aamall

2017年12月31日

お知らせ

【同人誌のご案内】
■発行物一覧(在庫がある本のみ)
聖地オンリーイベント大全 艦隊これくしょん版 Preview

■参加予定イベント
未定

【更新履歴】
5/27 20:35
5/28のイベント UPしました
(主に)男性向けイベント予定表 更新しました

5/26 1:10
5/27のイベント UPしました
5/25 ミニ情報 UPしました


最近の注目記事
5/11 とらのあな基準
5/11 頒布停止になるということ
5/8 頒布物確認

increment at 23:50|PermalinkComments(4)TrackBack(0)お知らせ 

2017年05月27日

5/27のイベント

@東日本橋 ぽちゃっと!7

詳しくはコチラ→続きを読む

increment at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)即売会 

2017年05月25日

5/25 ミニ情報

【新着イベント】
■5/28 [グラブル]グラケット6@ぷにケット グランブルーファンタジーオンリー @東京ビッグサイト

【新着イベント】
■5/28 [FGO]僕らのGrand Order2 Fate/Grand Orderオンリー @東京ビッグサイト

【新着イベント】
■5/28 [バンドリ]BanG Dreamer’s Party! BanG Dream!(バンドリ!)オンリー @大田区産業プラザPiO

【新着イベント】
■5/28 [スト魔女]ダンケシェンフェスト!!  カールスラント関連キャラクターオンリー @川崎市産業振興会館

【新着イベント】
■5/28 [ガルパン]パンツァー・マルシュ ガールズ&パンツァー・黒森峰女学園中心 @川崎市産業振興会館

increment at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ミニ情報 

2017年05月20日

5/20 ミニ情報

【新着イベント】
■5/21 [けもフレ]ジャパリフェスタ けものフレンズオンリー @大田区産業プラザPiO

【新着イベント】
■5/21 [メイドラゴン]マジやばくね 小林さんちのメイドラゴン・カンナちゃん中心 @大田区産業プラザPiO

【新着イベント】
■5/21 [アイマス]READY for m@ster!!!2 アイドルマスターシリーズオンリー @広島産業会館

increment at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ミニ情報 

5/20のイベント

increment at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)即売会 

2017年05月19日

5/19 ミニ情報

【新着イベント】
■5/20〜5/21 [読書会]文学フリマ金沢見本誌閲覧会1 見本誌読書会

increment at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ミニ情報 

2017年05月14日

5/14のイベント

increment at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)即売会 

2017年05月12日

5/12 ミニ情報

【新着イベント】
■5/14 [ガルパン]これが関西流戦車道です!  ガールズ&パンツァーオンリー @旧神戸市立生糸検査所(KIITO)

increment at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ミニ情報 

2017年05月11日

5/11 とらのあな基準

エロ同人の修正基準、コミケを筆頭に即売会の運営側は「具体的には答えられない」と言ってるんですが、とらのあなは公表してるんですね。で、即売会側の考え方と大きく違う点が1つあって、「性器が見えない程度の「モザイク」」でいいよと公表しています。

これをもとに、今まで黒線で修正していた作家さんがモザイクに変更し、即売会で頒布停止となってしまう、そんなことが最近頻発しているので、「性器が見えない程度の「モザイク」」を指して「とらのあな基準」なんて揶揄したりしているわけですが。

どういうことかというと、とらのあなのほうが即売会の通例より基準が甘いということです。なぜとらのあながこんなに甘いのか、逆に即売会が厳しいのか、そういう話をします。

頒布した同人誌がわいせつ図画に該当すると判断されたとします。実際にはそこから裁判で該当するかが争われ云々、となるんでしょうが、そこらは端折ります。そうなった場合、どのようなことが起きるでしょうか。

まず、頒布した人はもちろん逮捕されます。頒布に許可を出した即売会運営責任者や同人誌を刷った印刷所もわいせつ図画頒布の幇助(手助けすること)として逮捕されるでしょう。即売会運営はボランティアで本業が他にある場合も多いですから、そちらに影響が出ることも想像できます。さらに、事件が大事になればなるほど、そのような行為の温床になると判断されて同人誌即売会という用途に会場が貸し出されなくなるでしょう。この時、たとえば例大祭で起きたとして、コミケが、あるいはCityやライブが、運営主体が違うから大丈夫、なんていうように見られることはまず無いと思っていいです。同人誌即売会としてひとまとめです。

