ボートゲームにおいて大事なポイントは沢山ありますが、僕はドラグの設定は大きい個体を狙っていく上で特に重要だと思います。

それは、ポイントによって設定値の変更が必要だと思っているからです。

かなり昔の事になりますが、ルアーフィッシングをはじめたばかりの頃です。

今使っているリールの性能とは程遠い性能のリールでドラグをひとつ締めるとキツイし、ひとつ緩めるとズルズルに出て行くしの中で、順調に寄せて来た魚に最後の突っ込みでラインブレイク。

泣くに泣けないジ、エンド。

あれはデカかったと言えば言うほど虚しくなるし、、、、情けない思い出です。

なんでそんな事を言うかと、、、


先日かけた瞬間、デカイって解る引き。

慎重に寄せはじめた時に、

「フッ」って、

ええー、何にも無茶してないし、

ああ〜、(T ^ T)

いや〜すごい引いたわ〜、黒鯛かな〜なんて言いつつルアーを回収し、フックをチェック!(伸びたら交換しましょうね)
フックはOK!

そこまでならまだしも、回収したフックを思わず二度見。

フックにデカイ鱗が刺さっていて、それもメバルの鱗。

どう見ても軽く尺はあっただろうなって感じです。


では、みなさんにもこのような想いはしてもらいたくは無いのです。

ではこの時どうすれば良かったのか?


寄せられるギリギリまでドラグを緩める

これが正解です。

では、、、よく聞かれるのは、

何kg設定で?

実は、初期にドラグを何kgでかけてあっても、かかった魚によって釣りながらドラグはいじるのので、中々何kgって答えにくいです。

流れ的には、
キャスト、あたり、あわせ

重みを感じて、必要によって緩めたり、締めたり。

船べりまで寄せてきたら、ドラグは緩めます。
何故って?

船を見た途端走る魚がいるので、ラインブレイクとフックアウトとフックブレイクをしないようにするためです。また、ラインが短くなればなるほどロッド、ライン、ルアーまでの伸び率がおちますので無理がかかります。

それが船べりバラしの理由です。

カサゴやソイの口に比べるとメバルの口は柔らかく、口切れも起こりうることです。

これらを総合判断してドラグを決めます。

文書にするのは簡単ですが、実行するのは結構大変です。でも、意識してみてくださいな。何かが変わります。

2014-04-18-12-19-36