自分たちの作業スペースを確保し、まな板までセットしていたのですがいかんせんこのキッチンのキャパに対して多すぎる人員に、僕とゆきポンは作業スペースをゲットするところからのスタートです。

厨房内につきものの陣地戦争、ラップ戦争、キッチンペーパー戦争が勃発するのも時間の問題という張り詰めた空気に僕も元々でかい鼻の穴をさらに上下左右に広げ、鼻息を荒くして臨戦態勢に入りました。

僕の隣で働いていた女の子がどこかに行った隙に境界線になっていたでかいゴミ箱をあちら側に少しづつ押すという陰湿な領土戦争を仕掛けましたが帰って来た女の子、所狭しと働く僕とゆきポンを見てエラ!エラエラ、エッラー!(もっとこっちにおいでよ、もっと平気だよ♡、大丈夫だって!)と実に爽やかな笑顔で自らの陣地を譲り、自分を恥じた僕は一時は大人しくなったものの、喉元過ぎればでゆきポンとラップに名前を書きそうな人を勝手にリストアップしてみたり、飲食業あるあるで大爆笑をしたり、業界ネタで大いに盛り上がりました。

最近仕事中に日本語を話すことが全くないのですごく楽しかったです。

ラップはやはりここでも10人以上スタッフがいるのに2本くらいしかなく皆使ったら置きっぱにするので探し回るのが大変w

本職用でない魚がつるつる滑ってしまうまな板や道具類に大苦戦しながらも巻き寿司を何百本も巻き、魚の切りつけを何千切れ分と終えたところで9:30、出発の時間です。

会場は最近やたら足を運ぶことが多いピレウス。

またまたここから車で1時間の移動、、しかもこの日はポシドニアの影響からか道が大渋滞でなかなか前に進まず昨夜1時間睡眠で体力が回復していない僕の足はひらすら半クラを繰り返すうちプルプルしてきました。

結局2時間近くかかったかな、ゆきポンはちょっとだけ仮眠。

ついにピレウス港すぐ傍にそびえ立つビル、今日の会場に到着。

ピレウス港を眼下に一望できる一等地、さすがです。

image



なんでも今回のイベントはギリシャ人女性CEOが舵をとるとても巨大な船舶、物流会社のパーティーなんだそうです。

少し調べたらこのお方、この業界の影響力のある人物TOP100の11位に選ばれたり、"The most powerful businesswomanにノミネートされたりと、すごい大物の様です。

至る場所に設置してあったこの会社をPRするテレビにも途切れることなくこの方がフィーチャーされており目力の強いインパクトのある顔が目に焼き付いてしまいました。、、、超怖そう。

パーティーの途中でVIP席に挨拶回りをする生社長を見かけましたがテレビからは伝わってこないとてつもないオーラが数メートル離れた僕らの簡易寿司バーまで波動を放ち、揺れるネタケースを必死に抑えました。


さて渋滞の影響で遅延しまくり会場になかなか着かないG-TOUCHの冷蔵トラック数台。
下で今か今かと搬入待ちをしている先に到着したスタッフにもさすがに焦りの色が出てきました。

1時のパーティースタートまでにもんのすごい量の道具や食器、食材なんかをビルの最上階テラスまで持って上がりセットアップしなければならないのですが使っていいという許しが出たのは狭いエレベーター2基のみ。 ふふふ。 間に合うんでしょうか。

このクラスの大きいイベントになると食洗機やガス調理台、バーベキューコンロ、フライヤーなどの大型機器類も全て持ち込みになるので設置だけで結構な時間を要します。


先に運んどけよってね。

この要領の悪さがギリシャw


そして設置後、油が飛んだり汚れて後々トラブルにならない様に厚紙を床や壁一面に貼り付けてようやく作業が始められます。

僕ら寿司チームは簡易式のネタケース用の電源が入らず(というか配線自体がなかった)、僕ら以上にあたふたしているマネージャーが電気のおじさんをビル内から捕まえてきてずうっと頑張っていましたが結局電源が入ったのはお客さんが来だしてから。


メインである寿司コーナーは会場一番目立つところに設置されました。

image


大人の事情で素性を明かせないゆきポンは隠れる場所を探してうろうろしていましたがw

何がきついって、とりあえず暑すぎ。
中途半端に張り巡らされたテントから日差しが入りまくりビル最上階の負の部分が僕らを襲います。

到着した時には作業テーブルの3分の1くらいが直射日光に照らされ、これはマジで危ないから移動しよう!と相談したのですが今から陽があっちに落ちるから大丈夫!とまるめこまれ、ぶつくさ言いながら続けていましたがところがどっこい、陽はまさかの逆の方向に進みさらに僕らの作業場に熱射の範囲を広げてきました。

