ギリシャオレ達の修行と酒浸り日記

2016版。 酒とうまいもんをこよなく愛する男達のおき楽ギリシャ ブログ。 経済危機で世界を騒がすギリシャで2009年から暮らしています。 旅行、治安、生活情報と大好きな酒情報を気ままに発信中。 シーズン7、スタート!

思った事、感じた事

猫のちヤギ、ときどき牛。



皆様お久しぶりです。

全然更新できずに月日が経ってしまいました。

この間、いろいろな事が自分の身に、また自分の周りに起こって、まさに激動の閏年をもがきながら生きている、そんな日々です。

本当は何度かつたない文章を書いてアップしようとしたり、実際アップして、次の朝読み返したら人様に見せられるような代物ではない事に気づいて削除したり。

このブログを始めてから色々な出会いがあり、自分たちの世界がおおきく、深く広がりました。


日本で心配と応援をしてくれている家族や友達、いつも背中を押して待ってくれているひと、きっとすごい確率で巡り合ったであろう海外で知り合った人たちへの近況報告もかねて続けて来ましたが、うん、やはり続けるという事は大変ですね。

始めた当初、自分たちの予想をはるかに超えてたくさんの人たちにこのような稚拙ブログを読んでもらえる様になり嬉しい限りでしたが、その反面、段々プレッシャーに感じる様になっていた自分達がいたのも事実。

特に僕の場合は一つの分を書くのに何日もかかってしまうので仕事が忙しくなると、それと反比例して時間が取れない事も多くなり次第にパソコンを開くのが億劫になっていってしまいました。

、、、。とここまで書いて、なんだか最終回みたいですが、、、、。


休止状態がずっと続いてしまい、待ってくれている人達に申し訳ないので正直、一度閉鎖しようかと考えていましたが、僕らがここで暮らし始めてその時感じた気持ちや思いを書き、僕らのギリシャでこぼこ生活珍道中がそのままつまっているので、辛かった日々を思い出し、自分たち自身の尻を叩く意味でも、ギリシャの地を離れるその日までは、マイペースに細々と続けていきたいと思っています。

ブログ楽しみにしてるよ、続けてね、とたくさんの人に言ってもらえて本当に嬉しいです。


いつもどうもありがとうございます。
最終回のその日には必ずここで報告しますので、それまではまだギリシャで働き、そしてどこかで呑んだくれているんだと、僕らの姿を想像していてください。

IMG_0970





さて毎度の事ながら前置きが長くなってしまいましたが、そう、激動の閏年2016。

昨年末で長年勤めた店inbiを辞めました。

新しいマネージメントになり、考え方の違いが少しずつ表面化する中で立ち上げから6年以上情熱を注いできた僕らとしては納得できない事も多くなり、そこに来て新たな移転計画、、いや計画というか勝手に決めた後での突然の宣告で流石の僕らも堪忍袋の尾がぷっつん。

ギリシャの場合、大きなレストランは複数のオーナーで共同経営しているパターンが殆どで、まあ普段から事あるごとに言い合いは絶えないのですが、一旦関係が悪くなるとひどいんですね。

そこまでいうかっていう位に品のない言葉で罵り合ったかと思えば、逆に弁護士を通してしか話をしなくなったり。

こういう人間にはなりたくないな、と日々自らを省みていますw

そしてまた最終営業日がギリギリまでどうなるかわからない、というギリシャお得意の最悪パターンなんですね。

僕自身は早い段階でスパッと退職を決意したのですが、一番嫌だったのが前もってお世話になった方々へご挨拶ができなかった事。

結局事後報告という形になってしまって、感謝の気持ちをお返しする場も作る事ができませんでした。

日本を代表してここギリシャで活躍されている日本企業の方々、大使館、日本人会関係の皆さんはじめたくさんの方々にフレンドリーに接していただき、支えられ、色々な事を勉強させてもらう事ができて、ここグリファダでの時間も大変貴重なものになりました。

ありがとうございます。

正直言うと、日本や昔暮らしていたイギリスとは全く違う環境で自分たちが中心になってinbiを1から作り上げ、20代の時から仲間たちと切磋琢磨して頑張ってきたので後悔がないかといえば嘘になるし悔しい気持ちもありましたが、inbiの中で自分の信じる事を出来ずに留まるよりはずっといいと思って、一度自分の身を荒波の中にまかせてみることにしました。



退職後、おかげさまで色々な方々から声をかけていただき、すごく、すごく、すごく悩みました。

日本への本帰国や他の国での挑戦も含めて何度も考えて、胃薬を飲む事も多くなったし、ちょっと白髪も増えましたw

僕の場合は海外で永住したいという気持ちは今の所はなく、いつかは大好きな日本へ帰って普通に仕事をし、結婚をし、子育てをし、親の面倒をみ、納税をし、自分を産んでくれた国で少なからず社会貢献できればと思っています。

なので、もしかしたら海外在住者にとっていつの時でも大きなテーマであろう”帰るタイミング” がこれではなかろうかと、何度も自分に問いかける毎日でした。


きっともう確実に人生の三分の一は越えていて、もしかしたら折り返し地点を過ぎているかもしれない。

だからしない後悔よりは絶対にする後悔をしようと。

帰国を決めるその前に、ここギリシャで自分の力でチャレンジしてみたいという気持ちが次第に強くなり、この5ヶ月間その可能性を探ってきました。

21でイギリスへ飛び出したあの日から、想像できない位の数、時計の針が回りました。


ろくに親孝行もせずに自由に生きて、お前は一体何をしているんだ、と、鏡の中に自分を指差す誰かもいるけれど、ここまで走ってきた答えがどこかにあるはずだと、、、いや白紙に自分で答えを書くのだと、今、自らを奮い立たせています。


とは言うもののここはギリシャ、そう、万年経済危機大国としてわずか数年で確固たる地位を築いたギリシャ。

投資するだけのポテンシャルがそもそもこのハチャメチャな国にあるのか、という話はさておき、リスクは最小限にw

自分一人の力では現実的に難しかったので、信頼できる日本人とギリシャ人のハーフ、良き友人でもあるカズさんと共に会社を立ち上げました。


立ち上げたというと随分大げさに聞こえてしまいますが、お店を出すには時期尚早なので小さな事から始められるようにコンサルティングやケータリングを中心としたサービスを提供する小さ〜な会社です。

稼ぎどきのこの夏はキクラデス諸島、シロス島で今まさに建設中の新規のお店のオーナーさんとパートナーシップを組み新たなスタートをきる予定です。

IMG_0968





まだ最終的にサインを交わす所までいっていないので、土壇場でどんでん返しをくらうかもしれませんが、うまく話がまとまれば忙しい夏になりそうです。

5ヶ月を費やしやっとここまで来て、ほっとした反面、日に日にプレッシャーが増してきて発狂しそうになる日もあったり。

そして今回、ユジロスは僕以外の旧inbiメンバーと一緒に別のお店で働く事になりました。

僕はまた新たに人間関係を構築し、問題が起きれば基本は自分一人で解決しなければならないので不安はありますがきっとこれも長い目で見れば良い経験になると信じています。



これまで何度かシロス島へ足を運び、キッチンプランを作ったりメニューを考えたりしてきました。

シロス島、港は栄えていますが少し離れるとなかなかの田舎っぷりです。

今の家は街の中心でいつも賑やかなのですごい差です。

人は往々にして都会の中に田舎を探したり、田舎の中に都会を探したりするものですが、やはりまだ独り身の僕としては人が溢れている都会の方がずっと落ち着きます。

IMG_0969

見渡す限りのはげ山。

ぽつんぽつんと立つ家々ですが前回滞在した2日間では人の姿はほぼなかったですね。

シーズンになれば凄い人の数になるのでしょうが、今はまだ猫とヤギ、そして牛さんたちばかりが悠々とスローライフを満喫していました。

IMG_0973








帰りのフェリーの中、朝から晩までのタイトなスケジュールで2日間を終えたのでかずさんは隣の席で寝息をたてていました。


僕は束の間の現実逃避で小説を読んでいましたがそのうちに焦り、不安、期待、苛立ち、複雑な気持ちがふつふつと湧いてきてデッキへ出ました。






IMG_3364









〜〜〜
〜〜〜
フェリーに乗って海を眺めていると、無性にこの足で土の地面を踏みたい気持ちに駆られた。

地に足をつけて先に進んだり、立ち止まったり、戻ってみたり、もしくは何もかも忘れて走り出したい。

スクリューから飛沫をあげる波の織りなす果てしない軌跡をみて、また少し落ち込む。

この船の上でいくら悩み、もがいても4時間15分後にたどり着く場所は決まっていて、またそれから自分が何処にいて何処に向かうのか、自問自答する事になるだろう。

自分の意思なんてこの大きな船の上ではすごくちっぽけで、もしかしたら自分の人生もこの船のような何かとてつもない大きなものにただ乗って、踊らされているだけかもしれない。