とまあ、事が起きるとそれによる影響がとても大きいので、過ちは許されない、それが現在の同人誌即売会の置かれている立場です。

一方、とらのあなで販売した同人誌がわいせつ図画だったらどうだろう。作家(委託元)は逮捕、印刷所ととらのあな幹部も幇助で逮捕されるでしょう。しかし、とらのあな視点で見れば、幹部(あるいは社長)は逮捕されるけれども、作家が一人捕まったところで、同じような同人誌を委託するサークルはごまんといる、仮に他に委託しようとしたところでメロンブックスくらいしか選択肢が無く、そこまで委託元サークルが減るとは実際のところは考えにくい。また、わいせつ図画頒布で店自体を畳むような処分が下ることも考えづらい、などなど、思いのほか、事業に深刻な影響は無いのではと想像できます。

それならば、(もちろんノーガードだと即死なので)わりと緩めの基準にして煽ったほうが売上も上がるということで基準が緩くなっているのだと思います。

ただ、注意してほしいのは、とらのあなとしてはそこまで痛くないけど、作家としては即死級ということ。そして、とらのあながサークルを守ってくれるとも限らないということ。下手すれば捨て駒です。「サークルが委託契約を守らず納品してきたから悪いんですー」と言い出しかねない。

結局、とらのあな基準がOKだと確定しているわけではない。とらのあなのほうがより危ない橋を渡ってる、それだけのことなんですね。

最後に自分の身を守るのは自分です。誰かのいいなりになってたらいつのまにか背後から撃たれてた、なんてことにならないよう、こういう騒動を期に知識を蓄えてほしいですね。

increment at 23:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)コラム 

5/11 頒布停止になるということ

先日のエントリはおかげさまでかなりの人に読んでいただけたようで、ありがとうございます。

私がそのような界隈に近いせいか、即売会運営としての立場からの意見や、修正の基準自体の議論が多く目にとまったわけですが、今回の一件の主役はあくまでサークルさんです。ここは忘れてはいけない。

渦中の人も言っていたように、一ヶ月あるいはそれ以上の長い時間をかけて準備した本が、納得のいかぬまま、説明の辻褄が合わないままに、頒布停止となるわけです。そのまま泣き寝入りする人もいるでしょうし、今回のように反発する人も当然出てくるでしょう。

そう、サークルが納得できていないから、スタッフが強権をふるったように見えてしまうんです。今回のケースでいえば、既刊と新刊、同じように修正したのに、何故か新刊だけNGになった。こうなると、スタッフの気まぐれで新刊だけNGにする嫌がらせを受けた、なんて思い込んでしまってもしかたないのでは。「いや、そんなわけないじゃん、わかってよ」というスタッフはじめベテラン勢からの訴えがすぐに飛んできそうですが、伝わらなきゃダメです。「伝えたつもり」「聞いてない」の水掛け論にしかなりません。

というか、みんなが詳しかったらこういうことにならないんですよね。知っててほしいとか言うのは大抵アラフォーアラフィフのベテランたちで、絵がうまくなってきて本も売れるようになってきて、な若い人に同レベルの知識を要求するのは難しい。都条例でゴタついたのも、もう10年前ですよ。なかなか知識がつくような事件も起きてないわけで。そのへん知らなくても入ってこれちゃう脇の甘さは見方を変えれば敷居の低さであり、現在の形をかえずにいくには、ある程度の無知は許容しなきゃいけないんじゃないかな。

さて、ちゃんと説明するべきだとは言っても、頒布停止を伝えられたサークルさんはかなり動揺するでしょうし、その場では言われるがままになってしまうことも多いでしょう。でも、即売会側とサークル側が会話をする機会は開場前の一瞬だけじゃないんですから、後からいくらでもフォローをいれるタイミングはあるはず。ほんとうに長く支持され続けているイベントはそのあたりをしっかりやってる印象があります。あのイベントじゃTwitterで話題になった瞬間、電話で連絡をとるんじゃないか、そう思ってしまうくらい手厚くサークルを見てるイベントもあります。大きなイベントだから個別にケアできないというなら、「今回の処置について疑問があればこちらに」と名刺置いてくぐらいしてもいいと思います。

ずっとウェットな話をしてきてますが、現実的に考えてもこの手のバズは悪評にしかならないので、イベントのブランドを守るためにも重要じゃないかなと思います。むしろチャンスと捉えて頒布物確認およびわいせつ図画についての認識を深めさせることができればいいんじゃないかな。もっとも、「新刊はNGで既刊はOK」をしっかり説明して納得してもらうのは相当困難だと思いますけどね。

