Acrobat 8 新機能

2006年12月04日

▼Acrobat 8 Pro新機能ガイダンス あとがき

 Acrobat 8 Professionalがリリースされました。前回のバージョンアップから考えると、予想より少し遅めでした。PDF作成機能を内蔵するといわれているWindows VistaとOffice 2007の影響があったともいわれています。

 また、廉価なPDF作成ソフトも多くなり、廉価なものでも必要十分な機能を持つようになっています。本家のAcrobatがニューバージョンでどのような変貌を見せるのかは興味深いところです。

 Acrobatが他の互換ソフトよりリードしている分野は、セキュリティ、電子署名、レビュー注釈などの機能でしょう。もちろん、印刷関係のPDFを印刷用に変換する機能は、Acrobatのみが持つものです。これらは、数千万円の出力機に搭載されていた機能も少なくありません。

 本書は、Acrobat 8 Professionalの新機能を中心に整理したものです。新機能といっても、際だつようなものはなく、既存の機能をブラッシュアップしたものが大半です。しかし、7.0までのユーザーの声を反映してブラッシュアップされた機能は、Acrobatを実に使いやすいものにしています。続きを読む

incun at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年12月01日

▼Acrobat8新機能15 削除も可能になった[透かし]と[背景]の追加

 7.0にあった[透かしと背景の追加]は、PDFに「透かし」もしくは「背景」のいずれかを追加する機能でした。Acrobat 8 Proでは、1つのウィンドウではなく[透かしの追加]と[背景の追加]の分けられています。[ヘッダとフッタ]のように、より使いやすい設定が可能になっています。
続きを読む

incun at 12:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月27日

▼ヘルプとガイドだけではわからないAcrobat 8 Pro新機能の秘密

 あなたはAcrobatをお使いですか? Acrobat 6.0 Professional以上をお使いの場合は、Acrobat 8 Professionalに移行すると、とてもメリットかあります。もし、いまは使わなくても、今後、使う可能性があるならば、もう少し私の話を聞いてください。かならず、あなたのお役に立ちます。

 もしAcrobatをお使いで、既に8にバージョンアップした方や、これから8へのバージョンアップを考えているあなたには朗報です。バージョンアップフィーを取り戻す方法があります。いえいえ、それ以上の価値を、Acrobat 8 Professionalはあなたにもたらすでしょう。
続きを読む

incun at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

▼Acrobat8新機能14 [別名で保存]で追加された3種類のPDFファイル

 Acrobatで、PDFを別のフォーマットで保存することができます。別名で保存する際に、PDF以外のフォーマットを選択してファイルフォーマットを変換することができます。PostScriptやEPSにすることも可能です。「Microsoft Word文書」として書き出すことも可能です。
続きを読む

incun at 18:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月21日

▼Acroba8新機能13 ウィンドウとウィンドウツールはどう変わったか

 Acrobat 8 Proになって大きく変わったものに、Acrobatのウィンドウそのものがあります。大きなアイコンでカラフルに表示されています。また、ツール類はシンプルになり、必要最低限のツールがデフォルトでセットされています。ウィンドウとウィンドウツールは使いやすくなったのでしょうか。
続きを読む

incun at 10:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月14日

▼Acroba8新機能12 PDFの変換を自動処理する[フィックスアップ]機能

 [フィックスアップ]は、プリフライトするときにPDFのエラー項目を修正する機能です。エラーとしてリストされるものを、フィックスアップで修正編集しておけば、プリフライトでエラー表示されることはありません。ただし、強制的にPDFを変換します。変換したPDFを元に戻すことはできません。

続きを読む

incun at 18:47|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2006年11月10日

▼Acroba8新機能11 プリセットする透明の分割・統合の設定

 Acrobat 8 Proの印刷工程パレットなかで、[透明の分割・統合]で[透明の分割・統合のプリセットオプション]が保存できるようになっています。頻度の高い設定は、Illustrator CSやInDesign CSのように、透明の分割・統合設定を保存して利用できます。
続きを読む

incun at 10:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月09日

▼Acroba8新機能10 Distillerとプリフライトで変換する「PDF/A」

 Distillerは8になってどのように変わったでしょうか。Acrobatの起動は、[アドバンスト]メニューの最上段にあったメニューが[印刷工程]のサブメニューに移動しています。ジョブオプションでは、「PDF/A」のオプションが追加されています。
続きを読む

incun at 10:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月07日

▼Acroba8新機能09 [カスタムチェック]で作成するプリフライトの編集

 Acrobat 7.0 Proでは、プリフライトの編集機能は2つに分かれていました。8 Proでは、[詳細編集]で作成するプリフライト規則や条件は[カスタムチェック]ウィンドウで作成して追加するようになっています。

