イベント鑑賞

2005年11月06日

昨日楽器フェア・北川和美さん帰国・本田美奈子さん訃報

610d49cb.jpg昨日の楽器フェアについて。
マニアックなメーカーの出展が減っているのが少し寂しく感じたことについてですが、やはりそういうお金はないけど面白い出展というのは来場者の目をひくので、是非主催者側でお金を出して招聘してもらいたいものですね。

面白い楽器といえば、最近はビギンの弦楽器「一五一会」とかありますが、もう少し新しさやアート的な方向性でアルプスシリーズを作った元プラスチックスの立花ハジメや魚器(NAKI)シリーズの明和電機とかを招待したらどうなのか。ブースではなくイベントスペースでもいいので。すでに以前に出演しているかもしれないが…

写真はスタインウェイのピアノを試奏する人。私もバンドネオンや新時代のトランペットなどを試奏。奇抜な見た目で話題の世界一小さなサックス防音室も出展されていて、人だかりが出来ていました。

中卒、中国人夫、オウム入信、ヌード、北朝鮮亡命美女の北川和美さんお帰りなさい。芸能事務所で何をやるんだろうか…

それから、白血病で闘病されていた元アイドル歌手・本田美奈子さんの訃報。
1986年のマリリンで有名なあの方です。
そういえば去年、本田美奈子.(ドット)に改名したんですよね…
ここ数年に発売されたP-VINE系のテクノアイドルコンピレーションである「おしえてアイドル 東芝EMI編 秘密じゃないけど秘密」に迷曲…曲というか目覚ましサウンドの「モーニング美奈子ール」が収録されていてそれが何より印象的でした。アーティスト性があったのに思いっきりアイドル路線のトラックなので…
心からご冥福をお祈りいたします。

inchow at 15:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2005年11月05日

今日は楽器フェア

380cb387.JPGかつて楽器を弾いていたという悲しい過去を持つ私は当然参加です。楽器フェア。
アコースティック楽器から音響機器、デジタルプロダクトまで新製品がズラリ。
見たこともない製品や考えもしなかった革新的な製品に出会える面白さがあります。そしてアマチュアミュージシャンから有名な一流プロフェッショナルまで集い、ハートウォーミングな初体験での試し弾きの隣で超絶テクの試奏が繰り広げられ、なかなか楽しいものでした。
市場が不況なのか、マニアックなメーカーの出展が減っているのが少し寂しく感じました。
マニアックなメーカーの出展は本当に面白いので残念。
また2年後に期待。

ところで、どさくさにまぎれて入籍を告白する人もいたもんですね。
どさくさにまぎれさせるところが、彼らしく。
こんな風な具合で報告するだろうとは予測していましたが…
というわけで、こんなところで祝福してみる。
おめでとうございます。お幸せに。

inchow at 18:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2004年12月27日

電動・マニアックスなオマケ

DVC10065.JPG一応載せると約束した気がするのでオマケとして。
昨日の朝までやってた電動のメリークリスマスの売り子さんをもう一度。

肌もあらわなるバニーガールのセクシーで妖艶な娘と体操着とブルマーでポニーテールのロリータなメガネっ娘。適当な形容で名前を伏せてみたがどうか。これでもかと腰を突き出す二人。ヤラセのハミパンになっているブルマー。これは中学生以来見ていないが、レースのパンティーがチラリズムなのはどうなのか。とにかく私がヤラセたわけではないことを書いておかねば。望んでもいないのだが、まさに女性上位時代というわけで。
体操着の娘はこの後ノーブラになっていました。

彼女たちはワインやシャンパンの売り子さんでしたが、そういえば吉田戦車画のイベントTシャツも売ってましたね。朝までぶっ通しご苦労様でした。

てなわけで、さようなら80年代。

inchow at 09:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年12月26日

電動のメリークリスマスの続き

DVC10063.JPG日付が変われど朝まで続くイベント。

パール兄弟のバカボン鈴木、バージンVSやヤプーズのライオンメリィを輩し、大友克洋ジャケで有名、超ベテランなバンド・メトロファルスは伊藤ヨタロウさんの衰え知らずなボーカルが冴え渡っていました。

んで、エロ漫画界の重鎮・山本直樹先生が三上寛を弾き語り、すすめパイレーツ・ストップ!ひばりくん・わたせの国のねじ式で有名な江口寿史先生が対談にて80年代テクノを語るなど、盛り沢山な内容でした。

スカイフィッシャーではボーカルの中山さんのドラムプレイに圧倒され、最後は20周年を迎えた元ナゴムレコードのモデルプランツさんの堂々たるステージ。さすがのテクノ魂が横溢せんとする凄まじさでございました。

