さてさて、いよいよ本題です。

4時過ぎにはスタッフの方々は集まられており、会場に
物の搬入も行うことが出来ました。気合入ってます。
暗がりの中真っ赤なブーツの「エギZさん」、

カッコよかった。


真っ暗な中手探りで船の準備のお手伝い。

準備をしているとあっという間に夜明けです。

6時過ぎには開会の挨拶。


CIMG1743
この方には「緊張」という文字はないのでしょうね。
大会のいきさつ、募金の趣旨を含め説明されていました。
CIMG1740
ルール説明中のイカ先生。前にいるのがBOSS

大会にこられた方よーく自分の写真確認してみてください。
僕が初めて香港のエギング大会に出た時、うちのBOSSが
一体何枚写りこんでいたことか。
一番後ろで写っているサングラスのハンチング帽の男は
「幽霊」  じゃなくて、BOSSです。

例えば
CIMG1819
これがまた上手いこと見切るんですよね。
邪魔って言われない微妙なでっぱり。
竿作りも凄いけど、こっちはもっと凄い。(笑)
後ろの方はエギを貰って下さった方。

ありがとうございます。


震災の被災者を代表して「はやとさん」が、その時の
様子を説明してくださり、救援物資に対して感謝の言葉を
述べてらっしゃいました。そして、救援物資を受けた方々
からの寄せ書きを持参して頂き僕も見せていただきました

なんか、震災は心が「きゅー」ってなりましたが、その後の
復興の様子や完全ではないにしろ、上手く行き始めている
話を聞くと心が「ほっこり」します。(笑)
CIMG1751
さて、やや肌寒い中「心」は暖めてもらって、振り返ると

光の中にブリーデン健太郎さん。
CIMG1746
かっちょえー

さーて。大会のルールはこうなります。
5杯の重量の合計を競います。
ボーターは乗れる人数を告知し、くじ引きで選ばれた人を
乗せるという仕組み。誰と誰が乗るのか蓋を開けて見るま
でわかりません。

今回の大会の凄いところは。

まさしく、「運」 次第です。(笑)

順位に対しての評価は非常に低いです。

大事なのは「運」 これに尽きます。
次に男でないこと、女性アングラーは大切にされます。
更に大人でないこと。子供は国の宝(笑)

最強は  「女の子」 です。

アキレス2馬力艇はチーム デシ&インチョーで出撃です。

5c2953dd[1]
健太郎さん!写真貰っちゃいました。スンマセン

デシさんごめんなさいね。最初に謝りますね。
僕らどう見ても参加者の中で一番怖そうに見えます。(爆)
竿があるからいいけど、沖で取引に向かう方達みたい。

期待に胸を膨らませて、出発です。

前日の先生との会話です。

「先生!烏賊絨毯って聞いてるんでガンガン釣れますね」
「・・・・・・・・・いや」
「どうしたんですか?」
「インチョーさんが来たか・・・・」
「えっ、よく聞こえません」
「インチョーさんが来たから釣れない」
「えっ、またですか」  自分で言っちゃ駄目ですな
「台風が行った後から不調なんです」
「それと、僕になんの関係が」
「いや、インチョーさんが来たからです」
「えーー、そうなん?」
「そうです。」
「スイマセン・・・いやいやおかしいでしょ」
「どうしてくれるんですか、上手くいかなかったら」
「そんな事言われてもぉ」

軽いジャブの打ち合いが始まります。

「だいたい、先生が既に烏賊を釣りきったんじゃない?」
「いやいや、ちょっと前まで釣れてましたから」
「じゃあ、ちょっと前の後に釣りきったんですね」
「いや、釣りしてないし」
「嘘をはだめです。釣りしないと病気になるでしょ」
「釣りしてません」
「いやー顔色悪いですよ、病気でしょ」
「疲れてはいますが」
「僕のせい?」
「そう・・・・かな」
「そうかぁ、すいません」

まあ、いつもこんな会話が繰り広げられています。
真面目な顔でしている話はたいがいこんなもんです。

内心凄い不安で、釣れなかったら嫌だなとか、自分だけで
なく皆さんも沢山釣れて欲しいなとか、5杯釣れるのかな、
とか頭の中ぐるぐるです。

アキレスさんから提供して頂いたボートは3艇あって、
乗るメンバーは4人。
どうします?  2艇使っていきましょう。
アキレス艇2艇は一緒に動くことにしました。
理由は簡単です。

魚探が一台しかないので、ポイントが絞れません。
ポイント選定を任されました。責任重大です。

まずは事前情報で15m付近あたりがいいですよみたいな
話なのでとりあえず沖を目指す。
すると、15m付近には沢山のボーターが群れています。

CIMG1754
では、このあたりで行きましょう。
魚探を使い根を探します。

はじめる前に スパイラル釣法の軽いレクチャー。

1 底をとる。
2 しゃくる。
3 ラインテンションをかける。
4 あたる。
5 あわせる。
6 GET!!

