ただの日記

2006年01月29日

ラジオ夜間病棟の進む道2

ラジオ夜間病棟というラジオをずっと放送して来たのだが、なんやかんやですでに40回を越えている…。
そんな中、「おもしろいんだから放送内容を記載して検索からのヒット率を上げろ!」…という周囲の声に押されて初回から概要をギリギリ路線で掲載しました。
これでリスナーが増えて盛り上がるとありがたい。

というわけでお暇な人は過去の放送を聞いてください

ラジオ夜間病棟はこちら!

inchow at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年01月28日

ラジオ夜間病棟の進む道1

ラジオ夜間病棟というラジオをずっと放送して来たのだが、なんやかんやですでに40回を越えている…。
そんな中、「おもしろいんだからランキングに登録してもっと認知度を上げろ!」…という周囲の声に押されてランキングに登録しました。
これでリスナーが増えて盛り上がるとありがたい。

というわけでランキング投票をひとつよろしく。

ラジオ夜間病棟はこちら!

inchow at 22:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年01月02日

新年一般参賀の儀

DVC00227.JPG写真は昨年の一般参賀の様子です。

本年も二重橋を渡り皇居へ馳せ参じ、日章旗を掲揚し、今上天皇陛下よりの年頭の金言賜りたく願いましたが、生憎の雨であるため、カラーテレヴィジョン越しの拝聴と相成りました。
ハレの日なれば晴れるまま、美しい景観、山紫水明ここにあり、皇居の素晴らしい自然を眺めつつの散策を願いましたが、身も凍る厳寒に曇天模様、それにそぼ降る雨では気もはやらず。当然、靖國神社へも不義理。

それにしても紀宮様が抜けた穴は大きい。皇室はモーニング娘。やおニャン子クラブじゃないから、足りなくなった存在を簡単には補充できない。当のモーニング娘。だって、抜けた穴はカバーし切れていない。世襲制じゃなくても、なかなか代わりになれる人は探せない。そうだ!オンリーワンだ!世界に一つだけの花だ!君の替わりはいない!だから死ぬなんて言うな!死んじゃだめだ!…ということはおいといて、皇室もやはり、象徴として国民の心の拠り所となり続けるのは大変な事だ。宗教だって教えだけで人心掌握しつづけるのは大変だ。皇室だって宗教というか何と言うか、神道というか神話の世界というか、人間宣言したって、じゃあ一体なんやねん…ということになるわけだが、それにしても貴族の世から征夷大将軍による武断の幕府時代も含め何代にも渡って朝廷として鎮座ましまし、鎌倉幕府に南北朝に幕末、明治維新に侵略戦争に終戦、戦後復興と粉骨砕身されてきたご一家にあられますからイヤハヤ。

ところでモーニング娘。が昨年NHK紅白歌合戦で歴代メンバーが結集してそうですけど、キュービッククロスの市井さんや、焼き銀杏の福田明日香さん、ルナシー真矢の嫁の…あのお方らもお見えになったのでしょうか。最近シングル「ショーミキゲン」で復活したおニャン子クラブの再結成には業界系の嫁が不参加でした。後藤次利の嫁の青いスタスィオン・河合その子や秋元康の嫁のうしろゆび・高井麻巳子、それから、とんねるずの元マネージャーの嫁の志村けん・中島美春、それからどっかの局のプロデューサーかなんかの嫁でDVDでも肖像権だか何だかで修正されているルリール・ルリルリ・永田ルリ子は参加しなかったんですよ。ところでDEF.DIVAに藤本ミキティは参加してませんでしたね。石川でした。



inchow at 20:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年07月26日

追悼・杉浦日向子女史

DVC10086.JPG江戸NHK「コメディ お江戸でござる」レギュラーの美人風俗研究家であり漫画家・エッセイスト・小説家の杉浦日向子先生が、わずか46歳という若さにて下咽頭がんのため他界されたそうです。
日本古来の芸術様式の引用しながら江戸時代の風俗を悪戯に飾り立てずユーモアかつ妖艶に描く漫画群はいずれも素晴らしく、江戸風俗にまつわるエッセイや江戸SF小説、「杉浦日向子とソ連」名義のそばミシュランまでその含蓄と麗文の恩恵にあずかってきた私は新作が読めないことが残念でなりません。
大仰な歴々の歴史漫画が華やかな貴族や武将の活躍を描いたのに対し、歴史の教科書は言わずもがな、ともすれば風俗資料からも欠落しそうな隅々の文化にまで光を当ててきた偉大な星を失いました。

近年ちくま文庫を中心に名著の数々が文庫化されてまして、怪談・怪奇もの、秘画的艶聞ものなど色々ありますが、特にオススメは軽くて読みやすい「風流江戸雀」(新潮文庫)。

inchow at 09:46|PermalinkComments(0)TrackBack(2)clip!

