aamall

2009年01月21日

1/21 サンクリ漏洩の雑感

細かい事実関係は、クリエイション公式Webが一番詳しく信用できるので、そちらを読んでいただきたい。

ここで書こうと思ったのは、事件の内容自体ではない。てか、ウチもネットにある情報以上のことは知らないし、知ったとしても書けない。



次々回のサンクリ43が中止になった。中止になった理由は「ご迷惑をおかけした方々への対応、および事務局内における再発防止策を徹底するため」とあり、おそらく事実であろう。裏の理由はあまり無いと考えている。

まず、次回サンクリ42については、中止せず開催するのが当然であろうし、変に気を遣い前が見えなくなって中止したりせず、良かったと思う。既にサンクリあわせで原稿を入稿してしまった人も多いだろうし、中止することになれば、さらなる混乱および事務作業の発生を伴うため、どう考えても悪い選択だ。サークル側に残ったわずかな信頼さえ失われてしまいかねない。

そして、サンクリ43の中止についても、やむおえない選択であろう。もともと、2月から4月は間隔が狭く、事務作業に無理が生じているところだ。そこにさらに謝罪対応および漏洩対策が加われば、サークル数が減ろうとも、事務作業が破綻するのは想像に難くない。開催しようと思ってもできないであろう。もともと4月は競合イベントも多く狭間の回で、規模が小さかったことは幸いしているかもしれない。

その後の開催については、今後の謝罪対応と漏洩対策の進捗次第であろう。もっとも、6月開催のサンクリ44については、もう開催可否を決断しなければいけない時期であり、おそらく目処が立たず中止になる可能性が高いのではと予想している。その後の10月開催からは、なんとか開催していただきたいと思う。

永久中止を求める声が一定の勢力をもっているが、イベントが中止になることで何が得られようか。自分の不幸を相手の不幸で代替する行為は、とても不毛だと思うのだが。信用できないというのは十分にわかるのだが、ならば他は信用できるという根拠は何だろうか。一度漏洩させてしまったことで、クリエイションの情報漏えいに対する意識は格段に高くなるであろうし、結局のところ、新たに提供する個人情報については、他と同様かそれ以上に保護されると思う。ついでに言うと、過去の情報で既に漏洩の危険があるものについては、クリエイションが消滅しても、おそらく漏洩の危険は消えないであろう。

逆に、永久中止された場合のデメリットは挙げられる。

年4回、2000SPのオールジャンルという規模は、容易に代替が利くものではない。コミケ・COMIC1・サンクリといった、大規模オールジャンルのみで活動しているサークルは多い。中小オンリーは大規模オールジャンルの受け皿になるかというと、それは絶対になれないと思う。中小オンリーになると、どうしてもジャンルが偏ることが大きい。どのオンリーにも該当しないジャンルで活動している人は意外に多いものであるし、またオンリーの制約が息苦しいと感じるサークルも多いであろう。

ならば中小オールジャンルイベントがあればと思うかもしれないが、おそらく中小オールジャンルイベントは成り立たない。オールジャンルのイベントで一般参加者を集めるには、どうしても規模が必要であり、生き残るためには必然的に大規模化が必要になるからだ。これは「ポストレヴォ」戦争の成れの果てで証明されていると思う(具体的にはこ〜みっくとかコミックキャラクターズなど)。中小オールジャンルでは、唯一、文化祭型で内輪に特化したコミクリのみが残っている状況だ(サンクリが無くなればコミクリも無くなるだろうけど)。

となると結果として大規模オールジャンルの後釜が求められるが、おそらく運営スキルを持った団体が存在しないであろう。数の多さもさることながら、会場手配などでも規模が大きくなるとより困難がともなう。クリエイションも、規模が大きすぎてやむなく専業社員を1人設けているはずだ(反省会で言及あり)。それだけの体制を整えられる新規団体はいないであろう。COMIC1は主催がコミケ代表であるため夏→冬の間は多忙で開催できないと言っていたし、こみっくトレジャーもシティが忙しいので東京進出するつもりは無いと聞いている。

このような観点から、サンクリは是非残していただきたい。必要としているサークルも多数いるはずである。


もちろん、情報漏えいが許されないことであるのは当然であるし、それについての謝罪や、今後の対策についてはきちんと行った上での話である。


閑話休題。


情報漏えいについて、自身が対策を行っていることを公表するイベントが増えているが、これはやめたほうがいいのではと思う。このタイミングで表明することは、自分からイエローカードを貰いに行くようなものではなかろうか。万が一、自身が漏洩してしまった場合に、対策の万全を公表してしまった以上、それは即退場を意味するであろう。もちろん、今後の同人誌即売会において、個人情報に関する目は厳しくなるではあろうが、万が一のときに、糾弾の材料となる素材を自分から提供しなくても良いと思うのだ。問合せについては、表からは見えない部分、要は1対1で応えるだけで十分だと思う。


