ボートに乗ってのエギングは大好きです。

最近話題のティップランや今日お話します春烏賊ゲーム.


どちらも大好きです。

オカッパリにはオカッパリの魅力はあるようにボートゲームにも同様の事はいえると思います。


メジャーな釣りになって来たティップランエギング。風に乗ってどてら流しでポイントを攻めていきます。


餌木の投入は船に対して風上に投入です。

image
ごめんなさいね、上手にイラストを書くスキルがないもんで(汗)


春のボートエギングはポイントをもう少しピンポイントに攻めていきます。
どてら流しは同じですが、餌木の投入が風下です。さらにキャストします。
位置関係は下図のようになります。

image

最初に根の手前
ついで根の奥側
最後に根の中央

image

というイメージで攻めていきます。活性の高い個体から拾っていく考えです。

そして、今度は水中のイメージです。
image

大きい個体ははボトム付近にいますが、きっちりボトムをとる必要はありません。

全体を申し上げると・・・
風下に向けて根の手前を狙ってキャストします。当然エギはフォールしていきます。着水と同時にカウントに入り底から2メーターぐらいのイメージで誘っています。難しいしゃくりはいらないですが、メリハリを効かせるイメージは持っています。春の大きい烏賊は産卵、交接を意識していますので秋の新子のように元気良くあたりませんし、どちらかというと居喰いのような押さえ込むようなあたりが多いです。

問題はあたりのとり方です。風上から風下にキャストして、エギがフォールしている間も船は根に向かって流れていきます。糸ふけが出るのでそのままにしておいてはあたりはわかりません。

ではどうするか?船の流れるスピードに同調するようにリーリングします。
この時に凄く重要なのがフォール中の餌木の安定です。

不用意にリーリングをしますと餌木のフォール姿勢がピコピコ動いて烏賊が嫌います。

あくまでも自然に、フォールしているのを邪魔しないリーリングを心がけます。

この時に使う道具は

エギマルの4.5モンスター、4.5シャロー、5.0モンスターです。
これはボディサイズの大きい餌木のフォールの安定がヒット率の向上につながると思います。

では、どのようにあたりが感じられるか?

ずばり、リーリングの違和感です。

重く感じられるます。

しかし、これはリールの性能というよりもロッドの性能に依存していると思います。リーリングする時にラインがガイドを叩くような感覚があるロッドはイマイチです。
ティップで当たりをとるタイプのロッドではこのようなロッドが時々見かけられます。

さらにラインをはじくように感じたり、元気良くエギを掴んでダッシュする烏賊もいますので様々です。

あたりの出の良さが釣果に大きく差が出ます。

今シーズンはSWG−SPECIMEN76tiptop”TORZITY”を使っています。

相変わらずの高感度に惚れ惚れ!

トルザイトガイドの抜けのよさはフォール中のラインの抜けのよさや、キャスト時のトラブルの少なさを実感しています。もちろん感度はばっちりです。
  
おかげさまで・・・・

image

キロアップ

image

道具の違いって大きいと思います。

わーいわーいの2600g
大喜び(笑)

image
大喜びの図

でも、館山の魔王のお陰です。ありがとう。

タックルデータ

ロッド 
スペシメンシリーズ
SWG−SPECIMEN76tiptop”TORZITY”

リール
イグジスト2500

ハンドル
ブリーデン
カスタムダブルハンドル(カーボンタイプ)

ライン
PE0.8号 
リーダーフロロカーボン2.5号

エギ
ブリーデン エギマル4.5モンスター(鯖街道)
                      (泉州なす)