続きを読む

incun at 19:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月01日

▼Acroba8新機能08 プリントダイアログで[小冊子]に対応して中綴じ出力する

 Acrobat 8 Proの新機能では、プリントダイアログで「小冊子の印刷」という機能が追加されています。この機能を利用すると、マルチページのPDFを中綴じで製本できるように出力できます。
続きを読む

incun at 10:54|PermalinkComments(1)clip!

2006年10月30日

▼Acroba8新機能07 [プリフライト]で変更追加された機能

 Acrobat 8 Proの印刷関係の機能のなかで、もっとも大きな変貌を遂げたのが[プリフライト]です。プリフライトの編集方法が大きく変わり、フィックスアップというPDFの編集加工機能が追加されています。まず、プリフライトウィンドウの違いをみていきましょう。
続きを読む

incun at 20:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月27日

▼Acroba8新機能06 テキストを削除して配布する[墨消し]機能

 [墨消し]は、PDF内にテキストやグラフィックスを削除し、指定したカラーで塗りつぶすものです。PDFを公開して配布する際に、読まれたくないテキストや見られたくない画像などを[墨消し]して削除します。[墨消し]を使うと、テキストやグラフィックスは完全に削除され、回復することはできません。続きを読む

incun at 11:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月11日

▼Acroba8新機能05 [PDFの作成]でキャプチャをPDFにする

[PDFの作成]機能は、ウィンドウのツールバーを開くと、5つのオプションしかリストされません。しかし、メニューバーを開くと、キャプチャを作成するメニューが現れます。「画面キャプチャから」「ウィンドウキャプチャから」「選択キャプチャから」のメニューを選択すると、キャプチャデータをPDFに変換できます。なお、カーソルは反映できませんが、Acrobatウインドウ以外もキャプチャ可能です。
続きを読む

incun at 21:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月05日

▼Acroba8新機能04 フォームをQRコードに変換するバーコードツール

 Acrobatにはフォーム機能があります。PDFのフォームエリアに入力したテキストをインターネット経由で送信する機能です。Acrobat 8 Proにはフォームツールに[バーコードツール]が追加されています。続きを読む

incun at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月04日

▼Acroba8新機能03 そのまま埋め込める検索用インデックスファイル

 Acrobat 6.0 Pro以降の機能で、全文検索用のインデックスファイルの作成が可能になりました。検索用インデックスファイルを作成すると、PDF内のテキストが高速に検束できるようになります。

 ページ数の多いPDFでは、そのままテキスト検索すると、予想以上に時間がかかりますが、インデックスファイルを作成すると、素早いテキスト検索が可能です。Acrobat 8 Proではこの全文テキスト検索機能が強化されています。続きを読む

incun at 16:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年10月03日

▼Acroba8新機能02 プレビューが見やすくなったヘッダとフッタの追加

 Acrobat 7.0 Proにはありましたが、AcrobatではPDFにヘッダとフッタを追加することができます。フッタとしてページの下部にページ番号を追加することが可能です。この機能を利用すれば、PDFにノンブル(ページ番号)がなくても、あとからノンブルを追加することができます。レイアウト位置も指定可能で、右と左を使い分けることも可能です続きを読む

incun at 20:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

▼Acroba8新機能01 ファイル結合で複数PDFをパッケージ化する

 Acrobat 8 Proのメニューに「ファイルの結合」というウィンドウがあります。操作ガイドで解説される機能の1つです。PDFやPDFに変換可能なファイルを1つのPDFに結合したり、PDFパッケージ形式で1ファイルにする機能です。続きを読む

incun at 18:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

▼Acrobat 8 ProfessionalでPDFはどう変わる

 Acrobatが新しいバージョンになりました。情報解禁日が今日だったようで、いくつかのニュースサイトで取り上げられていますね。私も、ベータ版にふれる機会があり、すこしさわってみました。
続きを読む

incun at 16:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!


チラシ、パンフレットの印刷会社
スポンサーサイト

メールマガジンの登録

DTPや印刷の最新の話題を解説するDTP-Sのメールマガジンの登録はこちらから(無料)。

RSS