あまりまとまってないですが、ここ2、3日の議論を見てて思ったことをつらつらと書いてみました。

increment at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)コラム 

2017年05月08日

5/8 頒布物確認

まずはこちらのTweetを。




頒布停止になった本はとらのあなに委託されてるのでそちらで内容は確認できます。フルカラー本で局部修正はモザイクという、いわゆるとらのあな基準というやつ。エロ漫画雑誌基準を暗に推奨しているコミケでは、昨冬あたりにNG飛びまくったという噂がある方法です。まあ、そこは今回は主題じゃありません。

昨今の即売会では当たり前のように行われている頒布物確認。ほとんどの場合、刑法175条わいせつ物頒布等の罪に該当するものが無いかを確認しています。なぜ確認する必要があるか、動機は何かというと、当該即売会で頒布された図画がわいせつ物に該当すると判断された場合、頒布当事者はもちろん、即売会主催者も場所の提供という形で関わってきます。また、そのようなトラブルを起こした団体は次回以降に会場を貸与してもらうことも困難になるでしょう。そのような事態を避けるために、仮にわいせつ物と疑われたとしても、何らかの理由(「この修正は同時期に発行された○○という雑誌と同等と判断できる」などなど。)で該当しないことを主張できるかどうか、頒布物を見て確認します。

つまり、OK/NGの基準は、その即売会主催団体がその瞬間にどこまで腹を括れるかにかかっています。基準が明確じゃなく、また即売会ごと、開催回ごとに異なるのは、そういう理由によります。なので、今回の事案について、その本がわいせつに該当するものかどうか、あるいは頒布停止に該当するものかどうか、議論するのは若干不毛です。

ただ、今回のスタッフの対応はよろしくない。新刊はNG、しかし同じ修正方法の既刊はOK。ならば新刊のどこがNGで、既刊にはそれが無いからOKだという説明が必要です。頒布停止というのは表現の場を奪う行為であり、それだけの権限を行使するときには十分に真摯な対応がなされるべきです。

その前に、「既刊はOK」について。これは、他の即売会でも同様の確認をしていて、頒布できていたのなら問題ないだろう、という他所の即売会を全面的に信用する形で、頒布物確認の負荷を抑える運用です。ですが、このやり方も上記の動機と照らし合わせると正当性があまりありません。コミックマーケットなどでは前回開催までに確認したものは不要という運用ですが、これも時系列による変容を考えると不足があると言えます。まあ、あまり厳しく言っても辛くなる一方なので、そのへんは腹を括っている領域ということでいいのでしょう。

ですが、今回の事案では確認対象を新刊のみとして既刊は確認不要と切り捨てています。基準は上記のとおりですので、他の即売会で頒布されたといって、自身がわいせつ物でない論理を組み立てられるものであるかはわかりません。もしわいせつ物だと見られた場合、他所の即売会に泣きつくつもりなのでしょうかね。

さらに言えば、新刊はNGであり、しかしサークル側は既刊も同じ方法で修正してあると言っているのです。なのに確認せずOKとしてしまうのは、さすがに脇が甘すぎるのではないでしょうか。頒布物確認の動機を考えれば、確認せずに頒布させるなんて考えられない行為です。

さて、実際の運用としては、ある程度の規模を超えると一人ですべてのサークルの頒布物を確認するのは不可能になります。なので、まず少し厳し目のわかりやすい基準を設定して選別し、責任を持つ最終確認者が決断するような形になります。裏をかえせば最終確認者がコトになった時には対応にあたるわけです。

まあ、コミックマーケットのやり方なわけですが、その他の即売会では表面だけを切り取って、あるいはさらに省力化して、システムの一部だけを採用した結果、目的に対する正当性がなくなっていることが多いです。いや、目的すら保護ではなく単純な検閲にかわっていることも多い印象。そういう状況の中で起きてしまったことなのかなぁと。

末端のスタッフまで認識を浸透させるのは難しいと思いますが(頑張って欲しいですが)、せめて頒布停止を決断する人、そして頒布停止を伝える人くらいは、どれだけの正当性で頒布停止という強権を行使するのか、説明できるようになっていてほしいなぁ、と。表現の共有を無上の楽しみとして集まっているからこそ、表現の場を奪う行為には最大限に配慮してほしいものです。

increment at 23:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)コラム 

2017年05月07日

5/7のイベント

increment at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)即売会 

2017年05月06日

5/6のイベント

@国際展示場 COMITIA120
@流通センター けもケット6
@浅草 どんどん割るのです…王子

詳しくはコチラ→続きを読む

increment at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)即売会 

2017年05月03日

5/3のイベント

increment at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)即売会 

2017年04月29日

4/29のイベント

increment at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)即売会