There's something about Incho

冒険釣具ブランド「BREADEN」 フィールドスタッフのインチョーのブログです。 釣行記だけでなくその他感じたもの見た物を書いています。 覗いてみてください何かヒントになる事があるかもしれません。

2011年05月

風が・・・

毎週、毎週僕の休日になると

風がぁッ 強烈に 吹く。

神様、いい加減にしてください。
休みが少ないんですから、せめて雨だけにしてもらえませんか?よく晴れて風がびゅうびゅうも結構ストレス溜まります。風びゅうびゅう、雨ザーザー、雷ピカピカ。

いい加減にしていただきたい。ただでさえも釣行日数が少ないうえに天気まで悪いんではやってられません。

しかしながら、それなりに出かけて釣りもしておりますが、


ポイントに到着した時点で上から下までびしょぬれ。(泣)
なんてことも多々経験しつつ、釣りになってません。昼間駄目なら夜に出撃。

最近メバルの面白さにあらためて芽生えていまして(笑)

で釣りに行ってるの?行ってないの?  行ってます。(喜)

釣りにいけないと体調が悪くなるんです。


仕方が無いんです。体調管理の一環として釣りに行ってます。


前振りはこれくらいで。


この日は魚が浮いていなかったような気がする。着水と同時の巻きの釣りでは全く釣れず、しっかりフォールさせてボトム付近をネチネチやると「もそっ」とあたるのを、「えいっ」と合わせると綺麗にフッキングします。

おかっぱりでも、ボートでもその日のパターンを見つけないと「負け組」になってしまいます。「負け組」になりたくないので必死です。とは言え、レオンさんの様に引き出しが多いわけではないので試すのは3パターンぐらいか。上か中層かボトムか。
レンジを刻むとも言いますが、そんなの誰でもやってるわ。

「いやいや」結構どこでもこれをきちんとやってみて下さい。レンジを意識するだけで全く釣果や楽しみ方が違ってきます。

そんなこんなで28cm
DSCF1401
尺は出ません。そう簡単にはね。
貯金はスッカラカン。

で、この日はバースの柱に沿ってフォール後の巻き始めて4回転ぐらいで
「もそっ」とか「ごん」が多かった。


そんなこんなでやってもやっても28どまり。

今日は駄目ねーーーなんていってたら。

じーーーーーーーーーーーーーーーーーい

おいおいまたやっちゃたか?

尋常じゃないドラグ音と竿のしなりに船長も飛び出してきて
「何?」
「シーバスじゃないなぁ」
「けっこう走るじゃん」
「うん、凄いトルク」
「メバル?インチョーまたやったぁ?」
「いや、なんか違うな」
「ゴンゴン首振り出した?」
「ううん、シーバスじゃないですよ」
「もう少し」
「はい、有り難うございます」とタモ入れに感謝

こいつでした。
DSCF1408 - コピー
黒鯛

駄目じゃないんですよ。50オーバーだし。

でもな、メバルのでかいのがいいな。

贅沢を言ってはいけません。

DSCF1396

終わってみれば尺は出なくともなんかドラマがあります。
近いうちにまた。


インチョー ロッド    GRF−TR74electro      
       リール    セルテート2500       
       ハンドル   Wハンドル(80mm)   
       ライン     ブリーデンフロロ4.0ポンド 

34.5cm

前回記載させて頂きました。ブログの続きでごんす。

先日某先生の結婚式にお邪魔し、マイミクなのに会った事がない人とか、新たに知り合いになった人とかと夜遅くまで親交を深め楽しい時間を過ごしました。
その中で仲良くなった人でPさんという方がおられまして、その方が現在出張で関東滞在中なんです。

「Pさんは今何処に住んでんの?」
「千葉です」
「千葉のどこ?」
「今、市川です」
「なんだ、近いじゃん」
「そうなんです」
「こっちきて全く釣りに行ってなくて」
「そう、つまんないね」
「そうなんですよ」
「じゃあ、行く?」
「行きたいです」
「わかった、段取りするわ」
「はい」

二人とも一応働いてますし(一応じゃないか)昼になかなか休みがあわないし、夜ボートでメバル釣りなんてどう?なんて事になりました。
少し前にレオンさんもいいの取ってるし、型狙いで行っちゃおう!

オッケーって感じで集合です。

最近お世話になりっぱなしの康友丸http://kouyuumaru.web.fc2.com/

この日Pさんとははじめての釣行なのでポイントの行きしなの時間にお互いの話をしながら時間を過ごす。

「震災の後なんか釣りする気が起きなくて」
「多いねそういう人」
「まわりで誰がどうのこうのってわけじゃないんですけど」
「そうだね、そりゃPさんが優しいんだよ、なんかこう辛い気持ちを共有してしまうとゆうかリンクしてしまうというかそんな感じでしょ」
「そうなんですかね」
「そう思うな、偉そうな事を言うつもりは無いけど、こんな時こそ普通にいろんな事やっていくべきだと思うよ」
「そうですよね」
「そうだよ、だから今日は釣ろう!」
「はい」

