オブジェクト変換編

2006年10月13日

▼オブジェクト変換04 TouchUpオブジェクトツールでPDF内の画像を編集する


 PDF内の画像はTouchUpオブジェクトツールからPhotoshopで開いて編集することができます。しかし、Photoshop CS2を画像エディタに指定して開くと、保存したときに画像の位置が移動してしまいます。TouchUpオブジェクトツールで画像を開くときは、Photoshop CS2ではなく、Photoshop CSを指定して開きます。続きを読む

incun at 17:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

▼オブジェクト変換03 印刷で再現できないヘアラインの線幅を変更する


 印刷するとき線の幅が細すぎると、線が再現されません。印刷されても目視で線として判別できない場合もあります。確実に線であることがわかるようにするには、0.2〜0.25ポイント程度は必要です。Acrobatでは指定した線幅より細い線を、太い線に変換する機能があります。続きを読む

incun at 17:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月12日

▼オブジェクト変換02 PDF内の注釈を印刷できるオブジェクトに変換する

 PDF内に注釈がある場合、ほぼ間違いなくそのPDFは、印刷用のPDFでないと考えられます。つまり、校正用のPDFなので、注釈が残っているわけです。しかしもし、Acrobatで追加した注釈をそのまま印刷したいときには、どうすればいいのでしょうか。確実なのは注釈をオブジェクトに変換することです。続きを読む

incun at 12:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

▼オブジェクト変換01 グラデーションをブレンドに変換して出力する方法

 PDF内のグラデーションは、通常、スムーズシェーディングとして記述されています。スムーズシェーディングはPostScript 3で描画可能な形式ですが、一部の出力ではPDF内のスムーズシェーディングを正しく出力できないことがあります。その場合は、スムーズシェーディングをブレンドに変換したPDFを作成して出力します。なお、Acrobat 6.0 Proでも同じ方法でブレンド化できます。続きを読む

incun at 11:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!


チラシ、パンフレットの印刷会社
スポンサーサイト

メールマガジンの登録

DTPや印刷の最新の話題を解説するDTP-Sのメールマガジンの登録はこちらから(無料)。

RSS