2016年09月20日

A.R.ラフマーン

A.R.ラフマーンの名前を知らなくても『ムトゥ』の音楽を聞けば「ああ、インド映画ね」と思い出す人は多いのではないか。TVなどでインドが特集される時は断トツで彼の曲が流れる。さらに米アカデミー賞作品賞を受賞した『スラムドッグ$ミリオネア』で作曲賞、さらにゴールデングローブ賞でも受賞したと言えば、どれくらい凄い人かのイメージがわくかもしれない。

そのラフマーンが来日と聞いて福岡に行ってきた。
ラフマーンが参加したのは初日の福岡アジア文化賞大賞の授賞式と翌日音楽を担当したイラン映画「預言者ムハンマド」上映前10分程度のサラーム海上氏とのトーク、そして同日夕方の市民フォーラム。
このうちメインとなった市民フォーラムについては「アジア映画巡礼」さんのブログが詳しいのでそちらをご参照頂きたい。

ラフマーンはどの場面でも静かに、言葉を選ぶように話していた。
はにかんだような笑顔と決して大きくはない身体や身振り。
しかし彼の中には無限の音楽の宇宙が広がっている。それまでのインド音楽の常識を覆すかのようなメロディーは、現代的であると同時にインドの古典の良さを取り入れている。
市民フォーラムのパフォーマンスでは私の席から演奏している指先が見えたのだが、口数が多くない彼の指先はとても饒舌でしなやかだ。ひとつひとつの音が人間の情念を表しているかのようにも思える。明るさの中にも悲しみがあり、絶望の中にも希望が見えるような音楽。

授賞式では最初に福岡の高校生のオーケストラが彼の曲を2曲演奏し、その後ラフマーンのピアノとシタール奏者で1曲、そして最後に高校生とボーカルが加わりラフマーンもコーラスしてのJai Ho

特筆すべきはラフマーン監督の映画が作られようとしているらしい。
タイトルも決まっていて(99 Songs)、ラブストーリーとのこと。自分の音楽学校と映画のことを話す時は少しだけ言葉数が多くなり、夢を持ち続ける少年のような表情だった。

インド映画ファンであれば、みな彼の音楽と共に映画を楽しんできたことだろう。そして今ではインドのみならず、世界のラフマーンとなっている。
ザキール・フセインの翌日がラフマーンという夢のような日が続いたが、ごく限られた人数であったので今度は是非ツアーとして来て頂き、一人でも多くの人がライブを体験できればればいいなと思う。当たり前の話だが、やっぱりライブはいい

映画のために実際ロケ地にも訪れたそうだが、もしかしたら日本にインスピレーションを得て、そのうち和テイストのラフマーン音楽が聴けるかもしれない。
2016-09-17-10-31-20

市民フォーラムの後に九州のインド好きの方々が中心となったオフ会にお誘い頂き参加したのだが、106サウスインディアン福岡天神店は前日ラフマーンが来られたとのことで直筆サインを見せてもらった。お店にきっと飾られると思うので、博多に遊びに来られた方は是非実物を見て頂きたい。
ラフマーンが座った席も教えてもらえる。
2016-09-17-22-10-59
  


2016年09月17日

ザキール・フセイン ライブ

ザキール・フセイン のライブに行ってきた。これまでタブラの演奏はイベントなどでその心地良い音色は耳にしていたものの、演奏会として聴くのは初めて。
渋谷のライブハウスなんて私には場違いではなかろうかと心配したが、なんとOSOやムトゥでお馴染みのあのシネマライズ跡だった。

会場は超満員。
舞台は高めにセッティングしてあり、どこからでも見やすい配慮がされていたのが嬉しい。期待でワクワクする熱気に包まれていた。

私は音楽の専門的な事はわからない。しかしタブラとはなんと複雑で繊細で豊かな音色を奏でるのだろうか。息をするのも忘れて聴き入った。

そして次第にタブラの音は心臓の鼓動に似ているような気がした。トン、トン、とリズミカルに、ゆったりと穏やかに、時に激しく駆り立てるように。
タブラの音と自分の鼓動が徐々にシンクロしていく。そしてそれが重なり合った時、異次元へといざなわれる。間違いなくあの時の私は違う世界にいた。

静かで深みのある音もさることながら、超高速テクニックは私たちと同じ2本の手から編み出されているとはとても思えない。きっと彼には凡人の目には見えない千手観音のような手があって、その神の手がタブラを支配しているのではないか?いや、もしかしたら逆にタブラに宿った神がザキール氏の身体を借りて観客に語りかけているのかもしれない。