インチョーはただ釣りがしたいだけでしょ。という声が聞こえますがそんな事はありませんよ僕なりに色々ね。




さーて、最初のポイント


真っ暗な壁撃ち。

ちょっと戸惑うPさん。
ここの壁際を撃っていくよとアドバイス。壁のちょっとした変化を見逃さないで。


この人根が釣り人だわ。ケーソンの継ぎ目や水流の変化を見逃さないきちんと狙ったところに撃っていっている
こりゃうかうかしてると全部釣られちゃうぞー(笑)

「きたっ」
「いいねーどうサイズは?」
「わかんないっす」
そうなんですよ、僕自身も色んなところで釣りをしまくったわけではありませんが、場所によって引き方も違うし逃げ方も違うんですよね。シャローの魚はやはり取りにくいです。

でもきっちり寄せてゲット。

CIMG1082
そんなに大きくは見えませんが基本25ぐらいはありますから充分楽しめます。

「さあー、どんどん釣って!」

やはり、タイトに撃って壁際のフォールがいいように思いますが場所によってレンジがコロコロ変わる。
このとき二人ともレオンさんに習って尺ヘッドDの2gを使用中。

サイズアップ。
CIMG1084
でへでへになってきましたPさん。

「インチョー!」
「うん?」
「楽しいっす」
「うん」
「やっぱ釣りいいです」
「だろ」
「はい」
「やめる?」意地悪だね。
「やめないです」
「えっ、さっきまで何か・・・」
「なにも言ってないです」

なんだろ僕誰と釣り行ってもこんな展開多いなー。
楽しい時間の共有。


「今日は忘れられない日になるといいね」
「はい」

壁を少しずつ移動しながら、順番に撃つ。
一応私も
CIMG1086

Pさんもヒットしたので二人仲良く

CIMG1087
船長に君たちは真面目な顔して撮りなさいと言われつつもこの有様です。



さて、ここからが本番です。

沖のバース周り。先日レオンさんが32.5cmをとった近辺にさしかかる。

「このまえレオンさんが捕ったのはあそこ」
「ほーーー、やっぱこのへんは良いの出ますね」
「うん、しっかり狙っていいの捕ってね」
「はーい」ふたりしていい返事。

バースの柱が林立しているところ潮は船尾から船首に向けて強烈に効いている。ジグヘッドを調整し3gにする。
二人して船首に立ちいいところをそれぞれ撃っていく。

そして、そのポイントについた。

シチュエーションは同じ。

「あそこの間に送り込めたらなー」と思いつつキャスト。

なんか、こういうときってそこの場所だけなんとなく違って見えたりするんですよね。

ドンピシャポイントにキャスト。
フリーのまま一気に底に落としこむ。

5秒過ぎのところでベールを返しテンションをかけつつもう2秒ほどフォールさせる。

そこから少しずつ巻き始める。
適度なテンションを感じながら巻いてくる。潮下から潮上に巻いて来るのだからいい感じのテンションだし竿はエレクトロだから感度は抜群。


「ココッ」
グリグリグリグリリリリリーーーーって巻き合わせ。

「よしっ、のったー」

「ジジジーーーーーーーー」ひえーそっち行くとラインが切れちゃうからぁ〜〜〜

グリグリジージーの繰り返し。

船長が傍まで寄ってくる。

「シーバス?」

「いや、ゴンゴンしてますけど違いそうです」

「メバル?」

「多分」

「いいんじゃない?サイズ」

「そんな気がします」


Pさんも傍に来て

「インチョー、凄く竿曲がってますけど」

「うん、来たよ」

「銀色ですか?」

「いや、銀色ではないな」

「マジですか」

「うん」

何度かの突っ込みをいなし無事にネットイン。

「でかっ」
「インチョーヤバイです、凄いでっかい」
「インチョーやっちゃったーこれいったよ」
「凄い分厚い」

足の大きさとの比較
CIMG1105
どうです?27cmの足(ソレル、カリブー)との比較

で早速ブツもち。
CIMG1090
本人もびっくりの34.5cm

「船長に真面目な顔して撮れないの!完全なメモリアルフィッシュだよ」

はーーい。

img_1004267_35141771_1[1]
あらためて、34.5cm

自己記録更新。

船長と硬い握手をしてPさんとも。

「どんな感じですか?」とPさん
「いやー凄い引いたねーなんかトルクが凄かった」

リグの送り込みや感触の話をして直後

「来た!」とPさん

おいおいここで釣る?

