Indigo-Illusion のblog

Indigo-Illusion が日々の徒然を語る頁です。

久しぶりに半田づけをした。
あまり綺麗に行かなかったのは、こて内でヒーターとこて先の間に隙間が出来ていたからだ、と信じたい。
腕はそこまで落ちていない、と信じたい。

とりあえずこて先が必用なのですが、特殊なこてなのでこて先だけを入手出来るかどうか?
本体はいくらでも売っているんですがねぇ。

病の床に伏していたら、あっという間に7月が目前です。ヤバいです。
嗚呼、何てこったい。

今週の東京は、雪が降ったせいでとても寒いです。
なんて言ったら北海道の人に笑われてしまいそうですが。

今日は、寒いですけど非加熱な話です。
ゲルマニウムトランジスタは熱に弱く、半田ごての熱でも死に至るほどです。
そこで、Groove Revolution @32/14Lでは事故防止の為、ソケットを使用して非加熱加工としました。
生のゲルマニウムトランジスタをご賞味いただけます(笑)。
勿論、トランジスタは固定されていますのである程度の衝撃には耐えてくれることと思います。
モバイル使用を前提に作成しましたから、その辺りは一応考慮しました。

そして、生ではありますが熟成されています。
今のところ、全台ある程度のエージングをかけていますので最低限の性能は発揮できる状態にあると思います。
忙しくならない限り、エージングは全台行う予定です。今も1台エージング中です。

熟成・生、そんなアンプは見たことがないですか?
秋葉原の三月兎1号店様にてデモ中&販売中です。
こんなBlogをご覧になる方であればこそ、東京に寄った際には是非一度体験してみて下さい。

* ゲルマニウムトランジスタ以外の部品はすべて半田付けしてあります。非加熱処理はゲルマニウムトランジスタのみとなります。
* 熟成(エージング)と言うのは普通に電池を入れて数時間音楽を聴いているだけです。尚、完全にエージングが完了して音が落ち着くまでには個体差があります。

DSC_0038
名刺サイズのコンパクトなポータブルアンプ、Groove Revolution@32/14L、ついに販売開始です。
(ちなみに Google play カードと100円玉は付属しません。大きさ比較対象物です。)

シリコン半導体と、いまや貴重なゲルマニウム半導体との有機的結合によって生まれた、今までにないアンプです。
ゲルマニウムのおかげで、従来製品よりも値段が高いですが、それだけの価値はあろうかと存じます。

当 Blog でも、トランジスタの音質比較は相当に行っていますが(おかげで検索上位にしていただきました)、ゲルマニウムトランジスタの滑らかな音色は格別なものです。
やっと皆様にその格別な、ゲルマニウムトランジスタの音色をお届けできることになりました。

そして Groove Revolution シリーズの出荷台数は90台を超えました(友人配布分を含みます)。これにはご購入いただいた皆様、そして助言をくれた友人たち、そして販売を引き受けていただいた三月兎様に感謝です。
その上で新たなアンプを出せると言うことは私自身も嬉しいですけれど、皆様にも喜んでもらえたらいいな、と思います。

しかしながら、何せ数十年前に製造中止となったゲルマニウムトランジスタが中核ですから、これから何台生産できるかは分かりませんが、とにかく今は走り続けようと思います。

毎度のことですが、秋葉原の三月兎1号店にデモ機を設置させていただきました。東京近辺の方、そして東京に所用のある方には是非一度体験していただきたいと思います。
デモ試聴なしでは敷居は高いですけど、遠方の方には通販もありますよ。

私と友人たちだけでこの音を独占してしまうのはあまりにも罪なことです。
是非、あなたにもこの音色を共有していただきたいと思います。

その際は赤い服でなくてかまいませんので、例のお約束をやっていただけましたら幸いです。

敬白。

↑このページのトップヘ