There's something about Incho

冒険釣具ブランド「BREADEN」 フィールドスタッフのインチョーのブログです。 釣行記だけでなくその他感じたもの見た物を書いています。 覗いてみてください何かヒントになる事があるかもしれません。

2013年03月

癒しの釣り

癒し。

なんと良い言葉でしょう。

心や身体を満たしてくれそうです。

お酒?

勿論、美味しいお酒大好きです。

食事?

美味しい食事大好きです。

今はモツ料理屋さんにハマっています。

画像1

画像1


でも、それよりも

釣りに行く!って行為が癒しです。
そして、誰と行くかです。

ただ、常に来年のカタログの写真をという意識はあるのてかなりこだわって写真は撮っています。
画像1

撮影の瞬間のアクタさん。(笑)

新しく出たミニマルの新色をためしに。

画像1

管理釣り場に!

画像1

陸っぱりメバルに!

他愛のない話、ゆるゆるとした時間。

人生には必要だと

思います。

フィッシングショーは慌ただしい日々でした。たまにはoffしないと。ね。

では、またです。

横浜フィッシングショー

3/22〜24までの3日間。
ヨコハマフィッシングショーにお越し頂きました皆さん。有難うございました。

楽しんで頂けましたでしょうか?

そして、我々は新しい「何か」を提供出来たでしょうか?

毎年沢山の方とお話をして楽しい時間を過ごしとても幸せな時間です。

終わると喉がやられて、声がだいたい潰れます。(≧∇≦)

昨日は終了後、恒例の皆んなでフィッシング。
騒いで釣って、どんだけ騒ぐんだの大人達。

このパワーが、この勢いが、この弾け具合が、「何か」を提供する源です。

僕も皆さんに負けない様に、そしてブリーデンの仲間に負けない様に

頑張ります。

皆さん、有難うございました。
画像1


画像1


画像1


画像1


画像1


画像1


画像1

メバルゲームの「きも」

この時期は忙しいです。

ヤリイカはどんどん浅場にさしていて釣り方のバリエーションは拡大するばかりですし。あれもやってみたいし、これもやってみたい。

なんてやっておりますと、最近メバル行ってないんですか?とか言われ・・・・・

で、メバル行って来ました。

短時間の中で面白い結果を出したい。


贅沢ではありますがボートゲーム主体になります。

潮は中潮
上げ一杯が午後6時30分
下げ一杯が深夜12時30分

出船は9時過ぎ、

一応、潮がずっと効いている予定。

そろそろ、バチ抜けの話もききますが、ベイトは小さなイワシ。5〜7センチ位でしょうか。

ポイントに連れて行って貰い投げるわけです。

まず、ポイントについた時に意識するのは
潮の効く効かない
潮の向き
水色
ベイトの有無
光の指し方
泡の有無

先月のブリーデンタイムズでも書きましたが、大きい個体が着いている場所には一定のルールがあるわけです。

そうすると、おのずと投げる場所、ルアーを通す方向、などが決まって来ます。

良い個体は良い場所に。

これが鉄板だとおもいます。

画像1


明るい場所でもボトム付近をネチネチやると必ず歓迎してくれます。

やはり、明るい場所はちびっこですね。

画像1

ちょっと暗がりに行くと20後半がご挨拶。

でも明るいところに投げると、

画像1


やっぱりこのサイズ。

いつも、検証をしていて前半が終了みたいになる事が多いです。

では、横浜のボートゲームのワンシーンと考え方。勿論陸っぱりにも通用するでしょうし、一つの意見として読んでみてください。まず、下のイラストを見て下さい。
画像1


船の進行方向は右から左です。
風はなく、潮流にのって流れていくのを修正かけるみたいな感じでしょうか?

ここで重要なのは、何処にデカイ奴が居る可能性が高いか?

