2006年05月27日

新しいブログ

http://blog.livedoor.jp/komae_represent/

 

良かったら読んでください。お願いします。



incrediblegift at 01:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年05月22日

このブログの終了。

このブログ終わりにします。新しく別に始めようと思います。

 

今のがつまらないからです。

 

自分で読んでいてもつまらないブログだなと感じるし、そんなものを人に読ませるなんてアホかと思う。

 

失礼甚だしいし、自分にとっても読む人にとってもマイナスでしかない。

 

 

やめます。

 

今まで読んでいてくれた人ありがとう。

 

 

 

ブログつまらない理由ははっきりしていて、それは俺の生活がつまんないからです。

 

 

自分でずっと思っていた。

 

この一年の自分はとてもダメだった。

 

いままでの自分は一見適当そうにしていても、要所要所で本気で何かに打ち込んできた。

 

自分に対してクズとかNEETとかよろしくない言葉を平気で使うのも、そんな自分がアリなんじゃないかと思っているからだ。

 

でもこの一年は本当に違っていた。

 

どんどん自分がしぼんで言っているのを感じていたのに、歯止めをかけることが出来なかった。

 

生活にハリはなくなっているし、時間を無駄にしていたと思う。

それが随所にあらわれていて、ブログを振り返っても、秋くらいからは本当に酷い。

 

 

このままでは本当にまずいと思った。自分の自分に対する評価が明らかに落ちている。自分のことを少し嫌いになったと感じる。

 

だから、それを取り返すために生活スタイルを変える事にする。

 

自分をもう一度立て直すのである。

 

そのために、

留年するかもしれない。6年生になっちゃうということだ。

 

今の自分を叩きなおすには時間が必要だからだ。

 

それでもかまわないと思っている。

 

 

6年生になったら、周りの人がいろいろ言うかもしれないし、就職するときに不利になるかもしれないが、知ったこっちゃない。

 

自分で自分をどう思っているかのほうがずっと大切だろう。

 

自分に満足した状態を続けていれば、金もキャリアも後からついてくるはずだ。

 

まあそれは、俺が大企業に就職する気があまりなくて。且つ起業を目標にしているからということもあるけれど。

 

とにかくそんなわけなので、ブログも変える。

 

このまま同じブログで書こうとすると、心機一転という感じがしないからだ。

 

いままでも、ブログのつまらなさに歯止めをかけようとして、タイトルを変えてみたりしたが、無理だったので、ブログごと変える。ブログというか生活を変える。

 

 

mixiのリンクはしばらくこのままにしておいて、新しいブログで記事が書きたまったら、そのときにリンクを貼りなおす予定だ。

 

六月頭ごろまでには新しいブログに移行しますよ。少なくとも自分で読んで面白いと思えるものにしたいな。

 

以上。



incrediblegift at 01:05|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2006年05月11日

日本にアンゴラ人が来るとは。

渋谷から新橋に向かう途中、銀座線に一人の男が乗ってきた。

どっからどうみてもアフリカ人である。

アフリカ系のアメリカ人かもしれないじゃないか。と思うかもしれないけれど、なんとなく雰囲気が違う。

 

絶対に欧米人ではないと感じた。

 

まあ、結局アンゴラ人だったわけだが。

 

アンゴラ人に会うなんて珍しくねえ??!!

 

心配そうな顔して電車に乗ってきて、俺の隣に立っていた男の人に、話しかけていたのだが、意思の疎通が図れなかったらしく、あきらめて電車を降りる。

 

なぜかまた乗り込んできて、俺に話しかける。

 

英語で話しかけてきた。

 

トルコ人にいじめられて以来、外国人とは話したくないと思っていたのだが、一応会話する。

 

電車の乗り換え方を聞いてきた。

 

 

目的地は・・

 

 

アキバだ〜〜〜!!