色々あり過ぎて書けてないバンドもあるような有様ですが、眠いのでもう寝ます。

写真は会場でお酒の売り子をしていたギャル達。

inchow at 07:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年11月13日

今日は恐縮。を見に行く。

DVC00185.JPGバンドRIKA.F5主催のイベントでした。RIKA.F5にはカリガリの青さんがサポート参加していました。楽器陣の方々がビジュアル系と化していたのですが、皆様非常にお似合いで、異常にかっこよかったであります。今回私は禁色赤目回廊の客入れパフォーマンスには間に合いませんでしたが、前回の「恐縮。〜昭和新宿篇〜」(この時は我が山下総合病院も出演)の時よりも人員が増え、さらに趣向を凝らして凄絶だったらしく、見逃したことが非常に悔やまれました。

久しぶりのイベント鑑賞ブログなのでついでにイベント告知を。
11月15日(月) 池袋 LIVE INN ROSA にてDJをやります。
パノラマ迎賓館が何度か出演した電脳マニアックスというテクノ系のイベントです。
そのパノラマ迎賓館のライブ情報ですが、渋谷 青い部屋 競演:PYOKN/CutiePai、12月22日(水)高円寺 無力無善寺  競演:アムの解散/HD650MB/エーツー
山下総合病院ライブは 12月15日(水) 新宿ヘッドパワー 競演:なまx2破廉恥Jr./おじょう/空想革命/田成重尾/他 ※クリスマス企画盤発売予定。

以上、皆様お誘い合わせの上、振るってお越し下さいませ。チケットのご予約はこちらまで。

写真はオーラスに幻想的な群舞を見せる禁色赤目回廊の面々。

inchow at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年10月11日

月蝕歌劇団公演「ステーシー」

DVC00073.JPG本日は大槻ケンヂ(特撮、電車):原作、高取英:演出、J・A・シーザー:音楽、寺山修司・天井桟敷直系の耽美猟奇趣味宝塚・月蝕歌劇団の公演『ステーシー』を観ました。
音楽化(筋肉少女帯『ステーシーの美術』)、漫画化(長田ノオト)、映画化(筒井康隆や内田春菊が出ていました)された作品が初の舞台化。

写真はチラシ。定番の吉田光彦氏の筆による。長田ノヲトは無理だったか…

inchow at 22:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年10月10日

今日はニセ劇団の芝居を見ました

DVC00064.JPG斉木しげる・きたろう・大竹まこと。シティボーイズの本を書いていらっしゃる丸二さんの劇団の旗揚げ公演でした。丸二さんには山下総合病院も少し手伝っていただいたりしております。

芝居の方は、かなり盛り沢山な内容で飽きることなく、笑いっぱなしでした。また次回も観に行きたい。

inchow at 17:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年08月01日

月蝕歌劇団を見る。それと鳥肌実

DVC00096.JPG今日は四ツ谷の坊主バーにて、月蝕歌劇団の公演を観た。ストーリイや台詞が行き過ぎない浪漫とミステリイにて流れていく。固定観念を超えて拡散し続けるお話しは、複雑なようで分かりやすく、非常に楽しめた。皆、キャラが立っていて花があって良い。次は大槻ケンヂ原作の『ステーシー』との事で楽しみである。

帰り道、新宿の夜空に大輪の、七生報國花咲くは、鳥肌実先生のドデカい看板。色とりどりの広告とネオンの中、白黒で、同じポスターを3枚貼っているというので凄いインパクトを与えていた。さすが、やってくれる。敬礼。そろそろ原爆記念日だの、敗戦記念日だのがある。鳥肌先生にとっちゃ記念日なんかじゃないだろうな…。

inchow at 23:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2004年07月16日

見世物小屋at 靖國神社みたま祭

DVC00103.JPG昨晩は靖国神社みたま祭へ。さすがに靖国神社だけあって祭も盛大である。盛大で大盛況でいいのかわからないが、地域の祭というよりは戦没者の御霊のための祭なので全国規模である。写真を見てもらえれば分かる通り、夥しい量並ぶ提灯に上がる煙を照らし出す2本のレーザービームと、かなり壮大で異様で一大スペクタクルムービーな風景となっていた。いつも神社が早く閉まるため、なかなか詣でられなかったが、久方ぶりに祈りを捧げることが出来た。

