aamall

複合イベント

2009年08月09日

8/9 最近流行の合同イベント

最近、オンリーイベントを複数個組み合わせて、一つのイベントにしたような形態の即売会がよく見られるようになってきました。

具体例を挙げますと、
 都産祭
 アグリゲート
 SDFxxxx
 スキマフェスティバル
 勧業祭
などなど。これらは複数回の開催実績があるものですが、単発モノや、全体を統合する名前が無いだけで同様の開催形態のものをあわせると、数はさらに増えます。

スキマフェスティバルについては、先日のエントリで触れたように、コンセプトから必然性があったのですが、最近開催されている同様の形態のイベントを見ると、あまり明確な理由なく、ただ集めて規模を大きくした傾向が見られるように思います。

このようなイベントの利点を考えてみると、以下のような点があるのではと思います。
・主催にとって
  複数イベントを組み合わせることで、規模にある程度の保険ができる
   (こっちが減ってもあっちで、と)
  広い会場でもサークル数を集めることができるのでリスクが少ない
・サークルにとって
  単体で開催できない規模のジャンルでもオンリーができる
  来場者数が多くなるので、手にとってもらえる機会が増える
・一般にとって
  カタログが共通なので安上がり
すぐに思いつくをとりあえず並べてみましたが、いいとこだらけですね。

結論から言うと、私はこのようなイベントには否定的です。しかし、そうすると必ずこういう反論が来るんですよね。
「私の活動ジャンルは規模が小さいのでこうでもしないとオンリー開催できない。だからこの形はうれしい」

確かにそうなんですよ。おっしゃるとおりです。なかなか反論しづらい。でも、この質問にはどうでしょう。
「あなたの活動ジャンルは本当に単体オンリーができないほど小さいですか?」

先ほど利点を挙げましたが、逆に欠点をあげてみたいと思います。
・各オンリーごとの企画がやりにくい
・アフターイベントを別々に開催しづらい
・各オンリーごとに一体感が希薄

やはり、各オンリーごとの分化・差別化が困難ということになります。これらが結果的にどうなるかというと、サークルのジャンルに対する執着心が強まりにくくなります。サークルの満足感が小さいので次回への期待が小さくなり、リピーターになりにくくなる。

結果、「面白い!」と思った作品でも、1冊2冊作ることで満足した気になってしまい、すぐ次のジャンルへ移ってしまいます。こうしてジャンルは瞬く間に縮小します。

実際に現在人気のあるジャンルは、初めから、あるいは極初期に単体イベントとして独立しているものばかりです。VOCALOIDやハヤテのごとく!は合同イベントからスタートしましたが、VOCALOIDは直ぐに単体として独立、ハヤテのごとく!も別の主催が単体イベントを企画し現在まで続いています。
一方で、狼と香辛料は合同での開催を3回続け、ようやく単体イベントとなった時に残ってるサークルは僅かでした。

現状で合同イベントが主流で進んでいるジャンルは、ストライクウィッチーズとけいおん!でしょうか。今後、真価が問われるところかなぁと思います。

作品からジャンルの短命化が語れることは多いですが、イベント形態にも一つ原因があるのではないかなぁ、と。そんなことを思いました。

increment at 23:59|PermalinkComments(3)TrackBack(1)

2009年08月04日

8/4 スキマフェスティバルはもっと各イベントの独自性を出して欲しい

今年は例年にましてニッチなイベントが多く、リストを眺めてるだけでニヤニヤしてしまうスキマフェスティバル。昨今乱立している合同イベントの中では、独特のコンセプトが光り、またコンセプトによってイベント形態に説得力があるという点でも、ズバ抜けているのではないかなぁと思います。

しかし一方で、思いつきでただ並べただけ、という印象もぬぐえません。過去の例から見ても、当日現場では、イベントごとに固まるように配置しただけで、個々のイベントとしての姿がなかなか見えてこないのです。オンリー合同というよりは、ジャンル限定オールジャンルのよう。

一つの理由としては、個々のイベント主催を、全体主催の知り合いに限定していることにあるのでは、と思います。無難な運営のためにはよい手段だと思いますが、必然的に個々のイベントの主催は限られてしまいます。一方で、コンセプト上、なるべく沢山イベントを立案しないと、サークル数が不十分で全体として成り立たなくなってしまいます。そのため、どうしても一人の主催がいくつかイベントを掛け持ちしなければいけなくなってしまう。その結果、個々のイベントに注力することは難しくなってきます。

なんとかできないものか。個々のイベントの主催を広く応募する、というのも一つの手段です。しかし、実際にやってみて20人も集まるかというと、正直なところ集まらないのではないかな、と思います。以前、一回だけ広く募集したことがありましたが、実情はあまり変わらないものでした。

そこで、サークル側から何かできないでしょうか。Webなどで連絡手段を確保できるサークルさんは多いですし、あるいは事前に主催と連携して、サークル参加案内に別途企画案内を同封してもらうことぐらいは出来そうです。