 

アンゴラ人まで惹きつけるとは、

 

 

アキバ萌えはとどまる事を知らない。いろいろ買い物するらしい。

 

 

日本人が外国に行くのに比べて、外国人が日本に来る人数が少ない、などと言われているが、アキバは外国人をひきつけまくっています。

 

前に将太やオスギとアキバを歩いた事が歩けど、駅前は外国人ツアー客だらけだったしね。

 

 

やっぱりすごいものなんですね、アキバは。

 

日本人にとっては特別でなかったり、アキバのようにやや敬遠がちなところも、外国人にとっては魅力的ということもまだまだあるかもしれない。

 

 

彼に、日本のどこが好き?

 

と聞くと、

 

「インフラだ」

 

と答えた。

 

「橋と電車と建物がすげえ」だってさ。

 

たしかに日本のインフラはすごい。

 

角栄総理バンザイ!!

 

そういう部分ってアピールしてるのかな??

まあ、ビルとか橋ばっかり見に来る外国人はいないと思うけれど。

しないよりマシかもね。

少なくとも、看板や案内の英語表記をもっと増やすといいかなとは思います。

 

 

ちなみに彼は電車の中のギャルっぽい女の子をちらちら見ながら、

 

「あの娘いいね〜〜、好きだよ、ビッチっぽくて!!」

 

といっていたので、ジャパニーズガールも外国人に大いにアピールできるでしょう。

 

再三にわたり、

 

「君もいいと思うだろう?ほら、ビッチっぽいよ?」

 

 

と聞いてくるのだが、俺にその質問にyesと答えさせないでくれ!!

 

とおもった。

最後に、新橋で山手線の改札まで連れて行き、一緒に写真をとって別れましたとさ。

 

日本でアンゴラ人との交流という貴重な体験でした。

 

 



incrediblegift at 00:55|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2006年05月02日

夢破れる

え〜〜夢が破れました。

 

俺は死ぬまでに5回直木賞をとろうと思っていたのです。

最近も2つネタを思いついたので、後3つでいけるなと思っていたのですが、

 

夢破れました

 

 

 

直木賞って一人1回しかもらえないらしい。

 

マジショック。ありえね〜〜〜〜〜

 

 

そんなわけで挫折ですよ。

 

ちなみに小説を書いたことはまだありません。



incrediblegift at 18:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月28日

部屋の掃除とサイクロン

部屋を掃除しました。

すごく沢山の物を一気に捨てました。

疲れた〜〜

 

それで、最後に掃除機をかけたときに、気付いたんだけどね。

 

 

サイクロン掃除機ってすげ〜〜

 

吸引力すごい。ゴミがバンバン取れる。軽くて使いやすいし。

 

この掃除機はうちに来て半年くらい経つのですが、使うのは初めてだったわけです。

 

俺の部屋はカーペット張りなので、いつもは掃除機使わないで、粘着テープみたいな奴でコロコロとゴミを取ってたわけですよ。

 

だからはじめてのサイクロン。すごかったよ。

 

 

結構高価なものらしい。

 

 



incrediblegift at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月27日

寒いです。

前回の更新は面白くなかった上に、速攻でエロサイトのリンクを付けられてしまったので、消去しました。

 

最近寒いのがイヤです。それが言いたい。早く暖かくなればいいのですが。



incrediblegift at 17:20|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2006年04月21日

狛江のクズ、喜多見のクズ

俺は狛江のクズの異名を取る男である。今回久しぶりに喜多見のクズ長田さんとクズっぽく遊んだので、そのことについて書く。

 

 

一昨日は夜11時ごろに地元狛江駅に帰ってきた。

久しぶりにポンツクのあぶり焼きチャーシュー麺が食べたくなった。

一人で行くのは寂しい、こんなときに一緒に行ってくれるのは「毎日が休日」のキャッチコピーを持つロック長田である。

んで、電話

 

 

「ああ、ごめん今柏にいるんだ、明日行こう」

 

「解りました。」

 

 

でも、行きたい気持ちが治まらないので、一人でポンツクに→。こういう時ってあるよね。

 

しまってるし!!

