中国政府は印中国境に面するアルナチャル・プラデーシュ州を「南チベット」と呼称し、同地の90,000平方キロの領有を主張していることが、インド上院 の質問に対する同州のアハメド(E Ahamed)外務大臣による回答で明らかになった。アハメド氏は、アルナチャル・プラデーシュがインドの不可欠にして不可分の一部であることを中国に告 げたという。来月2日にはムンバイで、訪印中の梁光烈国防部長(防衛大臣に相当)を交えた二国間対話が再開される予定だが、成果は期待しがたい。(現地紙 報)(下はEconomistより転載)