今回は見世物小屋を見に行ったのだが、呼び込みは口上なしの若い娘で拍子抜けだった。今新しいネタがはじまるというので呼び込みを聞かずに急いで中へ…若いTシャツにジャージの男性が永井豪のデビルマンのようなかぶりモノとメイクで…一人だけ?…火を吹いたり蛇を噛みちぎったりはしたが…どういう事情なのか分からないが、伝統の見世物とはちょっと違うような…今夜まで祭も見世物もやってるようなので気になる人は行ってみてもいいのかもしれない。祭は盛大です。

inchow at 09:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年07月15日

東京の吉本新喜劇

DVC00097.JPG新宿はルミネtheよしもとにて、吉本興業若手のネタと吉本新喜劇を観た。遅れていったため、若手では、おはよう。、ロバート、品川庄司が観られた。皆、抜かりなく笑わせてくれた。そして新喜劇、笑えたし、良かったのだが、130Rの蔵野が、実際人気はあるのだが、蔵野に頼り過ぎな感じであった。ギャグをやってコケる場面がなんと一回しかなかった!これが東京流と言われたらそれまでだが、笑いのアベレージは本場の新喜劇に比べて低かった。というか、本場の人出さなすぎ。内場・辻元は無理でも寛平・島木とかギャグがある人が欲しい。でもウケないかな…にしても東京でも新喜劇が観られるのは有り難い。テレビでもやって欲しい。あといい加減「探偵!ナイトスクープ」の放映時間も何とかして欲しい。

写真は元外相を騙った…のか?当時、選挙ポスター掲示板ではないところに貼ってありました。あれ…

inchow at 09:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年07月14日

昨夜は電脳マニアックス

DVC00099.JPG見に行きました。3年前、山下総合病院 第一回で競演したユニット、ジェットプールを見に。いつも私は舞台裏でなんかやっていたため、実はちゃんと見たのは初めてかも知れない。PAトラブルもあり大変そうであった…が、しかし、それに動じない貫禄っぷりが素晴らしい。少なかったがモノマネも見れた。新曲も聞けた。言うことなし。

司会が加藤賢崇さんでしたが、アロハの前全開+海パンで元気良かったですが、しかし最後はアロハを脱ぎ「さすがに寒いね」と言っていた。

あとドイツで活躍の女子2人組CutiePaiは、かわいくて才能あってパーペキだった。しかし客席で福間創さんとリハビリさんが凄く盛り上がっていた。ソユーズは、今週末、小西健司さんに横川タダヒコさんと元P-MODEL祭みたいなイベントをやるそうです。しかもWIREと同じ日…

それでも写真は何かが見えちゃってる電マニガールズのチカちゃんで。

inchow at 09:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年07月04日

殿 Tono

DVC00047.JPG男子便(あえてこう略す)で、外国人も安心の英語表記がTono。マークがあるから分かるモノなのか。SamuraiやNinjaみたいなものか。

ちなみに女子便はHime。


トイレネタ多い…

inchow at 13:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年06月27日

今日はライブを見たの巻

DVC00077.JPG初台DOORSにて。第二回ミス初台決勝大会を見た。会場に来てみれば、出演者陣は繋がりある人達ばかりで、気楽なものだ。トリはRIKA.F5さん。袴姿カッコイイ。明日は新宿ヘッドパワーにて森永地下さんライブです。回虫電灯が出るのです。つまり私もなんらか、出るのでしょう。どうなるやら…

写真はデミセミクェーバーのエミ・エレオノーラさんが抽選(?)にて優勝されたところ。

inchow at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年06月14日

R-ist ライブを見に行く

DVC00080.JPG昨晩は池袋で第14帝國from名古屋のバンド部隊・Rーistを見る。すごい曲数をこなしていて驚き。ユニコーン、すかんち、BAKU、アニソン。懐かしいコピー曲達。入れ代わるヴォーカR-ist達。皆、個性的で素晴らしい。

写真は武藤さんと秋山祐さん。武藤さんの声アクシデントのため、急遽アッキーが出演!…という衝撃のステージ模様。

ロッキンとジョッパリンのヒッチハイクで武藤さんと遭遇(?)、また、院長は未亡人滝沢でアッキーと共演いたしました。

inchow at 09:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年04月14日

電脳マニアクス観戦

040413_205828.jpg昨夜、私もメンバーである、我らがレーベルメイト、パノラマ迎賓館が招聘されるかもしれないテクノイベント・電脳マニアクスに行きました。またしても新宿ヘッドパワー。

会場にファミコンがあって、グラディウスやゼビウスなど、ちょっとテクノなゲームが出来る。以前私が企画したイベントも会場にはファミコンが…。私もやりまして、コナミコマンドを使ってグラディウスをやりましたが、全然駄目でした。大勢の知らない人に見られながらは緊張しますね。