新しいチャレンジ。

この波のように形のない不確かなものを探す旅がまた始まる。

悩んだらまた思い出そう。
イギリスへ行くと決意した時に立てた目標。

何が起きても包丁バッグひとつと英語で世界中どこへでもいける男になると。

がむしゃらにやって、いつかこれを読み返した時こんなちっぽけな事で悩んでいたんだと笑えるくらいに頑張ろう。

今はどうなるか全くわからなくて、不安で、できる事なら答えをカンニングしたいけれど。

IMG_0971







でもボブディランもずっと昔に唄っていた。







その答えは風の中にあって、誰にも掴めないと。






筆 タカキス。







p.s   拍手コメントをいただいた皆様、
どうもありがとうございます!!

すいません、仕様上返信できませんので
ここで失礼します。

本当に元気いただきました (T . T)




にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
























































 

不定期便、2015春号。


こちらギリシャも、ようやく陽が伸び、新芽が顔を出し、
建物の陰に隠れて暖をとっていた野良ちゃんたちも
外に出て日向ぼっこをするようになりました。

IMG_7266



それにしても今年の冬は寒かった。
2009年からここで暮らし始めて早6年目、
こんなに寒い冬は経験したことがありませんでした。


これまでの冬はせいぜい1日か2日、粉雪が降る程度だったのですが
今年は猛吹雪の日が数日間続いたことさえありました。

やはりギリシャに冬は似合わない。
しいて良いことといえばスノボーが長く出来ることと、
漁師さんが魚を釣り上げていつも通りそこら辺で放置プレーしていても、
寒くて外は天然冷蔵庫状態なので魚の状態が良いことくらいですねw

そして毎度驚くのが服装の変化の速さなんですね。
僕らなんかだと暖かくなるにつれて徐々に、まず厚手のコートを脱ぎ、
中のセーターやカーディガンを脱ぎ、長袖シャツに、ってな具合に
段階を踏んでいくわけですがこっちの人って真冬の間に着ていた
ダッフルコートを脱いだと思ったらいきなりTシャツとか、
すごい人だともうノースリーブとかになってるんです。

中間がすっぽり無いわけです。

こっちはブルブル凍えながらヒーター真横の席でウイスキーを飲んでいる
時なんかにああいう人が隣にいるとちょっといらっとしますねw
色々考えてしまいます。基礎体温が高いのかなーとか、
逆に真夏はさぞ大変でしょうねぇ、とか
もし付き合ってドライブとか行ったら絶対車内温度で大喧嘩になるだろうなー、
とか暖房代安く済んでいいじゃんっ!、とかね。






さてさて仕事の方はどうかといえば、2009年のオープンから
店を構えていたコロナキ地区から移転し、前年末に新店舗
心機一転新しいスタートを切りました。
おかげさまで今のところ好調です。

移転したのはグリファダ地区。
海沿いでショッピングエリアもあり、カフェやレストランが
ものすごい数ひしめき合っています。

僕らの店もここなら通年オープンができ、
若い客層にも来てもらえるという利点から
こちらを選び、新店のサイズも一回り大きく生まれ変わりました。


場所を本決定して工事開始からオープンまで、
誰一人の予想を裏切ることなく見っ事に遅れまくり、
毎度毎度の失態を世間様にお見せする当店自慢、
恒例のパフォーマンスもバッチリです。

オープンの日なんて本当に30分くらい前まで
床板の貼り付けはやってるわ天井の塗装してるわで
絶対間に合わないだろって皆思ってるんですが
これがギリシャの怖いところ、
ギリギリで間に合っちゃうんですね。

まあ正確に言うと間に合ってはないんですがとりあえず
外見だけは仕上げて細かいことについては後でやればいいやっ、
ていうギリシャ正統パターン。
ところがどっこい、この”先延ばし”とか”とりあえず今は”という言葉を
許してしまうともう次の日からはそれは”永遠にやらない”という言葉に
見事に変貌を遂げているわけであります。

なので何事もどれだけプッシュできるかが勝負。

日本の国会なんかで”検討します”、とか”考えておきます”というのが
”やりません”と ほぼ同義語なのと一緒ですね。

案の定今回も未だに配線がむき出しのままになっていたり、
天井に隙間があって営業中に猫ちゃんがひょっこり顔を出してる
なんてことは日常茶飯事。

あと今回僕らが働く寿司カウンターの床はガラス張り。
 
何故かともうしますと、この下には古代遺跡が眠っておりまして
何人も触れることは出来ないという事でありやす。 

大きい声じゃ言えませんが僕ら凡人には
ただのでかい石ころがそこら辺にごろごろ転がってる様にしか
どうしても見えないんですが 、、
きっと歴史的価値があるんでしょう。。。きっと。。


 水を良く使う僕らの仕事、
垂れる水でガラス張りの床がまさにアイススケートリンク状態。
一歩歩けばつるっ!股はしょっちゅう御開脚!の連日お祭り騒ぎ。
僕とユジロスはもちろん悪乗りして助走をつけて
スイスイスイスイ 〜って滑ってみたり、
そんな悪ふざけがすぎてオーナーやマネージャーに怒られてみたり。

大概こういうときに怒られるのはユジロスなんですけどね。
僕はそういう輩が来た時は気配を敏感に感じてすっと逃げるので。
こないだも彼は営業中に怒鳴りつけられて、
怒られてるのにヘラヘラしてんじゃねぇってさらに怒りを
かっていましたっけw

もちろん滑りどめのゴムマットはすぐに注文はしたんですが
やっと届いたのはごく最近。
ついに滑れなくなってしまったのは残念、、、、
いやいや下の遺跡が見えなくなってしまったのが残念極まりないです、はい。




まあざっとこんな感じで変わらぬメンバーで楽しく毎日を働いています。

IMG_8301
 





通勤が大の苦手な僕らも店の移転に合わせて引越しをしました。

引っ越して約3ヶ月経ちますが、正直まだこの街が
好きになれないでいます。

いつも活気があり緑も多く、海もすぐ目の前にはあるんですが、
なんか垢抜けない感じなんですね。

ん〜、地元埼玉で例えるなら、、、大宮かな。
浦和でも所沢でも川口でもなく、大宮。。

でかくて便利な街なんですがチェーン店とかパチンコ屋とか
どこにでもある看板ばっかりでガヤガヤしていて、入りたいなって
思うおもしろいお店が全然ない、
街を歩いてるだけで凄く疲れてくる街みたいな。

大宮の方がもし読んでいてくれたらごめんなさい、
好きではないですがよく行きますw

その点、今まで住んでいたコロナキは歴史のある
本物のお店がまだ現役バリバリで頑張っていた気がします。
細い坂道にぽっつり趣のある雑貨屋さんがあったり、
気まぐれで店を開けたり閉めたりするタベルナがあったり。

大好きだったコロナキの町との別れは寂しかったな。



これは世界中どこに行ってもそうだと思いますが、
坂、細、曲、の3つが合体した時、
つまり細い坂道が入り組んでる
町や集落なんかは最高に雰囲気ありますね。
坂が多くて住むのは大変だろうなぁとは思いますが
そんなところでお婆ちゃんなんかが歩いてるだけで
シャッターを押したくなってしまいます。

RIMG1709


RIMG1710

RIMG1657

逆に道が広い所って殺風景で温かみがない気がします。
グリファダは二重駐車、三重駐車はあったりまえ〜♬
の無法地帯、だだっ広い道ばっかりなのでその辺りも
好きになれない理由なのかも知れません。。