2005年03月26日

無炭酸コーラ

DVC00194.JPG乳酸菌飲料のコーラ。
誰か試しに飲んで感想を聞かせてください。


昔、コーヒーコーラっつーか炭酸コーヒーっつーか、カフェラシャワーてのがありましたね。


さて、そろそろガキ水を捨てます。

inchow at 11:51|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2005年02月20日

忘れないであの悲劇

DVC00213.JPGもはや忘れ去られつつあるあの事件の犯人と同姓同名とばっちり被害者は、俳優の小林薫さんに続き、まだ居ました。少女漫画家の小林薫先生です。

こうやって紹介していることが助長しちゃってますけどね。

そういえば、漫画家といえば、「スイートスポット」「お嬢だん」で有名なオヤジギャルの産みの親な女流漫画家の中尊寺ゆつこ先生が随分前に永眠されましたが、有頂天や筋肉少女帯、たま、人生、ばちかぶり、空手バカボンなどをリリースしたサブカルレーベルの雄・ナゴムレコードにて「ロシアバレエ団」というバンドをやっていた事は一部のブログをのぞいて取り上げられないものですね。彼女はボーカルで、バレリーナの格好をして踊りながらケイトブッシュのごとき耽美・ブリティッシュフォーク・アイリッシュトラッドなことをやっていたように記憶します。何年も KATE BUSH のファンクラブに入っていたり、矢野顕子と比べられたり、その音楽性はとても興味深いものがあります。
近年の音楽活動はクラブ系音楽の編集盤のプロデュースなどに名前をみかけるばかりでしたが、また耽美系な音楽をやらないか期待していたのに残念です。
彼女のホームページにてロシアバレエ団の過去は抹消されていますが、昔の音楽嗜好は肯定しているようです。ブラックミュージックばかり紹介してますけどね…

inchow at 14:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年01月03日

新年祝賀行事 (たまには長文)

DVC00227.JPG昨日は新年を祝うべく、千代田区は皇居の新宮殿にて行われた一般参賀へ足を運んだ。
厳重な手荷物検査、金属探知検査を経て普段は開放されていない二重橋を渡ることができ、皇宮警察の謹厳なる警備の皇居の中へ。午後に出向いたため1年ぶりの公務となった皇太子妃雅子さまにはお目にかかれませんでしたが、今上天皇・皇后両陛下、皇太子殿下、秋篠宮文仁親王殿下、紀子妃殿下、先日黒田さんとの婚約を発表された紀宮清子内親王の御姿を仰ぎ、また陛下の金言を賜り、ひしめき振られる日の丸と「天皇陛下万歳!」の中にまぎれて、しかし右翼思想や国粋主義・軍国主義などの類いのなせる術にあらず(そもそも献身的・盲目的なる信奉などでなく陛下にただ敬意をはらったりするだけで右翼のレッテルを貼り付けられるような極端でいびつなる巷間の状況が陛下ならびに皇室の在り方を問うことに絡み、国家のアイデンティティがぼやけて他国から理解されなくなるような現状こそ…それは置いといて)、ただ純粋に日本国民として新年を無事迎えたことを慶びました(私は「院長人間宣言」の翌年より民間と対顔しての行事にも積極的に参加するようになりました)。
さらに退出には坂下門や桔梗門が開放されていましたが、宮内庁を横目に竹橋のあたりまで皇居内を歩けたので、素晴らしい松などの立木を眺めつつゆったり歩して乾門より皇居を辞し、北の丸公園を武道館のほうへ抜け、すぐ近くにある九段下は靖國神社へ。途中、瀟洒な洋館のつくりを少しだけ残した旧近衛師団司令部庁舎である東京国立近代美術館工芸館に寄り、第一回の重要無形文化財保持者、いわゆる人間国宝に認定された富本憲吉氏の陶芸作品を一通り鑑賞しました。(ここから語調を改めて…)