ザキール氏は表情豊かな人だった。サーランギー奏者のサビール氏とアイコンタクトをしながら、天を仰ぎ、観客に語りかけるように、時々いたずらっ子のような笑顔を浮かべ「でぃ!」とキメを打ったりして、とても楽しそうに彼の世界を作り出していた。それはムンバイの街であり宇宙であった。

ライブの良さは空気の響きを直接肌で感じられることにある。これはどんな高性能の再生機材でもかなわない。大き過ぎない会場は皆で同じ空気を感じる事ができた。そしていつまでもこの心地良さに身を委ねていたいとすべての人が感じていたいないに違いない。目の前5メートルから発せられる音の波動砲。

ノンストップ1時間40分+アンコールで約2時間のステージはあっという間だった。また是非日本であなたの世界に連れて行って下さい。来てくれてありがとう。  


2016年08月27日

インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン(IFFJ)2016

今年もIFFJの季節が迫ってきた。
オフィシャルHPはまだ更新されていないみたいだけど一応こちら
Facebookで確認する方が早そう。こちら

東京 10/7(金)〜10/21(金)渋谷ヒューマントラストシネマ
大阪 10/8(土)〜10/21(金)シネ・リーブル梅田

計14本のラインナップは以下のとおり。
ボリウッドに関しては興行収入順に並べてみた(単位:カロール、koimoi.com)。興行収入は大きな参考の1つにはなるものの、それが必ずしも自分の好みと合うわけではないので、あくまでも参考程度で。

【ヒンディ】
Prem Ratan Dhan Payo 207.4
Airlift 127.80
housefull3 107.70
Gabbar is Back 86
Fan 85.00
Neerja 75.61
Kapoor & sons 73.03
Ki & Ka 51.62
Bombay Velvet 23.67
Phobia 02.50
Aligarh 02.00

【ベンガリ】
Monchora

【テルグ】
Size Zero

【短編作品】
Muftiya

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

いやいや素晴らしい
ざ〜っくりと昨年から今年前半にかけて、一部の大作を除いて話題作は概ね網羅されているのではないだろうか。私はこのうち半分を観たものの大体が英語字幕であったため、日本語字幕でじっくりと観たら感想がガラっとかわるかもしれない。例えばKapoor & sonsのような感情が軸になる作品はちゃんと理解して観たかったのでよかった。

まずはおそらく一番人気になるであろうFan。
興業的には決していい数字ではないが、シャールク"Fan"は必見である。

今年のボリウッドの傾向としては実話ものがヒットしたということ。ラインナップにはないがアイシュのSarbjitもそのひとつ。Airliftの戦火の街の様子、Neerjaのハイジャック、いずれも観ていて自分が本当にその場にいるような恐怖感をおぼえるほど、リアルな描き方が素晴らしい。特にNeerjaのハイジャック犯が片言の英語を話す様子がとても臨場感があった。ソナムは今のところ主演女優賞イチオシ。

いわゆる歌と踊りと華やかなボリウッドならPRDP。サルマンは本当に作品に恵まれているなあ。こちらはサルマン×ソナム。

個人的に好きなのはKi & Ka。昨年上映されたBang Bang!ではカトリーナが目覚めると無人島の青い空の下、砂浜で上半身裸のリティックが料理を作っているという光景に萌えたものだが、こちらはアルジュンKが料理男子に。料理男子萌えというジャンルがあるかわからないが、私はかなり萌えたがたいのいい男の子がいじいじしたりしてすごくかわいいの

別の意味で注目はHouseful3。私はこれだけは日本で日本語字幕で公開されないと思っていた。いわゆる「ピー」音、字幕的に×××になってしまう台詞ばかり。いったいこれをどう処理するのかとても興味ある。つきつめるとインドと日本の禁忌、笑いの質という話にもなるが、まあ肩ひじ張らずに観るのが吉。

IFFJはコアなインド映画ファンが多いが、それでも初めてインド映画を観るような人たちが「面白い」と思ってくれて、そのあと10/29(土)から公開のPKになだれ込むという展開を激しく希望している。  


2016年08月07日

ラージクマール・ヒラニ監督

プレミアム試写会の翌日、公式ツイッターで「監督が恵比寿の映画館に訪れます。」との告知が。月末で自分の仕事が立て込んでいたのだが、このチャンスを逃すわけにはいかない。ダッシュ&恵比寿ガーデンプレイス内で半分迷子になりながらも、どうにか間に合った。

監督は訪れたファン一人ひとりの握手やサイン、写真に快く応じてくれていた。取材でお疲れのところ、終始笑顔で優しく接してくれた。この日はラフな服装であったが、とても上品で優しさにあふれていた。