以上。みたいな感じです。
当然身振り手振り竿振りはしてます。
ですけど基本はこんな感じです。

僕が説明させて頂く時は兎に角きちんと底取りを!!
アクション後にエギに不安定な動きをさせない事!!
これをしつこいぐらいに言います。
まあ、先生の受け売りですけど(笑)

特に潮が効いていたり風が強くて船の流され方が早いと
エギが着底出来ずに中層を漂っている場合がありますし
不安定にフラフラ動いているエギでは釣れません。
ヒット確率が落ちます。参考にしてみてください。

ここまで説明してもわかりにくい?
困りましたね。わかりました。
皆さんにはそっと教えましょう。
これこれ

33183e68-s[1] - コピー


本で勉強し、イメージを膨らませ実践する。 最強です。
07e83f5e-s[1]

読んでみて、釣りをして、そしてまた読む。

一家に一冊
各部屋に一冊

33183e68-s[1]
新しい発見が、、、よく書けてるなーって思います。

上から目線じゃないですよ、とても24歳の若者が書いた
とは思えません。(これでいいですか?先生) 尊敬です。


さて本線に戻ります。

デシさん本当にスミマセン。
巻き添えと思って我慢してください。
人相悪いチームは15mラインから流し始めます。

そして、いきなり
「インチョーさん!、来ましたぁ」
「よっしゃー」
「うれしいです」
「やったねぇ」
CIMG1760
ちょっと竿の曲がりは弱いけど(笑)

GET!

CIMG1761
サイズは問題ではありません。
釣れたのではなく、釣ったんです。
当然、喜びは大きいですね。
CIMG1762

同乗者が釣れて一安心。
では、僕も釣ろうかなっと、すると
「来ました。」
「デシさんまた来ましたか」
「はい、来ました」
「おめでとうございます上手いですね」
t02200165_0800060011510543906[1]
ほんとに良かった。


僕も5杯は釣りたいなー
「また、来ました」
「おーすごいですねー」
t02200293_0800106711510543907[1]
うんうん、爆釣だね。

「またです、来ました」
「素晴しい、どんどん行っちゃって」
「はい」
本当に遠慮なくガンガン釣ってくれてます。
テンションMAX!!!!
t02200293_0800106711510543905[1]
スミマセンフラッシュたけば良かった。


「また、来ました」(笑)

僕にも釣りさせて(泣)


インチョー、写真は?
ほら、カタログ用の写真もいるし、キープしとかないと
ねっ、ちょっとだけ。(かなり、デシさんの写真無断使用)
t02200165_0800060011508916415[1]
エギが不安定な抱き方だよね。
繊細な当たりを取ったと言う事にでもして下さい(汗)
o0800060011508916417[1]
何を釣りに来てんだか(笑)

アキレス艇のお二人さんも釣ってます。
しかしながら、今一実感としてという感じだったので

もう一回レクチャーしましょう
今度は身振り手振り竿振りアーンドエギ振りで説明

「わかった!」

といっていただき理解して頂いた感じでした。
何故かって?


その後釣ってらっしゃったので。(笑)
気がつくと11時過ぎ、

楽しい時間はあっという間。
デシさんも初スパ釣で15杯釣ってくださり満足。

途中でツリック師匠と気気鵑鯣見。
CIMG1768
やっぱりミヨシなのね。今回は仕方ないか

陸にあがり、写真撮影やその他諸々

t02200165_0800060011508958164[1]

t02200165_0800060011508958165[1]


CIMG1771

そして表彰式

ここで重要なのは社員や僕は・・・・

絶対に入賞しないことです。いいですか絶対にです。


1位、2位、3位、これは釣らなければいい訳で僕にとっては
ハードルは非常に低いです。(泣)

しかし、の大会は13位の商品が凄くいいんです。

これにあたらないように

「よける」  

これは重要です。わかりましたか?健太郎さん(爆)

そんな事言ってもーーーと声が聞こえますが、

駄目です。よけてください。

僕なんか初めてのの大会はなんと

「14位」どうです?神業でしょ(笑)

お子さん連れおおいに結構(笑)
お父さんより景品もって帰りますよ。
CIMG1816


あと、ツリック師匠、並びに気気麁賞おめでとうございます。

CIMG1793
先生とツリック師匠

それよりも、困ったチャンはこの方です。
座右の銘は「公私混同」
気気

CIMG1800
竿を持って帰りました。

楽しい表彰式はどんどん続きます。
僕の持っていったエギを貰って下さった方たちや声をかけて
下さった方たちとの写真です。

有り難うございます。
CIMG1820CIMG1825

CIMG1821CIMG1822

CIMG1823CIMG1824

CIMG1826CIMG1826
         BOSSと同じ血が流れてますな↑
CIMG1827CIMG1828
 

CIMG1773

DSC_0096

CIMG1833

CIMG1832
N@BEさんと一緒に! 同じアグレッサー(スズキの船)乗り
仲間です。

その後港内清掃です。
d43db9a8[1]
あるもんですね。
で、大会終了。

大会前に釣れないとか、先生が烏賊を釣りきってしまったと
か、先生が烏賊を釣りきってしまったとか、先生が烏賊を釣
りきってしまったとか、先生が烏賊を釣りきってしまったとか
言われていた大会ですが、

皆さん、程ほどに釣れて良かったです。

インチョーはこれで釣れない伝説とはおさらばさ(笑)

大会実行委員の方たちの打ち上げにも混ぜて頂きました。
CIMG1836
焼肉

しかーーし。
調子に乗って飲みすぎて陸にあがっても船漕いでました。

写真がなんと2枚しかとってなくて。

スミマセン。
これでカラマリクラッシック イン 能登2はおしまいです。

皆さんお疲れ様でした。そして、有り難うございました。

飲みすぎ注意!!

タックルデータ
ロッド   ブリーデン SWGーBG74swinging
リール    ダイワ イグジストハイパーブランジーノカスタム2508R
ハンドル  ブリーデン カスタムダブルハンドル(カーボンタイプ)
ライン   ブリーデン プロトラインPE0.6号
リーダー  フロロカーボン 2号