まあ色々と理由は考えてみましたが、
簡単に言っちゃうと僕らの好きな渋いバーが
今んところ一件も見つかっていないってだけなんですがw



しかしたかがバーと言っても僕らにとっては超重要なライフライン。
町歩きをして早く、
静かに流れるジャズの中で、揺れる氷がカランコロンと心地よく響く様な
お店をみつけたいです。あるのかな。やっぱりないのかな。。。


IMG_8441



家はというとこれまたラッキー、コロナキの時と同様、店から徒歩3分の
物件を見つけることができました。

無駄に広い家なので中々家具を揃えるのも一苦労なんですが、
自分で慣れないDIYをしてみたり、
その辺に捨ててある家具を夜な夜な引きずって帰ってペイントしてみたり、
楽しく住処作りをしています。

RIMG1663



そして海の見える家に住む(これは去年の夏にかなった)
というのと同じくらい憧れていた暖炉付きの家に住めることに
なったのも凄く嬉しい出来事。

薪に火をつけ揺れる炎と真っ赤に燃える炭をひたすら眺め、
パチパチとはじく軽い音を聞きながら
ちょいちょいやるウイスキーは格別に美味い。

そういえばこないだ火の中に加えようと大木を入れたら
それが蟻一族の家だったらしく中からぶっわぁ〜っと
蟻さんたちが溢れ出してきたのはさすがの僕でもドン引きでしたが。
可哀想な事をしました。
最近は気をつけて燃やす木は一回蹴ってなんかいないか確かめています。


今回引っ越すにあたり、
僕とユジロスはついに別々の家で暮らし始めました。

ユジロスの奥さんの滞在許可がついにおりて、
彼らはめでたく二人で新婚生活を始めました。

IMG_8309


ミコちゃんも連れて行かれました。 くすん。

IMG_8302











さいなら。


















ミコちゃんの事は別として、
よく人にお互い寂しいでしょーとか言われるんですが
はっきりいって全くないですね w


この間まで本当に文字通り朝起きてから寝るまで顔を合わせ、
お互いの存在が空気一歩手前くらいまでいっていたので逆に新鮮です。
半透明化されていたユジロスの姿をはっきりと確認することができます。



そして上手くできているもので、
恥ずかしながらかくいう僕の方も良いタイミングで良い出会いに恵まれ、
新しい生活を二人でスタートすることが出来ました。

そんなんでお互いの家を頻繁に行き来し、
僕らが仕事の時でも女子二人で仲良くやっている様子なので安心しています。

向こうの家に遊びに行く度に、
今では離れて暮らすようになった愛猫ミコが寄ってきてはじゃれ、
僕が酒に酔ってごろ寝すると、
真似っこしながら添い寝してくるのがとても愛らしいです。

S__6709276




S__6709277
 



こんな風に、4月を目前に別れと出会い、旧友との再会、
新境地での挑戦と、わりと春らしい生活をしているのを実感。


またいろんな事で世界のニュースを騒がせているギリシャですが、
僕らは変わらずマイペースなこの国で、
マイペースに暮らしています、楽しく。


久々に皆に向けて、近況報告ができたのでほっとしました。


RIMG1638





2週間前に初めて植えた春菊も先日、目を出しました。

新芽を見ると感動します。




やっぱり春は良い季節です。


IMG_8236





筆 タカキス。











ps:

しばらく手がつけられなかったブログがいつの間にか
スパムコメントにやられてしまっていました。
今現在は画像認証を入れたので問題ないですが
削除作業中に、皆さんに頂いた新しめの記事の普通コメントも
誤って削除してしまいました。
せっかくコメント頂いたのに申し訳ありません。。。


 
















 

自分備忘録2013


今年も残すところ3日です。
Time flies like an arrow. 光陰矢の如し。
今年も1年ほんとに早かった。
一度すぎると二度と戻ってこない時間。ん〜〜無駄には出来ません。

あまり賢くない僕ですが自分なりに色々考えた一年でした。
考えても分からない事は風に身を任せ、時間の波にのまれやってこれた部分もあります。
まだ少し自分がブレブレなので来年はブレない自分を作る、が抱負です。
ああ、抱負もう言ってもうた。

山あり谷あり,複雑にこんがらがった年でしたが、ここ数年の中でも
最も印象的でエキサイティングな時間を過ごせたと思うので数年後の自分がこの文を読んで、あんな事もあったな、こんなこともあったな、あ!あんなことも!
なんて思い出せるようにめっちゃざっくり備忘録をつけてみようと思います。
今年はブログもあまり更新出来ていなかったので。。 
ほんとに私事なのでサラッと流してください。


1月 > inbiの兄弟店、クラブレストランinbi by naitoで年をあける。
爆音で流れる音楽とセクシーダンサーに撹乱され
照明の足りないすしバーでこれはマグロかな?サーモンかな??
なんて目を細めてネタの判別しながらすしを握っていたら
年が明けたというような感じ。
店の雰囲気とダンサー には当時日本から来てくれていた彼女もぶったまげていたのをよく覚えています。
2013年の幕開け。

DSCF2233


DSCF2257      



DSCF2409




2月,3月、>inbi本店オープン、同時進行でnaitoも開いていたので掛け持ち営業。
inbiの営業が終わって、naitoに走る、inbiの営業前にnaitoの仕込み。
いささかやっかいなスタイルに疲れ少し二人ともヤサグレていた時期。
FxxKが口から出ない日はなかったです。
そして次なるステップを考えだした頃。悩んでおったなあ〜。
この頃からタカキスがテレビの影響をうけ自分の事を『あちき』と呼び出す。


DSCF2913







4月、5月 >ギリシャに来るきっかけとなった店inbiとお別れ。苦渋の決断。 
そして日本一時帰国。日本の素晴らしさを再確認。
たった2週間の短い時間の中で思い出に残った出来事の一つ。
父親と初めてのランチ。
二人ともぎこちなく、少し照れくさかった思い出があります。 
父『ゆじろす、うまいか』俺『うまいよ』............。くすっ。
 


DSCF3096


そして日本から間髪入れずにミコノスへ。


DSCF3155



6,7,8,9月 > 新しいチャレンジ。休みなしの過酷労働。
しかし仕事の面、人間関係、一人立ち。ここから得たものはかなり大きかったと思われるミコノス経験。
そして当時手のひらサイズだったミコとの出会い。
お互い独りぼっちだったので助け合って、なんとか一緒に夏を乗り切れました。 
感謝ですミコちゃん。

DSCF3628
 





















DSCF3748


IMG_4079         DSCF3647



DSCF3744



DSCF3959


フェリーに乗って帰る頃には一回りおっきくなってしまいました。
生まれ故郷との別れを惜しむ娘。




10,11,12月 >1度別れを告げた僕らの古巣inbiに戻りハッスル。
ほんとに人に恵まれていると思います。職場の心地よさを噛み締めています。
そして同時にタカキス、誰がどんな質問をしても返答がYESの代わりに『ハイルガガンボ!!』
に替わって、なんのこっちゃ。と思いきや、職場でハイルガガンボが大流行。
愉快な仲間達と賑やかに働いています。


DSCF4076










そしてなんと言ってもとらぼーとのお別れ。
でもこれからもずっと僕らの胸の中で生き続けていくことでしょう。
とらぼーありがとう。君は天使です。


DSCF3476










クリスマスは予定通り予定はなく過ぎ、
今日は缶ビールで胃袋を満たして、今は高田渡とお新香をつまみにJAMESONをちびちびやっておるのであります。ぼけーっと。
こんな年末もありです。


なんかこうして書いてみると、感じた事とか思った事とか文にするのって難しいですね。

『激動ギリシャ2013年備忘録!!!!』みたいな勢いある感じで書き出したのに、思い出しながら書いてみると案外平凡で、ただ、いい1年だったな〜。
と自分からはこんなコメントしか案外出てこないもんですね。
でも終わりよければ全てよし、じゃないけど自分なりに満足出来たのでよしとします。


この1年の経験が5年後10年後この後の自分に繋がっていく事を願います。



アテネでお世話になっている皆様、そしてこのおちゃらけブログを読んで下さっている皆様、
日本の友達、家族、今年もありがとうございました!

更なる飛躍を求め来年も精進して参りますので今後ともよろしくお願いします!


