NEWS!NEWS!NEWS!

管理人はおっぱい好きwww、
真面目なニュースからすこしエッチなネタまで。
暇つぶしにどうぞ~

        

    家電製品

    1: 774さん 2017/07/24(月) 17:00:55.50 ID:CAP_USER
    no title

    no title

    TENGAは、TENGAシリーズで初めて電動バイブレーション機能を搭載した
    「TENGA FLIP 0 ELECTRONIC VIBRATION」(テンガ フリップ ゼロ エレクトロニック バイブレーション)を8月4日に発売すると発表した。
    1万8000円(税別)。


    振動コアをゲル内部に埋め込んで成形する新技術
    「インサーテッド・バイブレーション」を採用。
    2カ所に配置した振動コアが、「高密度ディテール」を振動させることで、
    「新次元の気持ちよさ」を実現したとしている。

    中央部には、強烈な振動を発生させ、
    エッジを突き抜ける快感を味わえるという「オーバークロックエンジン」を搭載。
    最深部にも、強い振動を発生させビリビリとした刺激を先端に伝える
    「ディープインパクトエンジン」を搭載した。

    充電約90分で約40分稼働する。
    本体は丸洗いでき、台座の上で干して乾かせる。

    発売を記念し、「エコな自家発電システム」の利用証明を出した100人に、
    購入代金の全額をキャッシュバック(実質0円)する「TENGAエコ割キャンペーン」
    を実施。
    公式オンラインショップで商品を購入し、
    ガス会社提供のエコ発電システムや太陽光発電などを使用している国内在住の18歳以上の人(高校生不可)が申し込める。

    no title

    no title

    no title

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1707/24/news085.html

    TNGA
    トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(Toyota New Global Architecture)
    トヨタ自動車が開発した、プラットフォームを基幹とした、
    商品力の飛躍的向上と原価低減を同時に達成するための車両作りの方針(エンジニアリングアーキテクチャ)である。

    【TENGA史上初、電動モデル登場 「新次元の気持ちよさ」】の続きを読む

    1: 774さん 2017/04/09(日) 23:50:31.66 ID:7oTHWfqO0
    画面下からスワイプして出てくるメニューのライトをon/offすると
    アイコンの懐中電灯のスイッチも対応して動く

    知ってたやつおる?

    【iPhoneのめっちゃめちゃスゴイ機能発見したったwwwwwww】の続きを読む

    1: 774さん 2017/01/18(水) 10:55:21.61 ID:hSeT/J/L0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    no title


    毎年楽しみな新型iPhone。特に今年登場すると思われる次期iPhone(通称:iPhone 8)では、曲面ディスプレイやガラス素材を
    採用した本体など大きな変化が噂されています。

    【「iPhone 8」の噂】iPhone 8はプレミアムモデルにステンレスを採用し、差別化へ?

    でも、iPhone 8が登場するのは多分秋頃。「今から半年以上なんてまてないよ!」という方のためにBehanceでImran Taylorが、
    なんともかっこいいiPhone 8のコンセプトを作成してくれましたよ!

    動画
    https://youtu.be/1bJM8uJscXc



    大きな画面にツルッと繋がった曲面ディスプレイと本体素材。これまでのiPhoneの哲学には沿っている、でもなにかが違う…と、うまく調和していますね。

    なお指紋認証技術を提供しているSynapticsはすでに、このようなディスプレイ下に埋め込める指紋認証技術「Synaptics FS9100」を発表しています。
    今年こそ、画面タッチでロック解除ができるようになるかも…期待が高まりますね!

    no title


    http://www.gizmodo.jp/2017/01/iphone-8-image-concept.html

    【iPhone 7はスルーが賢明 iPhone 8の美しいコンセプト流出画像】の続きを読む

    1: 774 2016/01/21(木) 17:20:13.24 
    【動画あり】予約殺到! 投げると自動飛行で追いかけてくる「ドローンカメラ」が発売前なのに売上額40億円を突破!!
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

    フィルムからデジタルの時代へと移行し、より小さくそして多機能になったカメラ。
    今や写真だけでなく動画も撮れるのは当たり前で、
    超コンパクトなのに超望遠レンズが搭載されているものや防水のものなど、
    様々な特徴を持った製品が販売されているが……。

    なんと、今度は投げると自動飛行で追いかけてくるドローンカメラの登場だ!
    その名前は「リリー(Lily)」。
    これが予約注文で6万台を突破。売上額に換算すると約40億円(3400万ドル)になるほどの
    超絶な人気だというではないか!!

