aamall

2009年05月13日

5/13 イベント収支と東方バブル崩壊のこと

ミニ情報に書いてたら長くなったので単独記事に。
ずっと書きたかった内容なので、いい機会になりました。

まずはこちらの記事を。
現実を見ようぜ

論点は2つあると思うので分けて書きます。

■イベント収支について
イベント運営が赤字なんて、褒められるところ全然無いです。
賛美する人は勝手に自己陶酔に浸っててください。

イベントは黒字であるべきです。理由はいくつかあって、最終的にはイベント継続のために集約されます。単発オンリーだとしても、次にハマった別のジャンルの即売会が期待できるので同様です。主催をできる人材は意外と少ないものです。

もう少し具体的に言うと、
?主催のやる気
  赤字なのにまたやるとか、よっぽどじゃないと無理です。
  TATみたいなことになっても困りますし。
?イベント拡大資金
  即売会の会計は、基本的に初期投資を回収する作業になります。
  会場費がもっとも高額かつ、最初に払うことになるからです。
  イベントが拡大すると、当然会場費などのイニシャルコストは増加します。
  そのためにも、黒字運営して資金の足しにしたいところです。
主にこの二つでしょうか。
そして、即売会に使われている大抵の会場は、容積を使い切れば黒字になるぐらいの値段で使用できます。

ただ、それも加減の問題だと考えます。一般・サークル・イベントのどこかが利益を独占しようとすれば、絶対どこかに皺寄せがいってしまう。以前、ケットコムについて書いたのもそういうことで、即売会側が利益を不釣合いに多く得ようとすると、一般参加者が離れてしまう可能性があります。それはつまり、サークルの販売機会を奪っているわけで、バランスがよくありません。私の心配を他所にVOCALOIDジャンルは盛況で、今のところそのような兆候は見られませんが、別のところ、同一会場併設イベントの一部などに見られる気がします。

■東方バブル崩壊?
例大祭に前後してチラホラ聞こえてくる話です。私は、これについては、供給がようやく需要に追いついて、買い手側の選別が進んでいる状況じゃないかと思います。

多分、全体の規模はまだまだ右肩上がりでしょう。ただ、買い手の増加より売り手の増加のほうが勢いがあったので、1サークルあたりの利益は平均するとどうしても減ってしまった。参加者が増加している状況で供給の方が増えることは珍しいのですが、東方ジャンルに限れば、例大祭とコミケが落選を多数出しており、発表したくても発表できない、いわば供給はあったけど見えない・制限された状況になってたんだと考えられます。

それが、今回の例大祭では、ほぼ落選を出しておらず(締め切り後に申し込んでも当選したという話を聞いたのでおそらくほぼ全当選でしょう)、ようやく供給量をイベントの受け皿が充足できた。

実際はそうでも、見た目には供給増加です。すると、買い手側の選別が進むことになります。サークル数の割合の伸びの方が、書い手の割合の伸びよりいいのです。単純に、1サークルあたりの売り上げ平均は下がることになります。

別の視点だと、即売会という場所は、供給は満たせなくても需要は満たせる。落選が出ようが、一般参加者は皆入場できるのです(第5回例大祭はそれすら不可能になりましたが割合的には一般参加者の方が参加できてました)。それが、供給が満たせるようになったということは、一般参加者の数は変わらずにサークル参加者が増えるのです。結局は、1サークルあたりの売り上げ平均が下がることになります。

どの時点で東方ジャンルが失速したと見るかの問題で、プレイヤーの数、つまりサークル・一般参加者は、まだ増加が続くのではないかなぁと感じています。量的なピークはまだ先、それが夏なのか冬なのか、来年の例大祭なのか、さらに先なのかはわかりません。しかし、1サークルの売り上げのピークはもう過ぎたでしょう。そういう意味で、バブルが崩壊、というのは言いえているような気もします。

もうひとつ、サークル人気は上がるのは早いですが、落ちるのは遅いです。これがどういうことになるかというと、ジャンルが長く続くほど、大手になりにくくなるのではと思います。多少の人気では壁スペースに余裕がないので島中のままになってしまう。壁という宣伝力はそれなりにあるので、そこに入れなくて伸び悩むことになるサークルは多いです。でも、外から見てると、新しい才能が出てこない停滞状態に見えてしまう。これで失速を感じることもあるでしょう。