イメージとしてはシティのプチオンリーに近いかもしれません。どこかのサークルが音頭とって主催が手をまわしきれない企画面をサポートできたら……。そう考えると、プチオンリーに相当する部分を主催が提供してしまっているのが悪いのかもしれませんねぇ。


そんな妄想話。

この話はもう少し細分化して続きます。コミケ前、チェックの息抜きにでも。

increment at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月01日

10/1 スキマってなにさ - 最近のケットコム

11/3のスキマフェスティバル。色々とネタを振りまいてくれるんですが、行動に疑問を持ってしまうことが多いのが気になるところです。

例えば、「糟日部物産展2がファンからの抗議で除外されたこと」がありました。つまり、ファンから「らき☆すたはスキマジャンルじゃない」という至極当たり前の指摘を受けたため、ケットコム側が除外したのですが、この企画が発表された時点で、「夏コミは「らき☆すた」と「グレンラガン」がブレイクするぞ」といわれており、主催のケットコム側も、アグリゲートで両ジャンルの人気を身をもって体験してるはずです。それを「スキマ」フェスティバルに入れてしまっては、もはや何でもアリで、コンセプトも単なる建前になってしまいます。結局グレンラガンオンリーは開催されますが、ぶっちゃけ参加者集める餌でしょう、これは。

また、一般メディアにまで取り上げられている初音ミクオンリー。これにしても、イベント開催を告知したあと初音ミクを入手するというチグハグさが見えます。いや、話題にとびついてオンリーやれば人が集まるだろう、という下心がよく見えるのですが。

そして極めつけは本日発表されたスクールデイズオンリー発表から参加締切まで2日無いという点でもうありえないんですが、告知を見ても、単に「Nice boat.商法で話題になったっぽいからイベントやっちゃおう」としか考えてない様子がわかります。Nice boat.商法に関することしか書いてないし、少なくとも原作(あるいはアニメ)好きなひとはこのイベント名にはしないと思います。

去年のスキマフェスティバルを振り返ってみれば、SDF1008との比較では盛り上がりに欠けたものの、イベントコンセプトに忠実であった点は評価できます。しかし、今年の様子を見ると、コンセプトは全く見えてきませんし、個々のイベントも適当さが目立ちます。箱(会場)は確保したから何かやろう、という意図が見え見えでもありますし。

同じスキマフェスティバル内イベントでも、ケットコム以外の主催がやっているイベント(HPの構成で判断がつきます)については、最近イベントごとに動きもでてきて、面白い企画をやっているところもあるのですが、ケットコム主催のものに関してはそのようなことも全く見えてきません。羽けっととか、もう忘れてるんじゃないかという気すらしてきます。

色々と文句を書いてきましたが、通して言えることは、ケットコムがイベントに対して、とてもドライな印象を受けることです。ビジネスライク、じゃダメだな。堅い運営、とでも言えば好印象でしょうか。イベントを開催して、何事も無く終わらせればOK、という面が強いです。とてもオールジャンルイベントっぽい。実際その面では優秀で、ケットコム主催のイベントでは、大きなトラブルというのはほとんど聞きません。しかし、オンリーイベントでそれが一番大事かというと、私はそうは思いません。最低限、原作を良く知っていて、原作にハマっていることが必要だと思います。「グレンラガン」を「グレンガラン」と言っているようでは、実はほとんど知らないんじゃないの? と思われてしょうがないでしょう。

そして、最近、個々のイベント規模では、同ジャンル他主催のイベントと比較して、ケットコム主催イベントはサークル数で劣る傾向が出ています。サークル側が避けるようになってきている、という事実が、運営の落ち度を表しているといえるのではないでしょうか。

increment at 23:59|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2007年08月08日

8/8 スキマ過ぎて消えていったイベント達

すっかり見落としてたんですが、スキマフェスティバル内イベントとして計画され、音も無くひっそりと消えていったイベントが、実はたくさんあった件。予定表からは今日消しました。

消えていったのは以下のイベント。
 触祭七
 だんめんずこみっく3
 ふりけっと4
 ふんどし少女隊
 ゆりケット
あと、GEASS FESTIVAL 3も正直開催が怪しい。

スキフェスの顔(と勝手に思ってた)断面図がなくなってたのは驚きました。触祭とともに、ガチエロ系がなくなったのは、イベントのバランスとしても残念なところ。
ガチエロ系はABnormalCarnival(と巨乳っ娘)のみが定期開催となってしまい、全体的にオンリーイベントが手薄です。まぁ、現状としてオールジャンルイベントを追うだけで十分な活動ができるので、そこまで深刻な問題でもないと思うんですが。

逆に、エロ系のオンリーも充足してしまったら、コミケ&オンリーで事足りてしまい、サンクリの相対的価値が下がることにもなる気がします。実際、サンクリ・comic1での、マリみてや東方ジャンルを見るとその傾向が出ているわけで。

とここまで書いて確認したら、触祭と断面図は一週間後ろにズレた模様。一安心?ですが、ケットコムは相変わらず適当だなぁ。

increment at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)