靖国を参詣するは、みたま祭以来であったが、昼夜の違いあれど、屋台立ち並び詣でたる人いきれ立ち昇りて賑わうさまは往時の如し。大鳥居をくぐり境内までそぞろ歩きて参拝を終え破魔矢や絵馬などを物色していると、だしぬけに背後で叫喚聞こゆ。あなやと振り返れば旧日本兵のいでたちなる男が怒号あげまつる。にわかに森閑と静まる参拝客。はて、今日は終戦記念日であったかと自問してしまった。さすがは戦没者・A級戦犯の合祀と小泉純一郎現内閣総理大臣を含む歴代首相らの参拝に対して中国・韓国・北朝鮮をはじめとした海外諸国から非難・批判を受けるなど外交問題の舞台となる神社なものだ。男は旧日本軍の号令に倣っているのであろう、大音声の掛け声を発しては敏捷な所作をもって銃剣から剣を抜いて鞘におさめ、そして、詳しくは忘れてしまったが敬礼などをやったりし、終いに銃を肩に携えて参拝を終え、軍靴鳴らすごとき厳粛な足取りにて去っていった。銃剣などを持って銃刀法違反ではないのか、模造品にしても知らせずでは吃驚するものである。聞き取れないような事を威嚇するように叫んでいればなおのこと。もちろん日本兵の格好にて靖国の境内で兇刃を振るうことは通常考えられないのであるが、左翼団体のプロパガンダやパフォーマンスの可能性だってある(もはやテロルか)。とまれ何事もなかったので私は正月アルバイトと思われる巫女さんの方へ向き直り、御守り幾つか買った。お神酒にほろ酔い、手慰みに大蒜をはさんだ焼き鳥を一本だけ買い、それを肴に熱燗をちびちびと啜りつつ靖国を後にした。

<写真について>
写真は一般参賀に集った人々の振る日章旗の向こうに皇室の方々がおられるはずです。この、一般参賀に来た人全員が日本国旗を持っている異様さが、狂信的な人々であるようにニュースなどで映っていますが、実際は皇居に入るときにボランティアらしき人から配られますので、皆ただ貰ったものを振っています。確かに「天皇陛下万歳!」なんて言うのは一部の人だけであり、呆然と眺めていては見世物を見ているようであるし、とにかく手持ち無沙汰極まりないために国旗を振っているというのはお互い助かる部分のようです。特別大きいフラッグを持ってくる人だけは家から用意したものであると思われます。スーツの襟に菊の紋章の金バッジを輝かせたる御仁も見かけましたが、観光で来たらしき外国人が多く、日本人の若者が少なく、その状況に考えさせられました。午後の回の後半で並ぶこともなくスムーズに入れましたが、去年より7千500人多かったそうです。

inchow at 23:52|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2004年12月19日

トイレわざわざ書く風潮

DVC00081.JPG近頃トイレはシンボルマークだけではダメなようです。

盗撮だの出歯亀だのが女性用トイレ(女子便)に忍び込んで、見とがめられたあげく、開き直って「女性専用なんて書いてねえんだから入ったっていいだろ!! 女性専用ならそう書いとけ!!」みたいな言い開きをするのでしょうか。
シンボルマークだけでは通じず、いちいち書かないといけないのでは、スマートではありませんね
しかし駅での犯罪を未然に防ぎ、女性が安心して使える快適な化粧室を護るためには仕方ないことでしょう。

この写真はある駅で撮影したのですが、まだまだシンボルマークだけの駅も多いです。しかしやはり、注意書きをするところが増えてきているようです。今回のものは次回の布石にすぎません。もっと露骨に注意書きしてある駅もあるのです。それについては次の機会に…


DVC00085.JPGDVC00084.JPG

inchow at 15:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年08月09日

今日は長崎原爆記念日です。

DVC00106.JPG記念日というと、必ずしもそうではないのだが、何か良い日という印象を抱く故、原爆記念日には違和感をおぼえる。

「今日は原子力爆弾を作ってみたの、どう?」
「この味がいいね」
「じゃあ8月9日は原爆記念日ね!」
「なんだそりゃー、よせったら、あはは」
「もぉー、たっくんこそー、うふふ」