 

しょうがないので、正面にある江川亭

 

思いっきり食う。

 

角煮麺大盛り餃子も食う。

 

 

腹いっぱいで帰宅。翌日の夕方まで腹いっぱい。

 

 

次の日長田さんにメール

そしたら電話がきて。

 

夜11時ポンツクへ。

 

二人とも夕飯食べたのに行く。

 

ここら辺が俺たち、狛江のクズと喜多見のクズらしい。

 

ポンツクに行くと

 

またしまってるし!!!

 

どうやらつぶれたらしい。

 

皆さん、ぽんつく潰れましたよ!!?

 

 

残念。

俺は結構好きだったけれど、万人受けする味じゃなかったからな。

 

だれか、犬の味がするっていってたし。

 

 

しょうがないので桔梗に行く事に!!初台まで長田さんの車で→。

 

 

車中で塾の現状と性犯罪者の心について語る。

 

 

到着

ざる付け麺大盛りを食べる。初めてだったけど結構おいしかった。

 

 

その後、最近俺が杏露酒にハマッていると伝えると、長田さんも飲んでみたいというのでコンビニにいく。

なかなか見つからず、コンビニ5件くらい回って

 

やっと発見。

 

長田さんは財布に入っているほぼすべての金をシンロチュウ(850円)につぎ込む。

 

 

 

そして帰宅。

 

二日連続で深夜に大盛りラーメンを食べたため、今日は一日気持ち悪かった。もともと胃が弱いのである。

まあ、急に深夜にラーメン食べたくなって、誘う。店が開いてなければ車で他の店まで向かう。地元の仲間としか出来ない遊びである。

 

なんとも自分らしさのあふれる行動である、自分が狛江のクズなんだと再確認できて天晴れな気分だ。



incrediblegift at 23:36|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2006年04月09日

グレンは俺のことが一番好きなんじゃないかな?

早稲田で留学フェアという、留学したい学生のための説明会があり、おいらが学んでいたポートランド州立大学からもグレンが来た。英語の先生です。

いままで、アリやサリーのような、事務担当の人が来ることはあったけれど、英語の先生であるグレンが来るなんて、珍しい。日本は初めてらしい。

 

この留学フェアは

全体のプレゼンテーション→各校の説明をブースで聞く。

という構成で進められていた。グレンは日本語を話せないので、彼を慕う学生がブースに集まってみんなでサポートしたり、遊んだり。

 

 

人生の時間のほとんどを家族と仕事に費やし、自分の時間はほとんどない彼にとって、この単独来日は結構楽しいものらしい。空港で自分の荷物だけ持てばいいことに心地よさを感じたそうな。

 

「家族が恋しくないか?」

と聞くと、

「まだ3日間だからね」

 

と笑って答えた。

 

 

彼は本当にいい人。俺たちは皆彼のことが大好きだ。

 

個人的には彼が一番すきなのは俺だと思っている。

「君はとてもファニーだな。一番ファニーだ(ファニーは一応ほめ言葉です。)」

といってくれるしね。

理屈で考えれば一番はあやのさんや祥子だとわかっているのだが、思い込みは重要だと思っている。俺はこの思い込みを持ち続けていきていこうと思う。

というわけで、彼のために一生懸命働く。

3時間くらいブースで学生の相談にのった。そんなに暇ではないのだけれど、一度仕事を始めると勝手にやる気が出てきて、長時間続けてしまうのがつくづく自分らしいなと思う。

 

 

相談にのってみて、思ったことがあるので、書いておく。

 

皆いらんこと気にしすぎなのだ。

 

結論から言えば、どの国に言っても自分は自分なのである。留学すれば「留学した人」に変身するわけでもないし、魔法がかかったようにカッコよくなれるわけではない。

 

毎日頑張れと言いたい。

 

 

たとえば

「一年も留学しちゃうと日本の友達と疎遠になりませんか?」

気持ちはわかるけれど、それは自分が日本でどういう交友関係を作っていくかである。人それぞれでしょう。そういうこと考えていたら、現地で友達を作るときも、どうせ一年間だけの関係だし・・なんて思ってしまいそうである。