ではではよいおとしを


DSCF3714






筆ゆじろす 




 






 










 







 



 




浮き沈み。



相も変わらず負のオーラが漂いまくっている こちらギリシャ。

寒いし、雨も多いし、日々気分を明るく保つのもなかなか大変であります。

IMG_3278



やはり冬はギリシャに似合いません。
何があろうと澄みきった空と蒼い海が人々の心を明るく照らす、
ギリシャマジックの効かないこの数ヶ月の世界には
どんより、分厚い雲が覆いかぶさって全てに陰を落としています。

地面が濡れているだけで、顔を上げるのが大変です。

ていうか、ギリシャの道滑り過ぎ。
もうほんとに雨の日はあちこちで
人やバイクがスッテンころりんしてます。

僕らもこっちでもう何十回しりもちをついたことか。。。
遊びで軽く助走をつけてスノボーの様に坂道を滑ったら
冗談抜きで次のブロックの交差点まで
ノンストップ数メートルつる〜〜、
そして前は何と赤信号、横から来た車にはねられそうになったり、
なんて事もあったっけ。

道具不要、靴スノボーが楽しみたい方はコロナキ、
うちの店の真ん前の坂がオススメです。

なんて言うのはもちろん冗談です(という事にしときます)が。
ギリシャ旅行の際は是非滑り止め付きスニーカーを
お忘れなく。。

IMG_1845





さてさて、暗雲立ちこめるギリシャ。
最近では無償で野菜や果物を配っていたトラックに
数えきれないほどの人達が群がり、我先にと手を伸ばす映像がニュースや
facebook上を賑わし、何ともいたたまれない気持ちになりました。

反面、僕らの店は去年の今より良かったり、
馴染みのジャズバーは週末席が空いていなかったり、
どれが本当のリアルな世界なのか、よく分からなくなります。


リアルな世界と言えば今日はそう、バレンタインですね。
もちろんこちらでは日本の様にチョコレートをあげる習慣などは
多分なく、ただの性なる夜でございます。

IMG_3760IMG_3759



今宵は僕らの店もカップル達で超満員、
そこら中で恥ずかしげもなくブチュブチュしている人々に
改めて文化の違いを感じたものであります。

家帰ってからやれよって。。

僕らも野良犬にばかりモテてる場合じゃないですね。。
〜〜〜〜。。


またまとまりのない文になってしまいそうなので
今日はこの辺でやめときましょう。

毎日どこかで笑ってる人がいて、泣いてる人がいて、
身の回りで想像もつかない色んな事が起こって、
世界はぐるんぐるん回り、そして急に帰りたくなっても
遠く離れた海外で暮らしている。

風邪を引いただけで、そんな不思議に少しだけ落ち込んだ数週間で
ありました。


毎日を目一杯生きよう。

それから自分よ、酒は控えめに 笑

IMG_3712



筆 タカキス
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ











初球。


あけましておめでとうございます。

RIMG0197


正月ぼけもようやく抜けて来たところであります。

僕らの年越しはというと、しっかり働いて、飲んで踊って
オオカミの丘へ登り初日の出、そしてさらに家で飲み続け
元旦昼過ぎにへべれけで布団に倒れ込むという理想のかたちで
ありました。

RIMG0173


RIMG0168


2013、なかなか悪くないスタートです。

カウントダウンの瞬間はというと、
さすがに耳障りなジャカジャカ音楽も止まりDJが指揮をとって
そこに偶然居合わせた何百人という人達と一緒に3、2、1、
ハッピー、ニューイヤー!!

凄い数のシャンパンの栓と泡が宙を舞い、花火がそこら中で火花をあげ、
ぐるぐる回るレーザービームに照らされた水しぶきや煙がまた会場を
盛り上げていました。

自分を始め、今年こそはギリシャに良いニュースが流れます様に、
と切に願った人は少なくなかったんじゃないかと思います。



そして再びヘッドフォンを中途半端に付け直したDJがブースにあがり
新年一発目に選んだのは何とWham のラストクリスマス、、、、、
そしてなんとなんと続いてはマライアキャリー、恋人達のクリスマス、、、、。。

一応ここアテネのクラブシーンで最先端を走っている(らしい)
このクラブでさえこのずれっぷり。
思わずぶっと、吹き出してしまいました。

でもまあ、ギリシャではサンタクロースの記念日は1月1日で
子供達がプレゼントを開けるのもこの日なんですよね。

とはいえ僕らギリシャ人以外の人間からしたらやっと新年を迎えたというのに
急に一週間前に戻ってしまった様で何とも変な気持ちでした。

ちなみにダンサーのお姉さんたちもエロサンタの格好で腰ぐりんぐりん。。。

次々と増えていく人波は僕らが働くレストランスペースにまで
押し寄せ深夜3時を回ったクラブのノリは最高潮、
千人を越える人の群れが狂喜乱舞する有様は圧巻。

終いには端の端で密かにギリシャ風ダンスを踊っていた僕らにも
波が押し寄せ4時過ぎ、ついに店を後にしたのです。



ここからは愛猫が待つ我が家でビール、シャンパン、日本酒と浴びる様に飲み
最終的には蛇のごとく右へ左へふらつきながら進み、既に明るくなっていた
寝室の布団へとくねくね潜り込みました。



新店舗の方がようやく落ち着き出し、伸び伸びになっている本店のオープンも
ついに来週迎えそうなのでまた慌ただしい日々が始まりそうです。



また新しい一年も、チャレンジと出会いの喜びと感謝を忘れずに
前向きに頑張っていきたいと思います。


最近なかなか更新できないこのブログですが、
いつも訪れてくださっている方々、本当にありがとうございます。
マイペースにアップしていきますのでこれからもよろしくお願いします。

それでは今年も皆様にとって素晴らしい一年になります様に。

IMG_2549








こちらアテネ1月8日、今日は初雪が降りました。

筆 タカキス
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ








春の寒い日のまとめ

ここアテネ。季節は春、ぽかぽか陽気が心地いい日々が続いていたのですが、
昨日おとといは気温もガクッと下がり雨模様。
今日になって少し持ち直したけど、やっぱりまだちょっと寒い。

昨夜バーで仲良くなったパンクの兄ちゃんたちに煽られ
浴びる様に飲んだウォッカが体をまだ占拠しています。。
そして頭に鳴り響いているパンクロックと春の冷たい風が少々体にこたえる
春の寒い日。





      
 
DSC_0280  BlogPaint






夏に向けての準備+ホリデーの為先週で店を閉め
タカキスはおとといの朝一でホリデー休暇のため日本に飛び立ってしまいました。
とらぼーはタカキスが遠くに行くのを察してか
縄張りを超えていつもよりずっと遠くまでニャンニャン泣きながらのお見送り。
タカキスも寂しそうでした。

IMG_3615



僕は彼女が来ているのでとらぼーと仲良くギリシャでお留守番です。
お土産はなんだろう。




そんな感じで泣く泣くギリシャを後にしたタカキスが
先週僕と彼女を店に招待してくれたんです。
店が比較的暇な週の頭、仕込みが終わった時点でタカキスが
「今日店暇そうだから、二人でカウンターに座って飯でも食いなよ。
おじさんが美味いもの食わせてやるから」とポロ。

申し訳ないなと思いつつこんなチャンスはなかなか無いので
お言葉に甘えさせてもらうことに。

ちょっと緊張しながら、店の重いドアを開けるといつも一緒に働いているスタッフが
快く迎えてくれ緊張もほどよく溶けたと思ったら
店はなかなか忙しそう。タカキス一人でハッスルしていたのでびっくり。

少し落ち着いたところで前菜から始まり肉、すし、デザートまで
メニューには無い品をいっぱい出してくれてもう大満足。
キッチンの皆も頑張ってくれて本当に嬉しかったし美味しかった。
最高の時間を過ごせました。タカキスありがとう。
そしてinbiさいこー!!

IMG_3608



IMG_3607 IMG_3606
 

IMG_3604   IMG_3605


IMG_3629



また今シーズンも色んな出会いがあり、アテネでの生活もどんどん
楽しくなってきたところですが、このホリデーが終わると
暑い、熱い夏が始まります。
蒼い海と太陽が眩しいギリシャのど田舎メシニアでの生活が始まります。

こうして一年の中に区切りがあるっていうのはメリハリがあって好きです。
今回は前年より一ヶ月早く行くので約5ヶ月休み無しという激務ですが
若さと気合いで今年も頑張ろうと思います。

あ、今回は家の愛娘、とらぼーも色んな人に相談した結果と
とらぼーの希望もあって一緒に連れて行く事にしました。



そんな感じで今シーズンも無事に幕を閉じることが出来ました。
そしてお世話になった方々本当にありがとうございました。



よし、激務の前にしっかり体休めて気合いと根性充電するぞい!!
ローーーーーック!!