そんな風景が浮かぶではないか。記念日とはそういう印象だ。

同様に平和記念公園も、原爆ドームという悲劇の傷痕をふんだんにたたえた砦がそびえているにもかかわらず、原爆落ちて、戦争終わって平和来て良かったーという理解も出来る。

「この辺に原子力爆弾を落としてみたの、どう?」
「この味がいいね」
「じゃあここは平和記念公園ね!」
「なんだそりゃー、よせったら、あはは」
「もぉー、たっくんこそー、うふふ」

そんな景色が浮かぶではないか。記念公園とはそういう印象だ。

例えば平和祈念公園でもいい。いや、世界から核兵器がなくならなければ、平和なんて甘過ぎる。原爆怨念公園くらいでどうか。いっそ被爆怨念公園でいい。そして今日は長崎被爆怨念日。

日本で誰が「この味がいいね!」なんて言ったのかということだ。
クレイジーケンバンドの横山剣か? イイネ! 言ってないっての。


写真は夕焼けの中のクレーン。
明日は新宿ヘッドパワーでパノラマ迎賓館のライブです…

inchow at 09:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年08月06日

今日は広島原爆記念日です。

DVC00112.JPG私は幼少期に少しだけ広島で過ごしました。
遠い記憶。
安芸の宮島、厳島神社、そごう、もみじまんじゅう、にしき堂、西城秀樹、しゃもじ、市民球場、広島カープ、フラワーフェスティバル、風見しんご、天満屋、東ちづる、ミスター赤ヘル、広島城、吉川晃司、朝日ソーラー、吉田拓郎、尾道三部作、鉄人衣笠、お好み焼き、ユニコーン、しまなみ海道、みどり、炎のストッパー、太田川、広商、猿岩石、牡蠣、尾道ラーメン、ポルノグラフィティ、赤ゴジラ、コンパイル、サンフレッチェ、原田真二、マツダ、スカイレール、極楽とんぼ、オタフクソース、KENーJIN、フジ、広島太郎、エノラゲイ、リトルボーイ、はだしのゲン、ひろしまのピカ、原爆ドーム、千羽鶴、平和記念公園、黙祷。

※記憶が曖昧です。

ところで今朝、地震に跳び起きて、ああ『探偵!ナイトスクープ』が3、4週間ぶりに放映されるんだった…とテレビをつけたが、野球中継延長だか何だかで、やってなかった。延長の時間も過ぎているのに違う番組をやっていた。頼むから見せてほしい。

inchow at 09:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年06月30日

後楽園LaQua

DVC00025.JPG後楽園ラクーアをぶらついた。平日だからか、かなり閑散としていた。ショッピング街には石鹸量り売りのLUSHなど様々な今時のアーバンな店が入っているのだが、ヴィレッジヴァンガードが入っているのに驚く。しかもこざっぱりで品揃えも少なく、客も少ない。普通は店からなかなか出られないのに、立ち読みしつつも5分くらいで店から出てしまった。駄菓子屋も入っていたので、いつも通り点取り占いを買う。「きみはしょうらいおおものになる○10点」…言い切り型キターーーーー!!

それが、2004年の、夏の出来事だった…。

写真はラクーアガーデンでやっていた噴水ショー。期待してなかったわりには凄かった。前にオッサンがずっといて邪魔でした。

inchow at 09:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年05月19日

牛肉100パーセント。

DVC00045.JPG本当なのか牛丼太郎よ。吉野家などが限定何食と言って高値で牛丼を提供している時代に、250円。本当に牛肉100%なのか。
一時は200円まで安くなった太郎。かなり簡略化された店内にはそれでも客がいない。手動で開けるドア、テーブルは事務机、コンクリむきだしの床、弱い丸イス、言葉の通じにくい従業員、悲しく笑ってポーズをとる金太郎のマスコットキャラ。
時代に逆らった無神経ともいえるコスト削減をしていて、BSE問題で真っ先にツブれると思っていたが…


牛丼なんて喰わねえからどうでもいいが。

inchow at 09:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年05月14日

都営線のパスネット

DVC00030.JPG私鉄・地下鉄共通のプリペイドカードパスネットを都営地下鉄で買うと、これしか出てこない。どうですかこのキャラクター。意味が分からない。ウサギ風駅員の頭の信号は百歩譲って許すとして、犬の耳は一体なんなのか。なんだというのか。シンメトリーにしておけばいいものを、S字状に波打たせる理由を知りたい。
いい加減写真のパスネットか、定番の電車の顔が並んだイラストのを出してくれまいか。石原都知事のブロマイドでも構わない。

…使えりゃええやん、プリペイドカードやし。

何を言うか。付加価値は大事だ。

というか。石原都知事は8年間も年金保険料未納かよ。

inchow at 09:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年05月11日

ごめん、いそいでるから!