テクノユニットが勢揃いの中、幕間を繋ぐDJが、きどりっこ、ハイポジ、エキスポ、コンスタンスタワーズ、スペースポンチ、もすけさん、あなたはキツネで有名な松前公高さん。贅沢です。今度初台Doorsで行われるスペシャルには、スキージャンプペアの実況でお馴染み千葉レーダ、MCにいぬちゃん、東京タワーズの加藤賢崇を迎えて行うそうです。豪華ですね。それにはパノラマ迎賓館、呼ばれないみたいですけど。

040413_221228.jpg

何かが見えちゃってる気がする電脳マニアクスのマスコットキャラクター「電マニガールズ」のお二人。本当は四人いる。(左からチェリー、荊城チカ)

inchow at 09:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年03月31日

SHIBUYA-AXにて

040331_212550.jpgGO!GO!7188やアジカンの出演したイベントを見ました。
どちらもカッコよかったです。

アジカンは昔新宿の小さいライブハウスで見て以来だが、格段に音も声も良くなっている。さすがメジャー。

GO!GO!7188はもう文句なく完成された世界感で引き込まれた。ターキーさんのドラムにビビりまくる。神降臨。

頭をぐるぐる曲が回転の夜必至。

inchow at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年03月25日

キダム2

キダム・ディアボロ
キダムをまた観てしまった。
やめられない。
サントラもDVDも欲しい。

今回は双眼鏡持参で
表情や後ろで見ている人の動きもチェックし
さらにストーリーを味わった。

前回無かったジャグリングが今回あった。
前回あった棒の上でひとりバランスが今回なかった。

4/4で終わると思うとまた観たい。


キダム日本公式サイト
http://www.quidam.jp/

inchow at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年03月24日

故・いかりや長介の告別式に参列

礼服を着込み、青山まで出かけて、
故・いかりや長介の告別式に参列した。

花を手向けられる遺影は、KIRINラガービールのCM時のもの。

遺影

ニンニキニキニキ ニンニキニキニキ ニニンが三蔵

三蔵














式がはじまると雨が降り出した。
3時間近く身動きもできず立ちっぱなし。
青山葬儀場内の音声のみはスピーカーから聞くことが出来た。
加藤茶の弔辞に皆、涙。

「残った4人でドリフ続けてくよ‥‥
 あんたが残した‥‥財産だからね。」


‥‥

出棺時には集まった大勢のファンが拍手。
「長さんありがとう!」の声。
まさに故人の人生のうつし絵。

甘えることなく、怠けることなく、
力の限り生きて、死にたい。
言い訳なんかいらない。


inchow at 20:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年03月23日

キダムを見に行く

040331_214621.jpgCIRQUE DE SOLEILのキダムを観ました。
音楽や衣装、演出含むストーリー性にかなり雰囲気があるのですが
そこにうまく肉体芸術が馴染んでいて引き込まれました。
サーカスぽいアクトであればまだしも
中国ヨーヨーや縄跳びなどがその世界観の中で
何の違和感もなく表現されることの脅威。感動しました。

キダム日本公式サイト
http://www.quidam.jp/

inchow at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年03月18日

ライブを見に行くの巻

今日は母檸檬と、なまx2破廉恥Jr.を見にヘッドパワーへ。
5/1のチケットを無理矢理印刷させたり
ステージの大きさを測らせたりの必要業務も執り行いました。

母檸檬


母檸檬







母檸檬のステージは、大変素晴らしかったでございます。
様式美なる耽美嗜好に背を向け
大正浪漫・戦前歌謡・猟奇文学などを
中途半端でなく、真っ向から表現しているリアリティ。
フロントの花女さん、水子さんの声・ボーカルがかなり味があり
唄も、語りも、直接心の中にある琴線を撫で回してくるようでした。
そして宇津さんのドラムは凄い。
宇津さんこと成瀬さん。ヤング100Vにaudipopと
テクノ系バンドもこなす素晴らしいドラマーであります。

なまx2破廉恥Jr.は、トリでした。
曲も演奏も小ちゃんの声もとても可愛く、
パフォーマンスを抜きにしてもステージングは良かったです。
パフォーマンスはどれもかなり凝っていました。
ああいったことを畳み掛けるように行うのは大変で
それを毎回変えて続けていることに驚愕です。
あと曲のメロディやアレンジが凝っていて、
思わず聞き入ってしまいました。
音楽の可能性というものをちゃんと追求しているなと思った次第であります。

他にもイカしたバンドが色々と出ました。
汚嬢さんは曲が良く、それをしっかり消化していて
かつ、声による装飾が、より高みへと昇華させている感じ。

とても楽しめたイベントでございました。

なまなま



なまなま

inchow at 20:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!