There's something about Incho

冒険釣具ブランド「BREADEN」 フィールドスタッフのインチョーのブログです。 釣行記だけでなくその他感じたもの見た物を書いています。 覗いてみてください何かヒントになる事があるかもしれません。

2009年08月

最近その2

美味しく焼肉を食べた後、まだ明るいので夕日を見に行きました。

あくまでも夕日です。釣りではありません。

綺麗な夕日を眺めつつ、足元も観察。

「なんかいるなー」
小さな魚がうじゃうじゃいます。

「あれ、どうしたんだろ、右手に棒状のものが」
「なんだーよく見たら釣竿じゃないか」
「仕方ないなー、竿があるなら釣りしなくちゃ」

しかし、居る魚が凄く小さい。手持ちのルアーが最低サイズでも6センチ。

「魚とサイズ変わんないじゃん」

まずはキャスト。

ただ巻きー。ゆーっくり小魚がついてくる。
しかし、ルアーよりサイズが小さい。
「メバルルアー持ってくれば良かった。」(泣)

チェイスがあるが、ヒットにいたりませんので、アクションをつけます。

「チョン、チョン」

「コン、チッ」

「きたぁーーーー」

騒ぐほどではないが、メッキゲット。

CIMG0574
即リリース。

なんか、あまりに小さいのでかわいそうになって、止めました。

そのまま、宿に帰って、お風呂に入って就寝。ZZZZZZ・・・・

翌日。

3島めぐりのツアーに参加。

石垣島→西表島→由布島→西表島→竹富島→石垣島のコース。

石垣からまず西表島へ

高速船で約45分
CIMG0576
この船がほんとに高速船だった。
推定ではあるが40ノットぐらいはでていたと思う。

定期航路として運行している会社が3社ほどあり、こちらでは価格競争になりそうだが、地元の人曰く
「スピード競争です」
同じ金額なら早く着く方がいいじゃんみたいな感じだそうです。

とばす、とばす。港の中に入ってもぎりぎりまで全開。
引き波立ちまくりです。しかし船の全長があるのであまり揺れずに快適。
CIMG0646

後ろの水煙すごいでしょ


まずは西表島に到着して、マングローブツアー。

屋根つきのツアー船にのってマングローブの生い茂る川をさかのぼる。

CIMG0579
マングローブとは特定の植物をさしている訳ではなく70-100種類の植物の総称なんだそうだ。(しらんかったー)

なるほど、成程。それぞれの根に特徴があり、西表には3種の根を持つマングローブがあるそうだ。。因みに筍状根(たけのこ状の根)、屈膝根(膝を曲げたような形の根)と板状根の3種。

一番面白かったのが、これ

板状根をもつマングローブ。
CIMG0582
根をスライスして大型の魚や、家畜を解体するときのまな板や船のオールにしたそうだ。

まあなんの事はないツアーを終え、バスに乗り込み由布島に向かう。
由布島には水牛車にのって渡る。

CIMG0587
水牛さんも暑いだろーね。

CIMG0589
前でおじさんが三線で歌を歌いながら干潮の海峡を渡る。
「涙そうそう」だったかな。

上陸して昼食をとり、少し水辺散策。物凄く遠浅なので、ぞうり履きのまあジャブジャブはいる。
500mぐらい沖まで出ても、膝ぐらいしかないが、ウミウシやら魚やらかには沢山見た。

もう一度西表に戻り今度は竹富島を目指す。高速船早い早い。
竹富島に到着

CIMG0593
見える景色はこんな感じ。

竹富島の港からグラスボートにのって水中観察。

とても浅いエリアなので全体的に緑がかっています。CIMG0598

んでお決まりの星の砂観察

皆さん手のひらに砂を押し付けてその中から星砂を探してます。
CIMG0604

この島の家の特徴を良く表しているのは、この写真。
赤瓦屋根ね。
CIMG0608
シーさーもいるさー
CIMG0609
なごみの塔に登り、周りを見てみる。
CIMG0611

どーん
CIMG0614

CIMG0615

CIMG0616

という感じでした。

うーん釣行記は楽しくかけるんだけどなー。だんだん飽きてきた。

まあ石垣島が特別珍しい訳ではないし、行かれる方の参考に少しでもなればと思います。頑張ります。

二日目が終わりいよいよ明日は体験ダイビング。

海で泳いだり、おっこちたりはするんだけど、潜るのは初めて。
即ち体験ダイビングってやつですね。少しドキドキです。

ダイビングショップについて直ぐにウエットスーツに着替えて乗船するのですが、犬を見つけたのでいじりまくりです。
 
捕獲
CIMG0629

ビローーーーン
CIMG0630

歯のチェック
CIMG0633

若干いじけてしまいました。
CIMG0641


いつまでもわんこと遊んでいられません。

船で沖のダイビングスポットを目指します。P8160001

途中でオキゴンドウを見かけました。この界隈でイルカを見かける事はあまりないそうです。
P8160007

器具の操作や耳抜きを教わりいざ海底へ。

水深5m。耳抜きを何度かしながら底に到達。
最初は余裕もないのでおとなしくしてるが、一番最初に海底に行って待っていたのでだんだん暇になってきた。
P8160029
海底に手をついておとなしくしてたが、カメラを向けられるとつい。
P8160023
さらにエスカレート
P8160028

こんな写真ばかり見せられてもって声が聞こえそうなのでこの辺で綺麗な写真を

P8160039

クマノミです。

このときに面白いことに気がついた。
サンゴのかけらを拾って海底をガシガシこすると砂が舞う。
P8160034
がしがしがし。

すると、ご覧のようにあら不思議でもないか。

P8160033
魚が凄く集まってきます。やはり何か食い物が舞うのでしょうね。

で、こんなことやっていたら、一本目終了!