ちなみに、埋もれてしまった才能は、他の新しいジャンルで花開くことがままあります。東方ジャンルも、初期の大手サークルは、別ジャンルでまったく目立たない存在だった、なんていうパターンがとても多いです。いつか、東方で埋もれながらも力をつけたサークルさんが花開く時も来るはずです。このへんは買い手の醍醐味であったりもしますよね。

increment at 23:59│Comments(10)TrackBack(0)コラム 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by k   2009年05月17日 19:38
オールジャンルや創作オンリーならいくら黒字を出しても問題ないでしょうけど、二次創作のオンリーでやられると権利者から目をつけられてあぼーん→同人全体の萎縮につながることも考えられるので、そこは慎重になってほしい。ハイライフいたばしで開催されたケットコム主催のハルヒオンリーなんかは言い訳できません。
黒字を他ジャンルに持ち越すのも疑問です。参加者がまったく同じならともかく、上がった黒字は同じジャンルに還元すべきだと思いますよ。参加者は主催者に対してではなく、ジャンル/参加サークルに対して魅力を感じ代金を払っているのだから。
2. Posted by あ   2009年05月17日 21:04
東方はオリジナルでは?
3. Posted by ヌヌ   2009年05月18日 00:54
>あ
「東方の」二次創作ですよね。
言葉面だけ追うんじゃなくて文章の意味考えればわかるでしょ。読んでないと思うけど。
4. Posted by 妄想で語ってないで   2009年05月18日 06:17
自分でイベント開催してみるといい
どんだけ難しいかわかるから
5. Posted by 名前を入力してください   2009年05月18日 19:22
主催までゆとりの東方

同人ジャンルの1つではなく
「東方」という1つの趣味として
確立していって欲しい

邪魔
6. Posted by @++   2009年05月19日 02:20
>kさま
利益出して権利者に目を付けられ云々については、散々語られているけど実際はどうなんでしょう。机上の空論という気もします。

主催を軽視する傾向が買い手の人にはあるかなぁと思います。確かに一般からは有難味の薄い存在です。

でも、イベントで一番責任を負っているのは主催であり、また準備にもかなりの時間と手間を要します。それゆえ、それ相応のリターンはあるべきです。バランスが重要。

ボランティアという幻想を過度に言い過ぎた弊害で自業自得だとも思います。実情を知ってもらうのか幻想を押し続けるのか、それは個々の判断だと思いますが、私は知ってもらいたいし、その上で議論を重ねたい。
7. Posted by @++   2009年05月19日 02:25
>妄想で語ってないでさま
私へのコメントということでいいのかなぁ。

主催経験は無いですが、イベント主催業務を近くで見させてもらったことは何度かあります。その上で、私は主催の器に無いと自身を捉えてますので、イベントを主催することはありません。

というか、そんな人に主催やられてトラブル起こされたり、大失敗閑散イベントを開かれる方が迷惑だと思いますよ。軽々しく「イベント開催してみるといい」なんて言える人が主催だなんて、あまり考えたくありませんが。
8. Posted by @++   2009年05月19日 02:34
>名前を入力してください さま
うーん、よくわかりませんが、東方はとっても面白い同人ジャンルですよ。

規模が大きいだけに、ちょっとのことでも非難の声はすぐ大きくなって、主催は大変だと思います。

少数派からのねたみは常にあるものですが、私はなるべく多数派に乗っかって楽しんでいきたいです。リリカルなのはにはかなり苦労しましたが、ようやく最近、楽しめるようになってきました。そのほうが楽しい同人ライフを送れますし、そういう考え方の人間なもので。
9. Posted by へえへ   2009年05月20日 02:33
これって具体的な数字はわかんないですかね。
一概にはいえんのでしょうが、会場借りるのにどんだけかかって、上がりはどこからどれだけ取ればいいのかって話。金がないのは分かるがこれだけだと何をどうしていいのかサッパリ。

実は東方やばいんだよ、って世の中に訴えたければ主催側が正直にこれだけ金無いからなんとかしてって言うしかないと思うですよ。せんべい売ってる鉄道会社みたいに。
10. Posted by @++   2009年05月21日 00:13
>へえへ さま
たとえば例大祭の会計を、なんていう話は知ってても私が書ける内容ではないですね。会場費は問い合わせればわかりますが、確か法人格が無いと借りれないので、どこかが借りて又貸しだと思いますが、中間搾取がどれだけどか、正直表に出ない要素が多すぎて推測のしようが無いです。

中小規模のオンリーなら、大抵推測できますね。施設のHPに行けば使用料が書いてあります。

手前味噌ですが、こちらの記事でも。
http://blog.livedoor.jp/increment/archives/51433939.html

お金が無いことを訴えるのは無理でしょう。そんな不安なイベントでは、敬遠するサークルが増えるからです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字