    ▼被写体を追いかけながら空撮

    このリリー、何が凄いかというと「全部」と即答したくなるほど使い勝手もスペックも凄いのだが、
    中でも大きな特徴は、冒頭でもお伝えしたとおり空中に放り投げるだけで被写体を追いかけながら
    空撮してくれるところ。

    ▼操作が簡単

    操作の手順をみてみると、まず被写体となる人物が手の甲ほどの大きさのディスク型の通信機を身につける。
    その後、ドローンカメラ・リリーを空中に放り投げれば自動的に飛行開始だ。
    あとは身につけておいた通信機を追いかけるようにして最長で20分間の空撮をしてくれるという。

    動画では、ポイっとリリーを空中へ放り投げた瞬間に自動飛行が始まり、
    人物を追いかけている様子を見ることが出来るのだが、操作がシンプルで実に簡単そうである。
    ちなみに、最高で時速約40km(25マイル)もの飛行スピードが出る点にも注目だ。

    ▼防水設計

    これだけでも驚きなのに、まだ素晴らしい機能がある。
    それは、リリーは防水設計となっており水の上に着水させられるという点だ。
    例えば、川下りなどの水を被るようなアクティビティーにも難なく対応出来るというのだから、
    これはもう驚くしかない。

    ▼静止画は1200万画素で動画はフルHD

    続いて画質だが、静止画は1200万画素、動画はフルHDに相当する解像度で、
    さらには専用アプリで映像を瞬時にシェア出来るという。
    動画の解像度が4Kに対応していないのが惜しいが、趣味で活用する分には必要十分なスペックといえよう。

    ▼価格は事前予約で約9万4000円

    気になるお値段は、2016年1月20日時点の事前予約で約9万4000円(799ドル)となっており、
    後の一般市場価格は約11万7000円(999ドル)を予定しているとのこと。

    ▼リリースは2016年の夏頃

    製品のリリースは2016年の夏頃で、現在予約を受け付けているのは米国配送分のみだ。
    ただ、今後一般市場で流通するようになれば世界中で大ブレイクする可能性は十分にあるから、
    ドローンカメラから目が離せないぞ!

    画像:no title


    ▼「リリー(Lily)」の解説動画がこちら。
    https://youtu.be/4vGcH0Bk3hg



    ロケットニュース24 2016年1月21日
    http://rocketnews24.com/2016/01/21/695338/

    【【動画】投げると自動飛行で追いかけてくる「ドローンカメラ」が発売前なのに売上額40億円突破】の続きを読む

    1: 774 2016/01/19(火) 21:01:32.29 
    【動画あり】パナソニックが『透明テレビ』を発表 / アイアンマンのような「エアタッチスクリーン機能」も搭載
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

    2016年を迎え、1月早々から様々な芸能ニュースが飛び交っているが、そんな芸能界と切っても切れないないものと言えば、やはり「テレビ」だろう。
    パソコンの普及によって、テレビ離れが進んでいると言われてはいるものの、まだまだテレビの影響力は健在だ。

    今回は日本が世界に誇る家電メーカー「パナソニック」がとんでもないテレビを発表したのでご紹介したい。
    なんと、向こう側の見える『透明テレビ』だぞ!

