There's something about Incho

冒険釣具ブランド「BREADEN」 フィールドスタッフのインチョーのブログです。 釣行記だけでなくその他感じたもの見た物を書いています。 覗いてみてください何かヒントになる事があるかもしれません。

2017年10月

アジング

釣友の橋詰師匠に誘われて毎度毎度のジョーズさんへ。

いつもと違って明るい時間15時30分から出船です。

image


明るい時間でのボートアジングボートアジングはあまりなかったので新鮮です。
もともとは仕事終わりで行って短時間で充実した釣果!これが魅了された理由でもありますし。

お陰様で安定した釣果でした。
image


テンションあがって
image

ニコニコです。

これからのハイシーズン、どうやって予約入れていこうか課題です。

image


人気のガイドサービス。
ジョーズガイドサービス

だんだん年末に向けて予約取れなくなってくるなぁ、 

image


アジの活性はそこそこ高くて、あたりも多く、楽しめました。レンジはコロコロ変わり、群は移動と出現を繰り返してくれます。ツンデレの女子を追っかけてるみたい。と、誰かが言ってました。(笑)
潮汐は以下の状態です。19時30分までやりました。

image


タックルデータ

ロッド

BREADEN
プロトアジングロッド
チタンソリッドトップ410
カーボンソリッドトップ410
カーボンチューブラトップ410

リール

シマノバンキッシュ2000C
ダイワプレッソ

ライン

よつあみ
ポリエステルライン0.3号
リーダー0.8号フロロカーボン

オードラゴン0.4号
リーダー1.0号フロロカーボン

ジグヘッド

BREADEN
キラーダート1.5g、2.0g、3.0g
相撲ヘッド普通軸0.6g、1.2グラム

ワーム

BREADEN
NejiNeji


また報告します。

新しいアジングロッド その3

新しくリリースされるアジングロッド410シリーズの最後に紹介するのはカーボンチューブラートップ。単純に硬さだけを比べるとこのロッドが3本の中では1番硬いロッドです。

image


左から「チタン」「カーボンソリッド」 「カーボンチューブラー」

ではどのようなシチュエーションで使っているか?

比較的重めのリグを確実に動かしていきたい時に使います。
何故重めののリグ?、、、

深いエリアでの釣りをするときには軽いリグではボトムまで沈めるのにすごく時間がかかってしまいます。さらにオカッパリとは違って絶えず水に浮いている訳ですから足元の安定は非常に悪いです。その状況では軽いリグでボトムをうまく感じて、細かい事をするのはかなりの熟練が必要です。

そこで、深いところは重いものを使いませんか?と提案しているわけです。(笑)

深いところで重いリグを使ってキビキビ動かすためには張りの強いロッドが必要ですし、ただの棒の様なロッドではお話なりません。カーボンチューブラーとしては攻めに攻めた細さです。
リグがクイックに操作出来て、あたりもきちんと捉えられるという点では前述のチタンソリッドやカーボンソリッドとおなじです。あたりを感じてかけていくことに楽しみ見出しているわけですから感度は抜群です。

僕が好きな使いかたはテキサスリグの先端に相撲ヘッド普通軸の0.6グラムを取り付け、エギングのようにしゃくり上げすぐさまテンションをかけてテンションフォールをさせます。そのフォール中に「つん」「かん」「きん」「くん」などというあたりを感じて合わせを入れています。

かけてしまえばこっちのもんです。見てください。強力なパワー秘めたロッドティップ!
image

image


感度を保ちつつ、しなる事での溜めを作る。わかっていますし、口にするのは簡単ですが、、やってみるとなかなか思い通りにはいかないもんです。今までの2本のロッドもそうですが、ガイドの設定次第ではまったくの使いものになりません。

沖のバースで、潮が過跳(かっとび)っている時などは是非使っていただきたいし、ターゲットのアベレージが大きめの時、ストラクチャーが入り組んでいて絶対に走られたくない時などはもってこいです。

テストでは70アップのシーバスや大きめのメッキなどもかけていますが、余裕で上がってきます。ビーバイブやミニマルなどの重さのあるルアーを結んで狙う時にもアクションがさせやすくおすすめです。

3本のロッドを簡単ではありますが紹介しました。もちろんメバルに使ってもいいんです。早春の繊細なあたりを感じかける喜びを知ってしまったあなたは。

後戻りできません。(笑)
是非手にとって感じて見てください。
記事検索
プロフィール

インチョー

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
  • ライブドアブログ