そろそろ会場を立ち去るという時まで、遠巻きに見守る私たちの方を向いてニコニコ手を振ってくれていた。急な告知ではあったが、十数名が集まったであろうか。大人数というわけではないかもしれないが、それでも監督作品を愛するファンが日本にもいるのだということはわかってくれたのではないかと思う。

ちなみに傍には監督志望?の息子さんがいらっしゃったのだが、俳優になってもいいくらいのイケメンお父さん譲りの人当りの良さで、快く撮影に応じてくれた。愛にあふれたファミリーなんだなということが伺えた。

ヒラニ監督作品はまだ4作品しかない。『Munna Bhai MBBS』『Lage Raho Munna Bhai』『きっと、うまくいく』そして『PK』。ムンナバイシリースも大ヒットした。監督の笑顔の向こうには鋭い人物観察眼がある気がする。ヒラニ監督のフィルターを通した時、それぞれのキャラクターがどのように描かれているのか、更に注目して作品を観て行きたいと思う。

日本が気に入られたということなので、日本ロケもありえない話ではないかも?短い滞在だったけど、「日本」がきっといつかどこかで何かの形で監督作品にお目見えすることをゆるやかに期待している。2日間の感謝の気持ちに変えて、今後すべてのヒラニ監督作品を鑑賞することを誓います

10月29日の一般公開まで待てない!という人は9月18日(日)「第9回したまちコメディ映画祭in台東」で。

image
  


2016年08月06日

ラージクマール・ヒラニ監督

先週のことになってしまうが、ちょっとしたご縁があり、ラージクマール・ヒラニ監督がゲストの『PK』プレミアム試写会に参加することができた。この感激は言葉で言い表すことができない。会場のインド大使館へは待ちきれずに早目に着いた。中央部はマスコミ関係者席でその他の人たちは両脇や後方だったのだが、そのおかげで脇ブロックの最前列に座ることができた。

おこぼれの身なので出過ぎたことはしないつもりだったが、念のためと思ってサイン用の「きっと、うまくいく」のDVDを持って行った。30分間のイベントが終了しマスコミが引きあげる中、監督は会場内で周りの関係者と談笑をしていた。私は勇気を出し、監督のそばにいた日本人スタッフの方に「監督のサインをいただけますか?」と尋ねたところ監督は快く応じてくれた。

私は「あなたの作品が大好きです。お会いできてとても嬉しいです!」と拙いヒンディー語で伝えたところ「Ohヒンディー!どこで覚えたの?」と聞かれたので「あなたの作品からです」。どこまで通じたかはわからないが、何やらヒンディー語らしきものを必死で話そうとしている私にハグをし、握手をしてくれた。感激過ぎて腰砕けになりそうだった。

監督は上品さにあふれ、ずっとニコニコ笑顔だった。そして声がとても素敵。
もしTVなどで監督の声を聴くことができたら、是非笑顔と声に注目してほしい。

ゲストの山崎監督は監督目線で「きっと、うまくいく」と共に「PK」を大絶賛し、壇れいさんはご自分が話されている途中でうっすら感激で声を震わせていた。それを聞いて私も我がことのようにとてもうれしくなってしまった。

ヒラニ監督は黒澤監督作品をリスペクトし、ほぼ全部観たと言っていた。そして山崎監督を日本を代表する監督と評価し、山崎監督が退場される際はぽんと彼の背中を押して「お互い頑張ろうな」と思われるようなメッセージを送っていた。また壇れいさんへは美貌を称え、是非映画にとラブコールを送った。さらに日活をはじめとする各関係者の名前を挙げ、感謝の意を表された。

もちろんこれにはリップサービスも含まれていると思うが、それでもその気持ちが嬉しいではないか。そして実際の監督にお会いして今まで思っていたことを確信した。ヒラニ監督は登場人物ひとりひとりのキャラクターを描くのが本当にうまい。どの人物もいわゆる「キャラが立っている」。そしてかなり深くまで人物像を掘り下げている。スピーチにあったように、人の良いところ、優れたところにフォーカスを当て、肯定的に受け止めようとしている姿勢が感じられた

作品を作るうえでは、もちろん悪役や敵役なども必要になる。
でもそんな役どころですらどこか憎めない、人間味あふれたキャラクターになっている。
脇役や端役も優しさと愛情をもって、とても丁寧にいきいきと描かれている。いらない人間なんていないんだよと言っているようだ。作品全体から「どんな人間だって頑張って生きてるんだ、前を向いて生きていこうよ」というポジティブなメッセージにあふれている。だから監督作品を見ているととても心地よいのだ。元気になれる。

そしてそのお人柄に翌日さらに触れることになった。(続く)
image
  


2016年07月25日

これから本気出すぞ!