「どう?」

「いい感じです」

「やっちゃったか?」

「いい引きしてます」

やはりバースから上手に引き剥がし、何度かの突込みをいなし、ネットイン。

速攻測定。

「これもいいよ」と船長

「やっちゃったねー」

「やりました」

メジャーをあてて
「32.5」おめでとう!
握手握手しまくりです。

「いやーでもさっきのに比べたら」とPさん

「贅沢言っちゃ駄目」(笑)

でも目が
CIMG1096
笑いっぱなしです。

img_1004267_35141771_2[1]
32.5cm

えーっと誰でしたっけ?さっきまで釣りがどうのこうの言ってたのは(爆)

その後もその場所で粘るもそれ以上のサイズは釣れず時間が来て

終了。

リリース前に生簀の魚を覗いてみる。

CIMG1100

小さいのでも23やそこらはあります。
あまりに小さいのはとっととお帰りいただいたので。


いい釣りさしていただきました。

このあと二人でラーメンで〆て。

後日、焼き鳥屋に行って祝杯をあげましたとさ。

20110428204805

おしまい。

タックルデータ

インチョー ロッド GRF−TR74electro      
       リール セルテート2500       
       ハンドル Wハンドル(80mm)   
       ラインブリーデンフロロ4.0ポンド 

Pさん    ロッド GRFーTX74M
       リール セルテート2506
       ハンドル Wハンドル筋肉質(94mm)
       ライン ブリーデンフロロ4.0ポンド

メバル

そろそろメバルの活性が・・・なんて考えてるといきたくなってしまうので

康友丸遊びに行ってきました。
http://kouyuumaru.web.fc2.com/


実は話が前後してしまっていて、

ミニマルの新色が出て少したった頃です。


ワームの釣りも奥が深いですし、周りにいるメバリストたちもおかしな方々が多いので訳わからん世界をさまよいつつ釣りしてます。酒を飲みながら、食事をしながらおかしな会話をしてあーでもないこうでもないと海の中に思いを馳せています。
しかしながら、生粋のプラッガーなので、どうしてもついついプラグにはしります。そう言う意味でもミニマルはシャロー、ノーマル、ディープとラインナップがそろっていますし、操作しながらつれるプラグという意味では魅力的なアイテムです。さらなるボートでの可能性や問題点をなんて考えながらの釣行でした。


ミニマルが物凄く釣れるシチュエーションは確かに存在しますが今まではノーマルだけでは攻めきれない場所も沢山存在していました。

瀬戸内のように激流になる場所が横浜界隈にも沖のバース周りに行けば存在しており、そう言う場所ほどいい個体がついておりそこにミニマルを送り込んで釣りたいと思っていましたところディープの定番色が発売され、その時に色々試したものです。

この日はミニマルのただ引きは全くと言っていいほど釣れませんでした。しかし、釣れない時ほど色んな事をやったりするわけでこういう時ほど引き出しを増やせるなんて思っています。

しかしながら、やっぱりワームがという日もありますし、この日は明らかにワームデーでしたね。

僕がミニマルで1匹釣る間に同船者は3匹
CIMG0219
壁際を綺麗にトレースしてその後のフォールでヒット。

しかしながら、シーバスに攻撃され易いので色々工夫してます。

その中から上手にメバルだけを釣る。
色を工夫したり動きを工夫したり。
サクラグローはメバルが良く釣れます。勿論その時の潮なり光なりベイトなりで違うんでしょうけど。
こういう感覚的な所も重要視してます。


CIMG0221
サクラグロー。しっぽ切れてますすみません

私見ですが、ブルーグローはシーバスのスイッチが入り易いんだろうか?

ナトリウム灯の影響なのか?

理由は不明ですがとにかくシーバスのヒット率が高い。
この色をエギマル120GTに塗ってみたいなー。

持ってるやつ塗り替えたら怒られるだろーな。(笑)


CIMG0230


そんな中でエビさんは確実に釣っていく。
CIMG0212
最近ポージングがかなり様になっている。




いろんなパターンがありましたが、この日はボトムとってダート数回後のフォールって感じでした。

これはミニマルディープの得意な釣り方なので、喜んで連発させて頂きました。


CIMG0208
でもね、この日の一番の出来事は、エビさんの尺。

壁際にタイトについている個体を確実に狙い撃ち。

初尺。(うそでしょって感じです)



30cm ジャスト おめでとうございます。
CIMG0233
よかった。よかった。

ポイントに対して上手から下手のポイント(バースの橋脚)に上手にルアーを送り込む。
このときにシーバスに邪魔されないことがコツ。

と報告。そしてこの後に師匠が釣りに行き良いサイズを

http://blog.livedoor.jp/takumikeikoyuya/archives/52675940.html

続く。

関東 スパイラル釣法情報

今回は マイミクのまぶさんからの御報告です。

4/29 30 と館山のアジロボートさんhttp://www.ajiaji.net/fishing/に行かれたそうです。

29日は7杯、
30日はマルイカ数杯のみでした(涙)
原因は、急な水温低下が原因のようです。
水深は、10メーター前後、まわりの方も同じぐらいのレンジのようです。

29日は、ベイトに付いてるのが取れましたが、30日は不発でした。

30日は漁礁が絡むブレイクが良かったようで、私達は入れませんでした。 

29日には、館山と岩井共に二キロアップが釣れてるようです。 

ということです。

水温の影響を受けていてなかなか安定していないのかも知れません。

みなさん頑張りましょー。

ゴールデンウィーク中に良い釣果に恵まれますことを。 

記事検索
プロフィール

インチョー

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
  • ライブドアブログ