少し休憩して本命マンタポイントへ行き二本目のダイブ。

マンタ見られました。(笑)
台風の影響が残っていて濁っていましたが、手を伸ばすと触れそうなほど近くまでよってきてくれました。

P8160066
おおーなんかこっちに向かって来てる。でかいー。ちょっとこわいー

P8160067
おおー少し手前でかわしてー

P8160068
ななめ上を通過ー。

ダイビングが趣味の方からあとで聞いたんですけど、
「初ダイビングの割りにいい思いしすぎ」
なんだそうです。
マンタが石垣では良く見られるけど、あんな近くまで来てくれないからといわれました。

ラッキー(笑)

そんな感じで3日目終了。

明日は帰宅です。

最近

お久しぶりでございます。

ミニマルクリアで警察に捕まってしまって。(笑)

冗談はさておいて、何人かの人からは「どうしてるのー」とお電話を頂いたり、メールを頂いたり。

釣りにはそこそこ行ってはいましたが、タイミングとテクニックが駄目なので釣れません。まあ仕方がありません。

とうぜん、ストレス溜まりまくりで、いろんなものをいじったりしてます。

夏休みを人並みに取りまして、石垣島に遊びに行ってきました。

この不景気に奄美だ石垣だと行きまくりじゃんとお叱りを受けそうですが、仕事に対してのやりがいを芽生えさせるには休まないとね。

CIMG0550
こんな景色を見ると命の洗濯できるでしょ。

しかーし、声を大にして言いたい。

釣りには来ていません。観光です。純粋に観光です。

良く聞くじゃないですか。
「自分だけあちこち行ってずるい」 
たくさんの方たちのブンブン首を縦に振る音が聞こえそうです。(笑)

だから、チャミングはしておかないと。ですから今回は石垣島の観光を少々って感じです。

日程は3泊4日で行ってきたんですけど、石垣島には行ったことがなかったので、とりあえず色々やってみようと思いました。

初日。島内観光。レンタカーを借りてまああちこち見に行きました。

当然有名ポイントをハシゴするわけですが、景色を楽しむというわけです。
いろんな所に石垣牛が沢山飼育されています。
飼育環境はおおむね良好で広いエリアに放牧されており美味しいそうに草を食んでいます。そして日よけも完備。
CIMG0547
色が黒毛ですから流石に暑そうですけど。

道すがらこのようなものを沢山見かけるはずです。
CIMG0549

これはロールベールサイレージといいまして、草を刈り取りロール上にしています。そして冬場の草不足を補うためにこのままビニールで包んで保管します。そうしますと嫌気性菌による発酵がおこり普通の草よりも多くの有機酸を含んだ栄養価の高い飼料ができあがります。冬に草不足になりません。ですからこのロール状のものと、これを白いビニールに包んであるものは牧場の近隣で沢山見かけます。
800px-Bal%C3%ADk_se_sen%C3%A1%C5%BE%C3%AD[1]


北海道ではサイロという筒状の塔に草を上からどんどん詰め込んで踏み固めて同様の保管をしていますが、これが重労働で最近は北海道でもロールベールサイレージをやっている酪農家が多いように聞きます。
337px-Rokkosan_pasture11ps1920[1]
これに草を詰め込むのは大変です。

どのようにするかと言いますと、

朝。

まず、サイロの中に閉じ込められます。そしてフォークのお化けのような道具のみ与えられ、上から降ってくる草を一日がかりで踏み固めて一杯にすると上の小窓から出られます。

そうです。仕事が終わらないと出られません。きついですよー

さて話がそれてしまいましたが、観光ポイントは

玉取崎展望台です。
なんかやくざやさんの血みどろ抗争が想像されそうなネーミングですが。

絶景です。

こんな景色や
CIMG0562
こんな景色も
CIMG0567
そしてこんな景色も見放題です。
CIMG0568
写真で見るのはいいと思いますが自分の目に焼き付けておけば何時でも妄想のアイテムとして使えます。(笑)

まあこの時期は車からおりて少々歩いて汗だく。
戻ってみれば車がサウナの地獄絵図ですが・・・
それでも見ておく価値はありかなー。

んで次は石垣島最北端のポイント。

平久保灯台

まあ似たような景色にはなりますが、こんな感じです。(すでに絶景慣れしてます)
CIMG0572
この二箇所以外にも絶景ポイントは沢山ありますが、きりがないのでこの辺で。

観光地に行ったならば地元のものを美味しく頂く。これ基本です。


お店は「やまもと」炭火焼で石垣牛を食べさせてくれる。

150x150_square_1591764[1]上カルビ、上ロース、上バラ








150x150_square_1591766[1]ネギタン








150x150_square_1591779[1]お約束のオリオン








320x320_rect_1422913[1]













店の外観。

店に入っての第一印象。「けむい」

大人気のお店なので、店内には人が沢山。みんな「ジュージュー」やっているので換気扇が追いつかない感じです。肉の質も良いし、値段も観光地にありがちなバカ高でもなく良好でした。

大人気店なので、当然予約を前もって入れましょう。島に到着してからでは間に合いません。行く前(2週間前)に予約入れて行きました。

時間制限は1.5時間でフードファイトはしなければいけませんが、2時間3時間かけてゆっくり食べるものでもないと思うのでいいのではと個人的には思いました。

「石垣牛クン」君たちはなかなか美味いぞとひとり満足しておりました。

釣りは?

だから、してないって言ってましたでしょ。まあ軽い観光ガイドぐらいに考えてください。

初日はこれでおしまい。かいててつまんないっす。(泣)

記事検索
プロフィール

インチョー

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
  • ライブドアブログ