この時下のイラストの様に流れていました。
画像1



ここでポイントに番号をつけます。

画像1


まあ、誰が考えてもこの3ヶ所ですよね。
投げる順番は?僕は2→1→3の順番に投げます。これは潮流が右から左と言う事とミスバイトがあった時に場荒れする事、船が少しずつ流れて行く事、キャストするポジションがボートの何処かと言う事とを考えるわけです。

すると、
画像1

こんな感じで釣れる場合もあります。
32センチ。

ついつい、投げまくる事にむきになってしまいますが、少し周りを見てみると新たな発見があります。中々潮の動きを感じるのは難しいです。何故なら自分も潮の上のボートにのっているわけで、潮が効いている、効いていないを感じにくいと思います。
自然と対峙する遊びですから風や潮や太陽と友達になりませんと。
また、報告します。


さて、今週末はいよいよ国際フィッシングショーです。
詳しくは
http://www.jaftma-jaff.com/

我らがブリーデンもブースを構えお待ちしております。

タックルデータ
ロッド ブリーデンGRF-TR74electro
ライン ブリーデンフロロ4ポンド
ルアー ミニマル50 65 13vib30

Light イカゲーム

釣り新聞さんや釣り雑誌さんが最近のLightなイカゲームに注目して頂いております。

うちのボスが10年以上前から真剣に取り組んでいたケンサキイカゲーム。

夏のお祭り騒ぎ的なブームとは違う本当の一つのイカゲームとして確立してきているように思います。

ここで、あえて僕は言いたい。
「凄く行きたいのに遠いんだ。(T ^ T)」

本当にそうなのよ、昨年も挑戦しました。
シーズン終わりが遅い鳥取の方まで遠征を考えていましたがやはり遠い。関東から日本海側は遠いんです。

楽しいよーって話を聞くたびに行きたいなぁってずっと思っています。実現出来てないわけです。

でも、あるじゃん。近場で似たような釣りものが。

マルイカ?

関東ではマルイカ釣りが盛んで竿を叩いたり、小突いたりの独特の釣法が進化し、なおかつ釣り道具もそれに伴って変化してきています。でも個人的にはタイプがチョット違う気がします。

ではなにが?

あるじゃないですか

ヤリイカが、(((o(*゚▽゚*)o)))

深い?

確かに場所によっては水深150とか200m越えとか聞きます。

茨城県鹿島は、、、、浅い。(^O^)

いまは、50〜60mぐらいまでになってきました。これはケンサキイカゲームに近いのではと個人的に思っているわけです。

自分の感覚を研ぎ澄ますための勉強ですから往復300kmの距離は苦になりません。

もともとはプラ角と浮きスッテを枝で出して沢山の烏賊を一度に捕獲し、広いタナを上下に誘っていく釣りな訳です。群れが大きく活性が高ければ2点3点掛けどころか7点8点掛けまで見たことあります。

この釣りの醍醐味はやはり多点掛けに尽きると思います。お土産は少ないより多い方が良いですから。

ですが、楽しみを犠牲にしている部分もあると思います。太いPEラインや重たい錘に耐えられる強靭な穂先はボンヤリしていると鯖の当たりすら見落としかねません。当然、ヤリイカの繊細な当たりは感じませんからプラ角に掛かってからの動きでのったのらないとなるわけです。確かにLightの竿でこれらの重量勝負をやったらキツイですね。

ただ、明確に違いを知っておくべきなのは烏賊とのコミュニケーションをとる?とらない?の変態チックな世界なのです。

もう少し申し上げるならば烏賊とのやり取りを楽しむです。この感覚はまるで中毒です。

誘う、当たる、また誘う、当たる、合わせのらない。また、誘う、これはイカとのやり取りと言うかコミュニケーションだとおもいます。アオリイカもそうですが、水中でのイメージが出来る出来ないが釣果に大きな違いが生まれます。

釣り方、これはケンサキイカのLightゲームに準じて中錘式やエギ単体直結式に加えて、プラ角をブランコで使う方式もあります。
画像1

個人的にはスピニングリールを使った中錘式が一番好きです。

画像1


やはり、下向きにぶら下がっているリールの安定感は変え難い。スピニングリールでは具体的に深さが数字では現れないですが、糸の色でのおよそのメーターはわかります。ヤリイカは昼間の釣りでケンサキイカのようにレンジがめまぐるしく変わらないように思います。基本ボトムから20m以内ぐらいでしょうか。今迄で一度だけ水深100m越えの場所で60mがヒットゾーンと言う事がありました。

ボトムを取って、そこから誘い上げてくるのが多いです。今回はそれがハマり連発しました。
画像1


更に「当たりの質」が色々あります。
ツンツン、ヌッと重くなる、抜ける、表現は色々ありますがこればかりは行く度に新たな発見の連続です。

それと言うのも理由は簡単です。
こいつです。
画像1


見えにくいですか?
画像1


全体ですか?
画像1


見えない?