今年入ってからちょっとやらなければならないことがあって、それが先日ようやく終了した。日常生活に大きな影響はなかったのだが、それでも若干の時間の縛りはあった
その拘束からやっと解放された

さ〜て、いよいよ本格的な映画の季節がやってくる
映画ではないが、プリヤンカ主演の「クワンティコ/FBIアカデミーの真実」がDlifeで放送が始まった。FBIアカデミーが舞台のこの作品は過去と現在が行き来しながら、様々な人種、人間関係がもつれた糸でつながっている。ストーリーそのものの面白さとプリヤンカの魅力がいかんなく発揮されている。

7/31(日)は急きょ『Sultan』の追加上映が汐留で行われる。
私はまだ行けていなかったので大ラッキーだ。
週末に行われていた各言語のインド映画上映会もなかなか行けなかったので、これからは積極的に参加したいと思う。

10/29(土)からは待ちに待った『PK』が一般公開される。
これに伴い、PKオリジナルクリアファイル付き前売り券が発売されている。
お宝グッズになること間違いなしなので、品切れになる前に是非とも手に入れたい。
試写会のお知らせもぼちぼち出てくる頃だろう。

ARラフマーンが来日予定のアジアフォーカスは9/15〜9/25。
9/24(土),9/25(日)恒例の代々木公園「ナマステ・インディア」も忘れちゃいけない。
その後はIFFJが10/7〜10/21(東京)10/8〜10/21(大阪)。
東京国際映画祭が10/25〜11/3と続く。

今のうちに体力とお金を温存して、是非これからの楽しい季節に備えたい。

          PKクリアファイル。裏はラジカセ柄。
image
  


2016年07月03日

日本の放送局の少なさ

今ちょっと怒りながら書いている。

以前から思っていたが、日本は放送局が少なすぎる
BS・CSチャンネルこそ最近若干は増えてきたが、どれも既存の日本の放送局が絡んだものが多く、昔の番組やらを流している。それは決して否定しない。娯楽は重要。

アメリカやインド旅行をした人ならわかると思うが、海外は放送局がめちゃくちゃ多い。例えばインドなんかだと、各地方ごとのニュースやバラエティ・音楽・映画の新旧、そしてアメリカ、イギリス、フランス、中国などのニュースチャンネルなど数えていないが100チャンネルくらいはある印象。

日本の一流ホテルなら海外のチャンネルが視聴できる設備があるのかもしれないが、一般家庭では衛生放送でCNNやBBC他韓国・中国・ブラジルまでがせいぜいなところ。もはや情報鎖国してるのではないかと疑うレベルである。もちろん、ネットではいくらでも海外の情報が手に入る。しかしリアルタイムな映像が流れる電波の影響力は小さくない。

地上波オンリーだった時代は「テレビはタダで見るもの」という概念があったが、今は放送にお金を払う意識があるので個人の好みで映画やスポーツやニュースを選択できるようになっている。

なのに選択できるチャンネルが絶望的に少ない
私は多少割高であってもインド映画や世界のニュースが見られるチャンネルがあったら喜んで加入したいと思っている。

日本でも英語教育を・・・ということを本気で考えているなら、字幕や吹き替えの問題などスルーして子供の頃からセサミストリートや海外のアニメを見ることができたり、大人でももっと普通に各国のニュースやドラマ・映画が見られる環境になればいいのにと本気で思う。そしてそれは決して「日本語」を軽視することではない。

世界は動いている。
日本のメディアのフィルターに批判はあるが、海外も同じようなものだろう。だがせめて受け手として選択肢は欲しい。日本は選択肢すらもないことが一番つらい。そしてあっても英語で理解できない自分も情けない。

海外の文化やニュースを知ることは個人の趣味でやればいいと思っていた。しかし、イギリスのEU離脱、バングラデシュのテロ、日本の未来が大きく関わってくるアメリカの大統領選挙など、もはや趣味の範囲では収まりきらない。

海外のニュースが普通に入ってくると都合の悪いことでもあるのだろうかと勘ぐってしまうほど、先進国と自称しているこの日本は選択肢が少ない。報道の自由度ランキング・・・がどれほどの信頼性があるかわからないが、72位とか情報統制、大本営発表と言われてもおかしくない。