DSC_0247



筆ゆじろす























Have Your Say


最近また僕らの身を案ずるメールや連絡をいただく事が
多くなって来ました。

皆さんありがとうございます。

催涙ガスで目とのどが痛くなったり、
道が封鎖されて店が暇になったり、
そういうことはありますが直接身の危険等を感じたりした事は
ただの一度もありません。

心配してくれている皆さんに、
自分なりに思う事、近況報告なんかをさせていただきます。

IMG_1008

~~~

 ギリシャへの2次支援が決まりました。

僕らはまず、はじめにこちらで流れる速報をチェックします。

けれども、難しいギリシャ語は読んだり聞いたりできないので
まず同僚に直訳してもらう
(でもはっきり言ってこれはほとんど信用していない 笑)
ギリシャ人ほど直訳が苦手な人達もそうそういないんじゃないかな。
一行ごとにファッキンガバメントだのアメリカブルシットだの、
勝手に追加して傾きが激しくなってきますからね 笑


まあそれから英語に訳された海外発の記事を見て、
そしてまた数時間後Yahoo!にアップされる
日本語訳されたニュース(なぜかトップにくるのはロイターばかり)を見て、
ようやく全体像が掴める様になります。

やはりそれぞれのニュースソースで、物の言い回しや論調が
だいぶ違うので、なるべく多くのところから情報を得る様にしていますが
僕らが最終的に確認する日本語訳されたニュースはどこまで原文にそって
いるかは正直わかりません。

それにしても、ギリシャ語から日本語訳ってよく訳したなぁっと
いつも感心してしまいます。

全ギリシャ社会主義運動、とか左翼進歩連合とか、正教人民運動とか。

学生の時に英語で習った未来完了進行形や間接疑問文など、
文法を覚える前にこの日本語の意味を理解するのが大変だったのを
思い出します。



さて、この支援決定を受けて一件落着!というわけでは全然なく、
この政府が進もうとしている方向性に異を唱える人々は日に日に
その数を増していき、在ギリシャ日本大使館の素晴らしいサービス、
デモ、スト、集会情報のお知らせはすごい頻度でアップデートされていきます。



この一連の問題が起きてから何度かこのブログにも言いたい事を
書いてきましたが、以前の記事を読み返してみると今とは少し
考え方が違っている部分もあるし、また今後も変化していくんだろうと
思います。



ん~、なぜかというと国や色んな機関の発表も、
メディアも、情報が毎度小出しで情報が出たその時には
全体像が掴みにくいんですね。

で後から、えっ、本当はそうだったの?って事が結構あります。


そんなんで、あくまでも今この時点までで、という事を前提で
書かせてもらうと何だか今回の決定内容は一般の国民の人達には
辛過ぎて、僕個人としてはとても可哀想な気がしています。

EUに残って得をするのはごく一部の人達だけで、
突きつけられたこの厳しい緊縮策は普通一般の国民には
ほぼメリット無し、いやそれどころかデメリットの方が遥かに多い様に
感じます。
近隣の強国?闇の投資家?等にがんじがらめにされてしまったようで
気の毒だし、何かの実験?って思ってしまうくらいですはっきり言って。





確かに勤勉な国民性ではなく、いままで何事もどんぶり勘定でやってきた
ツケが回って来たというのも一理あるかも知れませんが、
どこの国でもそうである様に、
一般国民と国を動かそうとする人達の思想、体質というのは普通全然違います。

今までの政府が散々裏で悪い事をしてきた、
そしてそのツケが不運にも今を生きる国民に回って来て怒り爆発、
仕事無し、あっても賃金カット、年金カット、なのに物価上昇、追徴課税、、、
これじゃ怒り狂うのもしょうがないかな、なんて思います。

デモばっかしてないで働けよ、なんて言われたりもしてますが
いやはや、しようにも仕事が何も無いのが今のギリシャの現状。
公務員は別として。。。


僕らの周りの人達も、
もういいよ、EUじゃなくて。多少貧しくなってもさ。
ドイツや、EU,IMFの人間が入って来て動かされる政治なんてちゃんちゃらおかしいよ、
って言う人が増えて来た様に思います。

僕も基本的にはそう思います。

経済破綻させてあげて、また1から始めればいいじゃん、と。
EUに留まる限り、1どころかマイナスに落ちていく一方では
ないでしょうか。

自国通貨を使って観光業を立て直した方がよっぽど復活への近道
なんじゃないかと思います。

経済の事なんかよく分からないし、
もしギリシャがEU離脱したらユーロの信用が
一時的には暴落して、宗教問題も勃発するのかも知れないけど、
それはそれでEUの構想に元々無理が合ったという証明であって、
ギリシャの一人横暴劇の様に片付けられるのはなんだかなぁと。

3年近くギリシャ人と付き合ってきて言えるのは、
この人達にヨーロッパ的ルールを押し付けるのはまず無理。

濃い~~~、独自の文化がありますからね。

僕らも彼らを理解し、分かり合える様になったのは一年以上過ぎてからです。

そして今はギリシャ、ギリシャ人が大好きです。
むかつく事もめっちゃあるけど、
こんなフレンドリーで優しい人達が悲しい顔をしているのをみるのは
もうたくさん。


IMG_1341


ジャズ イン ジャズ のイヤニスにこないだ言われた一言は
結構悲しかった。

”ギリシャがダメになってもさ、ユージとタカは帰るところがあるから
心配すんなよ、、 オレ達はどこも行くとこがないけどね、、、
へへへ、、、でも大丈夫、ノープロブレム、なんとかなるさ。。。”






僕らも給料をユーロでもらっているので、
ユーロ安になったり、今後もし通貨がドラクマに戻ったりしたら
正直面倒くさいけど、
そうなった時は帰国も含めて考えようと思っています。

これからっていうギリシャの若者には気の毒だけど、
夢がある人達は外に出て行くでしょう。
ドイツに、イギリスに、ベルギーに。
たった数時間で行けるんですから。

残った人達は少ない所得でも適当に働いて適当に遊んで、
質素な生活でも今よりは心の面でずっと豊かな暮らしになるんでしょう。
まさにゴーイング、マイウェイ。

でもこれって,
ギリシャのシンプルでスローな暮らしの本質的な部分だと思います。





長い夢を見ていたけど、元の場所に戻ろうって。


結局はギリシャのユーロ離脱、
今はありえないっていう状況がずるずる続いて
頃合いを見計らってスパンっ!ってことにされそう。



で今一番思うのは変なタイミングでのユーロ離脱は一番してほしくない
って事です。
民衆VS政府が争って例えば民衆側の主張が通りそれが神格化みたくされて
いつまでもしつこく暴動や過激な活動、
反政府運動が正当化されるのってここではありがちです。


税金払えよ、もっと働けよ、キセルすんな、
ドア閉めろ、嘘つくなって
ことはもちろん言いたいけれど、、、
いくらなんでも今回の取り決めは残酷すぎると思っています。
主権侵害もいいとこです。

いずれにしても出口はギリシャ国民が貧しくなるって事だけです。


ここ数日間で、店のスタッフに投げかけた質問。
ユーロ離脱?残留?どっちが幸せだと思う?

答えは、

離脱ー10%、残留ー20%、
アイドンノー、ウィーウィルシー(選択肢外)70%。
およそ、そんなとこです。
とてもギリシャらしい結果が出ました。


すでに国外の勢力によって国が動き始めたのかもしれません。
悲しい事です。


僕はもしギリシャが貧乏になっても、将来
日本へ帰る事になったとしても、ギリシャにずっと遊びに来たいと思います。


良い国ですギリシャは。


何が起きようと大切な家族や友達にはギリシャに来てもらいたいって
思います。 

空と海は蒼く、ご飯は安くて美味しく、人は人にも動物にも優しいですから。


IMG_1846





筆 タカキス。
地域情報(ヨーロッパ) ブログランキングへ
































上手にお付き合い。


ここギリシャで何か物事を決めようとした時、
本当の最後の最後まで、何が起こるかわかりません。


 