じゃあ、来てください。手に取ってください。
パシフィコ横浜で3月22日、23日、24日
国際フィッシングショー2013が行われ我らがブリーデンも出展します。
http://www.jaftma-jaff.com/

新しくブリーデンから発売されます。
BG Light。

いままでのBGも凄かったがLightは感度が

ヤバイです。

烏賊との通信機器すなわち、
僕らにとっての携帯?
いやいやスマホ?
いやいやiPhone?という具合に通じ合えます。


烏賊との通信機器!

その名はBGLight!

イヤーうまい事言うなぁ僕。自画自賛馬鹿

いま迄の竿がまるで糸電話に思えます。
かなり嘘くさいなここ迄言うと、でも使って貰いたい。
釣友のチキューさんは
画像1


「何ですか?この感度!」
「でしょ(笑)」
「ええっ」
そのあと黙りこんでずっとブツブツ言ってました。

かわいそうに、感染しました。
BGLight病。

ワクチンはありません。

特効薬しかないんです。
何処で売ってるかって?

まずは、フィッシングショーに来て触ってみてください。

僕は23.24日とブースに居ります。捕まえて下さい。色々お話しましょう。

タックルデータ
BGLight70S/kensaki
BGLight70B/kensaki



ヤリイカあれこれ試してます

ケンサキイカをやりこんでいる人たちに言わせると、ライトのヤリイカ釣りは「かなり、近い」らしい。

したがって、夏のケンサキイカに対しての予行演習というか、一年中墨にまみれていたい僕としては毎週鹿嶋に通ってます。

楽しい。(^∇^)

普通に乗り合い船に混ぜて頂いているので特に面白いです。

何故かって?

ライトのヤリイカに対してヘビーと言って良いのかわかりませんが、

ベビーな方々が釣れない時に、当たりを取って釣る。(≧∇≦)

船長が、
「はいー.ミヨシのライトの方釣ってますね」とかアナウンスを入れてくださるので楽しい限りです。

ある意味、ミヨシはお立ち台的な位置なので目立ちます。(笑)

釣れないと晒し者です。(T ^ T)

ヤリイカ釣りのヘビーの方は、沖釣りをやられている方からすると道具の汎用性はたかいので問題ないのでしょうが、ゼロからとなると金額面で敷居が高いです。

ライトのヤリイカはあまり敷居が高くないので、竿やリールの総額は新品を買っても5万円以内ですかね。

セコイこと言うなですか?


大事なことです。長くたのしむためには予算も重要です。

何よりお土産が喜ばれます。

今、こだわっているのはどのような当たりの時にどうしていくのか、往々にして向こう合わせになりがちですが、潮止まり付近の渋い時にいかに乗せていくかが楽しいです。

まさしく、変態です。(笑)


しかし、深さ
130m越えの手巻きはちょっと


辛い。


甘い誘惑が囁くのです。

電動リールあるよ。

左巻きの電動リール出たよ。

けっ、僕はそんな根性無しではないよ。

画像1


えー、根性無しです。

生まれてこのかた電動リールというものを買った事が無いので、、、、(^O^)


で、どうなの?


楽です。巻き上げの作業は楽です。

ただし、ライトと表現していいかの疑問は生まれます。

何に対して軽いかです。

絶対的な評価ではなく、相対的な評価ですから。

今回やはり感じてしまったのは。


繊細な当たりは取りにくくなります。

ましてや、バッテリーがリール本体に付属する手持ちタイプのバッテリーは向いていないと思います。コードをつけて使用するのがベスト。

ところが、今回購入したシーボーグ150は糸の設定が0.8号迄しか出来ないので、

まあ、電動であまり細糸は使わないですから必要ないと言われればその通りですが、

バラしが多くなりました。やはり、手巻きの良いところは加減して巻くという行為が存在しているからですね。

ゲーム性の高さを考えてのセッティングとお土産確保のセッティングの二本持ちですかね。

奴らの活性が高く、入れ乗り状態の時には電動で手返し良く、潮止まり近辺の当たりはあるけれど繊細なという時は手巻きなんてのが今後の展開かなと思ってます。

色々やってみます。

画像1


じゃあ、繊細な当たりを何で?

今のお気に入りは

SWG-BGlight70B/kensaki

この竿は今迄感知し得なかったまとわりつきや、触り、接近の揺らめき迄もアングラーに教えてしまう。

あー、とかうわー、って騒いで周りにいい迷惑かもしれません。

楽しい事請け合います。

画像1
記事検索
プロフィール

インチョー

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
  • ライブドアブログ