海外の情報を知ることは、むしろ自分の国について考えるきっかけになると思うのだが。  


2016年06月26日

宝塚でOSO

既にご存じの方も多いと思うが、2017年1月、宝塚星組で『オーム・シャンティ・オーム −恋する輪廻−』が上演される。公式サイト

宝塚とインド映画の組み合わせ。
どう考えても相性が良すぎる

インド映画の世界が、宝塚のキラキラした舞台で3Dで見られるなんて
という私は、実はかなり昔に1回しか舞台を見たことがない。
宝塚ファンに怒られてしまうかもしれないが、東京近郊に住んでいる者にとって、宝塚は他の演劇や劇団の公演などを含めて広義のお芝居の選択肢の1つだと思う。友人に誘われたとか何かのきっかけがないと、なかなか観る機会がない。でももしかしたら関西方面に住んでいる人にとってはもっと身近で特別なものなのかもしれない。

そんな私ですらも飛びついてしまう。
ルパン三世などかかなり大胆なチョイスをしていたことは知っていたが、インド映画に目をつけたあたり懐の広さを感じる。

宝塚の舞台がどのように行われているかはほとんどわからないが、ヅカ流の解釈をしてインド映画ファンのドギモを抜かせるステージで楽しませてほしい。

チケットの争奪戦が心配だが、宝塚はCSを始めとしていろいろなコンテンツが充実しているので、仮に劇場に行けなくても何とか観ることだけはできそうである。

ヅカファンとインド映画ファンの融合。
これをきっかけにお互いのジャンルに興味を持てるようになったらいいなと思う。  


2016年06月10日

『FAN』

FAN

大スター、アールヤンと彼のファンを演じるゴウラブとの物語。シャー・ルク・カーンのダブルロール。

ゴウラブはアールヤンのモノマネで優勝し、本人に会いに行く。愛が過ぎるがあまり、アールヤンのライバル俳優に嫌がらせをする。それゆえにアールヤンから冷たい言葉を投げかけられ、ゴウラブは憎しみにも似た行動に出るようになる。

有名女優の出演がなく、ダンスシーンもなく、ストーリー的な派手さがなかったせいもあり、興業成績的にはもう一つ伸び悩んだようだったが、昔からのファンのひとりとして悪くないと思った。本人とファンというダブルロールの設定はシャールクだからこそできたと思う。

シャールクはさすがの演技力。一人二役ということを忘れてしまうくらいだった。インド映画でダブルロールの役柄がきたら演技力のある証拠かどうかはわからないが、彼の他のいくつかの作品でも演技力は実証済みだ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

注意
以下、超ネタバレなので、これから観る人は極力読まないことをオススメする。観終ったらまたご自分の感想と比べてみてほしい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★  続きを読む


2016年06月03日

A.R.ラフマーン来日!そしてアジアフォーカス・福岡国際映画祭

2016年福岡アジア文化賞大賞にA.R.ラフマーンが選ばれ、来日とイベントが予定されている。
詳細はこちら

またこの時期、9/15(木)~9/25(日)は恒例のアジアフォーカス・福岡国際映画祭が開催される。この映画祭は名のとおりアジア映画を専門にした映画祭で、毎年のようにインド映画も上映されている。一般公開されないケースが多く、この時ばかりは福岡近辺の人をうらやましく思ったものだ。

今までは指をくわえて見ていたが、ラフマーンが来るとなればもう行くっきゃない連休に重なり、日程的にも問題ない。記憶が定かでないが、彼は10年以上前にも来日したことがあると思う。確かその時もファンとの交流イベントのようなものがあり、ただ料金が1万円くらい?したような・・とにかくちょっと高くて参加を見送った。純粋な日本のファン向けでなく、日本在住のインドの財界人向けだったのかもしれない。その時も有名作曲家ではあったが、まさかこんな凄い人になるとは正直思っていたなっかった。今は言わずと知れた世界的に超有名な作曲家である。パフォーマンスを披露する予定もあり、この機会を見逃すわけにはいかない。

さらにちょっと地味なところでは、福岡市総合図書館映像ホール「シネラ」では、アジアフォーカスに合わせて過去の受賞作などを上映したこともある。スケジュールはどちらもまだ発表されていないが、要チェックだ。

アジアフォーカ・ス福岡国際映画祭
福岡市総合図書館映像ホール シネラ

私自身、初めての福岡への旅となる。
イベントに映画三昧。そして美味しいもの(ラーメン、明太子・・・)、観光と、やりたいことが盛りだくさん。ホテルは既に映画祭会場となるキャナルシティ内で押さえたので、夜中まで上映されたって平気あとはスケジュール発表をにらみつつ、飛行機を予約するだけだ
そしてそしてどうか来日が実現しますように。シュリデヴィ、アーミル、カルキ、最近はみんな本当に来てくれているから大丈夫だと信じたい。