つい先日、店の仲間がやたら落ち込んでいて
今日仕事終わったら家行っていい?飲まなきゃやってらんない。
みたいなことを言うので、まあそれならと、短い休憩時間にスーパーへ
大量のビールとつまみを買いに出かけたわけです。

僕らも人を呼んで家でワイワイ飲むのが好きなので、
営業中もつまみ何作ろうかな〜とか、
今日は貴重な酒を開けるかっとか、閉店時間が近づくとともに
テンションもあがり、疲れもどこかへ。

そして営業が終わると同時に早速着替え、
後に終わる彼らを外で待っていたんです。

5分。。。10分。。。13分。。
電話をかけても出ない。。
まあ、家も知ってるし先帰ってようか、寒いし。
と、先に家路に向かう事に決めた僕ら、
正直もうこの段階で、ある程度の先は見えたんですけどね。

でもこの時点からいらいらし始めてしまったら、
はっきり言って僕らの負けです 笑

予想通り、その後も電話に出る事はなく、
しばら〜くした後入ってきたメールには、
やっぱり明日島へ旅立つ両親と過ごしたいから
最終的(finally)に帰る事に決めた、ごめん、位。

全然むかつかないと言ったら嘘になるけど、
2年間濃密なギリシャライフを送ってきた僕ら、
こんなんにはとっくに慣れっこなのです。

日本の文化では例えば今度飲みに行こうってなった時、
しっかり根回ししますよね。

来週の水曜日、どこどこで誰さんと、何時から予算どれくらいで、
ん〜、あの人とあの人は仲悪いから
席離しておこうかっ、てとこまで。

実際面倒くさいって思う時もあるけれど。


こっちはよっぽどの大きい集まりでも無い限り、
そういう発想もまずないし、
突然その場で決まったり、逆に決まっていたと思っていた事も
いきなりキャンセルってことも多々あるのです。

根回しどころか、その場で思いついた事をためらいもなく
次々と発言し、天の邪鬼方式に周りは反論し、話に筋も何もない。
そしてこのfinally-最終的に,決定的に- の感覚が違いすぎる。
僕ら的には決めごとでこれは明らかにデッドライン過ぎてるでしょっ、
って場合にも最後の一秒までまだまだ変更の余地あり。。
いやむしろその線を越えていてもまだfinallyとだだをこねる。

こんな文化のギリシャですから、
国単位で何かを決めようとした時、
すんなり決まるはずもありません。


IMG_1029


思わず物思いにふけってしまう。。。













といっても僕、
この事に対してもう文句を言う事はありません(諦めも半分)。
もちろんこちらへ来たばかりの頃は、
何なんだこのテキトー主義は!と毎日の様に
かりかりしていたけれど、これはもう彼らの文化としか
いいようがありません。

日本文化が世界で少し風変わりで閉鎖的と思われている様に、
ギリシャにもまた彼ら独特の習慣、思想があるのが当然だし、
ギリシャ人でない僕らがそれについてどうこう言うのは
ちょっと違う気がする。
表面だけしか見ていない外国の人に何か日本の悪口を言われたら
いい気持ちがしないし、
逆にニュースや偏った報道でしかギリシャの事を知らない日本の
人達が、さも分かった様に毎日政府の事ならともかく、
一般の人達にまでついて、ぐうたらだのユーロのお荷物だの
心ない言葉を吐いているのは悲しいし、正直恥ずかしい。

もし逆の立場だったら、ギリシャ人はいきすぎた冗談を言う事はあっても
匿名で辛辣なコメントなんて、こんな陰湿な事しないと思う。


僕はどこか他の国で暮らすにあたって、
その国の人達の物の考え方を理解するのがとても大事だし、
そのために少しでもその人達と同じ言葉を喋るのが大切だと思ってます。

自分に埋め込まれた日本の文化と比べて反抗してるだけじゃ、
何も生まれないしね。

ただひとつだけ、もしギリシャ(人)に対して言わせてもらえるなら、
もうちょっと、人の話も聞いてほしい、そして外向きの顔も
持って欲しいかな。



首相が気分で突如国民投票発言して側近ですらビックリ、
なんてお笑いだし、国際社会でもう少し紳士的な話し方や
態度が見せれる様になるだけで、きっと世界の人のギリシャの
イメージはかわってくると思う。



早くよい方向に向かうといいなぁ。


どれだけ言い合っても、腹を立てても、
ぜっんぜん憎めないんですよねギリシャの人達って。

IMG_1042

IMG_0902


あと何故僕らが約束を度々すっぽかされても耐えられて
いるかというと、次にあった時気の済むまで、
ここで書けないくらいの罵声を浴びせ、ののしり、
絶対謝らせて、finallyビールをおごらせるってことに
徹底してるから。

それが僕らの秘訣ですね。
求めず、心は大きく、やられたらやり返す 笑


新首相、パパデモス?
またパパ、、、、、パパ何とか多すぎっ!


IMG_1035



IMG_1025




BlogPaint



筆 タカキス

人気ブログランキングへ










カラスミパスタの様にシンプルに

今日も枕元の目覚ましが、けたたましく鳴り響いた。
とうに時計の針は正午を回っていたが、今日は日曜。
心行くまで眠ってやろう。

再び眠りに就くまで先週のギリシャのドタバタ劇を振り返ってみた。
国民投票発言で世界に混乱を招き、まさかのまさかのユーロ離脱??

治りかけだった僕のものもらいも不安とかストレス
からだろうか、再び赤く腫れ上がり、タカキスからは気持ち悪いからこっち向かないでくれる?
と苦情。ひ、ひどい。

ものもらいが大きくなって行くと同時に世界からのギリシャ(首相)への
怒りも大きく、そして皆の不安が募って来た矢先に国民投票回避のニュース。
皆少しは安心したでしょう。

少しホッとしたところで今度はギリシャ首相パパンドレウ辞任。
そして、連立政権樹立とかなんとかでひとまず、落ち着いたんかな?
もちろんまだまだ問題は山積みじゃけどとりあえず、まあまあ。。


ギリシャの経済問題の渦に巻き込まれ僕らもどったばたの一週間だったのだが
なんとか日曜まで辿り着いた。



さて日曜。何をしよう。ビールの缶をプシュっとやって日曜スタート。


と言えども計画していたBBQも中止になり、とにかくやる事がない。
とりあえず音楽聴いてギター弾いて、タカキスはタカキスで、
冬が近づいて来たせいか、大好きなモノマネ番組
で広瀬香美を真似る素人の歌でただうっとりしていると思いきや
小刻みに相づちを打ち一人ものまね審査員をしている模様。

個人の時間を堪能した後溜まった家事を二人でこなす。
元気よく外に飛び出して行きたいのだが、やっぱり
腹が減っては戦は出来ぬ。というわけで。。。。

腹が減って暇な時は料理。


今日は先週オーナーの一人にお裾分けしてもらったギリシャ産
生のカラスミ(ボラの卵巣の塩漬け)でパスタを作る事に。



日本ではなかなかの高級食材で特に生の物となると、瓶詰めはあるが
丸々一本の物となかなか見る事は出来ない、、らしい。


DSC_0215

なんじゃこりゃ!ってなりますね。でろ〜〜ん





具材はシンプルにネギとニンニクと唐辛子だけ。
パパパッっと切ってサササッとオリーブオイルで炒めて
塩と胡椒と醤油でチャチャチャっと味をつけて、パスタのゆで汁を加え。
荒みじんにした今回の主役カラスミを豪快にドドドッと投入。
パパパっサササっチャチャチャっ、ドドドっっっと。テンポよく。


DSC_0223   DSC_0229
DSC_0234    DSC_0226









簡単すぎて特に書く事がない、、、


茹で上がったパスタと絡め海苔をパラパラっっと。






出来上がったパスタは極上品。。
飽きない味、食べれば食べるほど味わいが深くなっていって
カラスミのソフトな食感と優しい海の香りが少し尖ったネギとニンニクの
匂いを包み込んで、、、
どんどんどんどん美味しくなって、、、最後の一口を食べた時には
目の前が満天の星空になってました。。


やっぱりシンプルイズベスト。


DSC_0244




世の中もカラスミのパスタの様にシンプルで簡潔に物事が
進めばいいのにな。


来週はいいニュースあればいいな


んで今日は何しよ。。ねえとらぼー