    ・世界最大級の家電展示会「CES」で発表

    そのテレビが公開されたのは、2016年1月6日?9日の期間に米国ラスベガスで開催された、世界最大級の家電展示会「CES」でのこと。
    家電業界関係者だけが入場出来るというこのCES、昨年2015年は153カ国が参加し、17万人もの来場者を集めたビッグイベントなのだ。

    そんな世界の大舞台でパナソニックが披露したのが冒頭でもお伝えした、向こう側の見える『透明テレビ』なのである。

    ・「透明モード」と「スクリーンモード」が切り替え可能

    この透明テレビの特徴は、すりガラスのように向こう側が透けて見える「透明モード」と、通常のテレビと同じように映像が見える「スクリーンモード」の2つのモードを切り替え可能となっている点。
    実際動画で見てみると……うぉっ、スゲぇ! ガラスが一瞬でテレビになった!!

    ・テレビというよりもインテリアの一部

    さらには、テレビの左右がレールで挟まれており、電動で高さを自由に調整できるのも注目だ。
    もはやテレビというよりもインテリアの一部という感じとなっているので、ぜひ映像をご覧いただきたい。

    ・手の動きをセンサーが読み取る

    そしてもうひとつ注目するべきポイントは、手の動きをセンサーが読み取るという点だ。
    具体的にいうと、ディスプレイの前で手を動かせば画像のスクロールや音楽の再生が可能ということ。
    まるで映画『アイアンマン』等でおなじみの透明タッチスクリーンが、ついに現実のものになると考えると、なんだかワクワクしてこないだろうか。

    ・2018年度?2020年度の販売を予定

    この透明テレビ、現時点ではその他の詳細なスペックや商品名等は不明だが、2018年度~2020年度の販売を予定しているとのことだ。
    価格や画質によっては日本でも一気に広まるかもしれないぞ。

    画像:no title


    ▼「透明テレビ」の解説は30秒あたりから。
    https://youtu.be/1RNL62fUdpI



    ロケットニュース24 2016/01/09
    http://rocketnews24.com/2016/01/19/695156/

    【パナソニックが「透明テレビ」を発表 アイアンマンのような「エアタッチスクリーン機能」も搭載(動画あり)】の続きを読む

    1: 774 2016/01/06(水) 20:54:32.07 
    http://www.gizmodo.jp/2016/01/cesoklg.html

    コロッケ作りの救世主。
    LGのハイエンド家電シリーズSignatureの冷蔵庫は、なかなか小技が効いています。
    まずその正面には、一見するとサムスンの冷蔵庫と同じようなタッチパネル風のものが付いてます。
    が、そこからアプリを開いたりするわけじゃなく、ノックすると中が透け、ライトアップされるという仕組みなんです。
    冷蔵庫を開けるときって毎回何かを取り出すわけじゃなく、「まだトマトあったっけ?」なんて確認だけのときもあります。
    これはちょっと手間が省けるだけじゃなく、冷気が逃げるのを防いで節電にもなりそうですね。
    この冷蔵庫の小技は足元にもあります。ドア下にあるセンサーの部分に足を置くと、
    手を使わなくても冷蔵庫を開けられるんです。これは両手がふさがってたり、汚れてたりするときに便利そう。
    たとえばコロッケとかハンバーグみたいに手がベタベタになる料理をしてるときに別の材料を冷蔵庫から出したいときとか、
    両手に持ったビールをそのまま冷蔵庫にしまいたいときとか、意外と役に立つ場面が多いんじゃないでしょうか?
    それに、冷蔵庫の取っ手の部分ってけっこう汚れるんですよね。掃除すればいいんですけど。はい。
    no title

    この機能で、冷蔵庫(の中身)から摂取するカロリーをより余すところなく体に蓄積できそうです。
    といっても、手を洗う10秒とか、ドアを開ける0.5秒とかの運動量が節約できるだけなので、
    良くも悪くもちょっとでしかないのかもしれません。でもそういう細かーい面倒くささこそ、次なるガジェットのアイデアにつながる気がします。

    【【家電】LG、ノックすると中が透け両手がふさがっていてもドアが開く冷蔵庫を発表】の続きを読む

    このページのトップヘ