ひなたでひるね

育児と読書、ハンドメイドなど気まぐれに。
只今ポツリポツリと更新中。

共布でひもを作るお弁当袋

以前ミニきんちゃくを作った後すぐに取りかかったのが共布でひもを作るお弁当袋でした。
これも「フェリシモの基本のバッグとポーチが作れちゃう!はじめてさんのソーイングレッスンの会」のキットの一つです。

ミニきんちゃく完成の勢いで取りかかったものの、共布のひもが細くて不器用な私はミシンで綺麗に縫えず…(泣)。
どうしたら真っすぐ綺麗に縫えるんでしょうか。心が歪んでいるからダメなのか…!?
何度もほどいては縫ってを繰り返すうちにすっかりやる気をなくしてそのまま保留になっていました。

ひもさえ通せば使える状態だったので、全然違うひもを通しちゃってもよかったのかもしれませんが、なんだか悔しくて(笑)。
ここにたどり着くまでにずいぶん寄り道してしまいましたが、ようやく再びやる気が湧いてきたので一気に仕上げちゃいました。



ひも通し口を別布にしたり、共布でひもを作るとちょっと手が込んで見えますね!(自己満足)

長座布団カバー



長座布団のカバーを新しく作りました。
サイズ的にはかなり大物でしたが縫うところは直線しかなかったので意外と簡単に出来上がりました。


防災頭巾入れ



ギリギリまで手をつけなかった防災頭巾入れでしたが、始業式までにはなんとか完成させました。
今回は兄の分がボロボロになったために同じ物を都合2個作ったので2個目は綺麗に作れるかと思いきや、大差ない仕上がりになりました(笑)。

大分前のことになりますが、せっかく作ったのでここにメモだけ残しておきます。

裏地付きランチョンマットとミニきんちゃく

防災頭巾入れを作らないと…と前回書きましたが、違うものが完成しましたよ。あれれ?
ミシンを使うのが久しぶりなので、練習を兼ねてまずはランチョンマットを作りました。



裏地にレーシーニットを選んでしまったので初心者にはちょっと縫いにくかったです…
手元にある布でなんとかしようとしたのがそもそも間違いだったのかもしれません。
もうダメかと思う瞬間がありましたが、最終的にはごまかして不思議なことにちゃんとランチョンマットの形になってしまいました。 ←え?それでいいの…!?
大雑把な性格をお裁縫で発揮してはいけませんね。
なるべく丁寧にやらなくては…と反省したところで、次はミニきんちゃくを製作。



これはフェリシモの「基本のバッグとポーチが作れちゃう!はじめてさんのソーイングレッスンの会」の2回目に届いたキットです。(1回目は内布つき&共布持ち手の基本バッグでした)

三つ折りでひも通し口を作ります。以前カルビの体操着袋入れを作った時には全然理解できていなかった縫い止まりや、開き部分の縫い方がようやくわかりかけてきてちょっと進歩したような気がします。
そして、まちの部分はスッキリきれいにたためる構造になる作り方です。
お裁縫初心者にはすごく勉強になる内容でした。

2回目はこのミニきんちゃくだけでなく、共布でひもを作るお弁当袋用の材料も入っていたので、次回はそれを作る予定です。お楽しみに〜。

お手玉作ってみたよ

文章の書き方を忘れてしまうくらい書かないでいるうちに2013年になってしまいました。
今年もよろしくお願いします。
ブログをやめた訳ではないのですよー。

やらなければならないことは色々あるはずなのに、最近はゲーム三昧。←現実逃避
家族全員で奪い合うように「とびだせ どうぶつの森」やってます(笑)。

最近作ったものの話を。
学校の授業でお手玉を使うことがあるというので自宅用に作ってみました。
お手玉と言えば俵型のイメージがあったんだけど、自分が作るとなると面倒くさいので枕型を選択…(笑)

IMG_3560

縦19センチ×横10センチの布を、中表になるように半分にたたんで縫います。
縫い代は5ミリ。中から小豆がこぼれてきたらヤバいので半返し縫いで。
返し口を残すのを忘れないでください。
うっかり全部縫いそうになったのは何を隠そうこの私です…


IMG_4263

ひっくり返して、小豆40グラム(競技の用の重さが40グラムだとか…)を入れるとこんな感じ。


IMG_1269

返し口を閉じたら、刺繍糸6本取りで角と角を付き合わせて縫って、飾りも兼ねて結んでとめてみました。
柄がイマイチですが、ちゃんとお手玉ができましたよ〜。
よかったよかった!


あんこがもうすぐ小学校入学なので次は体操着袋とか防災頭巾入れを作る予定。
実は、防災頭巾入れは摩耗が激しいので2〜3年後くらいには作り直さなければならないという噂があります。
なので、将来の自分のために手順をブログに残しておきたいと思います。
プロフィール
ほたるです。
小学生の子供が2人います。
ちょっぴりおすすめ




こどものほんだな
コメント
  • ライブドアブログ