我が邸宅の傍に、朝から晩まで路傍に立ち尽くし、辺りを眺めている齢80前後の老人男性がいる。時々話し掛けて来たりもするが、暗闇で黙してこっちを見つめていたりするので恐ろしい。私はまだ平気だが、若い女性にとっては驚異である。

今朝もまた老人は立っており、若い女性が通り過ぎるのを笑顔で見つめ、朝から長話を持ち掛けんとする勢いである。そこで、幼女のかわいい声が聞こえて来た。
「ごめん、いそいでるから」
私は我が耳を疑った。いや、正確には疑ってなどいないが、こういう表現をしたいので疑ったことにしている。視線を落とすと、なんと2、3才の少女の姉妹が先ほどの女性の後をついて走っている。

大人である私でさえ退屈に思う話をしてくる老人である。少女にとっては、より退屈でつまらない話であろう。実の祖父母でもないのに、老人の長話を聞かされては堪らないということである。少女のくせに巧みな逃げっぷりである。「ごめん、いそいでるから!」確かに年齢的に言葉とのギャップを感ぜずにはいられないが、思わず老人も、その「少女期特有の小生意気な背伸び」っぷりに、より目を細くするしかないというわけである。

母親に言わされているのか、母親が老人をかわした時の口ぶりを真似ているのか、その歳で男をうまくあしらうとは末恐ろしい小悪魔少女。まったく「悪魔のようなチビがやってきた」ものである(藤子不二雄A『魔太郎がくる!』阿部切人初登場回タイトル)。80歳前後の男性を2、3才の少女があしらうとは…。

DVC00021.JPG


 写真は例によってクレーン林立の風景

inchow at 09:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年05月09日

AKIRAのカラー版が遂に日本語化

DVC00015.JPG長らく海外版しかなかった大友克洋大先生の不朽の名作「アキラ」総天然色版の日本語版が出たわけですが、外装を完全にモノクロとしているのが心憎いです。定価は3800円で8冊ほど。海外版のプレミア具合が影響しているのであろう。皮肉である。

inchow at 14:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年04月04日

まんだらけ

040404_155303.jpg私は絶版漫画などの古書を買いに、
まんだらけなど行くのでありますが、
今日は、渋谷店と中野ブロードウェイ店をハシゴいたしました。
社長が古川益三で、同世代のガロ作家の安部慎一や鈴木翁二の作品集を出している店だけに、そこら辺のガロ周辺の通好み漫画の品揃えは素晴らしい。そのぶん分かってる価格設定だが数が入る分安くなりやすい。

いつも高くて買えなかった湊谷夢吉の劇画作品集「魔都の群盲」が400円で売られていた。即買い。もう一冊あったがそちらは1000円。
また、みうらじゅんのハニワ漫画があったが高くて買えず。吉田光彦が全部揃っていたが高くて買えず。
ところで近年映画化され、続編などが出ている花輪和一のノンフィクション「刑務所の中」が、コンビニ売りの廉価版本になっていたのですね。
まんだらけの3冊200円コーナーで買いましたよ。
刑務所の中は1000円以下になっているのを見た事が無く
映画を見た際、映画館で立ち読みしたっきりでした。
映画もいいですが原作もいいです。
刑務所のゆるい雰囲気にあの書き込み量。
さわやかマッドネス。

inchow at 18:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年03月30日

篠突く雨の夜

040331_001707.jpg雨が窓を叩き続けている
久しぶりの激しい雨で
とても懐かしい匂いがする
忘れていた小さい頃の宝物を
不意に引き出しの隅で見つけたようである


1stアルバムの音が上がったのでチェックのために聴き続けているが、非常に素晴らしい出来である。

止まらないリスニング。
聴かせたいリスナーに。

ちょっとした押韻遊戯にございます。

inchow at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!