もいっちょ閑話休題。
こっからは本音の雑感とかを軽く。


まぁどこかがそのうちやらかすとは思ってました。まさか大規模イベントでやらかすとは確率的にも思ってなかったけど。ちょっとアレな話ですが、どこか小さいイベントがやらかして、それで全体の危機管理意識が高まるのが良かったかなぁとか。

ちなみに私もリストに含まれています。探さないでねw 特に悪いこと書いちゃったイベントの主催の方々、凸はさすがに勘弁願います。

サンクリが再開されれば、申し込むと思います。代替イベントが無ければ、選択肢はもともと無いんじゃないかなぁと。Comic1は嫌いだし、他に選択肢が無いという現実の問題が。ラノベフェスティバルが復活すればいいのか? でも大手イベンターのオンリーって、大抵は他にいっぱいイベントが同日開催されるので、そっちに興味を持っていかれてしまい、参加しづらいんですよね。マリみては何故かいつも孤高の存在なので助かってます。

謝罪とかも余り興味ないなぁ。謝られてどうするわけでもなし、むしろ今後絶対に再発させない体制作りとか、そっちに注力して安心できるイベントを作ってほしい。

increment at 23:59│Comments(12)TrackBack(1) コラム 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. サンクリ謝罪の手紙到着  [ 今日の言わせれ ]   2009年01月27日 20:04
サンクリから漏洩事件の報告と謝罪の手紙が届きました。 それによると情報漏洩したサークルの数は10,520。 言われていたよりは少ないとは言え、十分過ぎるほど多い数です。 このタイミングでもう一度、 この件に関する自分のスタンスを明確にしておこうかと。 結論...

この記事へのコメント

1. Posted by 草屋敷   2009年01月22日 09:01
初めまして
いつも楽しんでromしている者です


正直、ここ数年のオタク界隈でこの手の騒ぎがあると
陰謀論や白黒論がしすぎて
外野(というよりオタクのふりした一般人と
それに煽られるオタク)が綾瀬さんのように
冷静な落とし所を鑑みない人が
無用に騒ぎを大きくしているように見受けられます



今一度、煽られやすい方々は冷静になって
貰いたいものです。

個人的には今年自粛で来年再開が
無難かと思います。その代わり
出来うる限りの対策はして欲しいところです
また、企業ではないですが対外的にも
対内的にもプライバシーマークの取得は
検討の価値はあるかと思います
2. Posted by 永年同人   2009年01月23日 07:06
初めて書かせてもらいます。

情報漏洩を穏便に済まそうとすれば自分達の首を絞める事になると思う人がどれ程いるのでしょう。
逆に長期の開催中止をすると、さらに混乱が起きる可能性もあると考えたた方が・・・・。

一番いい方法は、10月ぐらいにイベント名を変えての再出発を望んだ方がいいと思う。
3. Posted by ardarim   2009年01月23日 12:49
イベント名の架け替えは意味がないんじゃないかなあ。それで騙せるのは一部の人だけだと思います。

それよりはあえてイベント名をそのままにした方が、今後とも自分への戒めとなるのではないかと。
再開したとなれば体制強化でしばらくは(むしろ他のイベントよりも)信頼が置ける体制にはなるんでしょうが、のど元過ぎた頃におざなりにならないようにして欲しいものです。

あとプライバシーマークは、残念ながら既に形骸化しているような気がします。
大企業では取ってるのが当たり前と言う風潮ですが、あれってマークが取れればいいわけじゃなくて、組織として継続的に適切に運用されてないと意味がないわけで…
ちなみにサンクリは企業(株式会社クリエイションが主催)ですよ
4. Posted by 永年同人   2009年01月23日 13:44
>イベント名の架け替えは意味がないんじゃないかなあ。それで騙せるのは一部の人だけだと思います。
騙す事が目的ではなく、同人誌即売会でミソが付くと以後の開催に
支障をきたす場合が多く、会場の貸し出しも出来なくなる恐れもあります。
現に数年前にも、幾つかのイベントや即売会が不祥事を起こして
イベント名をそのままで開催を存続させた時にも嫌がらせや、悪い噂によって開催中止に
なったケースもあります。

騙す事を前提にするのではなく、再起をかける意味も含めての「イベント名を変えて」と書かせてもらいました。
5. Posted by t   2009年01月24日 11:24
ネットじゃ名前変えても主催はどこでスタッフだれで〜てすぐ情報出回るから
嫌がらせの類には意味ないと思うけどネ
6. Posted by @++   2009年01月29日 00:39
>再開時期
あまり空けるとサークルが離れちゃうのではと。
また、戦略的には10月という隙を作っちゃうのは別イベントの誕生を促進しそうなので、クリエイションが今後も続けるなら、なんとしてでも開催して、確実にキープしたい日程ではあると思います。