筆ゆじろす




IMG_2306



IMG_2287













人気ブログランキングへ












ギリシャよ、今まで散々この言葉に苛つかされてきたけれど今回ばかりはオレ達が言ってやる!ウィー、ウィル、シー!


ここ数日家の中、職場、至るところで僕らが誰から笑われる事も無く
しつこく繰り返しているのが阿藤快の物真似。

なんだかなぁ!?


今の心境、この一言につきますね。

えっ、国民投票?、、ユーロ離脱?、、首相辞任?、
と思いきや国民投票やっぱとりやめ??

、、、状況はめまぐるしく変わり、
パソコンを開くたびに新しい、しかも180度手のひらを返すような
方向転換、、いやむしろものすごい脱線ぶりに、気はすっかり落ち込み、
阿藤氏の登場回数だけが右肩上がり。


そして日本のメディアのニュースを読み、
その下の辛辣なコメントの数々に心が折れそう。


はっきり言ってギリシャ人だらけの職場で
一番落ち込んでいるのは僕らなのです。

まあギリシャ人でない僕らが落ち込んでも、
しょうがないのは分かってはいるんですけどね。

がんばれギリシャ、それでもオレらは応援している。



この世界はどれだけ悲しみにあふれているんだろうと
夜な夜な考えてしまう昨今。

日本の震災、放射能問題は深刻さを増し、タイでは水が街中に溢れ、
リビアでは紛争、そして僕らが暮らすここギリシャでの破綻危機。

何だか蒼い地球丸ごと一個、深く暗い井戸の中に落ちて
すっぽりはまってしまったみたい。
底からはい出して地球全体に陽が当たるのは、一体いつ?


今宵は仕事上がり後、いつもお世話になっている
シェフとビール、ウイスキーをひっかけ、
3人ほろ酔い閉店時間が過ぎた56であーだこーだ語り合ってきて
久々にいい気分で帰宅です。

落ちてても何も始まらない。

僕らくらい、明るく行かなきゃね。


ギリシャよ、お前にはエレカシの俺たちの明日を、
地球君、君には手のひらに太陽を

そんな気分。


ん〜〜〜なんだかなぁ。
ま、エニウェイ、ウィーウィル、シー。。。。

IMG_0600





筆 タカキス。

人気ブログランキングへ

























愛すべきギリシャよ

今朝はヘリコプターの音で目が覚めた。
上空でとてつもなく速く回るプロペラの轟音に叩き起こされる。
前夜のアルコールが少々残っているまだ寝たいはずの体もこの音には耐えきれず。


メシニアにいた夏の様に、僕の目を覚ますのは小鳥のさえずりでもなければカエルの鳴き声でもない。


夏の間の激務、そして3週間の日本でのお休みを経てついに、
帰って来ましたギリシャ。


青い空と海、白い家々が美しくそして、歴史と神話の国。

のはず。ところがどっこい今となっては不景気とデモと暴動の国ギリシャ。


そう、今朝のヘリコプターもアテネの中心部で行われているデモを撮影する為のヘリコプター。
市職員のストライキで回収されず、道路や歩道にまで溢れかえるゴミの山。
帰って来て10日足らず。手荒い洗礼を受けた感じ。


IMG_2190

店の前もデモの影響ですっからかん。写真左に見えるのはゴミの山。




毎回デモやストライキがある度に思うけど、一体誰が得するんだろうと思う。
ほぼ観光業で成り立つギリシャ。世界中でこんだけギリシャの暗い部分がメディアに取り上げられて
観光客は激減したように思われます。
デモや暴動なんかじゃなくて、もっと世界中にアピール出来る素晴らしいものが
在るであろうに。。結構悲しい。

市民が経済の悪化を政府のせいにして、デモをしたがる気持ちもそりゃ~分からん事ないけど
な~んか違う気がする。ギリシャに住んでギリシャ人と身近で生活してみて
やっぱり、なんだかんだで一番問題があるのはギリシャ国民の一人一人の意識なんじゃないかな、
と思ってみたり。国を良くするには一体何を最優先でしたらいいのかをもっと考えるべき
じゃないかな~~~と僕は思う。

デモの次の日の火炎瓶のガラスだったりゴミだったり石だったりを
次の日拾うのは自分たちじゃんって思う。

デモに参加したゴミ拾い担当の市の職員なんかは、
街の掃除しながら、あ~~昨日はやりすぎた~~めんどくさ~~っ!
あ、でも俺がこんな事せんといけんのも全部政府のせいじゃ~~ん!
あいつらがしょうもない事するけえ俺がこんな羽目に。。

って思う人多いんじゃないかなあ。デモに参加するような「熱い」国民はとくに。

僕らなんかギリシャ人じゃないし、はっきり言ってそんな事言う前に
とりあえず税金払え、って言いたくなる。てか小さい事から言うと電車とかバスのただ乗り
でもとりあえずやめてみたらって思う。たかだか100円そこらケチんなやってね。
そんなんで電車がストライキで動きませんって文句言っても。。。
今まで、国民も政府もごまかしごまかしで自分の事しか考えてなかった
けえ今こうなるんじゃないんかな~と。

もちろん善良な市民も沢山いると思いますが。
ん~~~一体どうなるんだろうこの国は。。。
好きなだけに心配。





愛すべきギリシャ、どうにか元気になってくれ~~~頑張れ~~~!



あ、今日キッチンスタッフのイリアスに何でデモ参加しないの?
って言われました。デモ帰りの派手な顔で。。
明日もあるから一緒に行こうぜ!って
いやいやいや。それは違うよっって。
これは祭りじゃないよイリアス君。


筆ゆじろす



IMG_2198


br_decobanner_20111017014813


















ただいまおかえり。


時速856km、機外温度はマイナス59度。
ものすごいスピードと寒さで、無情にもあっという間に
小さくなっていく母国日本。 

さようなら.....行ってきます.......またね.......
なんていったらいいかよくわからない毎度の複雑な感情。

これから出かけるんだか、帰るんだか、、
いったい自分はどこにいるんだろう。


まさに嵐のように色んな思い、楽しさや幸せや寂しさなんかを
ごちゃまぜに巻き込んでドタバタと一瞬で過ぎ去ってしまった
3週間だけれどその中で今回もまた 家族、仲間に会って色んな事を考え、
笑い、またワンシーズン分の元気満タン補給できました。
ありがとう。IMG_0957





みんな色んな環境と状況の中で、頑張ってたなあ。

IMG_0960


IMG_0958

IMG_0959


IMG_0962

さてさて、ロンドンで4時間待ちした後乗り換えた飛行機は
長靴の形をした国を跨ぎ、深夜2時若干右に左にふらつきながらも
ようやくアテネ国際空港の滑走路へと降り立ちます。

機体が完全に止まり、シートベルト着用サインが消える前に早速
席を立ち、荷物までおろし始めるギリシャの人々、、、
2秒前にアナウンスがあったばかりなのに。


ああ、23時間を超えてまたここに戻ってきたんだなあ、、ふう。。


疲れ果てた体でタクシーへ倒れ込み走る事30分。
「マイフレンド、着いたよ、起きな。」
眠っていたらしい自分を起こす運転手さんの声に目を覚ますと
そこはもうコロナキの家の前。

「よい夜を。」
少し多めのチップに余分な笑みを浮かべ走り去って行くおじさん。 

さあ家へ入ろう。
 
嫌だな、一人暗い家へ戻り、ブレーカーあげるのか。

じゃらじゃらついた鍵の中から外玄関用を探り当てガチャ、、
、、、するとそこへどこからともなくミャー。。 

おおとらぼー。

おかえり、、、いやただいま、かな?

あまりの自然さに 驚く事も忘れてしまったけど、
早速帰ってきてくれてよかった。
よしよし、大好きなうさぎさん をあげよう。


IMG_0961


そして夜があけ、ぎりぎりまでとった休暇はこれで本当におしまい。

今日は3シーズン目、オープンの日です。
また新たな野望を胸にがむしゃらに働こう。
そしてストレスをためず楽しむ事を大切に。



こんな風に、僕の止まっていたギリシャ時間はまた
慌ただしく、すごい早さで現実へと引き戻されていくのです。

そう、時速856kmの飛行機みたいに。



筆 タカキス。


出会いの春、別れの春。