 

「TOEFLが・・・」

これも解るんだけれど、留学する事がゴールポイントではないという事をよく考えて欲しい。英語を勉強するのがとても苦痛であるかのように語っていた人がいたが、現地ではすべて英語なので、英語の勉強は続いていくのである。留学すれば誰でも勝手にぺらぺらになるわけではないし、英語が急に好きになるわけではないのだから、今から楽しんで取り組む事を心がけて欲しい。

 

「就職活動でアピールできますか?」

まるで、それだけで人生なんでもなるかのようないい振りをしてきた人がいた。だから、魔法がかかるわけではないのである。留学した事のある奴なんて、吐いて捨てるほどいる。留学する一年間も、他の一年間も同じ大学生活の中の一年間なのである。毎日頑張れよ。と思う。

 

「留学中は学外でどういう活動が可能なのでしょう?」

何でも好きにやれよ。誰かに与えて貰うつもりなのか?

 

 

 

とはいえ、やる気のある人が多くていい刺激を受けることが出来た。一年生もいた。入学1週間目の人たちだ。自分も全く同じ時期にこの留学フェアに参加したのだけど、各学校のブースに話を聞きに行くほどの勇気はなかった。彼らは立派だ。頑張って欲しい。



incrediblegift at 12:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

TAZO TEA 〜400回目の発見〜

この2年間で、スターバックスには400回くらい言ったと思います。

 

一日3〜4回行く日もあったので、かなりのヘビーユーザーでしょう。

 

グランデカーフィー?の連発です。贅沢な気持ちに浸りたいときだけラテ。

 

この前、始めて注文した・・・

 

TAZO TEA

アレおいしいね。しょうがが利いてて。

 

初めての発見。嬉しかった。カフェインたっぷりのコーヒーと比べて、胃が荒れないし、飲むと落ち着く感じがするよ。

 

お勧めですよ。



incrediblegift at 12:01|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2006年04月08日

転職は大変だ

********************************************************: 

無念だろう。ボーダフォン日本の津田志郎会長退任が決定。社長と会長を歴任した期間はわずか1年4カ月。NTTドコモの次期社長(当時副社長)と目された人物だ。

 鳴り物入りでボーダフォンに入り、とくに後れを取っていた第3世代携帯電話のプロとして大いに腕をふるうハズだった。津田氏の“誤算”はどこにあったのか。

「津田氏にとって、最初から誤算続きだったというべきでしょう」

 こういうのはボーダフォン関係者だ。

「身売りが続いたため社内が大混乱しているところに津田氏がやってきました。当然ですが、ビジネスはガタガタ。第3世代携帯だけじゃなく、メールのパケット定額制でも出遅れるし、ヒットサービスもなし。基地局もなかなか普及しませんでした」(前出のボーダフォン関係者)

 こういう状況に接し、津田氏自身「問題を解決する体制がうまくできていない」と嘆いた。ボーダフォンは、ライバルのドコモやauと戦う以前の段階だったわけだ。しかも、当初、津田氏について来るとみられていたドコモ社員は来なかった。(ライブドアニュースより)

 ************************************************************]

前にヘッドハンターの方の講演をきいたときに、「この転職は失敗で。津田さんは成功できない」という話がでました。

 

そのとおりになった。

日本の伝統的な企業に長年勤めた高齢の幹部が外資系に行くのは大変な事らしい。文化的にも馴染みにくいらしい。

 

転職って大変なんだな。

 



incrediblegift at 21:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
Profile
セルジュニア
男。20代前半。W大学商学部3(4)年
身長176センチ 体重63キロ
目標は2005年末に72キロになる事。

だんだんと気づいたのは、他の人よりも食に興味がないこと。満腹感があまり好きではなく昼はカロリーメートが多かった。もはやウエイトトレーニングにすがるしかないかもね。

一応FP志望。

小説ブログhttp://blog.tsushin.tv/akaji/
メールplanto72@hotmail.co.jp

相互リンク随時募集中。