>イベント名称
変えてもすぐ噂として広まるでしょうし、同人界隈には意味はないでしょう。
対外的にも意味があるかは微妙かと。会場もそこまで部外者ではないというか、この規模になると団体名変えたぐらいじゃ、すぐ勘付かれちゃいますよ。付き合いも長いですし。
むしろ、新規イベントにすることの参加者減のデメリットが大きいでしょうね。「サンクリ」のブランドはまだ有効だと思います。
7. Posted by 流出サークル   2009年01月31日 09:20
>探さないでねw
>凸はさすがに勘弁願います

こういうノリで冗談めかして書ける人が、正直うらやましいです。
私は以前、直接通販をしていたこともあり、住所を公開していました。奥付に住所を書くのがまだ一般的だった、かなり昔の話です。
ところがある日、何の前触れも無く、支離滅裂な脅迫状が送られてきたのです。素人目に見ても正気を疑うような、手書きの気味の悪い文書が。
結局この件は警察沙汰となり、犯人は逮捕されました。
しかし犯人はやはり精神異常者で、通院歴があったため不起訴となりました。

ちょうど仕事の都合が重なったこともあり、私は引越しをし、一度はサークルも止めました。
しかし同人の魅力はどうしても捨てがたく、数年前、ちょうど今回の流出と被る時期に活動を再開したのです。
もちろん住所公開はせずに。できるはずもありません。

こういう経験をした人間からすれば、この事件は言葉に出来ないほど腹立たしく、悔しい。
セキュリティ云々が原因であれば、こんなに怒りはしません。
1万件以上のサークルの個人情報が入ったPCでWinnyを使って流出。これのどこに、擁護すべき理由があるのでしょうか?
サンクリ事務局にはたしかに管理責任以上の責任は無いかもしれません。ですが事件発覚後の対応を見るかぎり、少なくとも私には到底信用できるものとは思えないのです。
8. Posted by とりあえずななし   2009年02月01日 04:58
サンクリ事務所を信用する、しないは人それぞれ解釈が違いますのでどうでもいいと思うのですが。
個人的には、個人情報を公開せずに同人やろうという最近の風潮が気になります。
ものを発言すれば、何らかの反応はあるわけであり、いい意見もあれば悪い意見もあります。
自分の萌は表現するよ、でもほかの人の苦情は受け付けないよってのがねえ。
過去に切り刻まれた同人誌送り付けられたり、ネットで「○○さん(本名)、殺しに行きます」と脅迫されたり、スペースにのろいのわら人形置かれたりしてますが、いまさら住所非公開にしても意味がないと思って公開のままやってます。
でも、変な人はよってくるけど、とりあえず生きてるなあ。同人関係ないところでナイフ振り回されたときのほうが生きた心地しなかったし。
>7さんの「同人の魅力に〜」って言い方が、なんか引っかかるんですよね。ハイリターンを求めるなら、ノーリスクな道なんかないと思うんですけど。
9. Posted by 流出サークル   2009年02月04日 13:48
ずいぶんと危険な目に会われているのですね。そこまでいくと、さすがに警察に助けを求めたほうがいいレベルだと思うのですが。
まさか、警察に相談したのに動いてくれなかったのでしょうか?
10. Posted by とりあえずななし   2009年02月04日 20:44
このブログと関係ない話のような気もしますが、一応返事しときます。
「次何かあったら連絡してね」で終わりです。
警察なんてそんなもんですよ。当てにしちゃいけません。
11. Posted by @++   2009年02月05日 01:40
>流出サークル様
情報流出の経緯については、私も擁護の余地は無いと思っています。ただ、クリエイション側の対応が、それほど悪いとも思っていません。

たとえば、どのような対応なら満足なんでしょうか。流出主が誰なのかはっきりさせる、流出経緯を詳しく説明する、などあるかとは思いますが、私はまだ対応を待つ時ではないかと考えています。

クリエイション側には、2/8のサンクリ反省会という、公の場で事情説明および対話をする場が用意されています。そこでの対応を見てからで遅くはないと思っています。
12. Posted by @++   2009年02月05日 01:47
>とりあえずななし様
ほぼ同意です。
個人がとれる確実な対策は、極力個人情報を外部に提供しないことです。申込書に書いて提出したのは自分なのですから、その時点である程度のリスクは覚悟するべきです。

もちろん、漏洩を肯定する気は皆無ですが、自分だけは安全でというのは虫が良すぎる話。昔は奥付に住所を書くのが一般的でしたし、現在もコミケで推奨されていることではあります。C75のアピールで物議をかもした「表現することの責任」も考慮しなければなりません。

コメントする

名前
 
  絵文字