春は新しい事をはじめるにはちょうどいい時期ですね。

そして、悲しい別れと、嬉しい出会いが次々に巡って来る季節。
DSC00146



IMG_1358











海外に暮らしていると、そのペースがとても早くて、
別れる事に慣れてきてしまっているんじゃないかって
思う事がたまにあります。 

特に人種のるつぼ、ロンドンなんかでは、皆それぞれ限られた
滞在許可期間内で暮らしているので、
出会って仲良くなってもすぐに遠く離れていってしまう、
いわば期限付密接友好関係、、、国境を越えて本当に一生長く
付き合える人間って、正直一握り。

DSC00062


そんなんに気づいた時は、
結構切ないものがあるんです。




でも今日は、嬉しい出会い、、いや、再会 がありました。





〜〜


ここギリシャでは、夏になると幾千とある島々に出稼ぎに
行く習慣があるんです。

日によっては45℃を越える夏のアテネ市内。

人々もそれに合わせ,示し合わせた様にヌーの大移動のごとく
海辺、海沿いへ休暇、避暑、もしくは出稼ぎへ。

僕らの店があるコロナキなんて、夏場もうからっぽ。
ひとっこひとりいないって言っても過言じゃありません。

そんな人々の移動に合わせ、
島では春過ぎからシーズンが始まり、
リゾートホテルでは書き入れ時に備えて改装をすまし、
シーズンスタッフを雇って一年分の蓄えをためるべく皆で切磋琢磨
するわけです。 


ってわけでうちの店で働いているウェイター、キッチンスタッフも
春過ぎには稼ぎの良いリゾート地での仕事を見つけ、
主力スタッフを残し、皆去っていってしまいます。

〜〜〜


しかし前記事でユジロスが書いていた通り、
今年は店まるごとのリゾート地進出が決まり、
今いるメンバーのまま、夏を迎えそうです。

毎日、ほんと〜に同じ顔ばかりを見る連続で、
変化が欲しいと思う事もあるけれど、
別れよりはずっといい。違う環境で、同じメンバーで働ける幸せ。

色々ストレスもあるけれど、今のレストランは皆すごく仲がいいので、それにこした事はないですね。



今日の再会はオープニング直後から一緒に働いて、
夏前に彼女の尻を追っかけてキプロスくんだりまで行き、
結局は恋に破れて、
また仕事に闘志を燃やしアテネに舞い戻って来た男。
熱くて、本能むき出しで、人懐っこいイリアス。 

僕らにとっては最初のイリアス。

IMG_2121


それから何人のイリアスに出会っただろう。。


最初のイリアスとまた再び出会って、
また彼らと新たなチャレンジが始まります。







春は何か新しい事を始めるにはいい季節です。 

R0012269
R0012285









R0012286


筆 タカキス。 

三月ごちゃごちゃ日記~夏

三月も終わった~。

寒さも次第に緩み草木も芽吹いて、花々もつぼみをつけ満開になる頃・・
山菜。山の幸。たらの芽、よもぎ、ふき、こしあぶら。天ぷら。
桜満開、花見、昼から酔っ払う。

まさに春ですね。

そんな暖かい春を迎える前の僕等のギリシャ三月日記。

三月。

日本では震災。日本の事、将来の事、家族や友達の事、
考える事が多かった三月。

身近な事でいうと僕等の夏というか春の行方。
アテネを離れギリシャのとあるリゾート地での新たな出店の為、
五月頭から四ヶ月週七日間勤務が決定。
憧れのリゾート暮らし・・・
気合と希望と若さで乗り切る覚悟を決める。

夏僕等がアテネに居ない間のトラ坊の家の心配もほぼ解消。
土産屋が実家だったとは。。
あと最近、近所を歩いていても、家に居ても
彼女の友達と出会う機会が多くてみんな仲が良いんだなと安心。
みんな、トラ坊を頼む。

画像 038  DSC_0281

 














この左の写真の子は、恐らくここら辺りのボス猫。
通称ボス猫。
見るからに強そう。
でも見ていると何だかいつもトラ坊を守るようにそばに居るこの子。
顔はいかついけど、きっと優しい子 なんだろうなと僕等は踏んでいる。
そして恐らくトラ坊に惚の字。
テラスにたまにトラ坊を追ってくるんじゃけど、なかなかなついてくれん。

右の写真の子は通称しろ~いちゃん。新参者。
まだこの子に関しては詳しい調査は行っていない。
でも白くてかわいい。




あと三月と言えばかっこよく言うと、ホームページ作りの撮影、雑誌の取材なんかで忙しかった月。
でも取材を通して素晴らしい人にも出会えたし
去年は滅多に無かったギリシャ在住の日本人の方達との
いい出会いや交流も沢山あり、なんだか刺激のある出会いが多かった。
出会いの月でもあったかな。

やっぱ出会いっていうのはいいもんですね。世の中色んな人がおるし、
自分の世界が広がるっていうのもあるけど、やっぱただ単純に楽しいし嬉しいし。


色々濃かったこの春先。そして残り少ないアテネでの春ライフ。
春が終われば七日間勤務が始まる熱い夏。


熱い夏の前までは春の陽気に包まれながら
トラ坊とのんびりしたい・・

夏来んな~~~。と言いたいところだが

遠慮も慎みも無くやって来るのが夏。
平等と言えば平等だが強引と言えば強引。

待ってるぜ熱い夏。






DSC_0296
 



筆ゆじろす




 

煙草と酒と猫

あ~~いらいらする・・・・
なんかここ2、3日荒れてます。
なんか全てのものに過敏に反応、そして
イライラしてしまう・・・

しょっちゅう起こる電車やバスのストライキの影響で起こるアテネ市内の渋滞、鳴り響くクラクション。
ギリシャ人の馬鹿でかい声。大げさな身振り手振り
停電。光がない。。
全ての事がスロウで、大事な事がなっかなか決まらないこのギリシャの
we will see 精神・・・
なんでギリシャと日本はこんなに遠いのか・・
なんて、どうしようもない事まで考える始末。


別にギリシャだけに腹が立つ訳じゃないけど、
なんかやたらむしゃくしゃしてしまって・・・荒れてます。。

優歌団の「嫌になった」がひたすら頭の中で流れる。。。

喋る気力もあまり無いけど、とりあえず二人
今日は56のじいちゃんに癒してもらおうと思って・・

いつもはゆるいジャズやお洒落なボサノバが流れているんですが、
今日は珍しく、カリプソ。
最初は少し気分にそぐわないな、、なんて思っていたんですが、
その陽気でテンポの速いカリプソと、じいちゃんの優しい笑顔と
いつものおもてなしに
自分の中の悪い奴がじいちゃんの善のパワーに
尻尾を巻いて逃げて行ってくれたので何とか今日のところは
よかった。。

今日はウイスキーと一緒に生姜のお菓子を出してくれました。
甘辛いお菓子を出してくれました。
ウイスキーに良く合う。

画像 013きっと深い人生を送ってきたであろう、このじいちゃんが。僕等に
この甘辛い生姜のお菓子と共に何かメッセージを送って来てくれた   様な気がして・・・、
人生色々あるさ、くじけるな、頑張れ若造。的な。


あ、考えすぎか・・。









イライラしとった僕もさすがにじいちゃんの前では
成す術もなく、曇り空が晴れた様な気分で家に帰って来れたのでした。

あとは僕の最高の三点セット。
煙草と酒と猫に存分に癒されて、何とか今日のところは
僕のギザギザハートもなんとか丸みを帯びてくれたのでした。




画像 014
画像 011 














明日は崩れやすい天気も僕のハートも気持ちよく晴れたらいいな~
晴れてくれアテネ


筆ゆじろす


画像 008

 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 自分備忘録2013
  • 自分備忘録2013
  • 自分備忘録2013
  • 再、、URL変更。。すいません!
  • 初球。
  • 初球。
  • 灼熱3日間。
  • メシニア ささやかな僕らの日常
  • メシニア。田舎の変化と洗礼。
トリップアドバイザーおすすめブロガーに選ばれました
地球の歩き方アテネ特派員ブログでご紹介いただきました
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
記事検索