本来は冷蔵庫には入れない巻き寿司や握りもこの日は冷やしていましたがそれでも怖い、もともとあったフロアプランを無視して時間とともにテーブルを動かしながらの作業となりました。

そしてこういうパーティーなのでクーラーボックスやゴミ箱、その他全ては垂れ下がった黒いテーブルクロスに隠れる様に置いておかねばならずいちいちしゃがんでテーブル下に潜り込んで物を取らなくてはなりません。

このテーブルももちろん調理用ではなくただの勉強机みたいなやつなので低くて本当に腰にきます。


開始時間を過ぎやっとそれらしいセットアップができましたが、リハをする間もなくこっから一気に怒涛の勢いで招待客が押し寄せてきて僕ら3人もプチ、パニック。

お皿にお寿司を並べてお客さんの前に置いたと同時になくなっていきます。

やはりこういう場でのギリシャ人には度肝を抜かれますね。

英語のgreedyっていう形容詞がぴったりのなんともまあ、、、すごいですね。

僕やカズさんはわりかしもうこういうシチュエーションに場慣れしているんですが経験値の少ないゆきポンは代わる代わるコレくれアレよこせと押し寄せてくるハングリーな人々に苦笑いで対応していて僕的にはそれが結構面白かったです。

皿に盛ってから置くからちょっと待っててね、と丁寧な対応、さすがゆきポン、物腰が柔らかいですね。

ここからさらに何十人という単位で人が増えていき、待ちきれなくなった人の一部はまだ盛り付けを終えていない物ばかりか、まな板にのっている物までつまみ食いしだしました(こういうのは100%ギリシャ人)。

僕は真ん中で握りと刺身担当だったので無事でしたが両サイドのカズさんゆきポンはつまみ食い防止に必死w

醤油皿も取り皿も割り箸さえも足りなくなる状況でお客さんたちも少々怒っていましたが、ウェイターを呼ぼうにも人が多すぎて彼らも近づけないんですね。

僕らチームジャパンも溢れ出る汗を拭いつつ、寿司ロボット並みの仕事量で対抗しましたが、3対数百なので押されています。

ここから最低でも一時間はこの悪夢の時間帯が続くであろうと踏んだ僕はビートルズのLET IT BE を心の中で歌い出し、得意の現実逃避。

適当にお客さんやカズさんゆきポンと会話をしつつ、手は高速で動かしながら心は平静に。
ジョンレノンとポール、マッカトニーの名曲の歌詞をかみしめます。


苦難のときには
聖母マリアが僕のもとに現われ
知恵ある言葉をかけてくださる
゛あるがままに”

何事もあるがままに
無理に変えようとしてはいけない
知恵ある言葉をつぶやいてごらん
あるがままに

今はただじっと堪え忍ぼう
このままそっとしておこう
いつか必ず答えが見つかる
今は堪え忍ぼう

www


ギリシャに来てから覚えたこの技でなんとか苦境を乗り越え僕の担当部門は少し落ち着きを取り戻しました。

カズさんももうすぐ落ち着きそう、うん、良かった。



ゆきポンは、、、、、、むむっ、えっ、、や、やばい!

ふらついているではないか!
僕らが必死にこなしている間、ゆきポンに注意がいかず、いつの間にか直射日光が彼女の黒髪にしばらく直撃していたのであります!

新鮮な魚料理を振る舞うどころか自らが死んだ魚の目をしていて今にもダウンしそうなゆきポン。。

なんてこった。 話が違うじゃないかレノンよ。

僕は急いで、始まる前にバーからくすねておいたソーダに氷をたっぷり加えて命の水で介抱。

直ぐに手を休ませ、どこか涼しい場所に避難させようと思いましたが人の壁が目の前を塞いでいたのでひとまずはその場でしゃがんで水分補給です。

自分も人生でたった一度、高校生の時に日射病になった事があるので辛さはわかります。

数分後奇跡的に開いた一筋の道へゆきポンを送り出しました。

一緒に行ってあげたい気持ちは山々ですが、ここで無情の第2波がやってきて抜けるわけにはいかない状況です。

カズさんとやるっきゃねえな!とアイコンタクト。
カズさん汗だらだらw

目を細め遠く消えていくゆきポンの姿を確認してから目線を手元に戻しました。




頑張れゆきポン、、、帰ってきてね♡

image



続く。


筆 タカキス

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